上 咽頭 炎 症状。 上咽頭炎とは?症状や原因を知って、予防しよう!

慢性上咽頭炎の症状とは

上 咽頭 炎 症状

上咽頭炎の種類とはどのようなものがあるの? 風邪と共に併発する急性上咽頭炎 上咽頭炎の症状の1つとしてのどが腫れ上がるので風邪と誤診しやすいのですが、実は急性上咽頭炎の場合、風邪をひいた際に同時に発症する場合があるといわれています。 風邪をひいたときにはのどにも痛みやはれなどを感じますが、実は私たちが思うのどだけではなく、同時に上咽頭でも炎症が起こっています。 上咽頭のリンパ組織を咽頭扁桃またはアデノイドと呼んでいます。 これは大人になるにつれてどんどん小さくなっていくのですが、人によってはそこまで変わりなく成長していってしまう方もいるようです。 この咽頭扁桃が風邪に伴って炎症を起こすのですが、気道に直接接しているためこの部分の腫れやそれに伴う膿は非常に危険です。 ひどく腫れる場合には気道閉塞の原因になるため、風邪の症状でも苦しく感じる場合にはすぐに病院の受診をお勧めします。 また、この急性上咽頭炎は風邪の治癒に応じて自然に治癒していくといわれています。 急性上咽頭炎が治らず炎症が続く慢性上咽頭炎 風邪が完治してものどに違和感や痛みを感じる場合、上咽頭の炎症が治っておらず慢性的に炎症を起こすようになってしまったと考えられます。 実はこの症状は不思議なことではなく上咽頭は外気に触れやすいためほかの部位よりも乾燥がおきやすく余計に炎症がおきやすいのです。 又、ほかの中咽頭など状態の影響も反映しやすいといわれています。 注意が必要なのは、慢性上咽頭炎は医師でも発見しにくい病気であるということです。 その為、受診する際には急性上咽頭炎だった方はきちんとその旨を伝えたり、具体的に症状を説明することで早期発見・適切な治療を受けられるように医師とよく相談できる環境づくりを心がけることが重要です。 上咽頭炎の特徴とは? 上咽頭炎の発見はほかの疾病と比べてもなかなか難しいといわれています。 これは上咽頭自体は口を開けて目につくことがないため、視診しづらく、問診や精密検査のみで診断をしなくてはならないという理由があるからです。 それでは上咽頭炎の特徴とはどのようなものなのでしょうか? 医者であっても発見しづらい 上咽頭は視診で目に見える部分ではありません。 特に風邪と併発している場合には扁桃腺が腫れているとそちらの腫れのみがのどの痛みに直結していると考えがちなのでたとえ専門の医師であっても正しく上咽頭炎を診断し発見できる人はなかなか多くないのが現状です。 しかし、のどの痛みの9割以上は実は上咽頭炎であるといわれています。 問診などだけではなく内視鏡などを使用して視診を行ってもなかなか発見することは難しいため、適切な治療を行うまでに時間がかかってしまう場合もあるといわれています。 しかし、適切な治療をした際には着実に症状は改善していくため医師とよく相談し、治療を行っていくことが大切です。 慢性化しやすい 上咽頭が炎症を起こしやすいのは先述しましたが、慢性化しやすいのも大きな特徴です。 慢性化しやすい理由としては2つあります。 1つは治療が適切に行われないためです。 これは、上咽頭炎が発見しづらい病気であるために中咽頭などほかの部位に対する薬などを服薬してしまい、適切な治療が行われない場合には病状が進行し、慢性化しやすいためです。 また、2つ目は外気に常に触れているため乾燥しやすいからです。 乾燥しやすいものの水分補給などでの保湿がしづらく、特に風邪なので鼻炎などの場合は口呼吸になりがちなので普段よりもよけいに乾燥しやすくなっています。 根本原因である上咽頭の炎症の改善はもちろんですが、ほかの器官も確実に治療を行っていくことが重要です。 耳や腎臓の病気の原因になる 上咽頭炎は風邪から起こりやすいといわれていますが、上咽頭炎がさらにほかの病気を併発する場合があります。 これは、上咽頭は耳とも耳管を通してつながっているため、炎症が広がり、中耳炎などの耳の中で炎症を引き起こす場合があります。 同様の感染方法で頭痛を引き起こす症例もあるといわれています。 ほかにも意外に感じるかもしれませんが、腎臓の疾患につながる場合もあります。 IgA腎症と言ってIgAといったたんぱく質が腎臓に蓄積してしまう病気です。 