ヨン ミンジョン。 韓国ドラマ「私はチャン・ボリ!」感想 / オ・ヨンソ主演 韓服の名家を舞台に繰り広げられるコッテコテマクチャンホームドラマ

【韓国ドラマ】復讐のカルテット|ドラマ公式サイト

ヨン ミンジョン

「私はチャンボリ」の最終回(74話)のネタバレ ピスルチェの結果は、 オクスが「針線匠」でボリが 「後継者」となりました。 その結果を受け入れることができないミンジョンは、警察から逃れるために裏口から逃走します。 結婚指輪を取りに戻ったミンジョンはビダン(キムジョン)の助けを借りて目的を達成します。 そして別荘にいる ジェヒ(オチャンソク)に会いに行くミンジョン。 ジェヒはミンジョンを拒絶し、 結婚指輪を火の中へ! 指輪を火の中から取り出したミンジョンは、その足で川へ行き自殺を図るのでした。 しかし娘のミンジョンを助けるため、母ヘオクが川で溺れてしまうのです。 病院では 意識不明のヘオクとヘオクにすがりつくミンジョン! ドキドキするような内容となっていましたが、 最終回74話はこの後どうなるのでしょうか? ヘオクの意識は戻らずミンジョンは逮捕 (病院の場面)自殺しようとした娘を助けるために川に流されたヘオクに救命措置がとられ、やっと呼吸をはじめました。 まだ意識は戻らないし、後遺症の心配も出てきたのでした。 病院で必死に ボリに頼むミンジョン。 「母ヘオクのそばについていたい」と。 ボリさえ納得してくれればヘオクを看病できる、私がいないとヘオクは意識を取り戻さない、数々の悪いことをしておきながら 情に訴えるミンジョン。 しかしボリは意を決して 彼女を突き放します。 罪をつぐなってほしい、それが母親にとって一番必要なことだと! 警察に連行されるミンジョン、それを見送る人々。 3年後… 3年の月日が流れ、 ボリはピスルチェの後継者として忙しい日々を送っています。 イナ(ボリの実の母親)は自分の罪を償うため、記憶をなくしたヘオクの世話をしながら暮らしていました。 しかし夫やオクス(義姉)に諭されてピスルチェへ戻るのでした。 ヘオクは記憶障害が残ってしまう 刑期を終えたミンジョンはヘオクに会いに行きますが、 溺れた後遺症で ミンジョンの事は覚えていないのでした。 ボリとビダンのことは覚えているヘオクにショックを受けたミンジョンでしたが、母とふたりで長興(チャンフン)でお店をしながら静かに生きていくことを決心します。 しばらくしてミンジョンは、 クルクルパーマの髪型になっていました。 そこへジェヒが現れて、自分が責任を感じてしまうので火傷でくっついてしまった手を手術してほしいと頼みます。 ミンジョンは結婚指輪を取るため火に手を入れ、 指輪を握ったまま手がくっついてしまったのです。 またなぜその髪型なんだと尋ねられ、ボリの真似をしたと! ジェヒを見送るミンジョンは「 あなたのことを本当に愛していた。 」と心で告げていたのでした。 チャンボリは穏やかな生活を送る ピスルチェでは、ボリが弟子達に裁縫を教えています。 方言でしゃべってとの弟子だちのリクエストに応えて 方言で説明するボリ! 明るい笑い声が響いています。 ボリとジェファ(キムジフン)は懐かしい記憶のジャージャー麺を食べに行きます。 食べたくてやってきたのに、ボリは急に食べたくなくなって! ここで妊娠がわかり、ボリとジェファは大喜びするのでした。 「私はチャンボリ」74話(最終回)の結末は? ピスルチェの絵画展に出品した ビダンの絵は、みんなが笑いながら手をつないでいました。 その絵には、クルクルパーマになったミンジョンもいて。 