セルフカット ミディアム。 メンズのセルフカットの方法!前髪や後ろ髪の切り方|All About(オールアバウト)

素人でもできる!セルフカット歴15年のベテランが教えるメンズ・セルフカット術|ホイニーブログ

セルフカット ミディアム

女性のロングヘアのセルフカットのやり方や切り方の手順として、最初にすることは髪の毛をよくとかすことです。 よくとかさずに髪の毛を切ってしまうと、絡まっていたりうねっていたりしている部分だけ短くなってしまい、ところどころ髪の毛の長さが違っているという失敗につながってしまいます。 とかすだけでは、どうしてもまっすぐにならない髪には、霧吹きなどで濡らしてあげましょう。 ですが、あまり濡らしすぎると乾かした時に短くなりすぎてしまいます。 あまり濡らしすぎないように気を付けてやっていきましょう。 髪の毛をよくとかして、まっすぐにすることができたら、髪の毛を結びましょう。 耳より下のあたりで二つに結ぶことで、見にくい後ろ髪も簡単にカットできます。 そして、自分の切りたい位置を決め、その位置をゴムで結ぶことにより、切るところをわかりやすくします。 女性のセルフカットのやり方や切り方(ロング)|髪の毛を切る 女性のロングヘアのセルフカットのやり方や切り方の手順として、ゴムで切りたい位置を決めたら、あとは思い切ってハサミを入れるだけです。 髪の毛の量を変えたい場合は、髪の毛を下ろして、左右のバランスを見ながらすきバサミを縦に入れましょう。 自分の好きな毛先の軽さになるまで、左右のバランスをしっかり見ながら少しずつ調整していきましょう。 髪の毛の量を毛先だけでも軽くすることによって、パッツンと切った髪の毛も自然に馴染むでしょう。 この時に、すきバサミでないハサミを使ってしまうと、髪の毛の長さも変わってきてしまうので気を付けましょう。 この方法であれば、後ろ髪を切るのが難しい女性のロングヘアでも、簡単に理想のヘアスタイルを自分で手に入れることができるのではないでしょうか。 女性のセルフカットのコツ(ロング)|髪の毛をまんべんなくとかすこと セミロングへアやミディアムヘアの女性がセルフカットする上でのコツとしては、自分の切りたいヘアスタイルをしっかりイメージすることです。 セミロングヘアやミディアムヘアは、毛先を軽くするか重くするかによって印象が大きく変わってくるヘアスタイルです。 自分は重くしたいのか、軽くしたいのかをしっかりイメージしてから、髪の毛をカットしていくことで、自分の理想のセミロングヘアやミディアムヘアを手に入れることができるでしょう。 ミディアムヘアのセルフカットができたのであれば、どんなヘアアレンジがあるのか気になる方も多いのではないでしょうか。 こちらの記事で、ミディアムヘアの様々なヘアアレンジの仕方を詳しく説明しているので、参考にしてみてください。 女性のセルフカットのやり方やコツは?|ショートヘア 女性のセルフカットのやり方や切り方(ショート)|定規を使って切る 女性のショートヘアのセルフカットのやり方や切り方の手順として、最初にすることは、定規で自分の理想の長さをしっかり図りながら切っていくことです。 図りながらやっていくことで、すべての髪の毛の長さが一緒になり、下の方は長く、上の方は短いレイヤースタイルのショートヘアになります。 定規で計ったら、指でしっかり挟んで切っていきましょう。 この時に指で挟んだ位置よりも、理想の髪の毛の長さが下にくるように挟むのがポイントです。 このように挟んだ方が、切る位置がわかりやすいです。 そして、この時に少し長めを意識して切ることで、やっぱり切りすぎてしまったという失敗がなくなります。 女性のセルフカットのやり方や切り方(ショート)|毛先をねじって切る 女性のショートヘアのセルフカットのやり方や切り方の手順として、髪の毛を全体的に切ることができたら、次に毛先の髪の毛をすきバサミで軽くしていきましょう。 やり方や切り方として、おすすめなのが毛先をねじってから切っていく方法です。 髪の毛をひとつまみして、2~3回ねじってから斜めに2回カットしていきましょう。 この時に切る位置は、中間と毛先の部分にハサミを入れましょう。 ねじってから切ることで、ねじらず普通に切った時のような、変な段差を作ることになりません。 髪の毛を全体的に触ってみて、重たいなと思ったところをつまんでねじって切っていくことで、失敗がないショートヘアが出来上がるでしょう。 髪の毛をすいていくときは、すきバサミで切っていかないと髪の毛の長さが大幅に変わってきてしまうので注意してやっていきましょう。 女性のセルフカットのコツ(ショート)|気持ち長めに少しずつ切る 後ろ髪のセルフカットの切り方として、自分では見にくい場所は、鏡を2枚使って合わせ鏡をして、全体のバランスをしっかり見ながら少しずつ切っていくことです。 全体のバランスを見ながらやっていかないと、右だけ長かったり短かったりすることもなくなるでしょう。 髪の毛を切った後、すいた後も、全体のバランスを一回一回確認しながらやることで、短くなりすぎてしまったり、すきすぎてしまったという失敗は無くせるでしょう。 なので、セルフカットでも、簡単に自分の理想のヘアスタイルを手に入れることができるでしょう。 後ろ髪がきれいに切ることができたら、次は前髪のきれいに切る方法も知りたいと考える方は多いのではないでしょうか。 こちらの記事で、前髪のセルフカットの仕方を詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。 自分で自分好みのヘアスタイルを手に入れよう! ロングヘアやセミロングヘア、ミディアムヘア、ショートヘアなど髪の毛の長さ別に、自分で切るセルフカットの切り方ややり方について、説明していきましたがいかがでしたか。 後ろ髪を切るのは、自分では見えにくいのでセルフカットする上でとても難しい場所です。 ゴムやダッカールクリップなどを使用すれば、後ろ髪でも見やすく簡単に切ることができるので、美容院に行くお金や時間を有効に使いたいと考えている方は、一度セルフカットに挑戦して、自分で理想のヘアスタイルを手に入れてみてはいかがでしょうか。