すぐに進行するものではなく進行速度は非常に遅いのですが治療は困難であり、国の難病指定されている疾病です。 その為、上咽頭炎のうちに適切な治療を行うことはかなり大切です。 上咽頭炎の症状とはどのようなものがあるの? 耳が詰まる のどは耳や鼻ともつながっています。 その為、耳のつまりを感じる場合があります。 実は、上咽頭には直接耳とつながっている耳管咽頭口があります。 その為、上咽頭の炎症がそこから広がって耳の炎症をおこしたり、耳管咽頭口自体が狭くなることで、音が聞こえづらくなり、耳が詰まったように感じるといわれています。 のどが痛む 上咽頭自体の炎症により、のどの痛みを感じますが、実は慢性的に炎症が起こるとこれを感じることもなくなるといわれています。 慢性的な炎症は腫れることもないため、内視鏡を使用しても疾病を確認しづらく、診断はむずかしいとされています。 また、鼻の炎症からおこった上咽頭炎の場合、鼻からの鼻水によってのどの痛みが生じます。 鼻水が通ることによって逆に乾燥しやすくなり、乾燥しやすくなった上咽頭の粘膜は通常よりも炎症を起こしやすくなっています。 その為、のどの痛みを感じるのです。 頭が痛む 上咽頭の炎症から派生した鼻や耳の炎症は頭の痛みにつながることがあるようです。 これは、頭にも炎症が広がるということであるということではなく、気圧の変化で耳が詰まり頭が痛くなるように耳管の調子が悪くなることで頭にも痛みを感じるという原理であるといわれています。 また、頭だけではなく顔の痛みを感じる場合もあるため上咽頭炎の症状をきちんと理解し、疾病箇所以外で痛みを感じたとしても冷静に対処することが重要です。 発熱・全身倦怠感 上咽頭炎は急性の場合、風邪とともに併発することが多いのですが風邪と違い上咽頭炎が原因で発熱をした場合、微熱が出る場合が多いといわれています。 とくに花粉症や副鼻腔炎が原因だとその傾向が強いといわれています。 上咽頭自体に炎症が起こることによって気道が狭くなったり、派生した鼻の疾病が鼻呼吸の邪魔をして、酸素のとりこみがうまくいかなくなると体中に酸素が行き渡らなくなり、結果的に全身倦怠感を感じることがあるといわれています。 鼻水やたんの塊がのどにへばりつく 花粉症などの影響で鼻水がながれ、上咽頭炎が起こる場合には鼻水やたんの塊がのどにへばりつく場合があります。 本来流れていく鼻水はさらさらとして粘性のないものなのですが、炎症が起こっている場合は乾燥しやすく、へばりつきやすくなっているからです。 また、のどにへばりついたことが原因でそれを体外に排出するために咳やたんが出る場合があります。 しかし、この場合にも単純に咳止めをつかうことなく根本的な原因を取り除くため感想を改善したり、鼻の炎症を改善することで自然に収まってくるため適切な治療を心がけてくださいね。 上咽頭炎の治療方法とは? 内服薬を飲用する 上咽頭炎の原因はウイルスや細菌なので、薬物療法が一般的です。 風邪によって発症した場合、ウイルスによるものなので抗生物質は使わず消炎鎮痛剤や粘液調整剤などを処方し、炎症の鎮火をうながします。 反対に鼻の炎症など細菌が原因で発症した場合には抗生物質を使用します。 これは、抗生物質が最近の増殖を抑える働きがあるためですが病状により使用が向かない場合があるので医師の指示を元に服用して行くのが重要です。 ネブライザー吸引治療 あまり聞き覚えがない治療法だとおもいますが、吸入に近いものです。 薬剤を霧状にして患部に直接つけることで炎症を抑えていきます。 一度で効果が出るものではないため、継続した治療が必要ですが、炎症を起こしている部分に霧状とはいえ薬を塗るため、患部がひどく腫れあがっている場合には痛みを感じることtもあるといわれています。 Bスポット療法 こちらも霧状にした薬剤を直接塗っていく治療法の意図つです。 特に、塩化亜鉛を使用するときにBスポット治療と呼んでいます。 塩化亜鉛はたんぱく質を変化させ、組織や血管を縮めるため、炎症を起こしてはれ上がっている部分に塗るとその部分が伸縮し、本来の大きさに戻る効果があります。 霧状にして塗るか、綿棒で直接患部に着ける場合もあり、かなり原始的な治療法に感じますが8割ほどの患者はこの治療法によって改善するといわれているので、効果が高いということができます。

