イグジスト 意味。 ヤマラッピ山田ヒロヒトが現在エギングで愛用中のスピニングリール2種【18イグジストと同フィネスカスタム】を超詳しく紹介

18イグジスト、18ステラを実釣比較インプレッション!

イグジスト 意味

Contents• フルモデルチェンジされた新型イグジスト ここ近年のダイワのスピニングリールの主要機種は、ほぼ3年周期でモデルチェンジがされるようになってきています。 2012年、2015年とモデルチェンジが行われてきたイグジストも、例外なく2018年に新型となりました。 しかも、フルモデルチェンジです。 画像参照元:ダイワ 前回の15イグジストからデザイン路線もガラッと変更され、シルバーで統一されたカラーリングでの登場。 12モデルも初代05モデルもシルバーだったので、本来のイグジストのデザイン路線に戻ったという事なんでしょう。 僕は好きです。 18イグジストは、このLTコンセプトシリーズのフラッグシップモデルとして登場しました。 心臓部となるギアの強化やボディー剛性の向上など、軽量でも巻き上げ力や耐久性が向上。 サイズ表記なども従来のモデルと変更されています。 18イグジストに搭載の新技術 今回の新型イグジストは、何と言っても待望のフルモデルチェンジです。 15イグジストまでは、基本設計が10セルテートと同じフレームを散々使いまわして来ましたが、今回は、全くの新しいモデルと言っても過言ではないほどの大幅な改良がされています。 エアメタルモノコックボディー 画像参照元:SEASCAPE ボディーは、エアメタル(マグネシウム合金)製のモノコックボディー! 完全な新開発のフレームです。 非常に軽くて強度の高いマグネシウム合金素材を、ネジレや撓みに強いモノコックボディーに成型。 モノコックボディーの恩恵により、剛性はもちろん、リールのギヤによって大敵となる水の侵入リスクも大幅に減ることになります。 軽量化されたロングキャストABSスプール 画像参照元:ダイワ スプールがアルミ製なのは従来通り。 しかし、強度を確保したまま20%以上の軽量化とのこと。 ただでさえ軽かったイグジストが、さらに軽い… そして、ロングキャストABSスプールは、ライン放出時のループが小さいので抵抗が小さくなり、従来と比較して飛距離5%UP、バックラッシュは10%低減されたそうです 大型になり操作しやすくなった新形状ドラグノブとATD 画像参照元:SEASCAPE ドラグは従来通りATDが採用されていますが、操作性やドラグ力など実質的に進化しています。 まず、大型のノブのおかげでファイト中のドラグ調整がしやすくなったこと。 たとえば、ロングキャスト時には締めておいてフッキングをしっかりした後に緩めて走らせ魚の体力を奪い、寄せた時に足元で根に潜られないようにまた締めたりと、僕は割と頻繁に操作をするので嬉しいです。 あと、スプールの大径化によって、ドラグワッシャーも大径のものを搭載できるので、ドラグ力もアップしています。 さらに軽量化されたハンドル 画像参照元:ダイワ アルミニウム製のハンドルも大胆な肉抜きが施され、軽量化に貢献。 それでいて強度を確保しているというのだから凄い。 グリップのデザインが格好いいです。 マシンカットタフデジギヤ 画像引用元:ダイワ 心臓部となるドライブギアには、「マシンカットタフデジギア」という新開発のギアを搭載。 冷間鍛造の超々ジュラルミン製の 素材は従来通りですが、ギアのカット面を大きくし、大きな負荷に耐える強度と、長期間酷使での耐久性が向上しています。 また、モノコックボディーの恩恵でドライブギア自体の径も大型化されており、巻き上げトルクも格段に向上されています。 