東戸塚 霊園 おすすめ。 横浜市保土ケ谷区で人気の墓地霊園ランキング8選!お墓の値段相場・資料請求|終活ねっとのお墓探し

東戸塚メモリアルパーク(神奈川県横浜市)無料で資料請求|費用・口コミで選ぶ【公式 みんなの終活】

東戸塚 霊園 おすすめ

駅前の商業施設が充実! 東戸塚駅は急行停車駅でもないのに、駅前の商業施設が非常に充実しています。 西武百貨店、イオン、オーロラシテイなど大型の商業施設が充実しており、 食料品、日用品や衣服、家具などがすべて駅前で購入できるのが魅力的です。 子供が多い街なので、子供服やおもちゃ類、屋内で子どもが遊べる施設などもあり、必要なものはすべて駅前で揃ってしまうといっても過言ではありません。 フードコートなども充実しており、平日休日問わずいつも混雑しています。 東戸塚駅は急行停車駅ではありませんが、急行停車駅ではなくても駅前が非常に開発されていることも、東戸塚エリアの魅力といえるでしょう。 スーパーが充実 東戸塚駅前には非常にスーパーが多く、さまざまなスーパーがあります。 格安スーパーで人気のOK、ザ・ガーデン自由ケ丘、イオンスーパーなどがあり、さまざまなスタイルのスーパーがあります。 特にOKは、休日は入庫待ちが出るほど混雑していますが、安くて品揃えもよいので重宝していました。 西武百貨店の下ではちょっとしたお惣菜屋さんなどもあって、帰りにちょっと一品買うのにも便利でした。 スポンサーリンク お店が充実 駅前が開発されていることもあって、駅前には主要な銀行の支店があるほか、携帯ショップ、オードバックス、多数の飲食店などがあり、 生活に必要なお店が多数揃っています。 またちょっとおしゃれな雑貨のお店や、カルディ、ロフト、ユニクロ、100円ショップ、ドラッグストアなどもあり、何かと便利でした。 そのため駅前ですべて買い物や用事を済ませることができるため、実際に駅近くのマンションに住んでいたときにも車を持っていない人もけっこういました。 役所も隣の戸塚駅で駅直結なので、比較的便利でした。 子育てにおすすめの街 こちらもまたまた不動産屋の話になるのですが、東戸塚は非常に教育熱心な人が多いエリアだそうで、とある小学校はほとんどが中学受験するそうです。 確かに駅前に幼児教室や塾なども多数あって、公立も比較的高いレベルの学習環境が整っています。 また小さい子供が無料で遊べる地区センターや、商業施設内のキッズエリア、多数の公園など、ちょっと子供とお出かけするのに便利で、子供と毎日今日はどこへ行こうか・・・なんて考えるのも楽しかった思い出があります。 スポンサーリンク 都内へのアクセスが意外とよい! 戸塚って聞くと横浜のちょっと田舎を想像される方も多いと思いますが、都内へのアクセスが非常に良い駅だなと思いました。 実際に東戸塚から横浜までは約8分、品川や東京方面へも約40分ほどでアクセスできます。 電車が混雑していたり、本数が少ないというデメリットもありますが、都内への移動がスムーズで確かに住みやすい街として選ばれる所以が分かるなと感じました。 また下り方面は鎌倉などへも近いので、ちょっと日帰りで遊びに行ったりもできます。 坂道が多い! 東戸塚の最大といっても過言ではないデメリットは、坂道が多いということです。 小さい子供連れだとベビーカーを押すのにも一苦労だったり、電動自転車ではないと駅周辺は移動ができないほど坂道のアップダウンが激しいです。 また駅周辺は商業施設が多いので、休日は渋滞していることも多く、ちょっとの距離の移動でも渋滞にはまると家に近いのになかなか帰れないなんてこともありました。 まとめ 東戸塚は駅前は夜でも賑やかなので、そういう意味では治安面でも安心できます。 また東戸塚は家賃や家の値段も高い傾向にあるので、住んでいる人もそれなりの層なので、子育てに熱心な人も多く、子育て世代には特におすすめの街といえるでしょう。