次の

上咽頭炎とは?症状や原因を知って、予防しよう!

上 咽頭 炎 症状

このページでは、• 上咽頭炎の 「症状」とは!?• 「急性」と 「慢性」との違いは?• 上咽頭炎の 「原因」は?• 上咽頭炎の 「治療方法」は? について どこよりも分かりやすく説明します。 スポンサーリンク 上咽頭炎とは!? 喉は、 上咽頭・中咽頭・下咽頭 の3つに分けて考えられます。 このうち、 鼻と喉の間に位置する部分が「上咽頭」であり、ここが炎症を起こすことを 「上咽頭炎」と言います。 同じように「中咽頭」「下咽頭」が炎症を起こす症状がありますが、それらはあわせて 「咽頭炎」と呼ばれる事が多いです。 スポンサーリンク 上咽頭炎の症状とは! 上咽頭炎では、 上咽頭に細菌やウイルスが付着・感染することで炎症を起こします。 この上咽頭には、 「アデノイド 咽頭扁桃 」という器官がありますが、大人になるにつれて小さくなっていきます。 ちょうど下の画像の「アデノイド」あたりが炎症を起こします。 そのため、 気づかない間に「慢性上咽頭炎」へと進行してしまうことがあります。 一般的に症状が1〜2週間ほどで治まる場合を 「急性上咽頭炎」と言い、それ以上に続く場合を 「慢性上咽頭炎」と言います。 では、一つずつ簡単に見ていきましょう。 ストレス・体の疲れ 身体が疲れているときや、ストレスを多く受けている時は、身体の免疫力が下がっているため、上咽頭に関わらず、身体はウイルスからの攻撃に対して防御力が下がってしまいます。 喉の乾燥 喉には「線毛(せんもう)」と呼ばれる細かい毛のような組織があります。 この線毛は、ウイルスや細菌を体外へ排出する働きがあるのですが、 乾燥している時には、その働きが弱まります。 よって、ウイルスや細菌が侵入しやすくなってしまいます。 人間は毎日知らずしらずの間に、鼻水が喉に流れ落ちていますが、さらさらの鼻水のため気づきません。 しかし、鼻水が多くなったり、ネバネバしていると、鼻と喉の間に違和感を感じます。 副鼻腔炎の時には膿を含むネバネバした鼻水が出やすく、それが喉へ流れ落ちます。 特に寝てる間は喉に鼻水が溜まりやすく、上咽頭に炎症を引き起こすことがあります。 では最後に、 「上咽頭炎の治療」について説明しましょう。 それに加えて、以下の補助療法を取り入れます。 鼻から、もしくは曲がった棒を口から入れ、「塩化亜鉛」を上咽頭に直接塗る治療法です。 吸引する食塩水 もしくは、鼻洗浄液 の濃度が問題なければ、鼻の奥が痛くなることはありません。 また、後鼻漏も原因により治療方法が異なります。 関連ページ 咽頭炎の中で一番多く見られるのが「急性咽頭炎」です。 その症状・原因・治療内容と、長引く「慢性咽頭炎」の治し方、症状の見分け方ついても説明します。 A群溶血性レンサ球菌 化膿レンサ球菌 が原因で発症する、咽頭炎の一種です。 一般的に「溶連菌咽頭炎」や「連鎖球菌性咽頭炎」と言われ、子供だけでなく、大人でも掛かるので注意が必要です。 急性咽頭炎や慢性咽頭炎は他人からうつる 感染 するの?当ページでは、感染するタイプと感染しないタイプの咽頭炎の紹介します。 また、それらの咽頭炎の見極め方、症状の違いもあわせて紹介します。 上咽頭に位置する「アデノイド」。 ここが大きく腫れあがるのが「アデノイド肥大」です。 当ページではアデノイド肥大の症状・原因・治療の他、手術内容・大人でもなるのか?など気になるポイントについてお話しています。 鼻の奥、突き当たりに位置する「アデノイド」。 ここが肥大することをアデノイド肥大と言いますが、まれに手術により肥大部分を切除する場合があります。 当ページではおおよその流れを説明しています。 また、症状や原因も分かりやすくまとめています。

