ストーリーハイライト 順番。 インスタの便利な新機能ハイライト&アーカイブとは?24時間後もストーリーが残せる!

インスタの便利な新機能ハイライト&アーカイブとは?24時間後もストーリーが残せる!

ストーリーハイライト 順番

[画像のクリックで拡大表示] ストーリーは24時間で自動消滅する 「ストーリー」は写真や動画を投稿する機能です。 通常の投稿と異なるのは、24時間で自動で消去される「エフェメラル」仕様であることです。 せっかくの投稿が消えてしまうなんてもったいない気もしますが、2011年に米国でスタートした「Snapchat(スナップチャット)」という写真共有SNSが、エフェメラルをメインとしたサービスによって人気を集めたことで注目されました。 その後、Instagramが「ストーリー」をサポート、少し遅れてFacebookにも提供されています。 消えてしまうからこそ、気軽な投稿が可能になります。 イメージがつかみやすいエピソードですよね。 生活の中でSNS映えするシーンはそれほど多くはありませんし、キラキラの日常を作り込むのは骨が折れます。 でも投稿の頻度を増やして友人と交流したい。 そこで、ストーリーを使って何てことはない一瞬を切り取って投稿するのです。 ストーリーに投稿した静止画は6秒表示されると、次の投稿へと自動で切り替わります。 友達にじっくり見られることはありません。 画像の上に一言コメントを文字で入れたり、ハッシュタグを入れて説明を添えている人を多く見かけます。 セルフィーの場合は、顔にかわいい動物やめがねのエフェクトを施すことができます。 動画は最大20秒の長さで公開できます。 撮影ボタンを押している間だけ撮影される、はやりのショートムービー機能と同じ使い方で、撮って出しのような気軽な使い方をされています。 動画は「BOOMERANG(ブーメラン)」という繰り返し再生機能も用意されています。 また、ライブ配信もストーリーを使って行うことができます。

次の

【インスタ】ストーリーのハイライトを見ると足跡でバレる?徹底検証!

ストーリーハイライト 順番

インスタグラムでは、ストーリーから選んだ動画や写真を、「ハイライト」という形でトップ画面に表示させることができます。 このハイライトは複数作れるのですが、順番を変えることがデフォルトの機能には備わっていません。 そこで今回は、ちょっと裏技的にインスタのハイライトの順番を変える方法を紹介したいと思います。 インスタのストーリーでハイライトの順番を変える方法 弘中アナのインスタアカウント()のプロフィール画面。 ハイライトは「激レアさん」「伸びた!」などの部分です。 インスタでは、ギャラリー写真の他に、24時間で消える「ストーリー」という機能があります。 一般的には、ギャラリーに掲載する写真は「オン」のもので、ストーリーは24時間で消えることや、ある程度公開範囲を決められることから、ちょっとプライベートな「オフ」の部分や、まさに今あったことをアップする傾向にあります。 このストーリーのなかに、 「 ハイライト」という機能もあります。 ハイライト機能によって、いつでもピックアップした動画や写真(過去にストーリーにアップしたもの)を見てもらうことができます。 ハイライトは、インスタのアプリを開き、プロフィール下にある「ストーリーズハイライト」の「新規」という部分から設定が可能です。 インスタでは、通常の写真もストーリーも、アップすることはスマホのアプリからしかできません。 同様に、ハイライトの設定もパソコンからはできないので、スマホのアプリから行いましょう。 ハイライト機能では、名前(「2019 春の思い出」など)をつけた一つのハイライトに、過去にストーリーにアップした動画や写真をまとめることができます。 また、ハイライト自体も複数作成ができるので、場面ごとにまとめるなど、様々な使用方法が楽しめます。 しかし、このインスタのハイライト機能、使用していると 順番の変更ができないことに気づきます。 綺麗に整理したいときなど、ハイライトの順番を変えたいと思うかもしれませんが、残念ながら、デフォルトでは現在のところ、順番を変える機能は備わっていません。 そこで、ここでは 簡単にハイライトの順番を変える裏技的な方法を紹介したいと思います。 ハイライトの順番は、新しくストーリーにアップした動画や写真を使っている順に、左から並ぶようになっています。 そのため、 新しいストーリーの動画を追加でハイライトに入れるたびに、そのハイライトが一番左に来ます。 順番を変えるには、この仕組みを活用します。 いちばん左に並べたいと思うハイライトに、いったん新しいストーリーの動画や写真を入れましょう。 新しいストーリーが一枚加わると、そのハイライトの順番が一番左に来ます。 そして、その後すぐに ハイライトからその動画を外しても、順番はそのままの状態になります。 この方法を活用することで、インスタのストーリーでハイライトの順番を変えることができます。 ハイライトの名前にもよりますが、だいたいハイライト動画は左から順番に見られることが多いので、特に見て欲しいハイライトは、この方法を使って左に並べるとよいでしょう。 以上、インスタのストーリーでハイライトの順番を変える方法でした。

次の

【インスタグラム】ストーリーのハイライトに既読(足跡)は付かない?

