引越し 会社 見積もり。 引越し会社を比較&一括見積もり|比較jp

引越しの見積もり・費用相場・安い業者探しは【LIFULL引っ越し見積り】(旧HOME’S)

引越し 会社 見積もり

インターネットから引越し業者にまとめて見積もりを予約できるサイトって沢山ありますよね。 使い方、登録業者数、特典などサイトによって差があります。 今回は実際に使ってみた結果、どこが一番使いやすかったかを記事にまとめました。 サイトを利用する前に以下の4点を重視しています。 使ってみたのは6サイト。 実際に利用してみて使いやすかったサイトをランキング形式で紹介していきます。 一番分かりやすいメリットが 「時間短縮」です。 特に遠距離、海外、オフィスなど条件が難しい引越しは安く対応できる会社が限られるので、一括で依頼することで自分で会社のプランを1つずつ調べる手間が省けます。 一般的には3~5社に依頼する人が多いです なんとなくお願いしようと考えている本命の会社があると思いますが、「本命の会社+2番手の会社+安そうな会社」の3社を選択すると交渉しやすいです。 出来るだけ安い見積もりが欲しいならさらに1~2社加える感じですね。 ただし、1社あたりの訪問見積もりが1時間程度と考えると、5社対応すると一日がかりになるので気合が必要です。 時間短縮以外のもう一つのメリットとしては、情報を送信すると見積額の目安をまずメールで送ってもらえるので、 「メールが交渉材料」になるということ。 安い見積もりメールはコピーしておこう メールの中から訪問見積もりをお願いしたい会社に返信するという流れですが、安い見積もりメールをコピーしておけば訪問見積もり時に、その金額を使って交渉出来るので便利なんですよね。 なので、『 訪問見積もりをお願いするつもりはないけど安そう』という会社を1社選んでおくと、最初から安い額をメールで提示してくれるので本命会社との交渉に使えますよ。 大手の料金には宣伝費、きめ細かいサービス、様々な人件費が反映されています。 大手業者は営業、オペレーター、作業員がそれぞれ専門で担当しています。 梱包素材も再利用できるエコロジーな資材を独自に開発していたり、養生も沢山の資材を使い丁寧です。 テレビCMで宣伝もしていますよね。 対して中小業者は電話対応、営業、作業員をすべて同じ人物で行うことが多く、宣伝もほとんどしていません。 そういったことから中小業者の方が安い値段を提供出来るんです。 ただし、大手の方が安くなる場合もあります。 遠距離の引越しや難易度の高い引越しの場合です。 丁寧なサービスだけ高くなりがちな大手ですが、 全国に営業所があるため遠距離では支店のない中小よりも有利なんです。 中小業者は遠距離でも搬入、搬出の作業員は同じ人がやります。 引越し先へ運んだ後は空のトラックで帰宅です。 大手業者は荷物はJR貨物で一気に運んで後は現地の営業所が引き継いだりします。 作業員の拘束時間で差が出るため大手が有利! 業者選びの参考にしてみてください。 前置きが長くなりましたが次から引越し見積もり予約サイトを5つ比較していきます! 1位. 不動産・住宅情報サイトとして有名ですよね。 そこがやっているサービスです。 は時々ネタ投稿もあって面白いのでフォローしてみてもいいかも。 また、サイトによっては見積もりに合わせてインターネットサービスやウォーターサーバーをお試しさせようとするところもあるのですが、そういった余計なものがまったくないのも印象が良かったです。 もちろん詳細入力もできます。 