定形 外 郵便 料金。 定形外郵便はダンボールで送れる?規格サイズや料金をチェック

定形外の規格内・規格外とは?定形外郵便を詳しく解説

定形 外 郵便 料金

知っ得情報:消費税の増税によって郵便料金もアップ!? 2019年の10月に消費税が8%から10%に増税しました。 その影響を受けて、郵便料金も上がりました。 通常はがきには、年賀はがきも含まれているので、ますます年賀状離れが進みそうですね。 ちなみに、2004年用の年賀状発行枚数は44億5,936万枚でしたが、2019年は23億5,000万枚となり、半分近くに減ってしまいました。 角形2号の封筒の重さを概算する 先述した通り、 角形2号の切手代は「重さ」によって変わります。 そのため、切手代を求めるには、重さをはかる必要があります。 しかし、いちいち重さをはかるのは面倒くさいですよね。 重さを概算することができれば、いちいち重さをはかる手間はなくなります。 郵便物の重さは、「用紙」「封筒」「クリアファイル」の3つから概算することができます。 用紙の重さ• 封筒の重さ• クリアファイルの重さ 用紙の重さ 用紙の重さは、紙質によって異なるので、あくまで参考程度にお考えください。 角形2号の封筒の宛名の書き方 宛名の書き方は、「縦書き」と「横書き」に分かれます。 (縦書きの場合が多いです)• 縦書き:目上の方や改まった内容• 横書き:親しい方やちょっとしたお礼状 1.縦書きの場合 表書き• 左上に切手を貼る• 右上に送り先の郵便番号を書く• 郵便番号を書く• 住所を書く• 自分の名前を書く 2.横書きの場合 表書き• 右上に切手を貼る• 送り先の郵便番号を書く• 郵便番号を書く• 住所を書く• 自分の名前を書く 封筒に関する知っ得情報 定形郵便と定形外郵便の違い 定形郵便と定形外郵便は「サイズ」と「重さ」によって決まります。 簡単に考えると、定形郵便に当てはまらないサイズは定形外郵便になります。 ちなみに、定形外郵便に当てはまらないサイズは郵便扱いにはなりません。

次の

定形外郵便の料金【2020年版】定形郵便との違い&オプション一覧

定形 外 郵便 料金

定形外郵便・規格外のサイズと重さ上限も、すでに紹介した通りであり、そのサイズを基準として、それぞれの重量に対する料金は下記となっている。 50g以内 :200円 100g以内:220円 150g以内:300円 250g以内:350円 500g以内:510円 1kg以内 :710円 2kg以内 :1,040円 4kg以内 :1,350円 定形外郵便物・規格外の最高料金は1,350円と、定形内に比べ非常に高額ではあるが、定形内郵便物がポスト投函口に容易に入れられるのとは違い、投函口に入らない郵便物はいったん持ち帰り再配達をしてもらえることを考えると、多少料金に差があることにも納得がいくのではないだろうか。 参考ではあるが、定形郵便の重量上限は50g。 もっとも代表的なサイズの長形3号封筒の重さは約5gで、A4コピー用紙1枚は約4~5gなので、長形3号封筒であっても10枚以上のA4用紙を入れる場合は、定形郵便の重量上限を超え、定形外扱いとなる可能性があるので注意しよう。 定形外郵便・規格内の厚さの上限が3cmまでなのに対し、定形外郵便・規格外の上限サイズは最大辺の長さ60cm、縦・横・厚さの合計が90cmを超えなければよいので、厚めのものから長めのものまでその適用サイズは意外に広い。 60cmとはA4用紙の長辺の長さの約2倍の長さである。 しかし実際のポスト投函口サイズは、大型のサイズのものでも最大4cm程度であるため、長めのものや厚めのものはポスト投函が難しい。 定形・定形外郵便は集荷サービス対象外のため、ポスト投函できない郵便物は郵便局の窓口へ持ち込むことになる。 ただし、郵便局の窓口であれば正確な料金を調べてもらうこともできるので、料金間違いを防ぐことができるというメリットもある。 なお、郵便料金を郵便局の窓口で支払う際、現金にて支払うことも可能だが、手持ちの切手がある場合は使用することもできる。

次の

定形外郵便の料金一覧 サイズ 送り方 まとめ

定形 外 郵便 料金

2016年12月22日に日本郵便株式会社からはがきの料金などの改定が発表されました。 2019年10月から新料金となりはがきが63円など値上げとなります。 郵便料金等の改定 日本郵便(PDF) 各種... 50g未満でも120円です。 50g以内:120円• 100g以内:140円• 150g以内:210円• 250g以内:250円• 500g以内:390円• 1kg以内:580円• 2kg以内:不可• 4kg以内:不可• 4kg以上:不可 封筒で本等を送るのであれば、500g、1kg レベルになるかもしれません。 履歴書などを A4 サイズの封筒で送るのであれば120円ですね。 また、120円切手、140円切手、205円切手は存在していますが、それ以外の上記料金表にある料金の切手はありませんので複数枚の切手を組み合わせて使う事になります。 厚みが3cmを超えると規格外料金となります。 50g以内:200円• 100g以内:220円• 150g以内:300円• 250g以内:350円• 500g以内:510円• 1kg以内:710円• 2kg以内:1,040円• 4kg以内:1,350円• 4kg以上:不可 おわりに 基本的に家庭に常備してある切手と言えば、63円切手と84円切手くらいだと思います。 定形外郵便物を送る機会はないわけではないので、その時は53円切手と84円切手の組み合わせで送っています。 料金を超えているのでもったいないですが…。 定形外郵便の料金も63円切手と84円切手の組み合わせで出来る料金体系にして欲しいですね。 なるべく無駄のない切手の貼り方をまとめました。 カテゴリー• 112• 122• 243• 412• 162•

次の