エステル 王女。 英王室に続け! 世界中から厳選した、美しきロイヤルキッズたち

【エステル王女のファッション】スウェーデンのプリンセスのかわいいインスタ画像

エステル 王女

スウェーデン王位継承順位は第2位。 人物 [ ] エステル王女の紋章 現地時間2012年2月23日午前4時26分に生まれる。 出生時の身長は51㎝、体重は3,280g。 全名はエステル・シルヴィア・エヴァ・メアリーで、それぞれの甥の夫人、現王妃、父方の祖母エヴァ、王太子妃に因んでいるとされている。 また、フォルケとエステルの子息であるフォルケ・ベルナドッテ・ジュニアは、母と彼女が行っていたチャリティー活動が現王室と深い関係があったことに触れたうえで、将来の女王のファーストネームが母に因んで命名された可能性があることについてインタビューで問われた際は、「非常に光栄なことです」と答えている。 彼女の誕生で、ヨーロッパの王室で将来の女王となることが決まっている女児は、母の、の、の、の、のを含めて6人となった。 Swedish プレスリリース , Royal Court of Sweden, 2012年2月23日 , 2012年2月25日閲覧。 , Dagens Nyheter, 24 February 2012. , Reuters, 24 February 2012. , Upsala Nya Tidning, 25 February 2012. このうち、オランダのカタリナ=アマリア王女、ベルギーのエリザベート王女、スペインのレオノール王女は、2014年現在で継承順位第1位。 他2人は継承順位第2位。 また、スペインのレオノール王女は弟が誕生すると継承権が弟に移行する。 後に弟のにその地位を譲る。 上位: スウェーデン皇太子 継承権者 継承順位第 2 位 下位: スコーネ公爵 上位: ヴィクトリア皇太子 スウェーデン皇太子 他のの王位継承権も同様 下位: オスカル王子 スコーネ公爵.

次の

英王室に続け! 世界中から厳選した、美しきロイヤルキッズたち

エステル 王女

結婚前は、の中心部で3つのを経営するとして活躍していた。 略歴 [ ] 妻のヴィクトリア皇太子と長女のエステル王女とともに(2013年) にで誕生、で育つ。 ちなみに、生まれた年月日は奇しくも義父である国王がした日と同じである。 学校を卒業した後は、にあるのに短期間服務した。 その後、ストックホルムにスポーツジムを開業した。 一方、後に妻となるヴィクトリア皇太子は、当時、にかかっており、その治療後、落ちた筋肉をつけるためにダニエルのスポーツジムに通っていた。 に、ダニエルがヴィクトリア皇太子の個人トレーナーを担当したことがきっかけで、交際に発展した。 当初、ヴィクトリアの父カール16世グスタフは、実業家として成功しているとはいえ、普通の体育大学を卒業しただけで、特に芳しい学歴も経歴も持っていない平民であるダニエルと、ヴィクトリアとの恋愛を認めず、も大半が反対していた。 カール16世グスタフは、夕食時にヴィクトリアからダニエルの事を聞かされたが、その時、カール16世は無言で席を立ち、以後、数か月もの間、ヴィクトリアと一言も会話もしないほど激怒したという。 その後、ヴィクトリアは、カール16世とダニエルとの食事をセッティングし、何とか交際は認められた。 一方で、カール16世はダニエルに、の一員に相応しい教養を身につけるよう要請した。 それを期に、ダニエルは王室の一員となるべく、立ち振る舞いやファッション等のマナー、3か国語、王室をはじめとする、公務に関する学習を7年間に亘って続けた。 この教師陣は一流どころが揃えられ、歴史の授業を担当したのは当時の外務大臣だったという。 そしてに皇太子とダニエルは、カール16世グスタフとから、に基づき、正式に婚約を認められた。 に先天的な疾患を抱えていたダニエルは、婚約発表の3か月後のに、病院で父親の腎臓を移植する手術を受け、王室からは手術は成功し、父子ともに術後の経過は良好との発表がなされた。 その際、王太子は公務でに滞在中だったため、手術に立ち会うことはできなかった。 現在は、王太子の夫として公務に務め、2009年3月に催された王太子の聖名祝日記念式典や、での公式晩餐会に出席したのを皮切りに、7月にはソリーデン宮殿でののとの昼食会に出席している。 結婚式は、国王夫妻の34回目の結婚記念日となるに、で執り行われた。 これに伴い、「()」の称号と皇太子が保有している公爵の爵位が譲位されたが、皇太子配ならびにとしての正式な称号は、現段階では未定のままとなっている。 、ヴィクトリア皇太子との間に第1子が誕生し 、に第2子が誕生したことで、2児(1男1女)の父になった。

