ムーン フェイス 野牛 肩。 【実体験】プレドニンの副作用ムーンフェイスとは?治るの?

全身性エリテマトーデス ステロイド副作用対策

ムーン フェイス 野牛 肩

ステロイドを服用するまで知りませんでした。 や、やぎゅうがた??? なんだか、強そうなネーミング。 そう、これもまたステロイド内服の 副作用の一つとされています。 そして実際、私が野牛肩を感じているのは今です。 60mgなど大量に飲んでいた時期ではなく、10mgの今現在です。 蓄積なのか、なんなのか。 背中上部から肩、首にかけてのラインに 脂肪というか筋肉というか何かが確実に乗っかっています。 だから、首が短く見えます。 これからお洋服が薄手になっていくというのに女性には辛いです。 ストレッチをしたり、マッサージをやってみたり、 姿勢により気をつけたり、 と足掻いてはいますが、うーん。 体重もほぼ戻ってきているのに、 少しのムーンと野牛肩は健在なんですよね。。。 5mgまで減るとかなり違ってくるんだろうなー。 と、遠い目をしてみたり。

次の

全身性エリテマトーデス ステロイド副作用対策

ムーン フェイス 野牛 肩

Contents• ムーンフェイスってどういう意味? ステロイドの大量服用による一つの副作用で起こる顔が丸くなってくることです。 正式には満月様顔貌と呼んでます。 一般的には外用薬(塗り薬)では起こりにくく(というか普通の量では絶対に起こりません)、内服のみでの副作用です。 むくみとは違います。 むくみというのは組織内に水分が集まって押せばへっこみます。 そしてしばらく戻ってきません(跡が残る)しかしムーンフェイスは脂肪が集まったために顔が丸くなるので指で押しても跡が残りません。 実際、ムーンフェイスが起こると皮膚がのばされるために毛細血管が見えやすくなる関係で赤ら顔になりやすいといわれています。 引用元- ステロイド薬を長い間、多量に内服すると、いちじるしく体重が増えるケースがよくあります。 何で体重が増えるかというと、体の脂肪が増えるんですね。 ステロイド薬を服用して全身的な作用が続くと、脂肪がつきやすくなります。 いちばんわかりやすく出てくるのは、なんといっても顔。 それから、おなか。 ステロイド薬の服用によって顔がまん丸くなる現象をムーンフェイス、または満月様顔貌(まんげつよう・がんぼう)とよんでいます。 引用元- ステロイドの副作用でなるムーンフェイスは元に戻る ステロイドで肥満になっても体の機能的には問題はありません。 実際には、感染症をはじめとした、ほかの副作用がおこった場合のほうが深刻です(程度にもよりますが)。 ムーンフェイスは、外見的な変化。 人からもパッと見てわかる変化なので、 とくに、女の子や子どもにとっては、もっともショックを感じる副作用かもしれません。 しかし、おこった場合の事態の深刻さからいえば、 肥満はある意味、軽い副作用です。 ステロイドの服用を計画的にゆっくり中止できれば、体型は元に戻ります。 それに比べ、 感染症は命にもかかわることがあります。 ただ、肥満は、ただでさえステロイド薬によっておこりやすくなる糖尿病を、さらにおこしやすくさせることも考えられます。 そのため、ステロイドで食欲が増すことを理解しつつ、 できれば食事や間食をほどほどにセーブするのが望ましいですね。 もちろん栄養不足もいけないです。 先にも挙げたように、ステロイド薬の内服による肥満は、食欲が増すことだけが原因ではありません。 太るのが嫌だからといって、 過剰な食事制限、無理な運動をすることは、おすすめできません。 体調を崩し、病状や副作用がひどくなる恐れもあります。 ほどほどがいちばんですね。 ステロイドの長期服用中には、糖尿病になる前に気づけるよう、 血液検査を定期的に受けること。 血糖値に変化がないか?を知ることも重要です。 引用元- ステロイドの副作用でなるムーンフェイスはどうしてなるの? ステロイドの副作用としては、満月様顔貎(ムーンフェイス)が最も多く報告されています。 これは、食欲が増進し、なおかつ、脂肪に関する代謝の障害により発生すると言われています。 通常、ステロイド薬の使用を減少させることで改善します。 また、食欲が増進しますので、適切にカロリーを制限し、お菓子などの間食は、控えることが重要です。 主な副作用として、易感染性があります。 これは、ステロイドが身体の免疫力を抑制するため、風邪やインフルエンザなどにかかり易くなることを言います。 