長芋 ぬか 漬け。 ぬか漬け(ためしてガッテン流)

長芋のぬか漬け

長芋 ぬか 漬け

長芋のぬか漬けのレシピ 長芋のぬか漬けの作り方 長芋を用意します。 今回は、皮を「剥いたもの」と「剥かないもの」の両方を用意して漬かり具合の比較をします。 まず、長芋からチョロっと生えているヒゲを取りましょう。 コンロに火をつけて炎に近くに長芋の表面をかざすとヒゲがフッと焦げて無くなります。 綺麗に取れました。 太い長芋なら縦半分に切り、細い長芋ならそのまま使いましょう。 今回は、縦半分に切りました。 その半分を皮付きで、もう片方の半分は皮を剥いてぬか漬けにします。 これをぬか床に入れる。 そして適当に切って皿に盛る。 漬け時間のおおままな目安 春、夏、秋の常温で半日〜1日くらい 冬、または冷蔵庫の中だと1日〜2日くらい 同じ時間漬けたとすれば、皮を剥いた長芋の方がしっかり漬かります。 皮が付いたままの長芋はそのまま食べられるので皮を剥かなくても大丈夫。 私も最初の頃は皮を剥いてぬか漬けにしていましが、今は面倒なので皮付きで食べています。 上記はざっくりとした目安です。

次の

長芋のぬか漬けの作り方。ワサビや醤油をつけても美味い!

長芋 ぬか 漬け

一般的にスーパーで売られているのは山芋?長芋? この記事を書くまで全然気にしていなかったのですが、山芋と長芋って違うものなんですね。 山芋は、ヤマノイモ科ヤマノイモ属ヤマイモに分類される芋で、正式名称は「ヤマノイモ」と言います。 地方によって自然薯、銀杏芋、大和芋、つくね芋などと呼ばれるそうです。 風味や粘り気が強く、10月〜3月に旬を迎えます。 対して長芋は、ヤマノイモ科ヤマノイモ属ナガイモに分類される芋で、原産地は中国と言われています。 長さは50〜80cmほどですが、スーパーなどで売られる際は、20cmくらいにカットされている場合が多いのではないでしょうか。 山芋との違いは、山芋と違い、水っぽく粘りが少ない点です。 そして夏に多く出回りますが、比較的年中手に入れることができます。 なるほど。 山芋と長芋は似ていますが違うものだったのですね。 両方ともスーパーなどで手に入れることができますので、買う時には名前に注目してみてください。

次の

ぬか漬け好きが教える!漬物生活のススメと漬物容器おすすめ12選

長芋 ぬか 漬け

一般的にスーパーで売られているのは山芋?長芋? この記事を書くまで全然気にしていなかったのですが、山芋と長芋って違うものなんですね。 山芋は、ヤマノイモ科ヤマノイモ属ヤマイモに分類される芋で、正式名称は「ヤマノイモ」と言います。 地方によって自然薯、銀杏芋、大和芋、つくね芋などと呼ばれるそうです。 風味や粘り気が強く、10月〜3月に旬を迎えます。 対して長芋は、ヤマノイモ科ヤマノイモ属ナガイモに分類される芋で、原産地は中国と言われています。 長さは50〜80cmほどですが、スーパーなどで売られる際は、20cmくらいにカットされている場合が多いのではないでしょうか。 山芋との違いは、山芋と違い、水っぽく粘りが少ない点です。 そして夏に多く出回りますが、比較的年中手に入れることができます。 なるほど。 山芋と長芋は似ていますが違うものだったのですね。 両方ともスーパーなどで手に入れることができますので、買う時には名前に注目してみてください。

次の