温泉 体験談。 箱根湯本 天山湯治郷体験談

ガスマスク必携!?命がけの入浴「危険すぎる温泉」体験談

温泉 体験談

自分たちはどこにでもいる、まったく普通の親子でした…あのときまでは。 年末に母と温泉旅行に行きました。 親孝行の意味もあったし普段二人とも仕事で忙しいのでのんびりするつもりでした。 旅館では昼間から温泉に入りビールを飲み、すっかりリラックスしていました。 夕方からはホテル内のPUBでカラオケを歌い放題。 そのうちチークタイムになり男性客は皆コンパニオンと踊っていた。 だいぶ酔った母が私たちも踊りましょうよという。 母と踊るなんてなんだか変な感じだなと思いつつ、まいっか、と思い踊った。 抱き合ったとき、薄い浴衣 ゆかた を通して母の胸のふくらみを感じた。 あれっという感じだった。 腰と肩に手を回すと腰のあたりの肉付きの感じがどっしりとした感じだった。 俺はふざけて母の耳にキスをしたり息を吹きかけたりした。 すると母はぴくっと体をふるわせて笑った。 ムード音楽やミラーボールのせいか、あるいは酔いも手伝ってか、そのうち母も俺にキスしてきた。 おもわず口と口でディープキスをしてしまった。 俺は抱いている体の感じやキスの感じが、普段している若い女の子とあまり変わらないことが新鮮な驚きだった。 母もやっぱり女なのかと思った。 二人ともかなり酔って部屋に帰った。 しいてあった布団に倒れるように横になった。 俺はタバコを取ろうとしてふと見ると、仰向けに寝転んだ母の浴衣のすそが大きくまくれて太股が見えていた。 俺は一瞬ためらったが、そっと近づくと浴衣のすそをつまんでさらに大きくはだけた。 ベージュ色のパンティだった。 しかも若い子がはくのとまったく変わらない、腰骨あたりできりかえしのデザインになっているやつだった。 おへそのちょっと下あたりには小さなリボンまでついていた。 今まで母の下着なんて考えたこともなかったので耳鳴りがするほどどきどきした。 こんなかわいいパンティをつけているなんて思いもしなかった。 母はすっかり酔っ払っているのでぜんぜん気づいていない。 俺はついそのままじっと観察してしまった。 すると体を伸ばして寝ているせいか、おまんこのところがふっくらと盛り上がっている。 しかもその盛り上がりに一本のタテ線がしっかりと食い込んでいて、形がくっきりとわかった。 俺はものすごく興奮してしまった。 どんどん早くなる呼吸を押さえながら、そっと人差し指でタテ線のところをなぞった。 はじめは恐る恐るだったがだんだん大胆になぞった。 その時突然母が目を覚ました。 頭だけ起こしてすっかり酔った目でこちらを見た。 俺は本当にびっくりして固まってしまった。 何の動作も起こせなかった。 でも次の瞬間、母はまた頭を枕に乗せると目を閉じた。 そしてなぜか両足を少し開いた。 俺はどうしようかな、と思ったが目の前にある誘惑には勝てず、指をはわせ続けた。 だんだん濡れてくるのがわかった。 パンティの股のところがはじめ小さな染みだったのが、次第に染みが広がっていき、そのうちにべっとりになってしまった。 俺はもう我慢できなくなって、パンティを横にずらして舐め始めてしまった。 すると母は喘ぎ声を出し始めた。 その声や、声の出し方が、若い女の子と同じようなので、なんだか俺は本当に不思議な感覚だった。 普段、女の子としている時の自分の姿なんて想像もしないが、その時はもう一人の自分が自分達を見ているような気がした。 でも舐めているときの感覚や、ここをこう舐め上げたら反応するだろうなと思って舐めるとその通りに喘ぎ声が出る感覚は、いつも女の子としている時とまったく同じなのが不思議だった。 俺はもう止まらなくなってしまった。 自分でもはっきり分かった。 どうにでもなれという心境に近かったと思う。 俺は母におおいかぶさると、肩と首を抱きかかえ、女の子といつもしているようにキスの雨を降らせた。 そのまま自分の足を股の間に割り込ませ、俺のももで股間を圧迫して刺激した。 母も俺にしがみついてきた。 浴衣の胸をはだけると、思いがけずも母はブラジャーをつけていた。 パンティとそろいのベージュのブラを見て、俺はさらに動転してしまった。 今まで母がブラをつけていることなんて考えもしなかった。 あとから考えてみれば当たり前かも知れないが、その時はとにかく動転した。 夢中でホックをはずすと俺は乳房にむしゃぶりついてしまった。 垂れているが大きかった。 乳輪が大きく黒ずんでいた。 俺が乳首を舌で舐めまわすと母はいっそう強くしがみついてきた。 それでとうとう俺は挿入してしまった。 いつもと同じように、三浅一深などと考えながら腰を動かした。 SEXするときというのは、たとえ相手が誰でも、いつもしているパターンが出るものだな、などと妙なことを思った。 ただ、あれこれ体位を変えたり、両足を肩に担いだりはしなかった。 ずっと正常位のままだった。 のの字のグラインドを加えると母の喘ぎ声もだんだん大きくなってきた。 俺はもう我慢できなくなって「もう、いく!」と声に出して言ってしまった。 すると母も「いく、いく、いく」と叫んだ。 俺は思いっきり仰向けのふっくらした腹の上に出してしまった。 母も首をのけぞらせて、びくっ、びくっと痙攣するように体をふるわせた。 次の日、母はとても恥ずかしそうにしていた。 話しかけても俺とまともに目を合わせないようにしていた。 それからの日々は、お互いあのことには触れないようにする雰囲気ができてしまい、特に何もない。 でも俺はあのときの不思議な感覚にすっかり目覚めてしまったような気がする。 あの何か懐かしい妙な感覚を、そしてまた強烈な興奮を、また味わいたいと強く思ってしまうのです。 個人的な体験ですが、なんだか誰かに聞いてもらいたくて書いてしまいました。