対策としては、日頃から、風邪などに掛からない様、予防に努めることがポイントです。 外出時には、人ごみを避け、マスクを着用する等して、ウィルスの感染を防ぎます。 また、外から帰宅した際には、手洗い、うがいなどを行い、予防に徹します。 但し、ステロイドの投与量が多い場合には、感染予防薬を飲む場合もあります。 この辺りにつきましては、個人差もありますので、医師と相談する必要があります。 骨粗しょう症(ステロイド骨粗鬆症)の副作用も、比較的多い様です。 骨がもろくなり、骨折しやすくなります。 対応としては、骨を保護する薬(ビスホスホネート)がありますので、ご心配な方は、医師と相談しましょう。 引用元- ムーンフェイスを解消する方法はある? 小顔ローラー よくある小顔効果のあるコロコロのやつですが これが効果があったという意見が多かったです。 ステロイド薬によって頬に付いた脂肪は、なかなか燃焼しにくく 放っておくと固くなるそうです。 そんな固くなった脂肪をローラーでほぐすことで、柔らかくして運動することで 顔の脂肪を燃焼できるというメカニズムらしいです。 ゲルマニウムの入ったものなどが良いと言われていますが 高いので低価格なものから挑戦してみてはいかがでしょう。 やりすぎると薄くなった皮膚が赤くなってしまうこともあるそうなので注意が必要です。 リンパマッサージ ムーンフェイスでお悩みの方なら定番といわれているのが このリンパマッサージです。 リンパマッサージとは、滞ってしまったリンパ液を各リンパ節に流し込んで 排泄することでリンパの流れをよくすることで老廃物が溜まりにくくする効果があります。 直接、ステロイドの副作用とリンパに溜まった老廃物が関係しているのは不明ですが 普通に生きているだけで老廃物は溜まりますから マッサージで流すことでむくみなどを解消する効果はあるのではないでしょうか。 一日数分間でできますし、時間のない方でも続けられそうです。 引用元- ステロイドの副作用は避けられないの? ムーンフェイスは治る ステロイド薬の副作用には、生命に影響しないものがあります。 例えば、 ムーンフェイスは美容上の大きな問題となりますが、生命に影響を与えることはありません。 ムーンフェイスとは、ステロイド薬を使うことによって、通常時に比べて上半身に送られる血液量が増えるので 顔がむくんで腫れぼったい状態になることです。 しかし、 女性にとっては深刻な問題でステロイド薬を避けたくなる大きな原因になります。 ムーンフェイスを防ぐ方法はありません。 薬の量が減るにつれて、徐々に症状は治まります。 他にもムーンフェイスと似たような症状があります。 ステロイド薬による肥満 ステロイド薬は、体の 脂肪代謝に影響を与えます。 また、顔や首のまわり、肩や胴体などの 体の中心部分の脂肪が多くなり、手足などの四肢の脂肪が少なくなるという特徴があります。 これを 中心性肥満と呼びます。 ムーンフェイスも中心性肥満の症状で、他にも肩甲骨の間に脂肪が溜まる 野牛肩(バッファローハンプ)という症状もあります。 中心性肥満は、体の中心部が太く丸くなり、手足は細くなりますが体重が増えることはありません。 しかし、ステロイド薬には 食欲を増進させる作用もあります。 食べる量が増える上に脂肪代謝の異常が重なると、 典型的な肥満体型になってしまうこともあります。 ムーンフェイスと野牛肩は、 美容上の問題となりますが、 薬の量が減れば症状は改善します。 しかし、ステロイド薬に影響で食事の管理ができなくなり、肥満になる可能性があるので注意が必要です。 ピーク時には1日8錠も飲んでいたから仕方ないんだけど、昨日あたりから浮腫みが少し取れてきたみたい。 ちなみに今は1日2粒ずつ服用ちう。。 特効薬だが副作用も多い…もう何年言われ続けているのでしょうか、いや何十年ですね。 ステロイドの副作用の厄介なところは、ムーンフェイスなど目に見える副作用が多いと言うこと。 それで余計に精神的にやられてしまう…悪循環。 — よしくん 社会福祉士 MSW YoshinobukunY ステロイドの副作用が時間差で現れムーンフェイスになることがあると言われていましたが、なるほど。 時間差できましたね。 顔の浮腫むというよりも、パンパンに腫れ上がっているというほうが近いかな。 あれだけの薬漬けの生活が続いていたのだから、体が怠いのもしばらくは仕方がない。 抗がん剤の治療てかなり大変やもんな…。 頑張って下さいとしか、言えない。

