キンドル キッズ モデル。 Kindle/Fire HD 10 “キッズモデル”で子供が読書好きに? パパママ目線で使ってみた

Amazon FreeTime Unlimitedとは?レビューと使い方総まとめ

キンドル キッズ モデル

本好きを自認する方の多くが「紙の本がいい」とおっしゃる。 まあ、気持ちがわからなくもないのだが、より多くの本を楽しみたいなら電子ブックもおすすめだ。 紙の本より優れている点は数え切れない。 価格が安い、何百冊も持って歩ける、保存場所を取らない、風呂でも問題なく読める、しおりを挟まなくていい、マーキングしやすいなど。 しかも、最近は安価な電子ブックリーダーの質が向上し、1万円程度で実用性十分な製品が手に入るようになった。 アマゾンの電子ブックリーダーKindle(キンドル)の新製品「Kindleキッズモデル」が登場し、これが大人にもお得すぎるので紹介したい。 対象年齢は6歳以上となっているので大人が買っても良いはずだ。 もちろん、子供へのクリスマスプレゼントにもおすすめする。 Kindleのキッズモデルは無印Kindleと基本的には同じだ。 最廉価の無印Kindle(8980円)と基本的には同じなので、高いように思えるのだがちょっと違う。 実は、8980円の無印Kindleは、広告付きモデルなのだ。 Kindleには広告が表示される変わりに金額が安いモデルが用意されている。 無印Kindleも広告なしモデルは、1万980円と同じ金額なのだ。 その上でKindleキッズモデルは、専用のカバーが付き、4GBの容量が8GBに強化されている。 さらに、2年間の限定保証付き(無印モデルは1年)だ。 最大の特徴が、「FreeTimeUnlimited」というサブスクリプションが1年間付いてくること。 子供向けの本が読み放題になる。 子供用とはいえ、スター・ウォーズやハリー・ポッターなどもあるので大人も楽しめる。 子供向きの英語の本で勉強してもいいだろう。 また、親子で切り替えて使うことも可能だ。 子供のアカウントも複数登録して切り替えられる。 これらの作業には、ピンの入力が必要になる。 カバーが標準で付属する。 カラフルだが大人が使ってもおかしくはない サブスクリプションの解約を忘れないように FreeTimeUnlimitedは、12歳までの子供向けのサブスクリプションサービスで、1000冊以上の本が読み放題になる。 1年間このサービスが付いてくるのだが、期間終了後は毎月980円(プライム会員は480円)の費用が掛かる。 これも相当にお得なわけだが、期間終了後に継続しない場合には、忘れずにキャンセルしておきたい。 Kindleキッズモデルと無印Kindleでも、フロントライトが搭載されて暗い場所でも読みやすくなった。 最廉価機だが、数年前のモデルと比べると非常に使いやすくなっているのも素晴らしい。 ただし、防水がないので浴室やプールサイドでは利用しにくい。 この場合は、上位モデルのKindle Paperwhiteが向いている。 なお、マンガを読むなら、画面の大きなKindle Oasisがおすすめだ。 Kindleの機種選びは、で詳しく解説している。

次の

「Kindleキッズモデル」で子どもの読書習慣は付いたのか!?購入1ヶ月後のレビュー!

キンドル キッズ モデル

「Kindleストア」をオフにすることで、 Kindle端末から書籍を購入することができなくなります。 「ウェブブラウザ」「Kindleストア」は、子供向けの端末であれば、オフにしておいた方が無難だと思います。 一方、「クラウド」へのアクセスは、 購入したKindle書籍にアクセスするという意味で、オンにすると、「クラウド」タブが有効になり、過去に購入したKindle書籍がすべて表示されるようになります。 Kindle端末に入っていない書籍もタップすれば、すぐに端末にダウンロードされます。 我が家では、私自身もKindleを利用していて、 自分用に購入した書籍は娘に見せる必要はないため、オフにしています。 子供向けKindle端末のみ利用されている場合は、子供向け書籍しか購入していないでしょうから、「クラウド」はオンになっていても良いと思います。 また、「ポピュラーハイライト」や「公開メモ」は、オフにしています。 これは、好みの問題だと思いますが…。 記事を読ませていただいて質問があります。 子供に渡すkindleに親のアカウントを登録して、 ストア等を機能制限してアクセスできないようにすることはできますが、 ホーム画面の「読書傾向に基づくおすすめ」はどうされていますか? 親kindleでの購入傾向が表示されています。 タップしてもストアにアクセスはできないのですが、 表示されること自体に困っています。 「すべての設定>端末オプション>詳細設定>ホームとライブラリ>ホーム画面の表示>オフ」 で非表示にはできますが、機能制限と違い、 パスワードなしで簡単にオンオフの切り替えが可能なため、 どうされているのかな?自分が知らない解決方法があるのかな?と思い 質問させていただきました。

