ジーエムオーコイン。 (株)ジーオーエム(概要)/熊本県熊本市東区

GMOコイン(ジー・エム・オーコイン)

ジーエムオーコイン

Cryptofolioはビットコインや様々なアルトコインの資産保有状況を一括管理できます。 国内、海外、複数取引所での資産保有状況の確認の手間とはもうおさらばです。 io,CryptoBridge,Stocks. Bitcoin, Ethereum, Ethereum Classic, Litecoin, Ripple, Monero, Dash, Zcash, Augur, MaidSafeCoin, Steem, NEM, Factom, Iconomi, Dogecoin, Golem, Waves, Stellar, DigixDao, Lisk,etc --------------------------------------------------- 追加してほしい通貨やアプリへのご要望などがございましたら下記公式サイトの問い合わせフォームよりご連絡下さい。 アプリの不具合につきましてはアプリ内の問い合わせボタンからご連絡いただくとご利用環境が確認出来る為、対応がしやすいです。 facebook. 良いアプリですが、通知センターのウィジェット表示にバグがあります... ノアコインも追加できて重宝しているので修正欲しいです! デベロッパの回答 、 レビューいただきありがとうございます!不具合につきましては、アプリの「設定」画面にございます「お問い合わせはこちら」からご連絡いただきますと解決が早くなる場合がございます。 お手数をお掛けして大変恐縮ですが、そちらより具体的な誤表示内容についてのご連絡をお待ちしております。 最後になりましたがクリプトフォリオをお褒めいただき誠にありがとうございます!今後とも何卒よろしくお願いいたします。 ron. そもそも正しい価格が出ないのに広告収入得ているとかは有り得ない。 ちゃんとしたアプリなら有料でも良いけどこれはその次元にない。 同様のアプリでは、Deltaやコイン相場の方が遥かにマシ。 評価が高い理由がわからない。 ステマでもしてる? デベロッパの回答 、 ご意見ありがとうございます! 価格が正常に表示されていない通貨や不具合がございます場合には、お手数ですがアプリ内のお問い合わせよりご連絡いただければ調査と修正を行わせていただきますので、大変申し訳ございませんがぜひ一度お問い合わせくださいますようお願いいたします。 また、広告の表示方法などについても今後のアップデートでの改善を検討させていただきます。 この度は貴重なご意見をいただき誠にありがとうございます。 今後ともクリプトフォリオをよろしくお願いいたします。

次の

(株)ジーオーエム(概要)/熊本県熊本市東区

ジーエムオーコイン

対応エリア 熊本県• 得意な案件ジャンル -• 自社請け可能工種 仮設・建設機械リース 揚重・運搬・軽作業 建築一式工事 土木一式工事 内装一式工事 設備一式工事 土工事 杭工事 基礎工事 鳶・足場工事 型枠工事 鉄筋工事 コンクリート工事 舗装工事 しゅんせつ工事 鋼構造物工事 外構工事 金属製カーテンウォール工事 ALC工事 サイディング工事 屋根工事 熱絶縁工事 板金工事 シーリング工事 左官工事 石工事 タイル・レンガ・ブロック工事 防水工事 あと施工アンカー工事 金属・鍛冶工事 大工工事 金属製建具・サッシ工事 木製建具・サッシ工事 塗装工事 リペア工事 エイジング工事 ガラス工事 サイン・ディスプレイ工事 軽鉄・ボード工事 クロス・表具工事 フィルム工事 窓まわり装飾工事 内装床仕上工事 家具・什器工事 防音工事 パーテーション工事 害虫・害獣駆除• 対応可能工事 -• 対応可能業務 -• 社名 (株)ジーオーエム• 所在地 〒 862-0914 熊本県熊本市東区山ノ内4-2-134• 設立 -• 資本金 1300万円• 売上 -• 代表者名 足立 裕司• 自社職人数 -• 加入保険 -• 保有資格 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 土木一式工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 建築一式工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 大工工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 左官工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 とび・土工・コンクリート工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 石工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 屋根工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 タイル・れんが・ブロック工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 鋼構造物工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 鉄筋工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 舗装工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 しゅんせつ工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 板金工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 ガラス工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 塗装工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 防水工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 内装仕上工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 熱絶縁工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 建具工事 一般建設業許可 熊本県知事許可 第013378号 水道施設工事• 経営事項審査 -• グリーンサイト登録 -•