ストーリーハイライト 順番

こんにちは、企業ママ応援サポーターのエリコです。 若い子から主婦にまで人気のSNS「インスタグラム」。 その中でも気軽に動画を投稿できる インスタストーリーって、24時間後には消える設定になっているのでなんとなく使いやすいです! そしてインスタストーリーの特徴的なものとして「足跡」という機能がありますが、そこに掲載される順番って気になりませんか? 意外な人がいつも上位にいたりしてびっくりすることもありますよね 笑 その 足跡の表示される順番が変わった?とここ最近話題になっているようです。 今回は2019年最新のインスタストーリー足跡機能について調査してみましたので、インスタ好きなあなたの参考になれば嬉しいです! Contents• 【2020最新】インスタストーリー足跡の順番が変わったって? インスタのストーリーの閲覧した順番がまた変わっているのだけどアルゴリズム変えたのかな — h i. lilachtmi このようにインスタストーリー足跡の順番が変わった?とSNSでも話題になっていました。 インスタストーリーの足跡機能ですが、閲覧してくれた人に順番がついているので、投稿者も分かりやすい仕組みになっていますよね。 誰が自分のインスタを見てくれているのか?超気になるところでもあります! そんなインスタストーリー足跡の順番ですが「変わった」というのは本当なんでしょうか? そもそも、インスタストーリー足跡の順番ってどのように決まっているのかというと… ・関心が高い順番 ・閲覧した順番 などと言われていますね。 何も考えなければ、閲覧された順番なのかな〜とも思いますが、どうやら2016年以降は「 関心の高さ」で順番が決まっているようです。 ・あなたのインスタストーリーをよく見てくれている ・通常の写真投稿もよく見てくれている ・Facebookでの繋がり ・コメントのやりとり このあたりがインスタストーリー足跡の順番を決めている要素とのこと。 足跡機能はインスタの中でも、ストーリーにしかついていないのでこの順番って本当に気になります! そして知り合いが上位にいるのなら分かりますが、全く知らない人が1番上にいたりすると嬉しいと思うこともあれば、逆に怖いと感じてしまうこともあるかもしれないですね。 そして上の投稿者のように、最近インスタストーリー足跡の順番が変わった?と感じる方も多いようですが…。 実は本当のことは分かっていないんです。 というのも「関心が高い人の順番」と言われていることでさえ、公式に発表されているものではありません。 何がインスタストーリー足跡の順番を決めているのか?というのはインスタグラムの人しか知らないこと…。 なんだかGoogleの検索順位と似ていますね 笑 ですから、インスタストーリー足跡の順番が変わったというのも本当かどうかは分からないですし「インスタのシステムが変わったのかもしれない」という予想しかできないのです。 【2020最新】インスタストーリーで足跡の順番を消す方法? インスタストーリーの足跡の順番がとても気になる〜ということは、あなたが見ている投稿の相手も同じように考えているかもしれないですよね? もしあなたが同じ投稿者を何度も見ていたら、あなたの足跡の順番が上位に入っているかも! となると、微妙な関係のお相手だったらあまり上位に入るのはちょっと…という感じだと思います。 そんな時は「 インスタストーリーの足跡順番を消したい」と考えるのが当然です。 ですが残念ながら、 現時点ではインスタストーリーの足跡順番を消すことはできません。 閲覧する人も投稿者も共に足跡順番を削除することはできないのです…。 ここは今後インスタ側に改善してほしいポイントですね! 参考記事: まとめ 今回は「【2020最新】インスタストーリー足跡の順番が変わったって?」ということについてお伝えしてきました。 2019年になってから、インスタストーリー足跡の順番が変わったのでは?という声もありましたが、今のところはっきりとしたことは分かりませんでした。 インスタ側からこの足跡順番に関して公式な発表があったわけでもないですが、一般的に「関心が高い人順」で表示されているのではないか、ということがよく言われているそうです。

次の