ローターはザイオン製 画像引用元:ダイワ ローターは従来通りザイオン製のエアローターですが、関連パーツの適正配分や軽量化がされた新しい物です。 従来のエアローターは、「エア」とは名ばかりで結構重量があったから、やっと真の「エアローター」と言える物が出来上がったという印象。 巻き始めからさらに軽い回転性能を獲得しています。 マグシールドの有無を選択できる ここ数年、ずっとマグシールドを売りにしてきたダイワですが、マグシールドに否定的な意見があったのも事実… これにより、逆にライバルであるシマノにユーザーを奪われる事も多かったのだと思います。 今回のイグジストは、あえてマグシールド部分を減らしたFCモデルを設定して来ました。 オリジナルモデルには、2BBのマグシールドラインローラーと、ドライブギヤー軸にもマグシールドボールベアリングが採用されています。 リールへの浸水リスクが高い、ウェーディングやカヤックフィッシングをする方にはうってつけです。 そして小型の番手では、これらのマグシールド機構の無いFCモデル(フィネスカスタム)が選択出来るようになりました。 FCモデルは、これらのマグシールド2箇所をあえて外す事で、さらなる軽量化と巻き抵抗の軽減に貢献しています。 これは、ライトラインを使用するエリアトラウトアングラーには嬉しい限りです。 9 150 5 2. 5-100 0. 9 155 5 3-150 0. 8 155 5 3-150 0. 1 160 5 4-150 0. 2 160 5 4-150 0. 2 180 10 6-150 0. 2 180 10 6-150 0. 2 185 10 6-150 0. 2 185 10 6-150 0. 2 205 10 12-150 1. 2 205 10 12-150 1. ちなみに、LTコンセプトとなってサイズの規格が少し複雑になりました。 FC(フィネスカスタム)のLT1000番~LT2500C(Cは1サイズ小さいボディー)までは共通のボディーサイズで、ローターとスプール径が違います。 LT2500とLT3000Cも共通ボディー。 シーバスでよく使うサイズである従来の3000番台のリールは、18モデルではLT4000Cが相当します。 これも、LT3000とLT4000Cは共通のボディーです。 その他の記号ですが• S=シャロースプール(浅溝)• H=ハイギヤ• X=エクストラハイギヤ 15モデルの3012Hと、18モデルのLT4000-CXHを比較してみます 15EXIST 3012H ギア比:5. 6 自重:235g 最大ドラグ力:7. そして、最大ドラグ力がさらに上がっています。 もはやオフショアでも使えるんじゃないかってレベルですね。 18イグジストの最安値を探せ! イグジストは基本的に定価販売されているお店が多いです。 最近では、実店舗よりネット通販の方がポイント等を上手く使うと安く入手できる傾向にあります。 僕はネット通販を利用する時は、必ず価格を比較してから購入するようにしています。 価格比較に良く利用している釣り具の4大通販は、• Amazon• Yahooショッピング• naturum この4サイトです。 ちなみに、ヤフーショッピングはTポイントが、楽天は楽天スーパーポイントが使えます。 楽天やYahoo! 等はポイント10倍セールなども開催している事も多いので、要チェックです! しかも、Yahoo! も楽天も、ポイントを使用した分まで、新たなポイント加算の対象となるのが凄い。 高価なハイエンドモデルなので、僅かなポイント倍率の差で結構トータルに差が出ます。 しっかりと価格をチェックして、NEWモデルをお得にゲットしましょう。

