ポケモン ヒカリ。 【ポケマス】「ヒカリ&ナエトル」ピックアップガチャは引くべき?|ポケモンマスターズ

ヒカリ(ポケモン)とは (ヒカリとは) [単語記事]

ポケモン ヒカリ

バディーズ データ• MAX・のびしろ未使用・未習得」時の数値。 味方1体の状態異常を治す。 味方1体の「こんらん」「ひるみ」「バインド」状態を治す。 MAX・のびしろ未使用・未習得」時の数値。 味方1体の状態異常を治す。 味方1体の「こんらん」「ひるみ」「バインド」状態を治す。 MAX・のびしろ未使用・未習得」時の数値。 味方1体の状態異常を治す。 味方1体の「こんらん」「ひるみ」「バインド」状態を治す。

次の

ポケモンSS サトシ「ハルカとヒカリって何も被っていない方が可愛いよな?」

ポケモン ヒカリ

特徴 DP編のヒロイン。 を野生のポケモンと間違え、ゲットしようとしたところを反撃されて自転車を壊されてしまう。 やとは異なり弁償は求めず、後にサトシに対し「もう気にしていない」と言っている。 から旅立った、新人コーディネーター。 パートナーのとともに、を目指す。 母親のはトップコーディネーターであり、その影響が大きい。 口癖は「大丈夫」や「だいじょばない」(大丈夫じゃないの略語)。 に追われるを保護してトレーナーのを探しに行った縁でサトシ達と一緒に旅をする事になる。 基本的に明るい性格。 おしゃれが大好きで旅立ちの日も、スーツケース一杯に服を入れて持っていこうとしたほど。 髪がくせ毛になりやすいらしい ではのでくせ毛を直していた。 甘いものが好きで、方向音痴。 しかし、母親から教わったのか新人の割にポケモンやバトルに詳しい。 歴代のヒロインの中でも、と特に近い感性がある。 咄嗟の閃きに優れる点や、恋愛沙汰に疎く、ケンゴやコウヘイの態度の本質にまるで気付かない点などが、その最たる例である。 ただし流石に、当時のサトシよりは恋愛に理解はある。 サトシとは基本的に仲はいいが意見が合わなければ口喧嘩をしたり張り合ったりする。 に対しては「お前、誰? 」「覚えてない」という言動に激怒し、それ以来サトシに対する彼の言動に対して物申したり呆れたりする。 幼馴染であるケンゴに対しては基本的に親しくしつつも、ポケッチのアプリを自慢したり、バトルを申し込むなど対抗意識を持っている。 普段はポジティブだが、根が真面目なせいか自分を責めやすく落ち込みやすい。 悩みや迷いを長期間抱え込むなどという一面も持つ。 またパニックになったときなど自分のことで手一杯になりやすく周りやポケモンの様子が見えなくなることがあるが、その反面ポケモンの一大事には冷静に対処する責任感もある。 (マンムーが怪我をしてしまった時は、トレーナーの不安がポケモンに伝わらないよう明るく前向きに看病した。 )落ち込んでしまった時はサトシやなどに励ましてもらい、立ち直ることがある。 口癖の「大丈夫」を言うときは、本人は大丈夫だと思っているが、他人から見れば大丈夫じゃない時がほとんど。 幼稚園時代からの口癖らしく、幼馴染のの口癖が移ったという可能性もある。 幼馴染はとユモミ。 ケンゴはヒカリのライバルでもあるが、ゲームのとは異なる。 ダイヤモンド・パールのライバルの姿をしたキャラに、がいるが、ヒカリとは特に関係がない。 幼少期の思い出には、本人にとって不名誉なものがやたらと多い。 その一つに、ケンゴやユモミから「ピカリ」と呼ばれることがあるが、本人はかなりこのあだ名を嫌っており、絶対に由来をしゃべらせようとはしない。 あだ名をつけられた理由はで明かされ、ヒカリが幼稚園児だった頃、ケンゴ・ユモミと共にポケモン係を任され、との世話をすることになり、2匹を抱えた所を2匹が発した電気でヒカリの髪型が弾けるように光ってしまった。 それを見たケンゴに「ピカリ」と名付けられ、笑い物にされ、これ以降数年間もの間、プラスルとマイナンに対してトラウマが出来てしまった。 大会決勝のとの対決で例の髪型になったとき、マンムーとヒノアラシの励ましにより、トラウマを克服できた。 この他にも髪型をのようにしてしまったり、学芸会で大失敗をしたり、パジャマのまま幼稚園に来たりしたことがあるとの事で、幼少期の黒歴史に拍車をかけている。 一人称は「あたし」か「わたし」。 服装はノースリーブの服に丈の短いスカートを着ているが、チアガールやメイドなどの服も着ることもある。 付近への旅ではプラチナの女主人公と同様の赤いコートを着ていた(髪留めはピンクではなく通常の黄色)。 はピンク色で、は赤。 物語に直接影響はしてないが、服装のイラストが他のヒロインと比較して安定してない場面が度々見受けられ、着替えた訳ではないにも関わらず、前の場面と次の場面で服装が多少変わっている事がある 前の場面まではハイソックスを履いていたのに、次の場面ではニーソックスを履いている等。 モデルになったダイヤモンド・パール・プラチナの女主人公の公式イラストと見比べてみると、細かい違いがいくつかある(髪の色はゲームでは黒髪に対しアニメでは紺色。 マフラーも少し短く、ゲームではボストンバッグを持っているのに対しアニメではリュックを背負っている。 上述の通りコートを着ていたときも髪留めは通常通り黄色)。 」と言う。 のことを以前から知っており「ホウエンの舞姫」と呼び尊敬していたがでロケット団に食べ物を奪われ炎を上げて怒った姿を見て「ホウエンの舞姫のイメージが崩れた」と嘆いていた。 BW編では、からまで登場。 でサトシ達と合流し、とポケモンバトルをした。 図鑑はやのものと同じものに変わり、ポケッチはライブキャスターに変わった。 ポケモンワールドトーナメントジュニアカップでは2回戦でマンムーを使ってのと戦って敗北した。 ポケモンワールドトーナメントジュニアカップが終わった後はに参加するためにへ旅立った。 所持ポケモン• ポケモンサマースクール• 別れたポケモン• ご理解の上ご利用ください。 公式大会• ポケモンコンテスト大会準決勝敗退 に敗れる• ポケモンコンテスト大会優勝 を破り優勝• ポケモンコンテスト大会2次審査敗退 のエンディング• ポケモンコンテスト大会1次審査敗退• ポケモンコンテスト大会1次審査敗退• ポケモンコンテスト優勝 を破り優勝• ポケモンコンテスト大会優勝 を破り優勝• ポケモンコンテスト大会優勝 を破り優勝• ポケモンコンテスト大会決勝敗退 に敗れる• ポケモンコンテスト大会準決勝敗退 に変装したに敗れる• ポケモンコンテスト大会優勝 ウララを破り優勝• 準優勝 ノゾミに敗れる 非公式大会• お祭で行われた非公式のポケモンコンテスト 、2次審査敗退 に敗れる その他• ・ : ヒカリが描かれているカード.

