フエラムネ パラサイト コーラ。 フエラムネ・パラサイトコーラ味をレビュー!

フエラムネ on Tumblr

フエラムネ パラサイト コーラ

2020. そんなこんなで、ようやくゲットした新金型の『地底人』!旧「地底生物」との違いについて、今回は綴ってまいりたいと思います。 (それぞれの名称については、このBlogの後半で) まずは正面写真から見てまいりましょう…大まかなシルエットはそっくりでありますが、よく見比べると結構違います。 手原型で制作されたと思われる「地底生物」に対し、『地底人』は3Dで制作されと思われる趣きがあります。 しかし左右対称な箇所とそうでないところがあるのは何とも不思議なコリスミステリーを感じますし、コリスさんらしい(褒めてます)ところだとも思います。 右手と左手の形が全然違う…。 胸板の厚み、背中のトゲの形状なんかがだいぶ違います。 写真見てだと見づらいですが、「地底生物」にある顔、二の腕、胴、脚にある皮膚のモールド(くぼみ)が『地底人』では省略されています。 『地底人』はこの部分が一番3D3Dしていると感じます。 足裏の作りがとても機械的ニナッテイマス。 そして、比較時に一番エキサイティングな計量に移ってまいりましょう…。 約 2. 約 1. 9グラム!思った以上に軽い…。 この0. 3グラムという重さの違いがおもちゃばこの触れ音調査による捕獲がより困難になっている大きな理由のひとつとなっていることでしょう…。 先述の名称について。 旧金型の「地底生物」(写真左)はフエラムネおもちゃ以前から存在していた名称です。 今はポリ、軟質のプラスチックのような素材ですが、コリスおもちゃに入る以前は塩ビ素材の人形で存在しておりました。 新金型の『地底人』という名称は、コリス株式会社さんが「パラサイトコーラ」用に初めてホームページに掲載した正式名称。 改めてのオリジナルコリスおもちゃ宣言か!?…と、(妄想で)コリスハンターTwitter上でも大いに盛り上がらせていただきました。 今後のチーテイ(ワタシがひっそりと呼んでいた愛称)は、通常色も全て『地底人』なのか!?という大問題。 「パラサイトコーラ」金型の『地底人』がこの先もしも原色なり他の成型色で登場しようものなら、それらは間違いなく『地底人』! そうでなく、旧金型は旧金型として今後も出続けるのであれば、それは「地底生物」なのかもしれない…。 『地底人』のみとなるのか、「地底生物」&『地底人』となるのか、そもそもコリスおもちゃとして登場して以来ずっと『地底人』だったのか…と妄想は尽きませぬ。 そもそも、名前や設定なくて無問題どころか、名もなきおもちゃ達が想像力を掻き立ててくれて、手にした人が自由に楽しめる遊びを提供してくれたのが、ワタシにとってのコリスおもちゃの最大の魅力。 コリスおもちゃ以前から名称のあった「地底生物」、「海底生物」以外は全種の名づけと分類を勝手にして楽しんでまいりました。 昭和から平成、平成から令和と時代はどんどん変わっていきます。 ワタシは「古き良き」懐かしいものが大好きでありますが、新しさの全てを否定することなく、今生きているから見られる進化や変化、時に退化(?)までもを楽しめたらな〜なんて思ってます。 何度お邪魔してもなぜか毎度緊張するのはここだけのシークレットであります。 問題あらば までご連絡ください。 それは置いといて、なぜか我らが 『地底生物』を主役に物語がストーリーしておるではないかー!かー…かー…………かー。 地底よ、いつの間に君はボーカルになっとったのや…。 上記の「フエ星人をさがしNASAい!(フエ星人がパーティで飲むコーラ味)」、「怪盗コーラ」、「パイレーツコーラ」、「ゴールデンコーラ」などがそれに当たります。 「コリスハンター」とはコリス社のフエラムネに付いているオマケを愛でる協会です。 最初は僕1人の為の玩具活動でした。 コリス社からのオマケのラインナップの紹介など一切なく、全貌の見えないところが大きな魅力。 リアル造型、タイアップもの溢れるこのご時世に、昭和の香りが大炸裂するチープなオモチャ(駄玩具)たちをおもちゃばこに詰め込み続けるフエラムネ。 「遊び方が判らない」なんてとんでもない!