すいか 栄養。 「すいか(西瓜,スイカ)」の栄養素・栄養成分・栄養価・効果・効能

スイカは野菜か果物か?カロリー・栄養素・健康効果 [食と健康] All About

すいか 栄養

という訳で、園芸分野では野菜として扱われますが、市場や栄養学上では果物として扱われています。 メロンもそうですね。 もちろん、この「旬の食材百科」でも果物として扱っています。 スイカを沢山生産しているのは熊本県、千葉県、そして山形県となっています。 特産となっていないまでも、全国各地で生産されているので、地元産のスイカが道の駅やスーパーなどにも並んでいるのではないでしょうか。 特長によって大きく分けると下記のような違いがあり、それぞれを組み合わせた品種が栽培されています。 小玉スイカの代表的なものには「 」シリーズや「」などがあります。 でも縞模様が分からないくらい全体に色が黒っぽい「でんすけ西瓜」で知られる黒皮種と呼ばれるものや、模様がほとんど無い緑色のもの、また、独特の細かい模様が入ったものなどがあります。 また、中が赤肉で、外皮の色が綺麗な黄色いスイカもあります。 形が綺麗な球形をした、「愛娘ひなた」の他、長球形のなどがあります。

次の

スイカは野菜か果物か?カロリー・栄養素・健康効果 [食と健康] All About

すいか 栄養

7月27日• すいかの基礎知識 7月27日はすいかの日! すいかの特徴といえば、緑と黒の縦縞模様の皮ですね。 皮の縦縞模様を網に見立て、「7」「27」を「夏の網」と呼ぶ語呂合わせから、7月27日はすいかの日として制定されました。 毎年、この日には日本各地ですいかに関連したイベントが催され、多くの人がすいかの美味しさを楽しんでいます。 すいかの歴史 すいかの歴史はとても古く、2500万年以上前にアフリカで誕生したと言われています。 そして、4000年前にエジプトで栽培されるようになり、3000年前にはギリシャ、紀元前にはローマに伝わり、中央アジアや中国などさまざまな地域に広まりました。 すいかは西から伝わってきたため、漢字では「西瓜」と書かれるようになったと言われています。 日本にすいかが伝わってきた経緯には諸説あり、長崎を訪れたポルトガル人がかぼちゃと一緒に持ち込んだという説や、鳥獣戯画にすいからしき果物が描かれていることから、平安時代からすでに日本にあったという説もあります。 日本ですいかの栽培が始まったのは、江戸時代の後期からです。 明治時代になるとさまざまな品種がアメリカから伝わり、品種改良がくわえられ日本の風土や気候に合った、現在の美味しいすいかができあがりました。 リコピンには強い抗酸化作用があり、体内の過剰な活性酸素を除去することで細胞の酸化を予防し、美肌や美白効果が期待できます。 紫外線の影響が強く、お肌にダメージが蓄積されやすい夏場には、しっかりと摂りたい栄養素ですね。 シトルリンでむくみ解消! シトルリンはスイカから発見されたアミノ酸の一種です。 血流を改善する働きがあり、むくみ解消や冷え性予防などの効果が期待できます。 エアコンで身体が冷え、血行が悪くなりやすい夏にはうれしい栄養素です。 すいかを美味しく食べるための豆知識 美味しいすいかを見分けるポイント 1 皮の緑と黒の色が濃く、縞模様がはっきりしている。 2 黒い部分が盛り上がっている。 3 ツルが緑色で固く、付け根が少しくぼんで周りが盛り上がっている。 4 花落ち部分 お尻の部分 の大きさが大きいほど熟している。 小さい物は日持ちがする。 5 持ってみるとずっしりと重みがある。 すいかは置いておくと甘くなる? 果物の中には、収穫後にしばらく置いておくことで熟して甘くなる物があります。 これを「追熟」と言います。 しかし、すいかは追熟しない果物なので、食べたときに甘くなかったからといって置いておいても甘みに変化はありません。 鮮度が良いうちに食べるか、デザートなどにアレンジして楽しむと良いですね。 まとめ すいかの日はすいかを楽しみましょう! いかかでしたか? すいかには美容にうれしい栄養が豊富に含まれています。 stat. suika-net. php.

