アイフォン 電池 節約。 iPhoneの電池を節約する「低電力モード」の設定・解除の方法

iPhoneの電池を節約する「低電力モード」の設定・解除の方法

アイフォン 電池 節約

結論から言うと、「 」「 Pro」「 Max」は バッテリー残量を常時表示する方法はない。 これは、顔認証機能「 」を可能にする各種センサーを格納した「センサーハウジング」と呼ばれる切り込みが画面上部にあるため、ステータスバーが以前のiPhoneと して狭くなっているから。 バッテリー表示は、そのしわ寄せを受けてしまった。 画面右上を見ると、今まで表示されていたはずの 電池残量のパーセンテージが表示されていない。 以下、参考にどうぞ! 電池残量を確認する方法2:「バッテリー」ウィジェットの追加でパーセント表示される 右手で「iPhone X」シリーズを持っている人であればコントロールセンターを表示するのはそれほど手間ではないかもしれないが、左手で「iPhone X」や「 」を持つ人にとって、電池の残パーセントを確認するのはiPhoneを落下させるリスクと隣合わせ。 それは、 ウィジェットを活用すること。 ロック画面を右方向にスワイプ(ロック画面の左側を表示する)と現在時刻や日付・日にちの下に「SIRIからの提案(APP)」などのウィジェットが表示されているはず。 「 」には 「バッテリー」ウィジェットが用意されているため、それをウィジェットの1番上に置くことによって、スワイプで簡単に確認することができる。 ウィジェットの追加方法は、ウィジェットを表示した状態で下にスクロールし、「編集」をタップ。 「バッテリー」が1番上にくるように順番を入れ替え、「完了」を押せば必ず1番上に 電池残量がパーセント表示で確認できる。 常時表示されるのがベストだが、こればかりは文句を言ってもどうにもならない。 文句言わずに慣れましょう! iPhoneの電池状態を管理する方法、バッテリー節約術など iPhoneの電池残量をパーセント表示したい理由は、iPhoneの電池持ちが気になるから。 電池は買った当初から徐々に減ってしまうため、ある程度期間が経つと劣化してしまう。 以下にiPhoneの電池状態を管理する方法やバッテリー節約術、そして万が一電池の状態が悪い場合においてバッテリーを交換する方法や費用について紹介しておく。 iPhoneの電池状態を管理する方法 「. 3」からはiPhoneの電池を管理・制御できる診断機能「バッテリーの状態」が追加が追加されている。 「バッテリーの状態」は「設定」アプリの「バッテリー」の中に追加され、バッテリーの交換が必要な場合はそれを推奨してくれる。 また、ピークパフォーマンスをダイナミックに管理することで突然のシャットダウンを防ぐパフォーマンス管理機能のオン・オフも確認できるようになっている。 iPhoneのバッテリーの最大容量を確認する方法とあわせてチェックするべし!なお、iPhone用バッテリー交換の基本料金は2018年9月以降は値下げされている。 交換価格は端末によって異なる。

次の

【保存版】iPhoneのバッテリーを長持ちさせる9つの方法

アイフォン 電池 節約

「しっかり充電してきたのに、もうこんなに電池が減ってる」、iPhoneユーザーなら誰しもこんな経験をしたことがあるのではないでしょうか。 「最近、どうも電池の減りが早い…」とお悩みの人のために、iPhoneのバッテリーを長持ちさせる節約術を一挙ご紹介します。 ここで紹介するiPhoneのバッテリー節約術は今すぐカンタンにできるものばかり。 iPhoneユーザーの方はぜひお試しください。 (モバレコ編集部追記) 本記事はiOS11を搭載したiPhone 8を用いて制作した過去の記事に、最新のiOS13を搭載したiPhone 8の操作方法を追記しています。 「アプリのバックグラウンド更新」を有効にしているアプリ以外はほとんどバッテリーを消費をしないので、使用頻度の低いアプリだけ終了させるようにしましょう。 「明るさの自動調節」をオフにすると 暗い場所で自動的に画面が明るくなるのを防ぐことができるのでバッテリーの節約につながります。 コントロールセンターからも、簡単に明るさを調節できるのでこまめに調整するのも有効な手段です。 フェッチは、 一定時間ごとに確認または手動で受信がないかを確認する方法です。 リアルタイムで確認する必要がない人はフェッチに設定しておくと節電の効果があります。 フェッチの項目で「自動」を選択すると、電源とWi-Fiの両方に接続したタイミングで、フェッチを選択した項目が自動的にバックグラウンドでデータを受信してくれるので便利です。 ・安心安定の通信速度、サポート力 ・最新機種のラインナップが最も豊富 ・「ギガホ」「ギガライト」プランが他社と比較しても自分の用途に合わせて選びやすい ・dカードゴールドの加入で、最新機種がお得に購入でき、他社からの乗り換えによる違約金負担あり。 ドコモ利用料金10%ポイント還元で年会費の元もとりやすい。 手堅いサポートやプランの選びやすさ、機種の豊富さは3大キャリアを含めてもトップで幅広い世代からの支持を獲得しているドコモ。 ドコモユーザーではない方でも、しっかり料金を見直すことで安くできる可能性も十分にあります。 また、オンラインショップ経由での機種変更であれば、契約事務手数料、端末頭金は全て無料です。 オンラインショップ限定のお得なキャンペーンも不定期で実施中。 料金シュミレーションや最新機種のチェックは下記のリンクからドコモ公式オンラインショップにて。

次の

充電長持ち!iPhoneの電池バッテリーを節約できる設定方法まとめ|チーとクルクルメモ

アイフォン 電池 節約

細かく設定を見直すことも可能ですが、簡単にバッテリーを節約したいならコレ!iOS9から新搭載された「 低電力モード」です。 ただし アプリのバックグラウンドでの更新や メールの自動受信、 iPhone内の一部のエフェクト効果が抑えられるのでこれらが気になる方は別の方法で節約しましょう。 これは周りの明るさに合わせてiPhoneが自分でディスプレイの明るさを変えてくれる便利な機能ですが、人によっては明るすぎたりします。 バッテリーの減りに大きく影響してしまうので、 明るさはなるべくコントロールセンターで調節するようにしてみましょう。 オンのままにしておくと、街中で自動的に接続してしまい、気づいたら充電が減っている原因になります。 コントロールセンターから簡単にオフにできるので要チェックです。 バッテリーを長持ちさせるには、小まめにWifiの通信を使いましょう。 アプリ毎にロック画面での通知をコントロールできるので必要のない通知はオフにしておきましょう。 テーブルの上でディスプレイを下向きに置いておくとフェイスダウンモードとなります。 この状態であれば通知がきてもディスプレイが付かないので充電がすぐなくなることはありません。 iPhone5s以降であればOKです。 適度に音量は下げた方がいいかもしれませんね。 おかしい勢いでバッテリーが減る!それはバッテリーの劣化が原因かも.

次の