次の

ヒカリ&ナエトル

ポケモン ヒカリ

特徴 性別はオス(・より。 でもヒカリが「男の子でしょ」と発言している)。 ニャースの通訳などによると、一人称は「僕」である。 ポジションはサトシにおけるピカチュウ的位置。 当初は他のポケモン達と同じく、モンスターボールに収納されてエンディングのキャストも一般ポケ扱いだったが、DP66話以降からサトシのピカチュウと同じく常時外に出る様になり、DP94話以降ではポッチャマのエンディングクレジットが常にヒカリの下に固定化される様なった。 また現在ではコンテスト以外はモンスターボールに入っておらず、ヒカリの相棒として扱われている。 ゲームでも最初のポケモンの中でダントツトップの人気で映画「」のポスターでピカチュウと並ぶキャストのクレジットがされていた。 このことからヒカリのポッチャマにもとどまらずゲーム等のメディアにおいてもポッチャマは「ダイヤモンド・パール」の代表格に成長してきていることが伺える。 実際、製作されているグッズ等の数も、同期の御三家ポケモンのヒコザルやナエトルに比べてポッチャマのグッズは数が多い。 の(未完成で、1つしか降ってこない「りゅうせい」になる)の被害によく遭っていたのが特徴。 上空からまるでホーミングするかのようにポッチャマに正確に命中し、タケシも「何故かポッチャマによく当たる」と発言しているほど。 サトシのフカマルとが戦った時には、ポッチャマが木陰に隠れていたからか「りゅうせい」はエンペルトに向かってきちんと落ちたが、エンペルトに打ち返された「りゅうせい」が結局ポッチャマを直撃している。 度重なる「りゅうせい」直撃によってフカマルに対し何度も怒って抗議しているが、当のフカマル本人は何を考えているのか分からず、サトシやヒカリも大してフカマルを責める様子を見せなかったことから、一度ヒカリの元を飛び出してやの元へ向かった事もある。 なお、この「何故かポッチャマを直撃するりゅうせい」は、はぐれたポッチャマを見つけるのにも使われている。 フカマルのりゅうせいぐんが完成して以降は、ポッチャマ自身は前述のような被害を一度も食らっていない(ただし完成したりゅうせいぐんは、今のところ戦と戦の計2戦しか使われていない)。 レベルとしてはに進化するレベルに達しているようだが、でを抑えている。 そのせいでエネルギーを使い果たしたが、からをもらい、現在も持っている。 ではのとバトルし、デントからは「胸躍るテイスト」と称された。 新たに覚えたとを使ったほか、使ったを披露した。 とは、メロエッタを巡る恋のライバルであり、よく喧嘩するが、サトシと別れる際はミジュマルと抱き合って2匹で泣いていた。 技 現在使える技• (BW編から)• (BW編から)• (BW編から) 忘れたと思われる技• では、サトシがポッチャマについて話しているシーンがあり、「俺の知っているポッチャマはお調子者」と表現していた。 関連項目•

次の