次の

イグジストブルーを纏った18イグジストは超優秀な天才リールでした!

イグジスト 意味

18イグジスト、20ルビアスでみられるようになったFC表記。 FC-フィネスカスタムモデルについて解説します。 フィネスカスタムモデルの仕様とノーマルモデルとの違い 2020年現在、「18イグジスト」と「20ルビアス」のみ設定されている「 FC-フィネスカスタム」モデル。 その仕様、ノーマルモデルとの違いを解説します。 フィネスカスタムとは? まずは、そもそも フィネスカスタムがどういったものなのか。 ダイワ公式では以下のように定義しています。 FC:フィネスカスタム 20LUVIASのラインナップには、オリジナルモデルの他に「フィネスカスタム」が施されたもでるが存在する。 バス、エリアトラウト、アジング、メバリング等々、2500番以下でより繊細な釣りに用いられる番手は、さらなる軽量化を果たすべく設計されている。 ボディは20LUVIASシリーズで最も軽量な小型ボディを採用し、またオリジナルモデルではステンレスを使用したハンドルシャフトを、より軽量なアルミシャフトに変更。 使用環境を慎重に見極めながら更に内部パーツの一部素材を変更する等、軽さと剛さの最適なバランスを追求し、妥協のないカスタマイズを完遂した。 出典: 要するにライトゲーム全般用の 軽量化を重視したモデルということです。 【ソルト対応】 FCモデルはマグシールド搭載 勘違いされやすいところとして、マグシールドレスの淡水専用モデルである「FW-フレッシュウォーター」とは違います。 FCモデルは、ピニオンギアの上部の 「マグシールド」は搭載しており、ソルト対応です。 ただし、ラインローラーやドライブギヤの マグシールドボールベアリングは非搭載となっています。 それでも18イグジスト・20ルビアスはモノコックボディを採用しているため、 従来ボディより一回り近く大きなギアを搭載。 同じ1000番ボディでも従来型のボディを採用したリールと比べ、 巻き上げ力・耐久性は上です。 20 ルビアス FC LT2500Sの表記に注意 FCモデルは全サイズ1000番ボディということで紛らわしいのが、20ルビアスの「FC LT2500S」及び「FC LT2500S-XH」。 LTコンセプトで変わったリール表記・サイズ感に則るならコンパクトボディを意味する「 C」を付けなければならないところ、20ルビアスの当該番手は未記載・省略されています。 これが18イグジストでは、きちんと「FC LT2500S -C」、「FC LT2500S -CXH」と表記。 当初は誤記かと思われましたが、20ルビアスからは FCモデルの仕様との公式見解のようです。 これが何を意味するかというと、20ルビアスではフィネスカスタムとノーマルモデルで 同じ「LT2500」番があり、各番手のサイズ感を理解している人なら、同じ LT2500番(ボディ)なら20gも軽いFCモデルの方が良いと勘違いするわけです。 これでは、同じ2500番ボディでFCモデルは何かしらの軽量化が図られていると誤解されかねません。 -C表記をしないことにより、なにがもたらされるかというと、軽さを強調することが可能となります。 スプールサイズを基準にするか、ボディサイズを基準にするかという話と思われるかもしれませんが、これはダイワが自ら設定したルール。 18イグジストではきちんと表記しているわけですから詐欺と捉えかねません。 リールそのものの出来は申し分ないだけに、ここだけ汚い大人の事情が垣間見えて残念です。 FCモデルは、 LT1000・LT2000・LT2500の3つのスプールサイズが存在します。 LTモデルより前のモデルでは、1000番と2000番でボディサイズが異なりましたが、LTモデルでは共通の1000番ボディ。 あえてLT1000を選ぶメリットは低いです。 そのためか、20ルビアスではLT1000がラインナップに存在しません。 (いずれ追加される可能性はあるでしょうが) スプールの互換性について スプールに関連して、各スプールの互換性について。 LT1000とLT2000間に互換性があり、LT2500スプールとは互換性がありません。 また、同じFCモデルでも 18イグジストと20ルビアスに互換性はありません。 18イグジストは19セルテートと互換性のある「タイプEX」互換。 ノーマルモデルとの違い 一部パーツを軽量化 最後にノーマルモデルとの違いについて。 FCモデルでは一部パーツの素材を見直し、ノーマルモデルと比べ、より軽量なものを採用しています。 分かりやすいところがハンドルノブ軸。 (写真左がノーマルモデル、右手前がFCモデルのハンドル) 45mmの同形状ハンドルでFCモデルの方が約1. 5g軽くなっています。 一応一部のパーツで軽量化が図られているものの、ノーマルモデルとの大きな違いはありません。 カテゴリー• 707• 115• 221• 548• 143• 339• 146• 980• 214• 508• 197•

次の

ダイワのLTコンセプトとLTシリーズの新しいサイズ区分を分かりやすく解説!【NEWイグジスト&カルディア&フリームス】

イグジスト 意味

20 150 PE 0. 6 号 0. 06 300 LT1000 ナイロン 3 lb. 14 150 PE 0. 4 号 0. 05 200 LT1000S ナイロン 2. 5 lb. 12 100 PE 0. 3 号 0. 045 200 LT2000 LT2000D ナイロン 8 lb. 23 150 PE 0. 8 号 0. 10 300 LT2000 ナイロン 4 lb. 16 150 PE 0. 6 号 0. 06 200 LT2000S ナイロン 3 lb. 14 150 PE 0. 4 号 0. 05 200 LT2000SS ナイロン 2. 5 lb. 12 100 PE 0. 3 号 0. 045 200 LT2500 LT2500D ナイロン 12 lb. 28 150 PE 1. 2 号 0. 16 300 LT2500 ナイロン 6 lb. 20 150 PE 0. 8 号 0. 10 200 LT2500S ナイロン 4 lb. 16 150 PE 0. 6 号 0. 06 200 LT3000 LT3000D ナイロン 16 lb. 33 150 PE 1. 5 号 0. 18 300 LT3000 ナイロン 8 lb. 23 150 PE 1 号 0. 13 200 LT3000S ナイロン 6 lb. 20 150 PE 0. 8 号 0. 10 200 LT4000 LT4000D ナイロン 20 lb. 37 150 PE 2 号 0. 20 300 LT4000 ナイロン 12 lb. 28 150 PE 1. 5 号 0. 18 200 LT4000S ナイロン 8 lb. 23 150 PE 1 号 0. 13 200.

次の