次の

GMOコイン(ジーエムオーコイン)の使い方/登録方法、取引方法を完全解説

ジーエムオーコイン

日本国内で取扱いのある仮想通貨アルトコインについて記載しています。 アルトコインの種類や特徴を仮想通貨銘柄一覧としてまとめました。 アルトコインを取扱っているおすすめの取引所も紹介しています。 国内銘柄のアルトコイン ビットコイン以外の仮想通貨は全てalternative coin(オルタナティブコイン)と呼び、略称でaltcoin(アルトコイン)と呼びます。 国内で取扱いのあるアルトコインは時価総額が比較的高く、金融庁の認可を受けた厳選された仮想通貨が揃っています。 アルトコインはどれもビットコインより後にできた新しいものばかりなので、まだまだ価格を大きく伸ばす可能性を秘めています。 ここでは国内の仮想通貨取引所で取扱われている仮想通貨の特徴とともに、アルトコインを買える取引所を一覧で確認できるようにまとめました。 アルトコイン一覧表• Bitcoin ビットコイン :BTC 名称 Bitcoin(ビットコイン) 通貨単位 BTC リリース日 2009年1月3日 発行上限 2100万 BTC 取引承認システム PoW(Proof of Work) 提唱者 Satoshi Nakamoto 詳細解説 ビットコイン BTC の特徴と詳細 ビットコインは2009年にSatoshi Nakamoto(ナカモトサトシ)という謎の人物の論文で発表されました。 管理者が分散されるブロックチェーンや、通貨のネットワークをつなぐマイニングの仕組みが画期的とされています。 当時は1BTCが1円以下の価値しかありませんでしたが、2017年には1BTCが200万円を超える値が付いて、その後も大きな価格変動を繰り返しています。 今ではビットコインは金(ゴールド)のデジタル版「デジタルゴールド」と呼ばれるほど世界中の投資家から注目を集めています。 ビットコイン BTC が購入できる取引所 Ethereum イーサリアム :ETH 名称 Ethereum(イーサリアム) 通貨単位 ETH(Ether) リリース日 2015年7月 発行上限 なし 取引承認システム PoW(PoSに移行予定) 開発 Ethereum Foundation 詳細解説 イーサリアム ETH の特徴と詳細 イーサリアムは発表当時は19歳だったヴィタリック・ブテリン氏によって提唱されたイーサリアムプロジェクトというブロックチェーンを使ったプロジェクトです。 イーサリアムは「スマートコントラクト」と呼ばれるブロックチェーンに契約内容を取り込む技術を採用しているのが一番の特徴です。 イーサリアムの技術は世界の多くの企業が取り入れるなどして活躍の場所を広げています。 時価総額もアルトコインの中では不動の1位に君臨し、圧倒的な人気を誇っています。 イーサリアムクラシックは、イーサリアムが2016年6月にTHE DAO事件でハッキングを受けた際にハードフォークして「イーサリアムクラシック」と「イーサリアム」に分裂しました。 イーサリアムクラシックはイーサリアムから分裂した仮想通貨なので、特徴はイーサリアムと似ています。 イーサリアムクラシック ETC が購入できる取引所 Ripple リップル :XRP 名称 Ripple(リップル) 通貨単位 XRP リリース日 2012年 発行上限 1,000億 XRP 取引承認システム PoC(Proof of Consensus) 開発 Ripple Labs. ,Inc 詳細解説 リップル XRP の特徴と詳細 リップル(XRP)は国際送金を主な目的とし、取引処理がビットコインと比べて超高速という特徴を持った仮想通貨です。 中央に管理者がいない他の仮想通貨とは違い、リップルはリップル社が中央集権となりXRPを主権的に稼働させているのも大きな特徴です。 金融機関や銀行などが取引相手なので、次々と大企業との提携を発表していることでも話題を呼んでいます。 価総額ランキングでもビットコイン、イーサリアムに続く第3位の人気通貨です。 ビットコインから派生した仮想通貨なので、基本的な作りはビットコインと同じですが、ブロックサイズの拡大やセキュリティの向上や独自の進化を果たしています。 ビットコインキャッシュは性能や拡張性がビットコインよりもはるかに上だと認知が広がっています。 ビットコインキャッシュ BCH が購入できる取引所 NEM ネム :XEM 名称 NEM(ネム) 通貨単位 XEM(ゼム) リリース日 2015年3月 発行上限 8,999,999,999XEM 取引承認システム PoI(Proof of Importance) 開発 NEM財団 詳細解説 ネム XEM の特徴と詳細 ネムはNEW ECONOMY MOVEMENTの頭文字を取ってNEM(ネム)と呼びます。 通貨単位はXEM(ゼム)と記載します。 総発行量は8,999,999,999XEMでロックされておりマイニングではなくハーベスティングという特殊な新規発行形態をとっています。 ネムはビットコインで採用されているマイニングのように一部のマイナーが富を独占できないように、PoI(Proof of Importance)というシステムが採用されており「富の再分配」とも呼ばれて注目を集めています。 ネム XEM が購入できる取引所 Litecoin ライトコイン :LTC 名称 Litecoin(ライトコイン) 通貨単位 LTC リリース日 2011年10月 発行上限 84,000,000LTC 取引承認システム PoW(Proof of Work) 開発者 Charlie Lee(チャーリー・リー) 詳細解説 ライトコイン LTC の特徴と詳細 ライトコインはビットコインを金で例えるならライトコインは銀というコンセプトの中、実用性に優れた通貨として開発された仮想通貨です。 5分で認証できるように作られています。 