セールス フォース 株価。 「フィードフォース」新規上場(IPO)初値・株価見通しは?ビジネスモデル解説ほか

外資のIT企業で、セールスフォース という会社を最近耳にします...

セールス フォース 株価

クラウドコンピューティングの先駆者、セールスフォース・ドットコム 企業向け顧客管理ソフトを提供する米国セールスフォース・ドットコム(CRM は、クラウドコンピューティングという言葉ができる何年も前から、この新しい仕組みでサービスを開発してきました。 ナスダックへ上場したのは2004年ですが、新しいコンセプトがITの世界では期待を集め、90年代後半のITバブル時を思わせるように、上場後の株価はPER数百倍、時に千倍を超える高値を常に維持してきた株です。 リーマンショックで株価が暴落するもその後は延々と回復基調を強め、今年春に上場来高値を更新して以降、なおも業績好調を背景に新高値を更新し続けている、元気印のIT株です。 実際同社の業績は常に、高いPERを支えるべく非常に高い成長を見せ続けてきました。 最終利益率や、それに伴いROEも高くないのですが、それはまだ成長途上の発展時期にあるためであり、高い成長率こそが同社株をここまで引きあげてきました。 10万社に迫る企業顧客を抱え、今期の売上高は16億ドルを超える大企業にまで急成長してきましたが、クラウドコンピューティングの浸透により、また積極的な買収を今なお繰り返していることでさらに規模を拡大していこうかというところです。 同社のサービスは企業の顧客管理、営業支援を行う情報管理ソフトウェアーの提供です。 これをインターネット経由でサービスを提供していることでクラウド型CRM(顧客管理)と呼ばれています。 ちなみに顧客関係管理を表すCRM=カスタマー・リレーションシップ・マネージメントは同社株のナスダックでのティッカーになってもいます。 クラウドとは雲の中にサービスがあるというイメージで、実際には、雲は同社の管理するリモートセンターにあるサーバーであり、顧客はインターネットを通じて雲の中にアクセスし、そこでソフトウェアを動かしてサービスを利用するということになります。 つまり従来のように前もって社内に専用のシステムを、しかも高額のIT設備投資を行って備え付ける必要もなく、また使用するコンピューターにソフトをインストールすることもありません。 雲のこちら側(会社側)では何も準備する必要がなく、ただインターネットに繋がるパソコンがありさえすれば、契約後いつでも、どこからでもリモートセンターに繋いでサービスを受けることができるのです。 営業マンはiPhoneやブラックベリーなどのスマートフォン経由でも情報を検索でき、今売ろうとしている商品について過去の商談成功例や顧客のコンタクト履歴、インターネット上で集められた特定商品についての不具合や対処方法などの会話内容、ツイッターのようなもので社員のつぶやきも拾うことができ、上司はそれら全ての情報をグラフ化して進捗状況を見る事ができます。 こうしたサービスにより、同社の売上の基盤は顧客からの月々の契約料となります。 それは最も安いものでユーザー一人当たり月600円からとなっています。 このため如何に会員数を減らさずに継続的に新規会員を積み上げていけるかが重要になるビジネスモデルです。 従来型であれば顧客一社一社に合わせたソフトを時間をかけて開発し、システムを社内に納入する際に一度限りの高額が請求書が行く事になりますが、クラウド型では契約したその日に汎用型のシステムがすぐ使え、価格が安い点が特徴です。 その性質の為大企業よりも無数の中小企業がターゲットとなっています。 当初は自社内に全てのシステム、データを置く事が安心とされていましたが、今では他社の管理するサーバーに全ての自社の秘密データを置くクラウドコンピューティングに抵抗がなくなってきました。 そのため、約10兆円近いソフトウェアマーケットにおいて多くがクラウド型のシステムへ移管する顧客が増えてきており、同社の追い風となっています。 同社は米国だけでなく日本をはじめ、主要な国でサービスを行っています。 ソフトウェア界の巨人である、ドイツのSAP社、米オラクル社もこの領域で同社のライバルとなっています。