見積もり料金は訪問見積もりしないと結局分からないと思っているので、簡易入力があるのはうれしかったです。 荷物量を入力して検索するとこのように業者が表示されるので、自分で選択して送信して完了!とても簡単でした。 表示される会社のバランスが最高に良い もう一つ注目するところは、 表示される業社のバランスが良い所。 私の場合はこんな感じで大手4社と中小2社が表示されました。 訪問見積もりをとる時のスケジュールは、• ちなみに6社から見積もりメールをもらって、最終的に訪問見積もりを依頼した業者は「アリさんマークの引越社」「サカイ引越センター」「町の引越屋さん」の3つ。 アリさんとサカイをセットで見積もり依頼する場合は、この2社はライバル関係なので、お互いに負けまいとして安くしてくれますが、お互いに譲らずしつこくなる時もあるのでご注意を(苦笑 2位. SUUMO引越し SUUMOでお馴染みのリクルート住まいカンパニーが運営する引越し見積もりサイトです。 LIFULL引越し(旧 HOME'S引越し)と同じように、 見積もりが欲しい引越し業者だけを選んで、見積もりを依頼できます。 引越しの一括見積のデメリットは電話営業の煩わしさですが、その心配がありません! 引越しの一括見積サイトで電話番号記入が不要なのはSUUMOだけです。 電話番号を未記入で申し込んだ場合は、メールでの返信を待つことになるので、すぐに連絡が欲しい!という方は電話番号を記入した方が早いですが、 急ぎではない方には 電話番号営業の心配がないというのは大きなメリットですね。 引越し達人セレクト 引越し達人セレクトは14周年ということで、サービスの運営歴は非常に長いですね~。 登録業者数の記載はないので、どんな業者が参加しているのかは不明です。 上記2つのサイトはじっくり業者を自分で選んで、という形でしたが引越し達人セレクトはとにかくシンプル!どうせ見積もりの時に細かく打合せするから入力なんて簡易でいいのでは?という考えの方に最適です。 予定日と連絡先を入力すればお問い合わせが完了します。 荷物の量や条件などはその後でという珍しい形です。 30秒で申し込めると書いてありますが、本当に30秒程度の簡単入力です! 簡単に入力した間取り、人数、日程などから条件に合った業者が比較表示されます。 荷物の量を入力しなくてもいい会社はここだけです(笑) 4位. 引越し侍 引越し侍はテレビCMも流している見積もりサービスですね。 以前このサイトを利用したことがあって、各業者の詳細を比較しながら見積もりを依頼する会社を選択していった記憶があります。 引越し侍の特徴として、まず最初の画面に「ネットで料金比較」(左)と「一括見積もりスタート」(右)の2つボタンが表示されていると思います。 「ネットで料金比較」(左)・・・見積もりを出す会社を自分で選ぶ• 「一括見積もりスタート」(右)・・・対応できる会社に一括で見積もりを出す 左と右ではこのような違いがあります。 説明文を見てもよく分かりませんが、入力して進めていくと途中で違いが分かると思います。 「ネットで料金比較」がおすすめ 基本的には左の「ネットで料金比較」からクチコミやオプションを自分で比較して会社を選択する方が良いです。 なぜなら一括だとどの会社に依頼したかこちらでは分からないので、送信した瞬間から大量の営業電話に悩まされる可能性が大きいからです。 では、「一括見積もり」を使う場合はというと、• 長距離の引越しをする時• 急ぎの引越しで日程に余裕がない時• 環境が特殊で難しい引越しになりそうな時 このように対応できる業者が少なそうな時は一括を使った方が早いです。 