次の

温泉旅館で・・・

温泉 体験談

写真だとガスマスク付けてますが、どのくらい危険なんですか? ヘタしたら、 即死しちゃうレベル。 ・・・、ヤバイですね。 実は、温泉地ってたまに ガスで亡くなってしまう事故があるんだよね。 温泉に行った時、場所によっては卵の腐った匂いするところあるでしょ。 硫化水素ガスってのが出てて、特に冬場とか雪が深く積もってる時にはそのガスが溜まっちゃって、中毒死しちゃうことがあるわけ。 しかも、この硫化水素ガスが凶悪で、 濃度が濃くなると匂いがしなくなっちゃうんだよね。 鼻の粘膜がやられて。 だから、人が倒れてる!って見つけて助けに行くと 道連れになって死んじゃうこともあるんだよ。 こういう温泉でも、入るとやっぱり気持ちいいんですか? いや、 正直覚えてないんだよね 苦笑。 写真撮るのに必死で。 早くシャッター切らなきゃ!みたいな感じで。 湯も白く濁ってて深さとかも判らないから超必死だよね。 しかも、被ってるガスマスクは水がついたら息もできなくなるから、ほんと命からがらだよ。 取材時に見かけたというガス危険の文字。 まさに命がけだ。 装備はGPSとイスラエル軍のガスマスク! Q. そもそも、この危険な温泉ってどうやって見つけているんですか? 地図にある 温泉マーク、あとはネットかな。 けど、ネットは行き方も書いてないし本を出した当時はネットの情報って全然信用できなかったんだよね。 だから、地形図とかを見て、温泉マークを探したんだよ。 出典: pixta おおよその場所がわかったら、あとは、 ぶっつけ本番。 現地に行ってから道を探し始めた感じかな。 大体は本当に温泉が見つかるんだけど、 3割ぐらいは見つからずに帰ってたな。 例えば、いざ行ってみたら温泉って言える程 お湯が湧き出てなかったり、そもそも藻が張りまくってて 精神的に入れないな・・とかもあった。 入浴の際は、何を持って行くんですか? 登山用のGPS、ガスマスク、地図かな。 あとは、無線機。 アマチュア無線のやつ。 温泉入るためだけにわざわざ免許取ったよ。 ガスマスクは、俺の大先輩が 湾岸戦争の時にイスラエル軍から支給されたものを譲り受けたんだよ。 戦争で使われてたマジモン。 出典: pixta Q. 死にかけたこと、とかありましたか? 温泉から帰るときに、 崖から滑落したことはあったな。 新潟の秘湯に入った時。 上りは意外に大丈夫なんだけど、問題は下り。 崖から下をのぞいてたら、そのまま落ちちゃって。 たまたま背負ってたバッグがクッションになったから生きてたけど、 骨折れてたよ 笑。 あとは、アブの大群とかに襲われてパンパンに腫れちゃったりとかかな。 そんな大原さんに、過去行った温泉を紹介していただきました。

次の

温泉・混浴で経験した面白いかもしれない体験談・エピソード

温泉 体験談

154 女性と遭遇確率は無いと思ってた… 投稿者: ドライフルーツ 様 今まで、混浴は入ったことがなくていつもごく普通の露天風呂に入っていました。 でも、去年九州のある温泉に行った時でした。 妻と行ったんですが、そこの中居さんに「左側が女性専用の内風呂と露天風呂です。 そして右側が男性用内風呂に、混浴露天風呂です。 」と言われました。 つまり男性専用露天風呂はないですかと聞くと、笑みを浮かべ「男性専用みたいなものです」と言われました。 混浴とは名ばかりで入ってくる女性なんているわけないかと思っていました。 そして夕食前に温泉に入り、内風呂から出て露天に行く入り口に混浴露天と案内板があり、少しドキドキしながら入ると、そこには男性4人ほど湯に浸かっています。 温泉から上がり夕食も済んで夜の11時頃、妻は疲れたようで布団にもぐってテレビを見ていて、折角温泉に来たからまた温泉に入ろうと誘ってもいきません。 仕方ないので一人で行くと3人が居ましたけどすぐにでました。 広い露天風呂を独り占めです。 川のせせらぎを聞きながら目を閉じて湯に浸かっていると、すぐそばの木戸が開いて女性が2人入ってきました。 そして私を見るなり「こんばんは」と一言。 思わず「こんばんは」と挨拶したら、2人ともタオルで前を隠して私の傍まできてタオルをとり湯に浸かります。 目の前でびっくりしました。 妻より若い30代後半といった感じです。 温泉旅行が好きで2人でいろんな温泉に行っているようでした。 混浴は恥ずかしくないですか? と聞くと、男性が2人以上いたら入らないようです。 それじゃどうして人数確認するのか聞いたら、女性用出入口をそっと開けて中を覗いてから入るようでした。 いろいろ話しているうちに慣れてきて、その女性は2人共タオルなしで湯船のふちに座ったり恥ずかしいとか無いようでした。 翌日朝食のバイキングの時にお会いした時は軽く会釈してくれましたけど、少し照れていました。 そして彼女達いわく、混浴風呂で女性と遭遇したければ夜中か朝の6時ごろです。 それも一人で風呂に入れば女性も安心して入ってきますよ。

次の