駐 車場 付き ファミレス。 マンションの機械式駐車場のサイズを少しでもオーバーしたら駐車NGな理由|【フォレナビ】2018新型フォレスター情報ブログ

【月極】バイク駐車場の種類と相場、裏技的見つけ方

駐 車場 付き ファミレス

業種別で考える。 「駐車場」のあり方と貸店舗の選び方 店舗経営を成功させるにあたって「駐車場」は重要な要素です。 いくら立地の良い場所へ出店しても、駐車場に関連したニーズに応えられないために来客数が落ち込み、経営そのものを圧迫するケースは珍しくありません。 店舗探しの際に検討すべき項目は多岐に及ぶため、なかなか駐車場にまで気を回せない事情もあるかと思いますが、「落ち着いてからゆっくり考える」、「その後の展開次第で再検討する」という先送り的な発想は不動産の性格上、ほぼ通用しないでしょう。 ここでは業種別ごとに「駐車場」のあり方と店舗の選び方についてご紹介します。 飲食店や小売店の駐車場のあり方 最近は駐車場が確保しにくい市街地から敢えて離れ、郊外へ大型店を構える飲食店や小売店もあります。 駐車場について考える場合に、まず検証すべきポイントは商品単価と客数の設定です。 商品単価が定まれば、次は客数を検討します。 1日単位で何人の客に販売すれば、最低限の利益を確保できるのかという指標になるからです。 次に検証すべきポイントは、客の回転率です。 これに営業時間帯ごとの客数データを加味し、店内にいる平均的な客数を把握します。 その上で、駐車場のバランスを考えてみましょう。 その1:駅前店舗など、車での来店を全く想定しないケース この場合は、駐車場について一切考える必要はないのでしょうか? 確かに、そうともいえますが、潜在的に、「できるなら車で来店したい」と思う客はゼロとは言い切れません。 店舗付近でのコインパーキングがあれば、これらの客を獲得できるので、店舗を借りる際はコインパーキングのチェックは必ずしたいものです。 場合によっては、コインパーキングの1~3台分などを専用駐車場として借り上げることも考慮しておくとよいでしょう。 その2:駅までの距離が5分から10分位に立地するケース この位の距離はとても中途半端で頭を悩ませます。 幹線道路沿いに店舗があれば、客側は「駐車場があって当然」と認識しますので、最低、総客席数の5分の1の台数を専用駐車所として確保したいところです。 しかし、このような店舗は賃料も郊外店舗に比べ割高であり、駐車場まで資金が回らないことも想定されます。 そういった場合には、「商品単価」を見直すか、出店場所を「郊外型」に見直すかという選択に迫られます。 近隣のライバル店はどうしているのかなど、しっかり調査した上で見極めなければなりません。 その3:郊外などに出店するケース ここの場合は、一般的に客席数も多くなります。 ただ、ファミリー客、乗合客もいますので総客席数の4分の1から2分の1で調整してみましょう。 それに加えて、郊外の店舗では、従業員も通勤で車を使用したり、商品を配達するための社用車用のスペースも必要になるので、駐車場の収容台数は想定よりやや多めに確保しておくといいでしょう。 なお、小売業の場合は席数という概念を、ほぼ考慮する必要はないのですが、「売り場面積」を「快適に購入行動ができる程度の収容人数」に置き換え、検討してみましょう。 また、商品の大きさや性質も駐車場に影響します。 その場で、持ち帰る必要のある商品の場合は、大きいものであれば車で来店する可能性が限りなく高くなるため、「食べて・飲んで終わり」という飲食店での駐車台数の方程式には当てはめることができません。 「ドライブスルー方式」、「出張方式」、「配送サービス」などを採用して、車での来店客を取りこぼさない工夫も大切です。 スーパーなどにおける駐車場のあり方 業種別に分類すれば、「スーパー」は「小売店」に該当しますが、上の説明だけでは足りませんので、別に説明します。 基本的な考え方に大差はありませんが、一般の小売店とは別の考え方をすべき点は、「客数」です。 「スーパー」に来る客にあまり「冷やかし」はいません。 また、スーパーへの滞在時間も個々に違いはありますが、平均的には一定と考えられます。 商品選定に「迷う」という時間が極端に少なく、スーパー特有の「レジ制度」が成熟しているからです。 したがって、スーパーの「客数」の把握の仕方は、「レジを通る客数」で置き換えるようにしましょう。 これは、弁当販売やコンビニなどの「レジセール」が発達している業種でも置き換えが可能です。 物的な商品提供のないサービス業全般における駐車場のあり方 物的な商品を客に提供しないサービス業全般では、結論からいえば、1台~2台を確保すれば十分です。 そして、社用車の駐車スペースと併用して利用すれば合理的といえるでしょう。 そうした場合にも、基本的に客の来店スタイルを予約型に切り替え、客同士の駐車場のバッティングがないようにコントロールすることが店側には求められます。 例外として、携帯電話の販売(端末の受け渡しはありますが、実態としては「通信」という無形の商品とみなします)のように、不特定多数の来店が見込まれることが事前に明確な店舗なら、対応スタッフの数にあわせた駐車台数の確保が必要となります。 柔軟な対応が大切な駐車場の確保 ここで紹介した駐車場のあり方は、ごく一部です。 近年は、店舗の営業形態の多様化に加え、車の使い方(カーシェアリングサービスの一般化など)にも変化がみられます。 店舗における駐車場のあり方も、そういった変化に柔軟に対応していくことが大切です。 その際、大切なのは「お客様の視点で考察すること」です。 お客様がストレスに感じるか否かが、店舗の売り上げに影響することに注意して貸店舗選びをされてはいかがでしょうか。

