デュエル リンクス ネオスデッキ。 【デュエルリンクス】ネオス搭載!UA(ウルトラアスリート)デッキレシピ【キング帯で勝率69%】

『遊戯王デュエルリンクス』「月光」で1ターン2回融合の仕方と、純粋な「月光」デッキレシピ

デュエル リンクス ネオスデッキ

カード名 理由 デッキのメインカード。 を使う際に必須。 から召喚可能の融合モンスター。 本来のネオス融合と違い、エンド時にデッキに戻らない。 2回攻撃も場を一掃目的として優秀。 デュエル効果でネオス扱いになれる。 単純にステータスが1900と優秀なので、ビートダウンデッキにはピッタリのカード。 このデッキのエンジン。 効果でネオスを墓地に送りつつ、自身の攻撃力を2500にできる。 このカードを初手で引けるかによって勝率に大きな差が出る。 手札、場、墓地から素材をデッキに戻し、ネオス融合が可能になる。 また、墓地のネオスをデッキに戻すことで、の効果で再びネオスを墓地に送ることも可能になる。 モンスターの効果を無効化する速攻魔法。 強力な効果モンスターを止めるために使うだけでなく、の戦闘ダメージを与えることができないという効果を無効化して大ダメージを狙うことも可能。 E・HEROの数だけ相手のバックが破壊可能。 このデッキはHEROが簡単に並ぶので、引くことができれば非常に強力。

次の

『遊戯王デュエルリンクス』「月光」で1ターン2回融合の仕方と、純粋な「月光」デッキレシピ

デュエル リンクス ネオスデッキ

デッキの概要 融合召喚を中心としたパフォーマンスの高いデッキ! 召喚ネオスは安定感展開力ともにトップクラスであり、のLIMIT2を受けても人気のデッキです。 2種の融合を上手く混ぜ合わせ強固な盤面を形成するのが特徴です。 アレイスターの幅広い動き 3種の融合体の特徴を活かし様々な状況に対応が可能です。 また、でをバフして戦闘勝利することで、のサーチ効果を起動出来たりと幅広い動きが可能です。 流行のデッキに刺さることとの素材になります ミラーマッチなどで活躍します。 フォーチンレディを始めとする多くのマッチアップで活躍します。 しかし、ゲームへの影響力は低いです。 このスキルは1ターンに1度しか使用できない。 キーカード解説 カード 詳細 任意のカードで融合できるため、を引いている場合はを落とすことで後続を確保することが出来ます。 やなど状況に応じて落とすカードを決めましょう。 召喚獣の動きをほぼ一人で完結しているモンスターです。 召喚獣は防御寄りのモンスター群ですが、は融合モンスターをバフすることができるので攻守ともに活躍してくれます。 をサーチすることが出来ます。 やを蘇生することもできる強力なカードです。 コンボ解説 解説 でかを蘇生することが可能です。 召喚時効果のコストとしてを捨てることで後続確保が出来ます。 回し方 ネオスフュージョン で状況にあったモンスターを墓地に送ります。 現状の解決、後続の確保、トップの期待値上昇など様々な選択肢を取ることが可能です。 召喚獣を添える 召喚獣をの横に添えて盤面の強化を図ります。 召喚獣も耐性・攻め・制限と様々な特徴を持っているため柔軟に動くことが出来ます。 弱点と対策 バウンスに弱い 戦闘や効果破壊への耐性が高い召喚ネオスですが、バウンスとリリースによる除去に弱いのが弱点です。 対策カード カード 詳細 融合召喚以外の攻め手がないためはかなり刺さります。 破壊耐性を貫通して除去が可能です。 対象を取らないためにも有効です。 デュエルリンクス関連リンク デッキ.