次の

Fireタブレット キッズモデルでYouTubeをみる方法

キンドル キッズ モデル

電子書籍端末のKindleは少し前までは5機種ありましたが、最新モデルはKindle、Kindle Paperwhite、Kindle Oasisの3機種にラインナップが整理されてどの端末を選ぶべきか分かりやすくなりました。 スマホ・タブレットがあればKindle本が読めるので「わざわざKindleを買う必要があるの?」と疑問に思うかもですが、 Kindle端末で読む電子書籍はとても読みやすく専用端末ならではの良さがあるんですよね。 ここでは 最新のKindleはどの機種を選ぶのがいいのか違い・使いやすさで比較しているのでKindle端末の購入を検討している方は参考にしてください! Kindle セール情報 Kindle PaperwhiteがAmazonタイムセールで3,000円OFFで買うことができるようになっています。 6月28日(日)23:59まで。 Kindleの特徴• 電子書籍を読むには十分すぎる性能• 2019年モデルからフロントライトを内蔵した• 本体サイズが小さくて軽いので持ち運びに最適• 端末価格が8,980円〜と安い! Kindleは低価格モデルでありながらフロントライトを内蔵し画面の明るさを調整できるので夜の読書も快適にできるようになりました。 電子書籍を読むという基本的なことはKindleでも普通にできるし、本体サイズもコンパクトで軽くて扱いやすいし素直におすすめモデルといっていいでしょう。 また、Kindleキッズモデル(10,980円)は専用のカバーが付属していて、1,000冊以上の子ども向けの本を1年間追加料金なしで読み放題なので、お子さんに本を読んで欲しいと思ってるならおすすめ。 意外と児童書って大人が読んでも面白いのでいいと思うんですよね。 Kindle Paperwhite:解像度が高い、防水仕様のスタンダードモデル 防水に対応しているKindle Paperwhite 少しでもキレイな文字で本を読みたい、お風呂の中でも本を読みたい.. Kindle Paperwhiteがおすすめです。 Kindle Paperwhiteの特徴• 画面解像度が高くて文字がキレイ、読みやすい• フロントライトの数が多くてライトにムラがない• 防水仕様でお風呂の中でも本を読むことができる• 本体サイズが小さくて軽いので持ち運びに最適• 端末価格が13,980円〜 Kindle Paperwhiteの解像度はKindleよりも高いので文字がキレイで読みやすくなっています。 最新型は防水に対応したので価格がお手頃に本をお風呂の中で読むこともできる最強の電子書籍端末なので個人的にはおすすめ!• Kindle Oasis:使いやすさを追求したハイエンドモデル Kindle Oasisは人間工学に基づいたデザインとなっていたフラグシップモデルで2019年7月に最新型にモデルチェンジしています。 使いやすさを追求したモデルで専用のページビュボタンや周囲の色に合わせて色合いを調整してくれる色調調整ライトを搭載してさらに高みに到達しています。 Kindle Oasisの特徴• 電子書籍の読みやすさを追求したモデル• 画面解像度が高くて文字がキレイ、読みやすい• 色調調整ライトを搭載していてさらに目に優しい画面• ページビューボタンで片手でページ送り・戻しができる• 防水仕様でお風呂の中でも本を読むことができる• 端末価格が29,980円〜 防水に対応しているのは基本機能として、画面サイズが7インチと大きめなので細かい文字も大きめに表示することができます。 とにかく快適に読書をすることに特化した端末なので読書の効率を追求する方におすすめのモデルとなっています。 もっと詳しくKindleの違いを知りたい方は以下を読み進めるかしてください! Kindleを使うメリット 紙のような画面で目が疲れない 電子書籍端末のはディスプレイに電子ペーパーと呼ばれるE-inkディスプレイを搭載しています。 電子ペーパーは電子の力を使って電子インクを表示させたり消したりしている特殊ディスプレイでインクを使っているので 本当の紙のような画面で電子書籍を楽しむことができます。 左:Kindle、右:iPad(第6世代) スマホやタブレットはバックライトで画面を明るくしていますが、Kindleはバックライトを使わず自然光や部屋の明かりを画面に反射させているので、 とても目に優しくて電子書籍をKindleで長時間見ても目の疲労感がほとんどないのです。 