ボリが尋ねます、「なぜ私よりミンジョンの目が大きいの?」と。 ビダンは答えます、 「ありのままを書いたんだよ。 その分お母さんは顔を小さくしたから。 それを聞いて喜ぶジェファ。 ボリ、ジェファ、ビダンは本当に楽しそうに笑っています。 復讐劇も終わりやっと真の平和が訪れましたね! 私はチャンボリ最終回はハッピーエンドorバッドエンド? ドロドロの復讐ストーリーといえた「私はチャンボリ」ですが、 ハッピーエンドといってよかったのではないでしょうか。 ハッピーに終われなかった人もいますが、幸せになって欲しかった主人公や子役のビダンはハッピーに終わることができました。 ミンジョンのラストはバッドエンド? 最終回を終えて思うのは、 イユリ演じるミンジョンは最後まで 彼女らしかったなということです。 周りにいくら説得されても火傷の手の手術はしない・・。 本当に心から ジェハを愛していたのでしょうね。 愛するあまりに、また地位やお金が欲しいばかりに最後はこんな結末になってしまいました。 自業自得とはこのことです。 嘘で固めた人生は崩れ始めると早いものですね。 また、母親のヘオクがミンジョンを忘れてしまったことには驚きました。 一番驚いたのはミンジョンだったのかもしれません。 「 私を忘れるなんて」・・とつぶやいていましたから。 絶対的な親子のきずなを信じていたのでしょうね。 彼女の演技は素晴らしかったです。 実の父親(ジサン)と母親(ミンジョン)の幸せを願って涙するビダン。 (ジサンの梨農園で話をするビダン 相手はミンジョンそっくりの女性!) 父親の梨農園に行ったビダンは、ミンジョンそっくりの(イユリ二役)幼稚園の先生に会います。 父親と親しそうな先生、ビダンは 「 お父さんが結婚して幸せになってもらいたい」思っているのでした。 親に捨てられたビダン!きっと育ての親(ボリとジェファ)が愛情をいっぱい注いでいるのだろうなと思わせる場面でした。 本当に・・辛いことも多かったから、 ビダンが幸せになって良かったです。 KARAのスンヨン、超新星のゴニルです。 彼女たちに気がつかなくて、俳優さんと思ってドラマを見ていた私です。 妊娠したボリのつわりが ジェファにもうつって・・似たもの夫婦らしい最後でした。 最高の夫婦でしたね。 twitter. 悪役をあくまで徹底的に演じたことで、執着のすごさや怖さを視聴者に与えることができた彼女の演技は本物だと思いました。 また子役のビダン、 天使の表現が本当ぴったりしますね。 心優しい天使。 「私はチャンボリ」の最終回ネタバレまとめ! 「私はチャンボリ」の一番注目すべき点!最強の悪女ともいえるミンジョンをイユリが熱演。 大ヒットを導いた 彼女の奇抜なまでの 悪女ぶりは大変素晴らしく、迫力がありましたね! ミンジョンの功名な罠にはめられて、どうしようもない状況に追い込まれるボリ。 しかし彼女はやられるだけの女性ではありませんでした。 周りの助けも借りながら、 ついにミンジョンを追い詰めたのですから。 追い詰めるボリに思わず拍手してしまったのは私だけではないと思いますよ。 どんな逆境でも辛抱強く耐えて一生懸命に生きていくボリ。 その秘めたパワーと根性が視聴者の心をとらえたと思います。 74話と物語は長かったですが、 心から楽しめた作品でした。 私はチャンボリ!で一躍人気女優となった オヨンソ、悪役として素晴らしい演技をした イユリ他、 KARAのハンスンヨンや 超新星のゴニルも出演していてまさしくハマリ役の出演者ばかりでした。