今回はネットで料金比較の方を使ってみました。 まず住所、荷物の量を入力していきます。 HOME'Sのような簡易入力はありません。 細かい部分は訪問見積もり時に確認すれば問題ないかと。 引越しの情報を一通り入力すると、最後に対応できる業者が一覧表示されます。 オプションサービス、クチコミ、予想相場料金を自分で確認し、見積もりを出したい会社を選択しチェックを入れて送信で完了! 自分で細かく調べて厳選できるのは魅力的ですよね。 HOMESは登録業者数が130社で引越し侍は246社と記載されているので、HOMESよりも沢山の業者が候補に上がります。 ズバット引越し比較 スバット引越し比較の運営母体は株式会社ウェブクルー。 2004年~2015年まで上場もしてた大企業です。 登録業者数は 220社以上となっていて、引越し見積もりサイトの中でトップクラス。 ちなみに上のHOMESは130社だそうです。 見積もり情報を入力をする画面もシンプルで分かりやすく使いやすいです。 HOMESと同じように荷物の簡易入力にも対応しています。 あとは業者が選択できればパーフェクトでしたが、 選択画面は出てきませんでした。 ズバットのような業者を選択しない一括見積もりのメリットは、一気に沢山の業者に通知するので、すぐに業者が見つかることですが デメリットとして、営業担当者が一斉に電話をかけてくることです。 メールも大量にくる可能性が高いので、メインのアカウントは使わずにYahoo! メールやGmailで適当なアカウントを作った方が安心です。 備考入力欄には次のように電話は受け付けないと記載しておいた方がよいです。 特にズバットは参加業者が非常に多いので何も書かないと電話の荒しが待っています。 記載しても電話をかけてくる業者(大体大手業者ですが... )は無視しましょう。 com 引越比較 比較. comは結構昔から見かけるサイトですが当時は価格. comとの違いが分からず混乱していました。 その比較. comの見積もりサービスです。 ここのサイトは超シンプルで、どれだけシンプルかというと入力画面が1ページだけなんです! 「見積もりスタート」の次の画面のトップに依頼する会社がいきなり表示されます。 私の場合は大手のみの表示でしたので微妙でしたが、見積もりを送信する会社を表示してくれるのはうれしいです。 あとはそのまま下へ入力していって完了!という超シンプル設計です。 もう少し表示される業者が多くて選択も出来れば完璧だったんですけどね。 『大手業者にしか依頼するつもりはない!!』という人は簡単に複数業者にまとめて依頼が出来るので便利だと思います。 業者を選択出来るのがこの2サイトだけだったので、申し訳ないけど他を使う魅力はないかなと。 ネットから見積もり依頼をする場合の注意点としては 『時間を気にせずに電話を何度もかけてくる営業マンが必ずいる』ということです。 対策としては、• 備考欄に「終日電話は出られないので連絡はメールでお願いします」と記載すること• 沢山の業者に依頼しないこと(3~5社がおすすめ)• メールアドレスはフリーメール(Yahoo! 、Gmailなど)を使う この3点は意識した方が安全です。 私の印象ですが、 大手営業マンほど図々しい人が多く、中小業者の方が融通が効く場合が多い気がします。 どんな人が担当者がついてくれるかわかりませんが、お金だけじゃなく担当者の雰囲気をみてその引越し業者を決めるというのもいいですね。 関連記事.