スマホやタブレットでもKindleアプリをインストールすることで電子書籍を楽しめますが、小説のような長時間読む必要のある作品を読むときは間違いなくKindleの方が快適に本を楽しむことができます。 光が反射しにくいので見やすい Kindleのディスプレイの保護パネルは光を反射しにくいタイプのものを採用しているので文字が見にくいというがほとんどないです。 Kindleはアンチグレアパネルを採用 やタブレットは光沢のある保護ガラスを採用しているので照明の光源をモロに反射してしまい「眩しい!!」となってしまいます。 しかし、Kindleの保護パネルはマットな素材なので光が反射して文字が見にくいということがほぼありません。 喫茶店のテラス席でKindleで本を快適に読むことができるのです。 本体がコンパクトで軽い は本体サイズが 非常にコンパクトで片手で指で持つことができるくらい軽くなっています。 Kindleは本体がとてもコンパクトで小さい スポンサーリンク 通知がないので誰にも邪魔されない スマホやタブレットメッセージやメールの通知が常に入ってきます。 本を読むときは通知OFFにすればいいのかもしれませんが、緊急の用事があるときに困ったことになってしまいますよね。 Kindle端末が1台あれば不必要な通知に気が散ってしまうことがなくなります。 本は集中して読むことでスピード、インプットの質が向上します。 「本をたくさん読んで吸収したい!」と考えるならKindleは最適な選択肢といえるでしょう。 バッテリーの持ちが良い Kindleはバッテリー持ちがとても良くなっていて一回の充電で数週間も使うことができます。 スマホやタブレットだと1日持てばいいくらいで、毎日充電をしないと電池がなくなってしまって本の続きを読めなくなってしまう可能性があります。 しかし、 Kindleなら数週間に一回のペースで充電をすればOKなのでカバンの中にずっと入れっぱなしにしておいても大丈夫。 いつでも、本を読みたい時にサッ取り出して読書することができるのは大きなメリットと言っていいでしょう。 電子書籍ならではの機能 は紙の本ではできない使い方をすることができます。 7 mm 167 x 116 x 8. 18 mm 159 x 141 x 3. 4 — 8. 3mm 重量 174g 182g 194g 価格 8,980円 13,980円〜 29,800円〜 3モデルとも価格差がかなりあるのでどのKindleを選ぶべきか判断はとてもしやすいのではないでしょうか。 一番左の無印・Kindleはとにかく価格が安く、ストレージ容量は4GBでWi-Fiモデルのみと必要最低限のスペックとなっていますが、8,980円で買うことができるKindleとなっています。 ちなみに、Kindleの新型モデルは端末価格が1,000円値上がりしてしまいましたが、LEDのフロントライトを内蔵したので仕方ないところなのかもしれませんね。 キャンペーン情報の有無 Kindle Kindle Paperwhite Kindle Oasis キャンペーン情報あり 8,980円 8GB:13,980円 32GB:15,980円 8GB:29,800円 32GB:32,980円 キャンペーン情報なし — 8GB:1,5980円 32GB:17,980円 8GB:31,980円 32GB:34,980円 基本的に広告が表示されるのはスリープ解除時だけなので「キャペーン情報あり」でもさほど気になりません。 なので、 少しでも安くKindleを手に入れたいなら「キャンペーン情報あり」を選べばOKでしょう。 ただ、いかなる場合でも広告を表示させたくない方は少し高くても「キャンペーン情報なし」を選びましょう。 金輪際、Kindleで広告を見ることを無くすことができます。 セルラーモデルの価格 セルラーモデル Kindle Kindle Paperwhite Kindle Oasis 8GB — — — 32GB — 22,980円 40,980円 基本的にセルラーモデルは、広告なし32GBのみとなっておりKindle Paperwhiteは5,000円増し、Kindle Oasisは6,000円増しとなっています。 Wi-FiモデルのKindleだとWi-Fi環境のないところでKindle本を買うと「すぐに読みたい!」と思ってもダウンロードできないのですぐに読むことができません。 ちなみに、Kindleのモバイル回線はドコモを利用しているので使うことができるエリアはかなり広いです。 