次の

セールスフォース・ドットコム 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

セールス フォース 株価

Sales Cloud 営業支援 Service Cloud 顧客サービス・サポート支援 Marketing Cloud マーケティング支援 Community Cloud コミュニティ管理支援 そして、2016年にはデマンドウェア社を買収し、デジタルコマース支援の新サービス(「Commerce Cloud」)を立ち上げました。 現在は、企業独自のアプリ開発を可能とするSalesforce Platformやデータ統合のためのMuleSoftも提供しています。 同年8月にはデータ解析を行うデータラマも買収 2018年の6月20日には、グーグルアナリティクスとセールスフォースのマーケティング部門との連携が公表されました。 、 19年1月には、 データ解析を手がけるタブローを買収。 9 189. 4 162. 3 102. 1 68. 9 78. 2 59. 5 55. 3 25. データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。 ただ、2019年6月までのデータ出所はロイター)。 6 決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。 そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。 通年決算(GAAP基準) 最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。 EPS=希薄化後EPS)。 通常、売上高>営業CF>純利益となる。 営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。 09 82. 16 82. 12 82. 02 89. 48 93. 39 100. 42 110. 07 120. 46 123. 49 123. 43 121. 15 118. 期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。 上記DSOの出所はモーニングスター社。 こうした広告配信事業者は、ユーザーの関心に合わせた商品やサービスの広告を表示するために当サイトおよび他サイトへのアクセスに関する情報として 『Cookie』 氏名や住所、メルアド、電話番号は含まれない をたびたび使用しています。 なお、Googleアドセンスに関して、このプロセスの詳細や情報が広告配信事業者に使用されないようにする際には、をクリックして下さい。 【アクセス解析ツールの使用】 当サイトではアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を用いています。 このツールはトラフィックデータの収集のためにCookieを用いています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすれば拒否できるので、その場合は、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはアナリティクスのやグーグルのをご覧ください。 【当サイトへのコメントについて】 当サイトでは、スパムや荒らし対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされており、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 【個人情報の取得について】 当ブログのお問い合わせフォームには個人情報を入力する欄がありますが、そこで得られた情報を本人の承諾なく公開したり、他媒体に渡すことはありません。

次の

株式会社セールスフォース・ドットコムの口コミ・評判(一覧)|エン ライトハウス (3019)

セールス フォース 株価

クラウドコンピューティングの先駆者、セールスフォース・ドットコム 企業向け顧客管理ソフトを提供する米国セールスフォース・ドットコム(CRM は、クラウドコンピューティングという言葉ができる何年も前から、この新しい仕組みでサービスを開発してきました。 ナスダックへ上場したのは2004年ですが、新しいコンセプトがITの世界では期待を集め、90年代後半のITバブル時を思わせるように、上場後の株価はPER数百倍、時に千倍を超える高値を常に維持してきた株です。 リーマンショックで株価が暴落するもその後は延々と回復基調を強め、今年春に上場来高値を更新して以降、なおも業績好調を背景に新高値を更新し続けている、元気印のIT株です。 実際同社の業績は常に、高いPERを支えるべく非常に高い成長を見せ続けてきました。 最終利益率や、それに伴いROEも高くないのですが、それはまだ成長途上の発展時期にあるためであり、高い成長率こそが同社株をここまで引きあげてきました。 10万社に迫る企業顧客を抱え、今期の売上高は16億ドルを超える大企業にまで急成長してきましたが、クラウドコンピューティングの浸透により、また積極的な買収を今なお繰り返していることでさらに規模を拡大していこうかというところです。 同社のサービスは企業の顧客管理、営業支援を行う情報管理ソフトウェアーの提供です。 これをインターネット経由でサービスを提供していることでクラウド型CRM(顧客管理)と呼ばれています。 ちなみに顧客関係管理を表すCRM=カスタマー・リレーションシップ・マネージメントは同社株のナスダックでのティッカーになってもいます。 クラウドとは雲の中にサービスがあるというイメージで、実際には、雲は同社の管理するリモートセンターにあるサーバーであり、顧客はインターネットを通じて雲の中にアクセスし、そこでソフトウェアを動かしてサービスを利用するということになります。 つまり従来のように前もって社内に専用のシステムを、しかも高額のIT設備投資を行って備え付ける必要もなく、また使用するコンピューターにソフトをインストールすることもありません。 雲のこちら側(会社側)では何も準備する必要がなく、ただインターネットに繋がるパソコンがありさえすれば、契約後いつでも、どこからでもリモートセンターに繋いでサービスを受けることができるのです。 営業マンはiPhoneやブラックベリーなどのスマートフォン経由でも情報を検索でき、今売ろうとしている商品について過去の商談成功例や顧客のコンタクト履歴、インターネット上で集められた特定商品についての不具合や対処方法などの会話内容、ツイッターのようなもので社員のつぶやきも拾うことができ、上司はそれら全ての情報をグラフ化して進捗状況を見る事ができます。 こうしたサービスにより、同社の売上の基盤は顧客からの月々の契約料となります。 それは最も安いものでユーザー一人当たり月600円からとなっています。 このため如何に会員数を減らさずに継続的に新規会員を積み上げていけるかが重要になるビジネスモデルです。 従来型であれば顧客一社一社に合わせたソフトを時間をかけて開発し、システムを社内に納入する際に一度限りの高額が請求書が行く事になりますが、クラウド型では契約したその日に汎用型のシステムがすぐ使え、価格が安い点が特徴です。 その性質の為大企業よりも無数の中小企業がターゲットとなっています。 当初は自社内に全てのシステム、データを置く事が安心とされていましたが、今では他社の管理するサーバーに全ての自社の秘密データを置くクラウドコンピューティングに抵抗がなくなってきました。 そのため、約10兆円近いソフトウェアマーケットにおいて多くがクラウド型のシステムへ移管する顧客が増えてきており、同社の追い風となっています。 同社は米国だけでなく日本をはじめ、主要な国でサービスを行っています。 ソフトウェア界の巨人である、ドイツのSAP社、米オラクル社もこの領域で同社のライバルとなっています。

次の