遊び方なんてもともと、自由だったはず。 一人一人がオモチャと向き合い見えたもの、頭に浮かんだストーリーが何よりの楽しさではなかったでしょうか。 想像力で無限大に楽しめる駄玩具、フエラムネのオモチャの魅力をお届けするイベントです。 前半部分は、針生謙一(日本コリスハンター協会隊長/キャラクターデザイナー)と、森内淳(DONUT副編集長)によるトークライブ。 「開封の儀」や、「フォトコンテスト発表」、「交流会」を開催します。 詳しくなければ入れないようなものでもなければ、「コリスハンターって何?」という方まで大歓迎のイベントです。 小学生もいれば、何時間もかけて会場までいらしてくださる方もいます。 少しでも気になってくださった皆さま、ぜひとも会場までお越しください。 『パイレーツコーラ』以来の新商品、『怪盗コーラ』が3月に登場!隊員さんの投稿で知ったのが3日頃。 調べると、3月6日から発売とのこと。 8日現在、早くもゲットされた隊員の皆さんTwitter投稿( コリスハンター)が続々と増えています。 キャンペーンの懸賞品の2017年版クッキーマンカレンダーが今新作の布石だったのか!と隊員さんで盛り上がったり、ポッドキャスト『月刊コリスハンター』で諸々喋った直後、まさかの『ブラッククッキーマン』がリアルに現れたり・・・。 (コリスハンターポッドキャストと Twitterの流れと聞き比べ読み比べして頂けるかと思います)。 そんな大盛り上がりを見せるなか、そもそもゲット出来ていなかったワタクシ(泣)) HARIKENごとで恐縮ながら、16日から個展とそのイベントで台湾遠征へ。 その真っ最中で、新フエラムネ発売の際に度々お世話になっている駄菓子問屋『エワタリ』さんへもお邪魔出来ず・・・(諦めて通販をお願いしました、ついさっき)。 そんなこんなのついさっき、作業の休憩がてらにレンタル自転車にまたがる。 心当たりの隣町のコンビニ、スーパー、駄菓子屋をはしごしてようやくゲット!『まいばすけっと』さんにあったよ!系列のイオンさんなんかにもあるかもしれません。 真ん中のキャラクターは『ブラッククッキーマン』かな?あんなに無垢な感じ(形と共に)のクッキーマンが超悪そうになってる・・・。 拡大写真撮り忘れてしまいましたが、注目すべきは味!「怪盗ブラッククッキーマンが3時に飲むコーラ味」・・・長い。 そして、コリスハンターでない方が読んだら「?」飛び交いそうなニッチな文章(褒めてる)。 (味の方は、パイレーツコーラの時よりマイルドというか、まろやかな味、後味な感じがしたのは僕だけでしょうか) 裏面。 味によって色んなバリエーションのあるイラスト部分、やはり今回仕様のオリジナル。 ブラッククッキーマン、「クックック・・・」って言ってる・・・そうとう悪いヤツなのかもしれません。 賞味期限部分。 今回ももちろん、おとこの子用とおんなの子用のおもちゃばこが存在。 言わずもがなですが、買う際に横から見ると判ります。 おもちゃばこ裏面。 「挑戦状」なるわくわくワードが!ほうほう・・・これはもうアトラクションなんでしょうな。 私の頭の中のコリス。 想像の世界のコリス遊園地。 振ってみます・・・・・・・・・・・・ ポコポコポコ・・・この塊感&弾力感はアタリでしょう!でも、宝石おもちゃではないと思う。 リアル動物シリーズかな? 開けます・・・・・・・・・・・・ 傾げトリケラの緑っ!From 恐竜の世界シリ〜ズ。 振ってみます・・・・・・・・・・・・ カラカラカラ・・・間違いなく指輪系! 開けます・・・・・・・・・・・・ やぱり!思い出指輪シリーズのうさちゃん・・・緑っ! おなじみですけども、やはりかわいいね〜。 けど、僕はもうちょっと怪盗コーラな感じのおもちゃが欲しかったですよ・・・。 Blogにて、匿名でご紹介させて頂く場合があります。 ポッドキャスト『月刊コリスハンター』アップ!今年も毎月5日にお送りします。 Blogにて、匿名でご紹介させて頂く場合があります。 新年1回目のポッドキャスト『月刊コリスハンター』アップ!今年も毎月5日にお送りします。 Blogにて、匿名でご紹介させて頂く場合があります。 Blogにて、匿名でご紹介させて頂く場合があります。