画面解像度の違い• Kindle:167ppi• Kindle Paperwhite:300ppi Kindle PaperwhiteはKindleの1. 8倍の解像度を持ったディスプレイを搭載しています。 Retinaディスプレイのは326ppi、非RetinaのiPhone 3GSは163ppiなので、Kindleの解像度は一昔前のスマホの解像度となっています。 ただし、Kindleの電子ペーパーの文字の視認性がかなり良いので文字が荒くて読みにくいということはありません。 参考までにKindleとKindle Paperwhiteで画質を比較してみましょう。 左:Kindle Paperwhite、右:Kindle Kindle Paperwhiteはドットを識別することができないくらい高精細に表示されていますが、Kindleはドットをある程度識別することができます。 フロントライト有無の違い KindleとKindle Paperwhiteはフロントライトの搭載の有無の違いがありましたが、2019年モデルのKindleはライトが搭載されて画面の違いは解像度のみとなりました。 フロントライトの有無• Kindle:ライト非搭載(2019年モデルは搭載)• Kindle Paperwhite:ライト搭載 旧型のはライト非搭載なので真っ暗闇の中で電子書籍を読むことはできません。 しかし、スマホの液晶画面と違い Kindleは電子ペーパーなので部屋の照明が少しでも存在すればその光で画面を読むことができるのでライト非搭載でも夜に普通に使うことができます。 左:Kindle Paperwhite、右:Kindle(旧型) なお、のライトは画面の後ろから光を照射するバックライト方式ではなく画面の前から光を照射するフロントライト方式です。 ブルーライトの光を目に直接受けないので長時間読書をしても疲れにくいですよ。 防水性能の違い Kindleは水に浸けたらアウトですが、 Kindle PaperwhiteはIPX8の防水性能を持っています。 (2018年以降にリリースしたモデルのみ) 防水性能の違い• Kindle:防水非対応• Kindle Paperwhite:IPX8に対応 Kindle Paperwhiteの防水性能は水深2メートルに1時間ほど耐えることができるものとなっており、お風呂に中で電子書籍を読むといったリッチな使い方も可能となります。 iPhoneはあくまで生活防水の延長線上ですが、は公式がお風呂の中で使っているシーンを公開しているので、意図的に水没させたりしなければ、お風呂の中で電子書籍を読むといった使い方をすることができるのでしょう。 モバイル通信の有無• Kindle:Wi-Fiモデルのみ• しかし、Kindle Paperwhiteは携帯電話の電波が繋がるところであればWi-Fi環境がなくても電子書籍をダウンロードすることができます。 しかも、回線を使うための契約をする必要がありません。 画面サイズの違い• Kindle Paperwhite:6インチ(300ppi)• Kindle Oasis:7インチ(300ppi) 画面解像度はどちらも同じ300ppiで画面サイズだけが違うということになります。 色調整機能の有無 の2019年7月にモデルチェンジをしてフロントライトの色調整機能が搭載されます。 Kindle Oasis 2019は色調整機能を搭載 自動的に周囲の環境色に合わせてフロントライトの色合いを調整してくれるので、青白いライトで目が疲れるということがなくなりそう。 ページめくりボタンの有無 Kindle Oasisにはページめくりbpたんを搭載しており画面の片側に長細いボタンが二つ搭載しています。 ページめくりボタンを押すと次のページに行ったり戻ることができるので画面に触れることなく簡単に操作できます。 なお、持つ方法によって画面が回転するので左利き、右利き、どちらも対応しています。 Amazonプライム会員で一冊無料に Amazonの有料プランのプライム会員になるとKindleオーナーライブラリの中から毎月1冊無料で電子書籍を読むことができるようになります。 さらに、対象のKindle本を無料で読み放題することができるPrime Readingというサービスも使うことができるので非常におすすめです。 すべての電子書籍が見放題になるわけではありませんが、プライム会員の年会費(3,980円)を支払えばKindleのサービス以外にもプライムビデオで動画ストリーミングサービスを使うことができたり、プライムミュージック、プライムフォトといった様々なお得なサービスを使うことが可能となります。

次の