次の

ウルフカット風に手直しセルフカット!ミディアムスタイル、ボブからレイヤーへの切り方・方法

セルフカット ミディアム

ヘアサロンに行くとカット、カラーやパーマ、トリートメントまで含めると2時間~3時間は時間をとられてしまいます。 セミロングやミディアム等、切りやすい長さであれば自分で髪を切る「セルフカット」に挑戦してみましょう。 セルフカットの強みはやはり「自宅で」「好きな時間に」髪をカットすることが出来るという点。 思い立った時にすぐセルフカットがはじめられるよう、専用の「ハサミ」をまずは用意しておきましょう。 使い捨てるものではありませんので、スキバサミとセットで購入しておくことをおススメ!文房具のハサミと混合しないというポイントに気を付けましょう。 100円均一等でも販売されているので、身近になりましたね。 新アイテムのまえがみパッツンシ-トをゲットしてみて ご自分の前髪を切る時も、お子さんの前髪を切るときにも重宝するのが最新アイテム「前髪パッツンシート」です。 片手で顔にセットしたら、赤いラインに沿ってハサミでカットするだけです。 赤いラインはくぼんでいて切りやすくなっており可愛いデザインでお子様にも人気な優秀アイテムです。 大人の女性にもおススメですよ。 また、透明なシート越しに鏡を確認しながらカットできるのが大人でも安心なポイント。 目の中に髪の毛が入る心配が無いのでとっても使いやすいのです。 大人の方であれば、スキバサミなどを併用すればより自然なスタイルに。 前髪を自然にカットしたい大人の女性にも安心なアイテムですのでストックしていても良いですね。 毛先のばらつきにも強い味方は巻髪アレンジ セミロング・ミディアムの髪であれば全体を軽くしたり毛先を整えるセルフカットをおススメいたしますが、なかなか初めてのセルフカットから成功するイメージが持てない方も多いのではないでしょうか?毛先のカットに失敗しても日々のヘアアレンジで誤魔化すことが出来るので、気軽にチャレンジしてみてください。 具体的にはカールアイロンなどで毛先を巻いたり、ウェーブを出す方法をおススメします。 セルフカットは思い切ってカットに挑戦することがもちろん大切ですが、切り過ぎず余裕のある長さを保っておくことでコテやカーラーと使ってヘアスタイルを維持しておくことが出来ることを知っておけば安心して挑戦できますね。 下記の記事では、セミロングの人へ向けておすすめの巻き髪の方法などを詳しく記載しているので、こちらの記事も是非とも参考にしてみてくださいね! ミディアム・セミロングの長さがあれば、まずは後ろ髪から全体の髪を顔周りに持ってくる切り方にチャレンジする女性が多いのではないでしょうか。 簡単なコツとして押さえておいてほしいのが、髪を濡らしておくということです。 基本的なことですが、乾いたままで髪を切るとまず長さをあわせることが出来ません。 またヘアサロンでは自分で掃除をする必要は当然ありませんが、自宅で髪が飛び散ってしまうととっても掃除が大変なものです。 髪を濡らしておくことで切った髪が飛び散ることを防ぐことも出来るので、セルフカットの後も掃除がとても簡単になるのも髪を濡らしておくことの大きなメリットと言えますよ。 セミロングは髪をゴムで縛って切るポイントを絞る セミロングやミディアムという髪の長さだと、逆に少しくらい失敗してもいいか、などと闇雲にカットを始めてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?毛先だけを切るつもりが、気づいたらどんどん短くなってしまっていたということにもなりかねません。 それを防ぐのが輪ゴムの効果と言えるでしょう。 後ろ髪もしっかり後方で分けて顔の横に流し、横と後ろ髪を合わせて4つくらいに分けて束ねましょう。 顔の横で高さを合わせゴムの上、もしくは下で切れば左右で高さがずれることもありません。 この方法は荒れやすい毛先を切る、また後ろ髪を揃えるにも有効なので、是非自分で髪を切る技の一つとして活用してみてくださいね。 セミロング・ミディアムヘアは毛先の重さを変えるだけでイメチェンに まだまだ長さを変えたくないセミロング・ミディアムヘアの貴女には特にセルフカットがおススメです。 