次の

医師解説【本当に治る?】慢性上咽頭炎の治り方【EAT治療】その8

上 咽頭 炎 症状

直接的な症状 まずは慢性上咽頭炎そのものが原因の症状から。 喉の違和感 まずはこの症状が多いような気がします。 僕の場合も喉のヒリヒリがずっと続いたことがきっかけでこの病気に気づきました。 目安として 1ヶ月以上喉の違和感が続いている場合は慢性上咽頭炎である可能性が高いです。 後鼻漏 鼻水が喉の方に垂れてくる事を後鼻漏といいます。 痰がからんだりしてイヤーな感じになりますよね。 少しの量なら誰にでもあることですが、鼻水の量が増えたり粘り気が強くなってくると不快感が増していきます。 頭痛、肩こり はい、僕は今絶賛肩こりに悩まされ中です。 もう凝って凝ってたまらない!頭痛は治まってきてますが、Bスポット治療始めたての頃は本当にしんどかった… 耳鳴り めまいが起こるとふらついたりして日常生活に支障をきたします。 ただしめまいには様々な原因があるため一概に慢性上咽頭炎のせいだとはいえないので注意してください。 また、耳鳴りと同時に起こる場合もあります。 睡眠不足 ただし、僕の場合は体調の悪さで起きていることがしんどかったためどちらかというと睡眠過多になっていました。 消化機能の低下 意外かもしれませんがコレも多いです。 自律神経と消化機能は密接な関係があります。 自律神経は自分でコントロール出来ないものなので消化機能も含まれるわけですね。 僕も慢性上咽頭炎の治療前はお腹の調子がずっと悪かったです。 集中力の低下 これらの症状が合わさって集中力が低下することもあるそうです。 学生生活や社会人生活の中で集中力が下がることは非常にしんどいです。 まとめ 今回は慢性上咽頭炎の症状についてまとめました。 これらは一例で、他にも様々な症状が現れる慢性上咽頭炎。 非常に恐ろしい病気ですが 規則正しく健康な生活や、鼻うがい、口テープで予防できます。 人気記事• みなさんこんにちは!えふわんです! 理系の大学生なら入学したら関数電卓を買うことになると思います。 3,321件のビュー• 前回は関数電卓の使い方基礎編を書いたわけですが、1年経って今まあまあ見られてるということを知ったので第二弾を... 303件のビュー• 今回は少し応用的な関数電卓の使い方をいくつか紹介したいと思います 前回の記事を読んである程度使いこなせ... 268件のビュー• えふわんです! さて、このブログでも何度かMSMプレフィアについては書いていますが、MSMプレフィアって... 143件のビュー• 口内炎や肌荒れにきくチョコラBB、僕が今まで飲んでいたサプリの中で一番効果があると思います。 できれば... 132件のビュー.

次の