栃木県議選。 日本共産党栃木県委員会

2019年栃木県議会議員選挙

栃木県議選

概要 [ ] 県議会議員の4年の任期満了に伴う選挙である。 なお、栃木県議会議員選挙は(22年)4月に実施された第1回の選挙からいずれもの日程で実施されている。 2019年3月29日に告示され、総定数50に対し64名が立候補した。 立候補者64名は2007年の県議選と並び過去最小である。 県選挙管理委員会が発表した2019年3月28日時点の県内選挙人名簿登録者(有権者)数は2015年の県議選から18,199名多い1,641,447名(男性815,674名、女性825,773名)。 有権者数の増加はによる。 立候補者数が定数を超えなかったためにとなったのは足利市選挙区(定数4に対し現職4名が立候補)、大田原市選挙区(定数2に対し現職2名が立候補)、那須烏山市・那珂川町選挙区(定数1に対し現職1名が立候補)、下野市選挙区(定数1に対し現職1名が立候補)、芳賀郡選挙区(定数2に対し現職2名が立候補)、壬生町選挙区(定数1に対し現職1名が立候補)の6選挙区。 壬生町は2003年の県議選から5回連続で無投票となった。 は立候補者36名全員の当選を目標とする。 は発足後初の県議選となるが立候補者全員の当選で党勢拡大を目指す。 選挙データ [ ]• 告示日:2019年3月29日• 投開票日:2019年4月7日• 改選議席数:50議席• 選挙区:16選挙区(うち6選挙区で無投票) 詳細は「」を参照• 立候補者:64名(うち11名が無投票当選) :36名 :6名 :3名 :3名 :1名 :15名 投票結果 [ ] 投票者総数は510,779名(男性255,198名、女性255,581名)、投票率は40. 今回は立候補者数が2007年の県議選と並んで過去最小であったのに加えて目立った争点もなかったことから、は前回2015年の県議選の44. 期日前投票者数は132,394名で、前回比で30. 23%増。 政党別得票率と議席数 政党 得票率 当選者 現職 元職 新人 55. 括弧内は立候補者数。 は改選前の31議席を維持し過半数を確保した。 は改選前の5議席から2議席減らし3議席に後退した。 は改選前の3議席を維持した。 は改選前の1議席を維持し20年ぶりに2期連続で議席を確保した。 は改選前の1議席を維持した。 自民党は日光市選挙区(定数2)とさくら市・塩谷郡選挙区(定数2)でいずれも立憲民主党から議席を奪い2議席を独占したが、鹿沼市選挙区(定数3)で県議会自民党会派の「とちぎ自民党議員会」の会長の神谷幸伸が6選を逃し議席を失った。 また、矢板市選挙区(定数1)では再選を目指した現職の守田浩樹が自民党を離党して無所属で立候補した元職の青木克明に敗れた。 立憲民主党は宇都宮市・上三川町選挙区(定数13)で新人の小池篤史が1位で当選したものの、日光市選挙区とさくら市・塩谷郡選挙区で現職が落選し議席を後退させた。 当選者 [ ] 自民党 立憲民主党 公明党 国民民主党 共産党 無所属 ・ 小池篤史 中島宏 螺良昭人 野村節子 五月女裕久彦 横松盛人 野沢和一 山口恒夫 山田美也子 渡辺幸子 斉藤孝明 金子武蔵 吉羽茂 木村好文 塩田等 早川尚秀 加藤正一 保母欽一郎 琴寄昌男 平池紘士 金子裕 早川桂子 岡部光子 松井正一 湯沢英之 小林幹夫 加藤雄次 阿部博美 ・ 白石資隆 五十嵐清 中屋大 板橋一好 西村真治 石坂太 一木弘司 相馬憲一 池田忠 青木克明 ・ 関谷暢之 阿部寿一 小林達也 相馬政二 ・ 西川鎭央 小菅哲男 ・ 三森文徳 高山和典 山形修治 岩崎信 佐藤良 注:得票順、無投票当選の6選挙区は届け出順。 脚注 [ ]• : p. 2019年3月30日• 下野新聞: p. 2019年3月29日• 下野新聞: p. 2019年3月30日• 下野新聞: p. 2019年4月8日• 下野新聞: p. 2019年4月9日• 下野新聞: p. 2019年4月8日• 下野新聞: p. 2015年4月8日• 下野新聞: p. 2019年4月8日• 無所属関連.

