飴色 玉ねぎ スープ。 【飴色玉ねぎ】 電子レンジを使った時短&簡単な作り方は?

玉ねぎスープの効果とは?作り方や保存方法について解説!|玉ねぎの教科書

飴色 玉ねぎ スープ

飴色玉ねぎの作り方はとても簡単です。 まず 玉ねぎの皮を剥き薄切りにカットします。 コツはできるだけ薄切りにすることです。 水分が飛びやすく飴色玉ねぎにしやすくなります。 粗くみじん切りにしてもかまいません。 鍋にサラダ油を敷き、玉ねぎを炒めます。 飴色玉ねぎの上手な作り方の ポイントは程よく混ぜることと根気よく混ぜることです。 混ぜは多くても少なくても良い飴色玉ねぎに仕上がってくれません。 また、手を休めず混ぜ続けることが大事です。 飴色玉ねぎになるまでには 約40分の時間を要します。 その間混ぜ続けます。 作り方には根気が必要です。 鍋の 底全体に玉ねぎが行き渡り全体に程よく火が通るようにするのもポイントです。 全体が飴色に変化したら飴色玉ねぎの完成です。 鶏挽き肉1パック• パン粉50g• 溶き卵1個• みそ小さじ1杯• 塩コショウ適量• 玉ねぎ1個• 醤油大さじ4杯• 酒大さじ3杯• みりん大さじ1杯• 砂糖小さじ2杯• しそ4枚• 玉ねぎをみじん切りにカットし、油を敷いたフライパンで 玉ねぎを炒め飴色玉ねぎにします。 醤油、酒、みりん、砂糖、おろしニンニクを混ぜてタレを作ります。 飴色玉ねぎにタレを加えて煮込み、とろみをつけます。 みじん切りにしたしそを加えて飴色玉ねぎのタレを完成させます。 豆腐はキッチンペーパーで包んで電子レンジで加熱します。 ボールに鶏挽き肉と豆腐、パン粉、溶き卵、みそを加え塩コショウを振ってこねます。 空気を抜きながら食べやすい大きさにハンバーグを成型します。 中火で熱したフライパンにハンバーグを並べ入れ焼色が着くまで焼きます。 酒を加えてから蓋をして弱火で5分蒸し焼きにします。 お皿に盛りつけて飴色玉ねぎのタレをかければ完成です。 鶏もも肉200g• じゃがいも1個• 玉ねぎ1個• バター20g• カレールー適量• 水400ml• 鶏がらスープの素小さじ2杯• トマトケチャップ大さじ1杯• 白ワイン適量• ご飯適量• パセリ適量• じゃがいも、人参は皮を剥き食べやすい大きさにカットします。 玉ねぎは 薄切りにして飴色玉ねぎに仕上げます。 鶏肉は食べやすい大きさにカットし、塩とコショウで下味をつけておきます。 鍋にバターを入れ鶏肉を炒めます。 火を止めてから白ワインを振り火を付けフランベし、アルコール分を飛ばします。 鍋にバターとじゃがいも、人参、飴色玉ねぎを加え軽く炒めます。 鶏ガラスープと水を加えてじゃがいも、人参、飴色玉ねぎに火が通るまで煮込みます。 カレールーを加えさらに煮込み、トマトケチャップと塩で味を整えます。 カレーをご飯にかけてパセリをちりばめれば完成です。 冷凍玉ねぎを使った飴色玉ねぎの作り方は、まず、冷凍した状態の玉ねぎをもみほぐします。 2~3分もみほぐせば十分です。 次に 強火の状態でフライパンに蓋をして冷凍している玉ねぎを解凍させます。 蓋を取り、木べらで通常の飴色玉ねぎを作る要領と同じようにかき混ぜます。 水分が少なくなったら大さじ2杯程度の水を加えてさらに混ぜます。 約7分で飴色玉ねぎが完成します。 冷凍玉ねぎを使用し飴色玉ねぎを作る場合には、火は弱火にせず。 中火で炒めます。 ふたをしている状態は強火でその後中火のまま炒めます。 水分が完全になくなると焦げやすくなるため、 こまめに水を加えるのが上手に飴色玉ねぎを作るコツです。