次の

【公式】引っ越しのことなら0123アート!【アート引越センター】

引越し 会社 見積もり

引越しの一括見積りを依頼すると、引越し業者から連絡があり、訪問見積りの日程を決めるための電話がかかってきます。 単身者での引越しの場合、荷物量が限られている場合が多く、2tトラック1台分など引越し業者側で荷物を把握しやすいので、メールやネット上の見積もりだけでOKというところもあります。 一方で、家族での引越しの場合は多くの引越し業者が訪問見積りをした上で正確な料金を算出するというプロセスをとっています。 実際の荷物量も最小単位の2人家族であっても差が多くあり、正確な見積もりを出すために訪問見積もりを依頼されるケースがほとんどです。 訪問見積りを受けることで、正確な荷物量がわかるだけでなく、引越し業者も訪問見積もり時に引越しの受注を確定できるメリットがあり、複数社から見積もりを取っている場合は価格交渉の結果、最大50%程度引越し料金が安くなることもあります。 ここで訪問見積もりの流れ、交渉の際に知っておくと得するコツなどについて詳しく説明していきます。 訪問見積りの流れを把握しておこう 訪問見積りなんて緊張してしまいそう…という方のために、まずは訪問見積りの流れを紹介します。 1回の訪問で大体1時間前後必要となります。 1日にまとめてお願いできるのは2~3社が限度です。 仕事が忙しい場合や引越し業者の営業担当と直接交渉することに抵抗があるという方も多いのではないでしょうか。 しかし、引越し費用は訪問見積りをしてもらったほうが安く上がることが多くなっており、引越し経験者の7~8割が訪問見積りを依頼したと答えています。 安くなる理由としては以下です。 荷物量が正確に把握でき、正確な見積もり料金が出せる• 引越し料金を安くできるかどうか、引越し日と荷物量によりトラックと作業員の空き状況を確認&調整できる• 引越し業者の営業に割引裁量があるところは、他社の見積もり料金を聞きながらその範囲で調整ができる 次に訪問見積りを受けるメリットを説明します。 正確な荷物の量を把握し、トラックの大きさを決められる 訪問見積りによってタンスや食器棚等の大きな荷物の個数やオプション作業が必要な荷物、また屋外に置いてある荷物など忘れがちな荷物も把握できるため、必要なトラックの大きさを正確に判断し、より適切な料金を算出することができます。 トラックの大きさは荷物だけではなく、旧住居と新居の前の道路の道幅によっても変わってきます。 トラックの大きさは2トン、3トン、4トンとありますが、ワンサイズ大きくなるだけで1~2万円価格が変わることも。 必要以上に大きなトラックを用意されないためにも状況を正確に判断してもらう必要があります。 また、エアコンや洗濯機の有無、脱着を依頼するしないといった引越しに付随するオプションの必要可否も判断してもらえます。 エアコンの脱着は大体2万円前後、洗濯機の脱着は5000~7000円が相場なので、訪問見積もりではじめて金額が決まるケースが多々あります。 必要な段ボールの数も把握できる 訪問見積りでは押入れやクローゼットの中を確認されることがあります。 このことで必要な段ボールの数を把握でき、あとで足りなくなるというトラブルも防げます。 その場で契約すれば当日使用するトラックの大きさや荷物に応じて段ボールを置いていってくれるので、自分のペースで早めに荷造りをすることができます。 電話やネットのみの見積もりの場合、段ボールは自分で用意しなければならないケースもあるようです。 料金を安くする交渉ができる 訪問見積りを依頼すると、即決交渉により料金を安く提示してくれるケースがあります。 さらに営業担当が引越しの条件や要望をうまく引き出してくれるため、時間指定のないプランが利用できないか?梱包を依頼するべきかどうか?などの相談にも乗ってくれます。 分からないことはその場でどんどん聞くとよいでしょう。 訪問見積りの特典が受けられる 引越し業者によっては訪問見積りを受けるだけで特典としてお米や洗剤、掃除用品などの日用品のセットがもらえることもあります。 この特典は契約をしなくてももらえるので、特典がある引越し業者を選ぶのもひとつの方法です。 