次の

合掌の郷 もちのき霊園(横浜市戸塚区)の地図・行き方・駐車場|無料で資料請求【いいお墓】

東戸塚 霊園 おすすめ

それでは、 横浜市で人気の墓地・霊園をランキング形式で確認していきましょう。 ここでは人気の墓地・霊園について、どうして人気があるのか、どういった区画があるのか、費用はどのくらい必要なのか、宗教・宗派による制約はないか、墓地・霊園の環境・雰囲気はどのような感じか、アクセスは良いか、などをご紹介しています。 また、横浜市でお墓を建てるためにかかる費用の相場は210万円〜280万円ほどになっていますが、この相場と比べてそれぞれの墓地・霊園で必要になる費用はのどのくらいかについても解説しています。 「終活ねっと」では、 ランキングで紹介されているすべての霊園の資料請求を無料で行うことができます。 資料請求をしたい方はこちらをご覧ください。 ランキング第2位の 環境霊園横浜みどりの森は、横浜市緑区に位置する民営霊園です。 霊園の周囲と内部を問わずに植物が豊富で、どこに目を向けても目に優しい緑が心身を癒してくれます。 2016年に開園した新規の霊園なので、霊園に施設は新しくきれいで気持ちよく整えられています。 園内は日当たり良好で明るく、お参りがしやすいように通路は舗装されています。 休憩所や法要室、売店などの充実した設備が完備されているのも魅力です。 また、こちらの霊園では環境の保全にちからを入れており、リサイクルシステムの採用やエネルギー削減による二酸化炭素発生の抑制といった自然に優しい様々な試みがされています。 墓所には、ゆとり区画・芝区画に一般的なお墓を建てることができます。 ロッカー型家族墓や樹木葬「さくらのいのり」では個人墓や家族墓といった形態のご供養にも対応しており、様々なニーズにお応えできる霊園となっています。 ランキング第6位の 大本山總持寺(総持寺)は、横浜市鶴見区にある長い歴史を持つ格式高い寺院墓地です。 石原裕次郎や浅野総一郎など各界の著名人が眠る墓所として知られています。 すぐ近くにJR京浜東北線が通り、大学や商業施設が建ち並ぶ賑やかな地区にありながら、およそ10万坪という広大な敷地に様々な堂宇が建立されています。 周囲にはスーパーマーケットや商店が充実しているので、お墓参り用の仏花や線香などの買い物にも便利です。 門戸は一般の人々にも常に開かれており、地元の観光名所としても有名です。 境内はきれいに整地されており、平坦で歩きやすくお参りもしやすくなっています。 墓所には0. 54㎡から4. 13㎡まで、様々な広さの区画が用意されています。 一般墓地のほかに永代供養墓も申し込むことができます。 ランキング第9位の メモリアルサンステージは、横浜市旭区の霊園です。 霊園内の全区画から富士山を望むことができるのが特徴の霊園で、日本一の霊峰を眺めながら故人様を偲ぶことができます。 園内は色彩豊かな花々に彩られており、都会ではなかなか見らない癒しの空間となっています。 総面積9. 228. 5㎡の広い敷地を贅沢に使ったゆとりのあるデザインなので、ゆったりと過ごすことができるのも魅力です。 一般墓地のほか、各種モニュメント区画をお求めいただけます。 ヨーロピアンモニュメント・ウォールモニュメント・フラワーモニュメントなど、多彩なデザインが用意されています。 また、生前建墓が可能ですので、自分のお墓を用意したいという方にもお求めいただけます。 ランキング第10位の 横浜市営久保山墓地は、横浜市西区の公営霊園です。 12万6千平方メートルもの広大な敷地と、およそ1万4,000区画の規模を持つ大型の市営霊園となっています。 管理棟のほかに、お墓の専門店である「茶屋」という施設が設置されており、建墓やお墓のお手入れなどについて相談に乗ってもらうことができます。 区画は、一般墓所のみとなっています。 また、公営霊園ですのでお申込みいただくにあたって要件がございます。 「横浜市在住3か月以上で、使用許可申請時点で引き続き横浜市に住民登録がある方」「申し込み者および申し込み者の同一世帯内に、横浜市各市営墓地の使用許可を受けている方がいないこと」などが主な申し込み資格となります。 