次の

【楽天市場】フエラムネ パラサイトコーラ味 おもちゃ箱付 20入【駄菓子 通販 おやつ 子供会 景品 お祭り くじ引き 縁日】:駄菓子・イベント用品 あおい玩具

フエラムネ パラサイト コーラ

怪人 台座付き• 地底人• 海底人• ドリル犬• メカ怪獣• カブトムシ• クワガタムシ• ヘラクレスオオカブト• テントウムシ• イナゴ• レーシングカー• ごみ収集車• 消防車• トラック• パトカー• 白バイ• ショベルカー• 動物 1• 動物 2• 動物 3• 動物4• 動物 仁王立ち• クッキーマン• フエ星人• 地底探査員No. 9 アメイジングフォトグラファー タナベ調査員• 地底探査員No. 1 国際的地層学者 チャン博士• 地底探査員No,5 ドリラー カミノ調査員• 地底探査員No. 8 連絡係 ミタ調査員.

次の

フエラムネのおまけ

フエラムネ パラサイト コーラ

そんなこんなで、ようやくゲットした新金型の『地底人』!旧「地底生物」との違いについて、今回は綴ってまいりたいと思います。 (それぞれの名称については、このBlogの後半で) まずは正面写真から見てまいりましょう…大まかなシルエットはそっくりでありますが、よく見比べると結構違います。 手原型で制作されたと思われる「地底生物」に対し、『地底人』は3Dで制作されと思われる趣きがあります。 しかし左右対称な箇所とそうでないところがあるのは何とも不思議なコリスミステリーを感じますし、コリスさんらしい(褒めてます)ところだとも思います。 右手と左手の形が全然違う…。 胸板の厚み、背中のトゲの形状なんかがだいぶ違います。 写真見てだと見づらいですが、「地底生物」にある顔、二の腕、胴、脚にある皮膚のモールド(くぼみ)が『地底人』では省略されています。 『地底人』はこの部分が一番3D3Dしていると感じます。 足裏の作りがとても機械的ニナッテイマス。 そして、比較時に一番エキサイティングな計量に移ってまいりましょう…。 約 2. 約 1. 9グラム!思った以上に軽い…。 この0. 3グラムという重さの違いがおもちゃばこの触れ音調査による捕獲がより困難になっている大きな理由のひとつとなっていることでしょう…。 先述の名称について。 旧金型の「地底生物」(写真左)はフエラムネおもちゃ以前から存在していた名称です。 今はポリ、軟質のプラスチックのような素材ですが、コリスおもちゃに入る以前は塩ビ素材の人形で存在しておりました。 新金型の『地底人』という名称は、コリス株式会社さんが「パラサイトコーラ」用に初めてホームページに掲載した正式名称。 改めてのオリジナルコリスおもちゃ宣言か!?…と、(妄想で)コリスハンターTwitter上でも大いに盛り上がらせていただきました。 今後のチーテイ(ワタシがひっそりと呼んでいた愛称)は、通常色も全て『地底人』なのか!?という大問題。 「パラサイトコーラ」金型の『地底人』がこの先もしも原色なり他の成型色で登場しようものなら、それらは間違いなく『地底人』! そうでなく、旧金型は旧金型として今後も出続けるのであれば、それは「地底生物」なのかもしれない…。 『地底人』のみとなるのか、「地底生物」&『地底人』となるのか、そもそもコリスおもちゃとして登場して以来ずっと『地底人』だったのか…と妄想は尽きませぬ。 そもそも、名前や設定なくて無問題どころか、名もなきおもちゃ達が想像力を掻き立ててくれて、手にした人が自由に楽しめる遊びを提供してくれたのが、ワタシにとってのコリスおもちゃの最大の魅力。 コリスおもちゃ以前から名称のあった「地底生物」、「海底生物」以外は全種の名づけと分類を勝手にして楽しんでまいりました。 昭和から平成、平成から令和と時代はどんどん変わっていきます。 ワタシは「古き良き」懐かしいものが大好きでありますが、新しさの全てを否定することなく、今生きているから見られる進化や変化、時に退化(?)までもを楽しめたらな〜なんて思ってます。 何度お邪魔してもなぜか毎度緊張するのはここだけのシークレットであります。 問題あらば までご連絡ください。 それは置いといて、なぜか我らが 『地底生物』を主役に物語がストーリーしておるではないかー!かー…かー…………かー。 地底よ、いつの間に君はボーカルになっとったのや…。 上記の「フエ星人をさがしNASAい!(フエ星人がパーティで飲むコーラ味)」、「怪盗コーラ」、「パイレーツコーラ」、「ゴールデンコーラ」などがそれに当たります。

次の