次の

大阪のおしゃれカフェ!駐車場付きのおすすめカフェ9選!

駐 車場 付き ファミレス

どんなクルマであれ、大半は屋内駐車ではありません。 青空駐車だからと言って、放置以外で錆びて朽ちるなんてことにはなりません。 たまに洗車、ワックスすれば30年はもちます。 それならすでにクルマの耐用年数はすぎています。 青空駐車場所よりも、海辺に住んでいるとか、冬場の融雪剤、凍結防止剤に晒される方が、はるかに痛みます。 数年で色あせたなあ。 と感じます。 ガレージ内駐車は洗車、ワックスの回数、その手間を減らせるだけです。 車カバーも屋内用と屋外用があります。 青空駐車で車カバーをする場合は、カバーしない時よりも手間がかかります。 どちらかと言うと、駐車よりも放置する時にかけます。 そのまま放置しているよりは良いという感じです。 フェラーリ458を青空駐車していたら、勿体無いと思いますか>> 一度、見ただけでは思わないし、いつも見ていたら、もったいないと思います。

次の

東京ファミレス駐車場無料の店舗都内まとめ/駐車場0の区と24時間営業OKなのは?

駐 車場 付き ファミレス

区分 全長 mm 全幅 mm 全高 mm 参考車種 軽自動車 3400 1480 1700 ワゴンR、タント、N-BOX、ムーヴ 普通自動車(小型) 4500 1680 1500 フィット、ヴィッツ、デミオ 普通自動車(中型) 4800 1700 2000 プリウス、シエンタ、ヴェゼル 普通自動車(大型) 5100 1880 1500 ベンツS~、レクサスLS ワンボックス (5ナンバー) 4695 1695 1865 ヴォクシー、セレナ、ステップワゴン ワンボックス (3ナンバー) 4800 1700 2000 アルファード、エルグランド この時、今乗っている車のサイズで設計するのではなく、 将来的に乗りそうな車種で考えることを忘れないでください。 軽自動車の乗っているからと言って軽自動車用のサイズで駐車場を設計してしまえば、将来的に大型車に乗り換えても駐車することが出来なくなってしまいます。 今後のライフプランに合わせた車種で駐車場を設計することが大切です。 車+どれくらいの寸法で駐車場を設計したらよいのか 当たり前のことですが、駐車場は大きければ大きいほど駐車と乗り入れが快適になりますがそう簡単には大きな駐車場は作れませんよね。 ここでは最低限どれくらい寸法があれば快適に駐車スペースとして使えるのか解説したいと思います。 上記リストの場合、普通車(小型)のサイズは全長4500mm、全幅1680mmとなっています。 ここに余裕のあるサイズを足して、駐車に必要なスペースを考えてみます。 「普通自動車(小型)」に必要な駐車サイズ• 建物本体の形によって大きく異なる駐車場スペースの寸法ですが、参考までにこれくらいのサイズは必要になるとを覚えておいてください。 車の停め方にも色々ある 駐車場の停め方には「直角駐車」「並列駐車」「縦列駐車」などがあります。 土地の大きさ、建物本体の形によって変わってきますが、まずは 駐車場設計の基本となる項目を分かりやすく解説します。 停め方が大きく変わるかもしれない項目もあるので、これらを知っておくことで失敗しない駐車場が作れると思います。 駐車時の車の動きをシミュレーションしておく どのタイプの駐車スペースであっても、駐車時の車の切り返しが大変だったら意味がありません。 車の切り返しをどのようにして駐車するのか、しっかりとシミュレーションしておきましょう。 ドア・バックドアの開閉に必要なスペースは十分か ドアの開き具合を確認するのは当たり前ですが、ワンボックスにありがちなバックドアが開くかどうかも確認しておきましょう。 バックドアのためのスペースは必須ではありませんが、後方に十分なスペースがないと開くたびに車を前後させなくてはなりません。 設計図では見えない駐車場の盲点 日当たりによるボディの劣化を考える 東西南北のどの位置に駐車場を作るかによって、車が陽に照らされる日照時間が大きく変わってきます。 仮に南面に設計すれば、夏場は朝から夕方まで太陽の光にさらされた状態になり、車のボディは少なからずダメージを受けます。 車内のダッシュボードが黒からグレーに変化していくのも太陽光が原因です。 