次の

ステロイド療法におけるムーンフェイスが起こる理由と看護について|ハテナース

ムーン フェイス 野牛 肩

病棟での日々のお仕事、お疲れ様です。 ムーンフェイスは、ステロイドを使用している患者さんの看護を考える場合に、必ずといっていいほど出てくるキーワードではないかと思います。 ムーンフェイスが顔に発生する理由 ムーンフェイスというのは、言葉の通りムーン(満月)のようにフェイス(顔)が丸くなった状態を言います。 これは、 ステロイドを摂取することによって起こる、脂肪の代謝異常によるものです。 質問者様の疑問は、どうして顔だけに症状が出るのかということでしたが、全身に肥満として症状が出る場合もあります。 しかし、 顔には脂肪の代謝に影響の出やすい種類の細胞が多く存在しているために、顔を中心としたムーンフェイスという特徴的な症状が出ると言われています。 また、肩を中心に脂肪が蓄積する 野牛肩という症状も同様です。 過剰なエネルギー摂取はさらなる脂肪蓄積を招き、ムーンフェイスを悪化させてしまいます。 看護師は患者さんの状態をみながら、医師や栄養士と連携して エネルギーコントロールをしていく必要があります。 症状が出現した場合は、ステロイドの副作用であることを伝えることで精神的ストレスを軽減することにつながります。 また、 ステロイドの摂取が終了すれば改善していく可逆的な症状であることを伝えておくことも必要です。 ステロイドの治療期間は病状次第であり、不確かなものですが、その都度看護師が説明や言葉かけをすることで、患者さんの安心につながることも多く、大切な援助です。 ムーンフェイスは、顔に脂肪が蓄積することに加え、顔がむくむことによっても助長されます。 そのため、 顔面の筋肉をほぐしたり、リンパマッサージをしたりすることで、 むくみを改善して脂肪を蓄積しにくい状態に近づけることができます。 直接看護師が行うだけでなく、自分でできそうな患者さんにはやり方を伝えて、自ら実践していくように促すことも大切です。 特に、質問者様の受け持ちの患者さんの場合は、ステロイドパルス療法というステロイドを大量に投与する治療法なので、特にその他の合併症が出現する可能性を考慮して観察していくことが必要です。 【 易感染症】 ステロイドは異常な免疫反応と同時に正常な免疫反応も抑制します。 そのため、免疫力が低下し、様々な感染症にかかりやすくなります。 看護師は感染症の観察と同時に、 清潔操作の徹底や、患者さん自身の 感染予防のうがい・手洗い・マスクの着用など、必要に応じて指導をする必要があります。 【高血糖】 ステロイドは血糖値を下げるインスリンの働きを阻害するため、 高血糖に注意が必要です。 看護師は、医師の指示に基づき、血糖値チェックや食事内容の見直しをしていきます。 【骨粗しょう症】 長期的な投与で起こる場合が多いとされていますが、ステロイドの摂取によって骨密度が低下することで骨粗しょう症が起こります。 看護師は圧迫骨折や転倒転落による骨折など、愛護的な 身体的援助と 安全管理により注意する必要があります。 【 消化管潰瘍】 ステロイドの大量接種で起こりやすい合併症です。 消化管粘膜の作用が抑制されるために起こります。 看護師は消化器症状や、事前に胃粘膜保護剤が処方されているかを把握しておく必要があります。 【血栓症】 ステロイド摂取により、出血をとめる働きをする血小板の機能が過剰になることで起こります。 【緑内障・白内障】 どちらも、ステロイドの影響で発症する場合があります。 異常を感じたら、早期に眼科の診察が必要です。 【精神症状】 長期化する場合に、精神的に不安定になったり不眠となったりすることがあります。 看護師は、活動・休息パターンや情緒の観察をし、必要時医師に報告や介入をしていきます。 おわりに.

次の