訪問見積り時の交渉のコツと覚えておきたいこと では訪問見積りを依頼したあと、どのように価格交渉すればよいのでしょうか。 以下のポイントを押さえておきましょう。 訪問見積りを受ける業者は3社程度にしておく 依頼する引越し業者は本当に依頼してもいいと思える3社程度にとどめましょう。 一社当たり、訪問見積りにかかる時間は30分から1時間程度。 引越し業者どうしが鉢合わせしないよう、前後に余裕もって時間を決めるようにするとよいでしょう。 訪問見積りのデメリットも押さえておこう 訪問見積りを依頼すると、自身で価格交渉をすることになります。 値下げの交渉やきっぱり断るのが苦手…という方は意外に多いもの。 よくある訪問見積もり時に困ったこととしては以下があります。 家具、家電の営業をされる• 新居のフローリング営業をされる• インターネットの新規契約営業をされる こういった場合、条件の合う引越し業者や、ちょうど必要なものがあればご利用いただくのが良いですが、一方でその場での即決、不要なものを営業されると感じるケースもあります。 そんなときは友人や家族に同席してもらうといいでしょう。 第三者がいれば、営業担当も強引に契約をせまるようなことはしないはずです。 また「訪問見積りを依頼すると知らない人に家の中を見られるからイヤ」という人もいます。 散らかっているし、掃除もしていないから営業担当を家にあげたくないという場合もあるでしょう。 しかし引越し業者の営業担当は1日に何件もの客先を回っているため慣れていますし、見積書を作成したり、プランについて説明したりする時間を除き、家の中を見回る作業はどの引越し業者も手短に行うよう努力しているので、あまり気にする必要はないでしょう。 知らない人が家にくるのはどうしても抵抗がある場合は、引越しする荷物や家具・家電の情報をしっかりと伝えて、電話やメールで詳しい見積もりをお願いするとよいでしょう。 特に単身者の引越しの場合は荷物量も限られているため訪問見積もり無しで見積もりをしてくれる引越し業者がほとんどです。 一方でいきなり無理な値引き交渉をするのはマナー違反であるということも覚えておきたいですね。 単身引越しなら訪問見積りは不要 単身引越しの場合、訪問見積りが不要なケースがほとんどです。 一人暮らしはオプション作業が必要なピアノなどがない限り、特別な作業が必要なく荷物も少なめ。 またアパートやワンルームマンションなどそれほど広くない場所での作業となるため、作業時間もかかりません。 単身パックなどのパッケージプランが利用できれば、安くつくことも多いです。 訪問見積もりでやってはダメなこと 訪問見積もりでマナー違反とされていることがいくつかあります。 よくあるケースが以下です。 複数の会社を同日同日時で訪問してもらう• 引越し業者が決まった後に他社の訪問見積もりをキャンセルしない• 引越し先、引越し日が決まっていないのにお願いする• 見られたくない荷物を隠す• 家具を不用品に出す、引越しするなど決まっていない• 引越し業者の事情を聞かずに、料金交渉で安くすることだけお願いする 引越し業者は訪問見積もりで荷物の量を把握することで、トラックや作業員が空いているかどうか、料金が安くなるかどうかを判断します。 ですので、訪問見積もり時には引越し先に持っていかないと決めたものが、引越し当日になって持っていくとなったものは追加で料金が掛かかるのは当然です。 また、訪問見積もりは引越しを確定させるための営業活動ですので、同時に違う引越し業者を呼ぶのはマナー違反です。 必ず日時をズラし1社1社個別に依頼をしましょう。 気持ちよく訪問見積もりをしてもらい、正確な料金とサービス内容を納得した上で引越し業者を決めるためにも、マナーは必ず守りましょう。 営業担当者への気配り 訪問見積もりの担当者は1日に数件も色々な家庭を営業で回っているのでちょっとした気配りで印象が違ってきます。 例えば、訪問時にお茶や茶菓子を用意すると気持ちよく訪問見積もりに入ってもらえます。 その後の交渉もスムーズに入れるはず。 また、見積もり書をその場で作成してもらう際に、テーブルと椅子を綺麗にしておくと書類もスムーズに作成され、時間短縮にもつながります。 スリッパを用意するなどの気配りができるとさらに良いでしょう。