また、真夏の太陽に照らされた車内は異常な高温になり、乗車時に熱気が襲ってくるというデメリットもあります。 駐車場に屋根を設計しないのであれば、 なるべく北側に設計した方が車にとってはダメージが少ないというこを覚えておきましょう。 勾配(傾斜)に余裕があるか確認する 駐車場に傾斜を作ると雨水が流れやすいので、微妙な傾斜を作るのが一般的です。 これを"勾配(こうばい)"と言いますが、 理想的な勾配は2~4%程度です。 (=角度が2~4度という意味) これが6~10%の勾配となるとかなり急角度になってしまい、バックで駐車する時にアクセルをかなり踏み込まなくてはならず、場合によっては危険に繋がることもあります。 その勾配の角度の違いを見てみたいと思います。 勾配2%・・・入口が0cmだとしたら、奥は10cmの高さになる。 勾配10%・・・入口が0cmだとしたら、奥は50cmの高さになる。 駐車場の勾配は設計図作成の時に必ず確認しておきましょう。 ガレージ、カーポートは固定資産税の課税対象になる場合がある 駐車スペースを屋根で覆うことができたら、太陽光や雨などから車を守ることができますよね。 ガレージに憧れる方も多いと思いますが、実は屋根があるというのは固定資産税の課税対象になる場合があります。 ケースバイケースなので、以下の点をしっかりと確認しておいて下さい。 固定資産税とは 各家庭が保有する固定資産に対して毎年課税される地方税のことで、土地や建物がある市町村が作成する固定資産課税台帳に登録されている価格をもとに、 1. 4%の税率で課税されます。 固定資産税というのは、高額な資産に対して1. 4%の税率がかかるので決して安い額ではありません。 固定資産税の対象になる3つの条件• 三方が壁に覆われて屋根がある• コンクリート基礎で地面に固定されている• 居住・作業・貯蔵等に利用することができる状態である この3つのポイントにより、ガレージとカーポートでは課税の条件が変わります。 ガレージタイプは固定資産税がかかる ガレージタイプは方が壁に覆われ、屋根もあるので固定資産税の対象になります。 シャッターの有り無しに関わらず課税対象となるので気を付けてください。 カーポートは固定資産税がかかる場合がある 一般的なカーポートのように側面パネル・背面パネルを取り付けない場合は、基本的に固定資産税の対象外となります。 しかし、地方自治体によっては屋根のみのカーポートでも固定資産税がかかってしまうケースがあるので、設置を検討している方は必ず市区町村の自治体に問い合わせをしておきましょう。 駐車場の予算(外構工事)の節約について 駐車場なんてをコンクリートを固めるだけなんだから安く済ませられるだろうと思ったら大間違いです。 土壌の整備から基礎工事をしてコンクリートを流して固めるため、軽く一週間以上はかかるため、費用もそれなりにかかります。 コンクリートの面積を減らし、タイヤが踏まない場所は芝生(主にタマリュウという植物)にすれば予算削減に繋がりこともありますが、芝の手入れは自分でやらなくてはなりません。 外構は家の顔でもあるので、やみくもに何でも費用削減をするのはオススメできません。 中でも駐車場は玄関アプローチにつながる大事な場所なので、家本体の予算に少しで余裕を持たせて外構工事に予算を回せるのが理想的ですね。 簡単そうで難しい駐車場設計ですが、設計次第ではとても快適な駐車場を作ることができます。 駐車場にストレスを抱えると、今後のライフスタイルがとても苦しいものになってしまうので、プランが気に入らない場合は何度でもやり直してもらうことをオススメします。 [相見積もりができる!]理想のパートナーを見つけるなら 希望の予算をもとに、効率的に住宅メーカーを見つけるためには 『複数社から同一価格で見積りを提案してもらう』のがベストです。 そう、 相見積もりです。 すでに注文住宅を買った多くの方は相見積もりを行っており、他社のプランと比較した中で自分の理想の家を立てています。 限りある予算内で作れるプランを複数社に提案してもらい、その中からベストなプランを提案してくれるメーカーを選ぶのが最も効率的です。 最良のパートナーを探すためには、まず 予算内で家づくりができるかどうかの判断をしなければなりません。 そこで注目すべきが 『 』というサービスです。

次の