髪を伸ばしている時には特にヘアスタイルに飽きてしまうこともありますよね。 特に暑くなる時期には気分転換がしたいと思う貴女もいらっしゃいますよね。 スキバサミでの髪の切り方を知れば、自分で調整できますよ。 そんな時には毛先を中心にボリューム感を軽くしていくことで透け感やシルエットの変化を感じることが出来るので、長さを変えなくてもイメチェンを果たすことが出来るのです。 暑い時期のセミロングヘアは暑苦しくなりがちですが、軽やかな髪が風に揺れるイメージになれば涼しげで素敵ですよね。 ミディアム・セミロングのセルフカットでレイヤーの入れ方は? セルフカットでレイヤーを入れるというのはかなり上級者のイメージなのではないでしょうか。 特にセミロングのように長さあるようならブロッキングが必要ですが、写真のように美しくするのは難しい。 その場合はハーフアップにように上下に2つに分けて縛ることで簡単なブロッキングになることを覚えておいてくださいね。 上下分けたら、先ずは上の部分を左右2つに分けるなどして毛先からカットします。 スキバサミがあれば全体を軽くしておけば、レイヤーもより自然になります。 上下分けた部分の下も顔周りで2~4つに分け、ゴムで毛先を見極めてカット。 上部を短めに、下部を長めにしておくことで段をつけることが出来ます。 より細かいレイヤーを入れたい方は、ブロッキングも上下2分割ではなく3分割ほどに細かく。 全体的にスキバサミ等を使用して髪の量を軽くすれば、自宅でレイヤーカットが楽しめます。 ブロッキング、レイヤーカットはスタイルを維持する為に有効ですので、回数を重ねて練習してほしいと思います。 自分で髪を切るなら顔周りのレイヤーは鏡で確認しながら 自分で髪を切るときにもっとも気になるのは顔周りのカットではないでしょうか。 セミロング・ミディアム等、髪の長さ問わず顔周りの髪の毛で第一印象は決まるといっても過言ではありませんよね。 自分で鏡を確認することが出来るので安心感はありますが、その分手をかけすぎて短くしてしまうことには気をつけてくださいね。 またカミソリを使って、少量ずつねじった毛束をカットしていく方法もセルフカットでのレイヤーの入れ方としてはおススメの方法です。 ナチュラルな段をつけることが出来、また毛束のとり方を少しずつ変えていくことで微調整が出来ますよ。 カミソリでのカットは毛先を傷めやすいので、長めに意識して整えると良いですよ。 ミディアム・セミロングの後ろ髪や毛先の切り方は? セミロング・ミディアムだからこそ気になる毛先は三つ編みカット セミロング・ミディアムの髪をより短くするなら、女性もバリカンを使うというのもひとつの方法です。 先ほど紹介したようにブロッキングし、ゴムで縛ったところをバリカンで刈るというシンプルな方法で、髪を短くすることが出来ますよ。 セミロング・ミディアムからボブ程の長さにするのであればこの方法をお試しくださいね。 ここ数年で女性の間でも流行った「ツーブロック」「刈り上げ」のスタイルを作り上げることが出来るバリカンですが、切り方が難しく感じてしまいますよね。 刈り上げてしまうと長さは戻らないので、後ろ髪の確認できる鏡を見ながら、刈り上げるラインを決めて束ねてください。 ラインが決まったら躊躇せず刈り上げましょう。 100円均一で購入できるセルフカットの味方「ヘアカッター」 本格的なハサミでの切り方はわからない、バリカンもハードルが高い... そんな不安をお持ちの貴女におススメなのが、100円均一「ダイソー」で販売されているコーム型のヘアカッターです。 このコームで髪をとかすだけで髪を梳いてくれるというので、セルフカット初心者さんにも安心安全なアイテムといえるでしょう。 髪を梳く段階も4段階になっているので、「使ってみたら予想よりも髪が少なくなってしまった」という失敗にもなりにくく、自然に仕上がると人気の商品です。 スキバサミはハサミを使う部分を細かく調節しなければならないので、後ろ髪などはバランスをとることが難しいと思いますが、コームで髪をとかすだけなら簡単ですね。 セルフカットにチャレンジして自分の思い通りのスタイルを作ろう!.