次の

【7月27日はすいかの日】夏の風物詩!すいかに秘められた栄養パワー

すいか 栄養

スイカに含まれる栄養素・栄養成分 ほどんどが水分のスイカですが、 どんな栄養素や栄養成分が スイカに含まれているのか みていきましょう! スイカに含まれる栄養素・栄養成分:カリウム スイカにはカリウムが豊富に 含まれています。 スイカに含まれているカリウムは、 身体にある余分な塩分を体外に 排出するのを促してくれる 栄養成分です。 しょっぱい食べ物をよく食べる人は スイカのカリウム効果を活用し、 余分な塩分を体に溜めないように しましょう。 栄養成分カリウムの詳細内容は の記事を参考にしてください! スイカに含まれる栄養素・栄養成分:アルギニン スイカにはアルギニンという 栄養成分が含まれています。 アルギニンはアミノ酸の一つになります。 アミノ酸は体内で作れるものと 食べ物から摂取するしか摂れないもの があります。 このスイカに含まれるアルギニンは 体内でも作れるアミノ酸になりますが 年齢によっては効率的に作ることが できず、不足する場合があります。 スイカに含んでいるアルギニンは 身体の成長に必要な栄養素なので、 スイカを食べて摂取しましょう! アルギニンの詳しい内容は の記事にまとめましたので、 読んでみてください! スイカに含まれる栄養素・栄養成分:シトルリン スイカにはシトルリンという 栄養成分が含んでいます。 シトルリンはウリ科の食べ物に 多く含まれている栄養です。 シトルリンという栄養成分はスイカから 見つけてた成分になります! スイカに含まれるシトルリンは 血液の循環を良くしてくれたり、 身体の成長を促進する効果が あります。 シトルリンの効果や効能は 下記の記事を参照してください! スイカに含まれる栄養素・栄養成分:ビタミンA スイカにはビタミンAが豊富に 含まれています。 果物の中だとにも ビタミンAが豊富に含まれていますが、 スイカはマンゴーよりも ビタミンAを多く含んでいます。 スイカに含まれるビタミンAは 皮膚や粘膜を強化し、 身体を細菌などから守ってくれる 効果があります。 ビタミンAの詳しい内容は、 の記事にまとめたので、 参考にしてください! スイカの効果と効能 スイカに含んでいる 栄養成分はいかがでしたでしょうか? 水分の割合が多いですが、 栄養もたっぷり入っていることが 分かったと思います。 次は、スイカを食べることで 得られる効果や効能を見ていきましょう! スイカの効果と効能:成長ホルモンの分泌を促進 スイカを食べると成長ホルモンの 分泌を促進する効果を得ることが できます。 スイカに含まれているアルギニンが 成長ホルモンの合成を促し、 分泌を増やしてくれます。 この効能により、身体の成長を サポートしてくれるので、 成長期のお子さんがいる家庭では、 スイカを食べて、子どもの発育を 効率的に伸ばしていきましょう! スイカの効果と効能:血圧を下げて安定させる効果 スイカを食べると血圧を 安定させてくれる効果があります。 これはスイカに含まれているカリウムの 効能によるものです。 スイカを食べることで 血圧を下ることができるので、 高血圧で悩んでいる方は スイカを食べて血圧を安定させましょう。 スイカの効果と効能:むくみの解消効果 スイカを食べるとむくみも 解消することができます。 むくみの原因は塩分の摂りすぎの 場合がほとんどです。 スイカにたっぷり含まれている カリウムが余計な塩分を全部 排出してくれるので、 身体のむくみが解消されます。 スイカの効果と効能:老化予防・アンチエイジング効果 スイカでエイジングケアが できるって知っていましたか? スイカにはビタミンAが豊富に 含まれていて、このビタミンAが アンチエイジング効果を発揮します。 スイカを食べることで、肌を綺麗にしたり、 シワやたるみの解消にも効果があります。 老化予防にぜひスイカを食べて、 若々しお肌を手に入れましょう! スイカの効果と効能:体脂肪を落としてダイエット効果 スイカにはダイエット効果まであります! スイカを食べることで、 スイカに含まれている栄養成分が 体脂肪の燃焼を促進し、 ダイエット効果を得ることができます。 またスイカ自体もカロリーの低い 食品なので、あまり量を気にせずに 食べることができますので、 ダイエットのサポートに ぜひスイカを食べてみてはいかがでしょうか? スイカの効果と効能:疲労回復効果 スイカを食べると疲れを 取ることができます。 スイカに含まれているアルギニンという 栄養成分が血液の流れを良くしてくれる 効果があます。 血流が良くなることで、身体全身に栄養が 行き渡りやすくなり、体内に溜まった 老廃物の排出もしてくれるので、 疲労回復効果に繋がります。 疲れたときはスイカを食べて リラックスしてみてはいかがでしょうか? スイカの効果と効能:男性器の増強・精力増強効果 男性にとって嬉しい効果だと 思いますが、スイカを食べることで、 男性器の増強や精力の増強効果を 得ることができます。 これはスイカに含まれている アルギニンとシトルリンの二つの 栄養成分の効能によるものです。 このスイカに入っている アルギニンとシトルリンを摂取すると 身体全身の血流が良くなります。 男性器にも血液がしっかり流れ込み 栄養を届けることができます。 これにより、男性器の増強効果や 精力増強効果を得ることができます。

次の