次の

ネオスフュージョンの出張?デッキを3つ紹介と評価&対策【遊戯王デュエルリンクス】

デュエル リンクス ネオスデッキ

ネオスフュージョン入りのストラクチャーデッキが発売されてから、ほとんどのデッキにネオスやネオスフュージョンのカードが入っているデッキが多くなりました。 そのような現象でネオスフュージョンの出張?と言われているのかは分かりませんが、確かにネオスフュージョンは強いカード。 E・HEROネオスを含むモンスター2体のみを素材とするその融合モンスターを召喚条件無視で特殊召喚できます。 しかもこのカードは破壊耐性付きですからね。 もちろん、私もこのネオスフュージョンのストラクチャーデッキを購入し、様々なデッキに活用しています。 なんと1回目でプレミアを引きました リンクスユーザー内でも評価が高くて対策もしにくいネオスフュージョンですが、まずはネオスフュージョン入りのデッキレシピを3つ紹介していきます。 ネオスフュージョンの出張デッキを3つ紹介 ネオスフュージョンを入れたデッキは考えれば考えるほどたくさんできます。 それが全て強いかはわかりませんが、基本的にネオスフュージョン自体が強いのでそこまで弱いデッキにはなりません。 インヴェルズとは簡単に説明しますと守備力0のモンスターばかりで見た目はゴキブリに似ています 少し適当ですみません。 攻撃力はピンキリですが、それよりもインヴェルズの効果が強いのです。 例えば、以下のインヴェルズ・ギラファはレベル7ですがインヴェルズと名のついたモンスターであれば、 1体のみでアドバンス召喚ができます。 しかもこのインヴェルズ・ギラファはインヴェルズと名のついたモンスターで召喚時に、相手側のモンスターを墓地に送り、それに加えてライフを1000回復します。 めちゃくちゃ強いですよね……。 ワンキルも可能ですし、ネオスフュージョンのおかげでそれが簡単にできてしまうのがこのインヴェルズネオス出張デッキ。 インヴェルズの斥候をネオスフュージョンで墓地に落とす 今のところ、ネオスフュージョンで特殊召喚するのは同じストラクチャーデッキに入っているE・HEROブレイヴ・ネオス。 他にも特殊召喚できる融合モンスターはいますが、2019年5月現在ではこのブレイヴネオスが主流。 今後はもっと強い融合モンスターが実装されるかもしれません。 このブレイヴ・ネオスの召喚条件はE・HERO+レベル4以下の効果モンスターで融合ができて、このレベル4以下のモンスターという条件が素晴らしい。 これによって様々なレベル4以下の効果モンスターをデッキから墓地に落とせます。 インヴェルズデッキでは基本的にインヴェルズの斥候を墓地に落とすのがセオリー。 インヴェルズの斥候が墓地にあれば、自分のメインフェイズ1の開始時に墓地から特殊召喚できます。 ただし、自分フィールド上に魔法・罠カードが存在しない場合に限ります。 この効果でインヴェルズ・ギラファが手札にあれば何度でも召喚できるということ。 メインフェイズ1なので気を抜くと斥候を特殊召喚できない時もあるので気をつけたいところです。 確かに2019年5月現在の環境では少し厳しいですが、このネオスフュージョンを組み合わせることでさらに強くなります。 ブレイヴネオスは墓地にHEROモンスターがあれば攻撃力が100アップします。 だからこそ、このHEROデッキは相性がいいですし、闇鬼の追加攻撃によって粉砕することもできます。 マスクチェンジとネオスフュージョンでサーチしまくりで、デッキも圧縮しやすく欲しいカードが手札にきやすくなるのもいいですね。 リバースした時にフィールド上のモンスターを3体まで手札に戻せる効果はいいのですが、攻撃力・守備力ともに低いのでそこまで評価は高くありません。 フィールド上のモンスターなので、自分のモンスターも手札に戻せますし、この派手ハネも戻すことできます。 しかも、戻せる枚数が0枚~3枚まで選択できるのもなかなか。 仮面兄弟のスキル 「仮面魔獣の下準備」でこの派手ハネを召喚しやすくなりました。 仮面魔獣の下準備のスキルで派手ハネをセットする 仮面魔獣の下準備というスキルは手札を1枚デッキに戻して、デッキ外から 「仮面呪術師カースド・ギュラ」か 「メルキド四面獣」をランダムでフィールド上に出すスキル。 注意としてはこのスキルを使用したターン、自分は 仮面魔獣デス・ガーディウス以外のモンスターを召喚・特殊召喚できないということ。 仮面魔獣デスガーディウスを特殊召喚しやすくするためのスキルですが他の用途で使われているのが現状。 このスキルで派手ハネをセットし、太陽の書やネオスフュージョンでADチェンジャーを墓地に落として派手ハネの表示を変更するのが基本です。 他にもリバース効果で強いモンスターはたくさんいますし、色々と試してはこの仮面魔獣の下準備スキルで楽しみたいところですね。 ネオスフュージョン出張デッキの対策 このようにネオスフュージョンの出張デッキは様々なバリエーションがあり、対策はかなり難しいのが現状。 私個人としての対策としては自分自身もネオスフュージョンを使用するということ 対策?。 イシズのスキル「墓所封印」で破壊耐性をなくすのもありですが、1回だけではなかなか対策しにくいのも事実。 ブレイヴネオスは戦士族なので戦士族天敵のサイファー・スカウターを使用するのもアリです。 ネオスフュージョンの出張?デッキを3つ紹介と評価&対策【遊戯王デュエルリンクス】のまとめ とにかくこのネオスフュージョンは今までのストラクチャーデッキの中で最強のカードであるのは間違いありません。 それに加えてデッキのバリエーションは増えて、さらにリンクスが楽しくなりました。 まだまだネオスフュージョンの出張デッキは可能性があるので、これからもネオスフュージョン入りのデッキを考えては楽しんでいきたいと思う今日この頃です。 あわせて読みたい! 👉.

次の