次の

栃木県議選の構図(4)栃木市 大平地区浸透が混戦の鍵

栃木県議選

概要 [ ] 県議会議員の4年の任期満了に伴う選挙である。 なお、栃木県議会議員選挙は(22年)4月に実施された第1回の選挙からいずれもの日程で実施されている。 2019年3月29日に告示され、総定数50に対し64名が立候補した。 立候補者64名は2007年の県議選と並び過去最小である。 県選挙管理委員会が発表した2019年3月28日時点の県内選挙人名簿登録者(有権者)数は2015年の県議選から18,199名多い1,641,447名(男性815,674名、女性825,773名)。 有権者数の増加はによる。 立候補者数が定数を超えなかったためにとなったのは足利市選挙区(定数4に対し現職4名が立候補)、大田原市選挙区(定数2に対し現職2名が立候補)、那須烏山市・那珂川町選挙区(定数1に対し現職1名が立候補)、下野市選挙区(定数1に対し現職1名が立候補)、芳賀郡選挙区(定数2に対し現職2名が立候補)、壬生町選挙区(定数1に対し現職1名が立候補)の6選挙区。 壬生町は2003年の県議選から5回連続で無投票となった。 は立候補者36名全員の当選を目標とする。 は発足後初の県議選となるが立候補者全員の当選で党勢拡大を目指す。 選挙データ [ ]• 告示日:2019年3月29日• 投開票日:2019年4月7日• 改選議席数:50議席• 選挙区:16選挙区(うち6選挙区で無投票) 詳細は「」を参照• 立候補者:64名(うち11名が無投票当選) :36名 :6名 :3名 :3名 :1名 :15名 投票結果 [ ] 投票者総数は510,779名(男性255,198名、女性255,581名)、投票率は40. 今回は立候補者数が2007年の県議選と並んで過去最小であったのに加えて目立った争点もなかったことから、は前回2015年の県議選の44. 期日前投票者数は132,394名で、前回比で30. 23%増。 政党別得票率と議席数 政党 得票率 当選者 現職 元職 新人 55. 括弧内は立候補者数。 は改選前の31議席を維持し過半数を確保した。 は改選前の5議席から2議席減らし3議席に後退した。 は改選前の3議席を維持した。 は改選前の1議席を維持し20年ぶりに2期連続で議席を確保した。 は改選前の1議席を維持した。 自民党は日光市選挙区(定数2)とさくら市・塩谷郡選挙区(定数2)でいずれも立憲民主党から議席を奪い2議席を独占したが、鹿沼市選挙区(定数3)で県議会自民党会派の「とちぎ自民党議員会」の会長の神谷幸伸が6選を逃し議席を失った。 また、矢板市選挙区(定数1)では再選を目指した現職の守田浩樹が自民党を離党して無所属で立候補した元職の青木克明に敗れた。 立憲民主党は宇都宮市・上三川町選挙区(定数13)で新人の小池篤史が1位で当選したものの、日光市選挙区とさくら市・塩谷郡選挙区で現職が落選し議席を後退させた。 当選者 [ ] 自民党 立憲民主党 公明党 国民民主党 共産党 無所属 ・ 小池篤史 中島宏 螺良昭人 野村節子 五月女裕久彦 横松盛人 野沢和一 山口恒夫 山田美也子 渡辺幸子 斉藤孝明 金子武蔵 吉羽茂 木村好文 塩田等 早川尚秀 加藤正一 保母欽一郎 琴寄昌男 平池紘士 金子裕 早川桂子 岡部光子 松井正一 湯沢英之 小林幹夫 加藤雄次 阿部博美 ・ 白石資隆 五十嵐清 中屋大 板橋一好 西村真治 石坂太 一木弘司 相馬憲一 池田忠 青木克明 ・ 関谷暢之 阿部寿一 小林達也 相馬政二 ・ 西川鎭央 小菅哲男 ・ 三森文徳 高山和典 山形修治 岩崎信 佐藤良 注:得票順、無投票当選の6選挙区は届け出順。 脚注 [ ]• : p. 2019年3月30日• 下野新聞: p. 2019年3月29日• 下野新聞: p. 2019年3月30日• 下野新聞: p. 2019年4月8日• 下野新聞: p. 2019年4月9日• 下野新聞: p. 2019年4月8日• 下野新聞: p. 2015年4月8日• 下野新聞: p. 2019年4月8日• 無所属関連.

次の

2019年栃木県議会議員選挙

栃木県議選

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 7日に投開票された県議選は、自民が現有の31議席を手堅く守った。 一方で立憲は議席を5から3に減らして後退。 夏の参院選で対決する両党の明暗が分かれた。 投票率が過去最低を記録した中で、自民、公明両党の強固な組織力が際立った。 8日朝、立憲や国民の最大の支持団体「連合栃木」の幹部は「疲れた」と漏らした。 手元には、県議選で推薦した10候補者の得票の一覧表があった。 10人のうち3人が落選。 いずれも立憲の候補者だった。 とりわけ現職2人の落選は痛かった。 日光市選挙区は平木チサ子氏が218票差で落選、さくら市・塩谷郡選挙区は船山幸雄氏が前回の得票をわずかに上回ったが議席を落とした。 その結果、立憲は両選挙区で自民の2議席独占を許した。 今回の選挙で、連合推薦の県議は9人から7人に減る。 連合栃木の幹部は「労働組合は頑張ったが、支持を無党派層に広げる自公の組織力が上だった」と悔しがり、参院選への影響を心配する。 立憲県連の松井正一幹事長は「地域や職域に根付く後援会が自民にはたくさんある。 党の足腰をもっと強くしないと、低投票率で『風』のない選挙では勝てない。 旧民主党時代からの課題だ」と話す。 自民の候補者36人のうち、公明は公認候補を立てた宇都宮市・上三川町、小山市・野木町の両選挙区を除く26人を推薦。 前回と異なり、候補者との面談を経て推薦を決めた。 公明を支える創価学会の関係者は「夏の参院選での協力を見据えた」と話す。 参院選比例区で自民支持者の公明への投票に期待し、面談にはその「念押し」の意味があった。 公明支持者は選挙運動の期間中、支持者に自民候補への投票を精力的に働きかけた。 日光市の期日前投票は前回比で約4割、さくら市・塩谷郡は約3割増加。 ほかの選挙区と比べて伸び率は大きかった。 公明県本部の山口恒夫代表はこの二つの選挙区を「自公協力の象徴」と話す。 自公協力を進めた自民県連の木村好文幹事長は「参院選への弾みになった」と手応えを語った。 一方で公明の推薦を受けた現職5人が落選し、現有議席に上積みができなかったことに危機感をのぞかせる。 「組織力が強くても油断とおごりがあれば、すぐに逆風が吹く。 参院選は投票率が高くなるだろう。 気を引き締めなければならない」(池田拓哉).

次の