ライトコインはビットコインの弱点を補う形で作られた仮想通貨なので、様々なところで仮想通貨決済として取り入れられようとしています。 ライトコイン LTC が購入できる取引所 LISK リスク :LSK 名称 Lisk(リスク) 通貨単位 LSK(LISK) リリース日 2016年5月 発行上限 なし 取引承認システム DPoS 開発 Lisk Foundation 詳細解説 リスク LISK の特徴と詳細 Lisk(リスク)はビットコインやライトコインようなデジタル通貨そのものではなく、イーサリアムのような「スマートコントラクト」を使ったプラットフォームの名称です。 2016年5月24日にリリースされ、開発はマックスコーディック氏とオリバーベドウズ氏が「Lisk Foundation」 リスク財団 という会社を共同設立して研究・開発を行っています。 LISKの大きな特徴はブロックチェーンのメインチェーンとは別にサイドチェーンを使用していること、プログラミング言語にJavascriptを使用していることが挙げられます。 リスク LSK が購入できる取引所 Factom ファクトム :FCT 名称 Factom ファクトム 通貨単位 FCT ファクトイド リリース日 2015年9月 発行上限 なし 取引承認システム PoW(Proof of Work) 開発・管理 Factom Inc. 詳細解説 ファクトム FCT の特徴と詳細 ファクトムは登記簿や貸付記録や証券に保険など、ありとあらゆる書類や記録をブロックチェーン上に管理する目的で作られた分散型のデータ管理プラットフォームです。 ファクトムハーモニーと呼ばれる米国の住宅ローンをターゲットにしたプロジェクトや、ディーロックバイスマートロックと呼ばれる医療履歴などをファクトムのブロックチェーンに記載するプロジェクトが注目を集めています。 ファクトム FCT が購入できる取引所 Monacoin モナコイン :MONA 名称 Monacoin モナコイン(モナーコイン) 通貨単位 MONA リリース日 2014年1月1日 発行上限 105,120,000 MONA 取引承認システム PoW(Proof of Work) 開発 — 詳細解説 モナコイン MONA の特徴と詳細 モナコインは掲示板サイトの「2ちゃんねる」から生まれた日本発で日本初の仮想通貨です。 モナコインのアイコンにもなっている猫のイラストは、2ちゃんねるのAA アスキーアート のモチーフにもなっている「モナー」からきています。 モナコインのブロック生成時間の間隔は約90秒と早く、SegWitが既にアクティベート済みなのも特徴的。 日本ではモナコインを実際に使用できるリアル店舗やネットショップも存在します。 モナコイン MONA が購入できる取引所 QASH キャッシュ 名称 QASH(キャッシュ) 通貨単位 QASH リリース日 2017年11月6日 発行上限 1,000,000,000 QASH 開発 QUOINE 詳細解説 キャッシュ QASH の特徴と詳細 QASH キャッシュ は、国内取引所Liquid リキッド を運営するQUOINE社が発行する仮想通貨です。 QASHは、LIQUID リキッド というプラットフォーム 取引所 で基軸通貨として使用されるために発行された仮想通貨です。 LIQUIDは、世界中に散らばる仮想通貨の注文をワールドブックによって一つに集約するという壮大なプロジェクトです。 キャッシュ QASH が購入できる取引所 Stellar ステラ :XLM 名称 Stellar(ステラ) 通貨単位 XLM リリース日 2014年7月31日 発行上限 なし 取引承認システム Stellar Consensus Protocol 公式サイト 詳細解説 — ステラ XLM の特徴と詳細 ステラはリップル XRP をベースとして作られており、リップル同様に国際送金や国際決済用の通貨として誕生しました。 リップルは銀行や金融機関といった大企業間での送金、ステラは個人間での送金用通貨としての特徴を持っています。 ステラには発行上限がなく価格の変動を抑える仕組み等が取られ、XRPとの差別化を図っています。 XLMの性能の高さから多くの企業も注目する仮想通貨で時価総額も上位の人気のアルトコインです。 Stellar ステラ XLMが購入できる取引所 Qtum クアンタム :QTUM 名称 Qtum(クアンタム) 通貨単位 QTUM リリース日 2016年12月 発行上限 なし 取引承認システム PoS(Proof of Stake) 運営主体 QTUM CHAIN FOUNDATION 詳細解説 — クアンタム QTUM の特徴と詳細 クアンタム(QTUM)はビットコインの安定性とイーサリアムのスマートコントラクトを合わせたような仮想通貨です。 クアンタムの開発陣には、アリババの元リーダーエンジニアでもあるPatrik Dai氏が携わっていることでも注目されています。 グーグルやアマゾンウェブサービス AWS とパートナーシップを締結していることからDappsの開発やビジネス面での活躍も期待が集まっています。 クアンタム QTUM が購入できる取引所 Basic Attention Token ベーシックアテンショントークン 名称 Basic Attention Token ベーシックアテンショントークン 通貨単位 BAT リリース日 2017年5月31日 発行上限 1,500,000,000 BAT 公式サイト 詳細解説 — ベーシックアテンショントークンの特徴と詳細 Basic Attention Token(BAT)は次世代ブラウザの「Brave(ブレイブ)」で利用される仮想通貨として誕生しました。 Braveは高速かつ安全にインターネットが利用できるプライバシー重視のブラウザ。 利用ユーザーはBrave上で広告を見ることで報酬としてBATが貰える仕組みが取られています。 ベーシックアテンショントークンが購入できる取引所.

次の