募集状況を含めた詳細は、管轄の窓口などでご確認いただけます。 最後に、 横浜市のお墓・霊園事情を見ていきます。 横浜市でお墓を建てるために必要な費用がどれくらいであるか、そして実際にどういった墓地・霊園を選ぶのがおすすめなのか解説します。 お墓を建てるのにかかる費用の相場 横浜市でお墓を建立するためには 総額どれくらいの費用がかかるのでしょうか? お墓を建てる際にかかる費用の相場は、全国で145万円〜205万円ほどになっています。 では横浜市の場合はどうなのでしょうか。 横浜市でのお墓の購入にかかる費用の相場は、諸費用を含めて210万円〜280万円ほどになっています。 全国平均と比べると、お墓の値段が多少高くなっていることがわかります。 ですが、都心の東京23区でお墓を建てる際の費用の相場は、290万円〜390万円ほどと横浜市と比べて高くなっています。 横浜市でお墓を建てるのにかかる費用は全国平均よりは高いものの、東京23区ほど高い金額ではないことがわかります。 お墓を建てる時にかかる費用には、永代使用料・墓石代・管理費があります。 以下で横浜市では、それぞれどういったものなのか、相場はどのくらいなのか、について確認していきましょう。 永代使用料 永代使用料とは、墓所を使用する際にかかる土地の使用料のことです。 地価の高い横浜市では、地価に影響される永代使用料も高くなります。 横浜市の永代使用料の相場は、70万円〜90万円ほどになっています。 墓石代 墓石代とは、石材にかかる費用(石材費)とお墓の工事にかかる費用(工事費)を合わせた総額のことです。 墓石代は、横浜市のように物価がある程度高い地域では、他地域に比べて高くなることもあります。 横浜市の墓石代の相場は、140〜190万円ほどになっています。 管理費 管理費とは、墓地・霊園に墓所を管理・整備してもらうために定期的に支払う費用のことです。 管理費は、基本1年に1回墓地・霊園に支払う費用になります。 ですが、中には毎月支払いが必要な墓地・霊園もあるので注意が必要です。 また、お墓を建てようとしている墓地・霊園が、公営であるか民営であるかなどによっても必要となる管理費に差が生じます。 横浜市の管理費の相場は、• 公営霊園:2千円〜1万円• 民営霊園:5千円〜1万5千円• 寺院墓地:5千円〜2万円 ほどになっています。 どういった霊園がおすすめなの? お墓は人生の中で大事な買い物の一つだと思います。 横浜市でお墓・霊園を探す場合には どのような霊園を選ぶと良いのでしょうか? 都内の墓地・霊園にお墓を建てる場合と比べると、費用はかなり抑えることができます。 アクセスも都心から約1時間ほどとそれほど悪くはありません。 ですので、横浜市にお住いの方だけでなく、都内にお住いの方も、横浜市にお墓を建てることできます。 お墓選びにおいて、どれくらいの費用がかかるのかは気になる点だと思います。 しかし、費用以外にも墓地・霊園の運営元がどのようなところであるかや、アクセスといった点からも墓地・霊園を比較する必要があります。 「終活ねっと」では、神奈川県横浜市にある全ての墓地・霊園をアクセスなどから比較することができます。 ぜひご利用ください。

次の

東戸塚の美味しいモーニング・朝食おすすめ15選 | VOKKA [ヴォッカ]

東戸塚 霊園 おすすめ

永代供養墓と一般墓がある宗教自由の霊園です。 宗旨宗派を問わず、寄付金等もかからずに利用することができます。 園内には法要や会食もできる部屋や、待ち合わせや休憩ができる庭園や休憩所があります。 季節の花々や緑が豊かな園内で、安らげる空間となっています。 参道は広々としていて、スロープも設置されているので車いすの方でも安心して参拝ができます。 永代供養墓は、管理費や年会費は不要で36万円で利用できます。 散骨されず、永遠にカロート内に骨壺で安置されます。 一般墓は、区画やデザインのバリエーションを用意していて、ニーズに合わせて選ぶことができます。 アクセス方法は、JR東戸塚駅からタクシーで3分ほどです。 車で行かれる場合は、横浜新道の今井インターのそばになります。

次の