こんにゃく あく抜き。 こんにゃくのあく抜きは必要なの?簡単なあく抜きのやり方や食べ方!

こんにゃくのあく抜きは必要なの?簡単なあく抜きのやり方や食べ方!

こんにゃく あく抜き

【材料】• こんにゃく芋 アバウトに500gくらい(男性のこぶしより大きいくらい)• 精製ソーダ 【道具】• おろし金(きめの細かい金製のものがおすすめ。 ミキサーにかけるという手も)• 大き目のアルミ鍋• 木べら• ゴム手袋またはビニール手袋 1.こんにゃく芋の皮を剥く。 この時に必ず、ゴム手袋やビニール手袋をします。 しないと、手がかぶれてしまいます・・・ 2.皮を剥き終わったら水道水を細く出しながらアルミ鍋の中で、すり金でこんにゃく芋を摺り下ろす。 すり金についた、こんにゃく芋を水で流しながら行う感じです。 3.摺り終わったら、こんにゃく芋と水が分離するまでしばらく待つ。 これを2回ほど繰り返し、上水を捨てる作業を繰り返すことで、白い摺り下ろしたこんにゃく芋が残ります。 4.鍋を火にかけ、糊状になるまで焦がさないように煮る。 その時、木べらでよくかき混ぜる。 どろどろだったものが・・・ 徐々に固まっていきます。 こんにゃくに精製ソーダを入れると固まる 5.糊状になったら、お湯に溶かした精製ソーダを入れ、すぐに混ぜる。 精製ソーダの分量は、購入した製品に記載があればその通りに。 なければ、200gくらいを400ccのお湯に溶かす。 東京都日野市在住。 9月9日生まれの40代。 再婚して20代の夫と、3歳の息子と暮らしてます。 家族構成がちょっと複雑な我が家。 正社員での雇用は厳しいと実感し、パート勤めスタートです。 主に日常で体験したこと、そこからの疑問や気づきなど書き綴っています。 地元情報もちょこちょこ載せてます。

次の

意外と知らない…こんにゃくのアク抜きが必要な理由とやり方ってご存知?

こんにゃく あく抜き

【材料】• 大根:200g• 椎茸:3個• 里芋:2個• 油揚げ:2枚• 生姜:少々• 長ねぎ:適量• 豚ロースブロック:150g• 板コンニャク あく抜き不要のもの :1枚• ごま油:大さじ• 水:600ml• だしの素:5g• 味噌:大さじ3• 大根と人参は、3mmほどのいちょう切りにします。 椎茸は軸を取ってスライスします。 里芋は4等分に切って塩水で洗います。 ごぼうは大きめのささがきにして、水にさらしておきます。 油揚げは1cm幅の細切りにします。 生姜を千切りして、長ネギは輪切りにします。 豚肉は、食べやすい大きさに切ります。 豆腐と板コンニャクは、手で一口サイズにちぎります。 鍋にごま油と生姜を熱して豚肉を炒めます。 豚肉に火が通ったら、豆腐と里芋以外の具材を入れて炒めます。 野菜から水分が出てきたら、水とだしの素を入れます。 味噌大さじ1を溶かして沸騰させます。 アクをとって、水気を切った里芋と豆腐を加えて煮込みます。 里芋が火が通ったら醤油とみりん、味噌の残りを入れます。 器に盛り付けてネギを散らしたら完成です。

次の

こんにゃく芋から手作りこんにゃくの作り方 精製ソーダで固めてあく抜き

こんにゃく あく抜き

【材料】• 大根:200g• 椎茸:3個• 里芋:2個• 油揚げ:2枚• 生姜:少々• 長ねぎ:適量• 豚ロースブロック:150g• 板コンニャク あく抜き不要のもの :1枚• ごま油:大さじ• 水:600ml• だしの素:5g• 味噌:大さじ3• 大根と人参は、3mmほどのいちょう切りにします。 椎茸は軸を取ってスライスします。 里芋は4等分に切って塩水で洗います。 ごぼうは大きめのささがきにして、水にさらしておきます。 油揚げは1cm幅の細切りにします。 生姜を千切りして、長ネギは輪切りにします。 豚肉は、食べやすい大きさに切ります。 豆腐と板コンニャクは、手で一口サイズにちぎります。 鍋にごま油と生姜を熱して豚肉を炒めます。 豚肉に火が通ったら、豆腐と里芋以外の具材を入れて炒めます。 野菜から水分が出てきたら、水とだしの素を入れます。 味噌大さじ1を溶かして沸騰させます。 アクをとって、水気を切った里芋と豆腐を加えて煮込みます。 里芋が火が通ったら醤油とみりん、味噌の残りを入れます。 器に盛り付けてネギを散らしたら完成です。

次の