次の

引越しの見積もり・費用相場・安い業者探しは【LIFULL引っ越し見積り】(旧HOME’S)

引越し 会社 見積もり

出来る限りたくさんの引越し会社を比較しましょう! 引越し会社を選ぶ際の大前提として、出来る限りたくさんの引越し会社を比較することが重要です。 つまり、複数の引越し会社に見積もりを依頼するということです。 引越し会社も出来るだけ利益率を高くするために、いきなり底値での提案はしてくれません。 そこで、複数の引越し会社の価格を比較して競り合わせることで、比較的に安く引越しすることが可能になります。 ただし、同じ条件を伝えるように注意が必要です。 引越しの希望日時や荷物の量など条件が変われば、必然的に各社の見積金額も変わってきてしまいます。 見積もり依頼後の対応を比較しましょう! 見積もり依頼が無事に完了しましたら、引き続き引越し会社の対応を比較することが重要です。 特に見積もり依頼後は、速やかに対応してくれるかどうかをチェックしてみてください。 3日経過しても連絡がないようでしたら、別の会社へ依頼した方が良いかもしれません。 引越し業務や見積もり業務が集中しているために、あなたの見積もり依頼に対応できていない可能性もありますが、単純に対応が遅いのが当たり前の会社ということも考えられます。 対応の遅い会社との取引はトラブルの原因になる可能性が高いので、依頼は避けるようにしましょう。 引越し会社が許可業者かチェックしましょう! 引越し会社を絞り込む際には、引越し会社が次の3点を満たす業者であるかどうかチェックすることが重要です。 1点目は、「国土交通省の許可業者」であること。 2点目は、「国土交通省の標準引越運送約款」に基づいて業務を行っていること。 そして3点目は、「(社)全日本トラック協会」に加入していること。 引越業務を行う際には、国の許可を得ている必要があり、また上記約款を守った上で業務を行うことが原則となっています。 この約款は、引越しに関する様々な規則を定めたもので、利用者と引越し会社のトラブルを未然に防ぐことを目的としています。 万が一にも荷物を紛失したり、破損したりした際には補償される仕組みとなっています。 見積もり時に提示することになっていますが、これを提示したがらない引越し会社には注意する必要があります。 トラブルを未然に防ぐためにも、良心的な引越し会社をぜひとも選ぶようにしてください。 担当者の発言が見積書に反映されていますか? 引越し会社の担当者の立場としては、当然業務を依頼してほしいわけですから、引越し会社が不利になることは一切言わずに、調子の良い言葉ばかりを並べ立てる担当者も存在します。 そこで、担当者の発言が見積書に反映されているかどうかをチェックすることが重要です。 見積書は複写式になっていることが多く、「引越し会社控え」「引越し会社の作業指示書」「お客様控え」の3枚構成になっています。 このように、担当者が作成した見積書は引越し当日の作業員の作業指示書にもなるため、担当者の発言が見積書に反映されていない場合、あなたの希望通りの引越し作業が行われなかったり、追加料金が発生したりする可能性もあります。 トラブルを未然に防ぐためにも、見積書の中身はしっかりと確認してみてください。 万が一の場合の補償内容はありますか? 引越し会社は、荷物の搬出入や運搬のプロフェッショナルです。 これまで培ってきた豊富な経験や技術を駆使し、さらには万全の配慮を行った上で荷物を運送しますが、それでも荷物を紛失してしまったり、破損してしまったりする可能性があります。 そこで、万が一の場合に備えて、補償内容がしっかりしている引越し会社かどうかを事前にチェックすることが重要です。 補償可能な品目や条件、または補償可能な金額等の詳細を事前に確認し、引越し会社の補償内容を比較することをオススメ致します。 特に引越し前後の住居環境に関して、エレベーターがない場合や廊下が狭い場合、極端に大きな荷物を運送する場合は、荷物が破損するリスクが高まりますので、特に注意して確認してください。 最終的にはあなた自身の感覚で選びましょう! 引越し会社の担当者の接客態度や言葉づかい等から、「安心感」や「信頼感」は感じられましたか?一見するとご自身の感覚でしかありませんが、この感覚はとても大切です。 あなた自身が担当者に「任せられる」と感じた感覚を信じてみてください。 万が一「任せられない」と感じたのであれば、他の引越し会社に依頼すべきです。 なぜなら、何かトラブルが発生した際に、その会社はあなたの感覚通りに、対応をしてくれない可能性があります。 引越しは人生の中でも重要なイベントであり、その費用は決して安いものではありません。 ご自身が「任せられる」と思える引越し会社を、ぜひとも選んでみてください。

次の