次の

“美しすぎるスウェーデン王室”に新しい風! ロイヤルキッズ5人の脱・王族が決定

エステル 王女

略歴 [ ] 出生 [ ] にとの第一子としてで誕生する。 1977年9月27日にで洗礼を受け、皇太子や母方伯父ラルフ、皇太子、父方伯母らがとなった。 名前はそれぞれ、高祖母の妃と、大叔母の王妃、母方祖母のアリス、妃に因んだものである。 、それまでは男子にしか継承権を認めていなかった王位継承法(スウェーデン憲法の一部; スウェーデンには単一の法律としての憲法が存在せず、統治法、王位継承法、出版の自由に関する法律、表現の自由に関する基本法の4つの基本法が憲法を構成している)が改正されたことにより、、正式に皇太子となった。 しかし、英国王位継承順位は弟のほうが上位となる。 教育 [ ] にの高校を卒業した後は、1年間のにある西部カトリック大学に留学し、途中秋にで短期間働いた後、翌より2年間のに留学した。 アメリカ滞在中の5月には、のスウェーデン大使館で訓練生として勤務した。 帰国後は、秋に国防大学で紛争解決と国際的平和維持に関する研究を始め、翌にのスウェーデン代表にならうかたちで、政府機関()において研究を修了させた。 スクルトゥナ社視察時の皇太子(2007年6月14日) 春には、での研究を修了し、同年夏にはの本部、秋にはとのスウェーデン大使館商務部で、それぞれ訓練生として勤務した。 には、スウェーデン国内の各企業への訪問や、農地や森林地での研修のほか、で基礎的な軍事訓練を受けた。 には、前年に引き続き企業への訪問を行う一方で、国防大学においてや紛争解決、国際関係に関する研究を再開させた。 には、で社会科学分野に関する個人授業を受けた。 9月から6月までの間は、の外交官養成課程を受講した。 同年秋からは、欧州連合の常駐代表部で研修を受けたほか、の学習も行った。 また、陸軍における3週間の歩兵連隊課程も修了させた。 6月には、で号を取得した。 公務 [ ] ヴィクトリアが訪れた国。 私的訪問も含む。 7月14日の18歳の誕生日に、とにおいてスピーチを行ったのを皮切りに、将来の王位継承者として、近年は様々な公務に従事する機会が増えている。 日常的には、必要に応じて父王の判断により、外務省の定例諮問会議や大臣らの閣議に参加するほか、摂政としての役割を果たしている。 他にも、両親が各国からの訪問客を招待して行う公式晩餐会や国会の開会式、建国記念日の祝賀式典、の授与式などにも参加している。 の名誉委員を務めている。 また、1996年の訪問を皮切りに、2001年のへの訪問とアメリカで催されたノーベル賞制定100周年記念式典への参加など、海外への訪問も積極的に行っている。 アメリカやなど欧米諸国だけではなく、や、、、、などアジア・アフリカ諸国へも訪れ、2002年にはの難民キャンプを視察した。 日本へは、2005年4月に2度目の訪問を果たし、を視察したほか、とともに港北店の建設予定地を視察し、・・・とも会談した。 他にも、同年6月にはスウェーデン王族としては1934年以来71年振りとなるへの公式訪問を果たし、や、などを視察したほか、9月にはへも訪問した。 2006年3月にはを訪問し、を観戦したほか、母シルヴィア王妃が設立したによって運営されている集団住宅を視察した。 同年12月にはを訪問し、事務総長と会談した。 2019年10月、父王とともに・のに参列した。 私生活 [ ] 2013年6月、の成婚時の一家。 これまで、皇太子が私生活を語ることは余り無かったが、確認されているだけで、過去に2人の男性との交際が報じられた。 1人目は、同じ高校のサークルで知り合ったダニエル・コラートであり、1998年の皇太子のアメリカ留学にも同行してに定住した程の関係で、皇太子自身も9月の時のインタビューで正式に交際を認めたが、翌2001年に破局した。 2002年5月には、によって新しい恋人であるとの交際が報じられ、7月には皇太子の友人の誕生パーティーの席上で、2人がキスを交わす場面が撮影された。 に正式に婚約を発表し、ににて挙式が行われた。 日本からはが出席している。 、第1子懐妊が報じられた。 生まれる子は男女を問わず、スウェーデン王位継承権第2位となる。 早朝、ストックホルム郊外のカロリンスカ病院で長女となるエステル王女を出産した。 、翌年3月に第2子を出産予定であることが発表された。 、長男となるオスカル王子を出産した。 また、皇太子自身は2017年現在で、ノルウェー王女、オランダ王女、デンマーク王子、ベルギー王女、ギリシャ王子のとなっている。 精神疾患の克服 [ ] 軽度のを持っていることを母親であるシルヴィアがテレビ番組で公表している。 また皇太子としての公的活動を始めて間もない1996年頃から食欲不振に悩まされるようになり、翌1997年4月に痩せこけた皇太子の姿がマスコミで報道されたことにより、予定されていたウプサラ大学への入学が取り止めになった。 同年11月に王室が皇太子がを患っていることを正式に認め、翌1998年に上述のイェール大学留学と治療を兼ねてアメリカへ渡ることとなった。 1999年6月のテレビ番組のインタビューにおいて、同病を克服したことを表明し、以来この病気の予防や対策に携わる活動にも熱心に取り組んでいる。 なお、ヴィクトリアは、この拒食症の結果、落ちた筋肉を取り戻すためにスウェーデン帰国後にスポーツジムに通うことになるが、その時の担当トレーナーが現在の夫であった。 脚注 [ ]• は、ノーベル賞授賞式の晩餐会で自分の席の向かいがヴィクトリア皇太子だったことを、帰国後のインタビューで言及している。 はノーベル賞授賞式の晩餐会で隣りに座ったヴィクトリア皇太子と青色LEDについての話をしたことをインタビューで述べている。 Ohlin, Pia 2012年2月24日. 2012年2月24日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 The Royal Court's official biography in and• - AFPBB News 上位: - 本項人物が最上位 継承権者 継承順位第 1 位 下位: エステルイェートランド公爵 上位: ダーラナ公爵 他のの王位継承権も同様 下位: エステル王女 エステルイェートランド公爵.

次の