次の

セルフカットでトライ♪髪の毛のすき方&カットのコツとスタイリングテクニック

セルフカット ミディアム

セルフで女性のヘアーをカットする方法は? 私、人間に関わる事をお金を出してお願いするのが面倒な性格なんです。 例えば、家に関わる修理。 業者に頼むと、家の中に入られるのとか、掃除念入りにせな、とか色々考えるのが面倒。 業者に応対せなアカンのも面倒。 だもんで、DIY出来る事はしてしまったほうが、そっちのほうがラクだし、節約にもなるし、経験値も上がるし、良いことずくめ!という考え方なんです。 髪の毛のカットも、今までは「こういうのはどうしてもプロにお願いしないとなァ…」と思って、美容院に行っていましたが、行くの面倒だったんですよね^^; でも、自分でもしかしたら出来るかもしれない…とちょっと思ったんです。 そこで、自分で髪の毛をカットする方法を詳しく調べてみました^^ 目次• セルフヘアーカットするための準備は? まず、道具をそろえましょう^^• すきバサミ セルフカット時に絶対に必要になるのが すきバサミです。 すきバサミはその名の通り、 髪をすくためのハサミです。 毛量の調節を主な目的として用いるハサミです。 くし セルフカット時には くしもとても便利です。 くしを使って毛流れを整えたり切る量を調節することで、 失敗の可能性を低くすることができます。 毛の流れが乱れた状態であったり、髪がぼさぼさの状態ではカットもスムーズに行えません。 頻繁に櫛でとかしながら切っていくと良いでしょう。 ピン・ダッカール セルフカットには ピンも活躍します。 家にある普通のアメリカピンでもOK! ピンで切りたくない場所を上手く避けておくと効率良くカットしていくことができます。 また、大きくしっかりとまとめておきたい場合には小さなアメリカピンよりも ダッカールのほうがオススメです。 たとえば、クセが強い人は毛先を薄くしすぎるとすごくうねってしまったり、髪が固い人は、中間から毛先にかけて多めに梳いてみたり・・。 と、髪質によって カットの仕方が少し変わるので、よく把握しておく必要があります。 髪型を想像する 切る前に、したい髪型に最も近い状態を作ってみましょう^^ ヘアゴム・ヘアピンなどを用います。 その際は 縦にハサミを入れます。 基本的にハサミを横に入れることはありません。 長めに切る! 1度切ってしまった髪の毛は、元には戻せません。 理想の長さよりも 長めにカットし、後で、ずつ調整していきましょう。 何回かに分けて、ちょっとずつ切っていきます)。 前髪全体に 霧吹きなどで髪を濡らした後、ブローして乾かす。 前髪からサイドにかけてクシでキレイにおろす。 切りたい前髪の範囲を、前髪のてっぺんから前髪の両端を 三角のイメージで取り分ける。 取り分けた前髪以外のサイドの髪を、両サイドピンなどで留める。 できるだけ 黒目の両端に合わせて前髪の幅を決める。 さっそく切ってみましょう!! それでは、前髪を実際に切ってみます。 前髪を指ではさみ、前髪の毛先に対して ナナメにハサミをいれる。 この時に、ちょっとずつジグザグにカットしていくのが自然な仕上がりのコツです• 前髪の両外側の毛ははずして、 真ん中のラインからカットしていくのがポイント!• 真ん中の長さを調節してから、両端の余った前髪を、真ん中の髪の長さに合わせてカットする。 終始 長めに残しておくのがコツです。 終わった後にブローで整えた時に、前髪が思っていたよりもふわっとなってしまうことがあるからです• 最後に、サイドの髪のピンをはずしてブローをします。 クシでよくとかした髪の毛を、両耳サイド、バックと3つにヘアゴムで結います。 この時に、後ろは割ときつめに結いましょう! 2. 後ろできつく結った所を、後ろに引っ張って緩めます。 さっそくカットです! 後ろのゴムで結った すぐ後ろにハサミを入れて、横にまっすぐとカットします。 毛先がこのようになったら、後ろのゴムははずします。 後ろの毛をほどいたら、ゴムでしばっていたサイドの髪もほどいて、上から毛先に向かって滑らせるように ナナメにハサミをいれましょう。 毛先、サイド、バックの順にすくと、自然な仕上がりになります。 というのをポイントに切っていくと良いかと思います。

次の