次の

コクと甘みを凝縮!「飴色タマネギ」の裏ワザと活用レシピ5選

飴色 玉ねぎ スープ

万能野菜「玉ねぎ」は旨みと栄養の宝庫だった 一年中手軽に手に入る玉ねぎ。 和・洋・中・イタリアンと活躍の幅が広い。 その上、長期保管もできる優秀な野菜。 ご家庭にストックされている方も多いのでは。 調べてみると、使い勝手の良さだけでなく栄養面でも優秀。 硫化アリルなど辛味のもとになる硫黄化合物と、ショ糖やブドウ糖などの糖分を含みます。 硫黄化合物は血液サラサラや疲労回復に有効と言われていますし、糖分含有率は可食部100gあたり5〜7gで、なんといちごと同程度の値です。 他にも、血糖値を下げるインスリンとほぼ同じ働きをするグルコキニンという物質も含まれており、まさに栄養の宝庫です。 シンプル素材でも十分満足、オニオンスープの作り方 玉ねぎは「西洋のかつおぶし」とよばれるほど様々な料理のベースとして活用される食材です。 そんな玉ねぎの栄養成分を凝縮して作るオニオンスープは、シンプルな素材ながらも満足度の高い一品。 繊維を断つ方向で切っていくと栄養成分が出やすく、舌触りもなめらかになります。 おすすめ。 強火の加熱が心配な方は、レンジで温めてから炒めてもOK。 どちらの方法でも、お好みで。 10分程度炒めれば、茶色く色づいてきます。 もっと飴色にしたい!という方は弱火でお好みの色になるまで加熱して下さい。 お好みで、パセリなど散らしても。 シンプルなのに優秀。 オニオンスープの活用法 飴色玉ねぎをベースにしたオニオンスープは、こくと旨みがたくさん詰まっています。 飴色の正体は、糖が変化してできたカラメルと、糖とアミノ酸がくっついてできるメラノイジン。 中でもメラノイジンは高い抗酸化作用があり、生活習慣病の予防に効果があるといわれています。 オニオンスープはそのままで頂くのはもちろん、パンを入れてチーズを掛けて焼く「オニオングラタンスープ」や、カレーのベースとしてもおすすめ。 オニオンスープを大量に作っておき、翌日炒めた具材を足してカレーにすれば、深いコクを味わえる贅沢な一品に。 他にも、リゾットのベースなど「だし」代わりに活用できます。 アレンジして使う場合は、塩分控えめに作っておくと後から味が整えやすいですよ。 おいしくて元気になるオニオンスープ、ぜひお試しください。

次の

飴色玉ねぎの簡単な作り方とコツ!時短テクニックや活用レシピ3選!

飴色 玉ねぎ スープ

そもそも、なぜこの茶色くなった玉ねぎを「飴色」と言うのでしょうか。 今でこそ、無職透明な水あめですが、昔は麦芽で作られており、琥珀のような色をしていました。 色でいうとオレンジ~茶色の中間。 具体的に飴色玉ねぎがどのような状態のことを指すのかというと、中が透き通ってしんなりし、色がついてきたころを「飴色」としています。 シャキシャキの玉ねぎは炒めていく工程で透明になり、しんなりしてきます。 一通り火が通ると今度は茶色っぽく色がついてくるわけですが、この頃を「飴色」と称しています。 しかし、ここを通りすぎると玉ねぎの淵から焦げてきてしまい、苦みが出てくるので注意が必要です。 そもそもなぜ飴色になるまで炒める必要があるのでしょうか。 最近は加工された飴色玉ねぎが販売されているほど、イチから作るとなると忙しい方にはなかなか面倒な飴色玉ねぎ。 手間はかかりますが、しっかりと炒めた玉ねぎを料理にプラスすることで甘みが加わり、コクもアップします。 レシピによっては香ばしさもプラスされ、深い味わいになります。 カレーやオニオンスープに入れると、入れない時と比べて味の違いがとてもよくわかりますよ。 また、玉ねぎは飴色にすることでカサが減ります。 しっかりと炒めていくと最終的にはペースト状になりとても少量になってしまいます。 サッと炒めて使うより、2倍、3倍の玉ねぎが使えるので、玉ねぎの栄養成分をたっぷり摂取できるという点もあります。

次の