次の

韓国ドラマ「私はチャン・ボリ!」感想 / オ・ヨンソ主演 韓服の名家を舞台に繰り広げられるコッテコテマクチャンホームドラマ

ヨン ミンジョン

「私はチャンボリ」の相関図は? まず最初に相関図とそれぞれの役柄についてご紹介していきます。 1人ずつ出演者の相関関係についてもご説明していきます。 【チャンボリ】 チャンスボンとキムイナの実の娘です。 パクスミ(ピスルチェの初代針線長)の孫にあたります。 本当の名前は チャンウンビ! 20年前、 ソンオクスとチャンヒボンの車の事故をイナ(母)の車の中で目撃し逃げ出します。 その後、 トヘオク(育ての親)の車にぶつかり記憶喪失になるのです。 ヘオクに育てられますが、ヘオクの実娘が 義姉ヨンミンジョンになります。 田舎暮らしをしていたオクスと出会い韓服作りの弟子になります。 ミンジョンが生んだビダンを育て、のちにイジェファと結婚します。 【ヨンミンジョン】 トヘオクの実の娘で チャンボリの義姉です。 田舎での貧しい暮らしを嫌い逃げ出します。 野心のためにお金持ちだった男の親の会社が倒産すると男を捨て、生まれた子ども(ビダン)も残して家を出ます。 孤児とうそをついてイナ夫妻(ボリの実両親)の援助を受け「ピスルチェ」で韓服作りの弟子となるのです。 その後、 イナ夫妻の養子となりジェヒと結婚します。 【イジェファ】 アパレル会社会長 (イドンフ)の長男で検事。 ボリの失踪前のウンビを知っている人物ですが、ボリがウンビと気づかずに再会します。 幼いころに母を亡くしすぐに父親が再婚します。 父が連れてきた再婚相手の子どもがジェヒで、すでにイカウンもおなかの中にいました。 ボリと出会い恋に落ちて人生が変わっていきました。 その後、遊び人で通っていた検事を退職し父の会社に入ります。 会社に入ったことでグループの後継者を巡って異母兄弟のジェヒと対立することになります。 【イジェヒ】 アパレル会社会長のドンフの次男でジェファの異母弟。 連れ子として8歳のときに父親の家に入りましたが、愛人だった母にコンプレックスを持っています。 目的のためならどんな手を使っても成し遂げるタイプで兄のジェファがボリと接し人間らしさを取り戻していくと仲が悪くなっていきました。 グループの後継者の椅子をつかむために ミンジョンと結婚するのでした。 【イカウル】 ドンフの娘でジェファとは異母兄弟。 世間知らずのお嬢様で、すべての男性は自分を愛していると信じています。 【カンユチョン】 ドンフの秘書。 カウルがドンフのお店で働きだしたときのお目付け役です。 【チャンスボン】 ボリの実の父親。 スミの次男でイナの夫。 立派な人格者でスミの孝行息子です。 とても愛情を注いでいた一人娘ウンビ(チャンボリ)を失いとても辛い生活を送ることになりした。 【ソンオクス】 スミの長男チャンヒボンの嫁であり ジェファの叔母。 スミが最も信用していた弟子でしたが夫が死んで田舎で針仕事をしながら暮らしていました。 後に ボリの先生となります。 【キムイナ】 スミの次男スボンの嫁で ボリ ウンビ の母親。 オクスとはピスルチェの後継者争いでライバルでした。 スミの次にピスルチェの長になるのが目標で野心に充ちた人物です。 【トヘオク】 ミンジョンの実の母。 ボリを育てた養母です。 【イドフン】 アパレル会社の会長でジェファ、ジェヒ、カウル3兄妹の父親。 オクスは義理の妹です。 私はチャンボリのメインキャストの4人を紹介 次に「私はチャンボリ」に出演しているの メインキャストを情報について紹介します。 主人公のチャンボリ(オヨンソ)• 主人公のライバルとなるヨンミンジョン(イユリ)• チャンボリと恋人になり結婚するイジェファ(キムジフン)• イジェファの異母弟でヨンミンジョンと結婚するイジェヒ(オチャンソク) 以上4名です。 ひたむきに生きるチャンボリを好演しました。 生年月日:1987年6月22日• 身長:170cm• 代表作:「トンイ」「花遊記(ファユギ)」「猟奇的な彼女」「棚ぼたのあなた」「輝くか、狂うか」 2002年に「LUV(ラブ)」(ガールズグループ)でデビューしました。 しかし1年あまりで解散! その後改名し俳優活動を開始しました。 2012年放送のドラマ「棚ぼたのあなた」でブレイクしました。 デビュー13年目のこの迫真の演技は高く評価され、を果たしました。 生年月日:1980年1月28日生• 身長:165cm• 代表作:「かくれんぼ」「凍える華」「福寿草」「きらきら光る」 2012年に放送された「福寿草」では悲劇の主人公を演じました。 生年月日:1981年5月9日• 身長:177cm• 代表作:「金持ちの息子」「恋する泥棒~あなたのハート、盗みます~」「Loving You」「隣のイケメン」「結婚の女神」 2013年に出演したドラマ「隣のイケメン」でブレイクしました。 「私はチャンボリ」の制作発表で公約したのは 視聴率が30%を超えたらダンスを踊る!というものでした。 そしてドラマは視聴率30%を越えることに! ドラマの中では公約を果たすため ジフンのダンスシーンが披露されていますよ。 生年月日:1982年6月2日• 身長:182cm• 代表作:「被告人」「私の心きらきら」「オーロラ姫」「愛よ、愛」 オチャンソクといえば「オーロラ姫」での役柄で彼自身がネットで非難された経緯があります。 「私はチャンボリ」のサブキャストを画像付きで紹介 ここからはサブキャストを紹介していきます。 何かと話題になった• イカウル(KARAのハンスンヨン)• カンユチョン(超新星のニゴル)• 名子役として視聴者を涙させたビダン(キムジョン) に注目して紹介致します。 「私はチャンボリ」では本当に世間知らずなわがまま娘の役です。 生年月日:1988年7月24日• 身長:158 cm(162cmと表記のものもあります)• 代表作:「シークレット・ラブ」「チャン・オクチョン」 日本でも大人気の アイドルグループ「KARA」のメンバー。 生年月日:1987年11月5日• 身長:187cm• 代表作:「紅の魂 私の中のあなた」「サイン」「百済の王 クンチョゴワン」「アモーレ・ミオ」「海雲台の恋人たち」 超新星では最年少です。 父はテレビ局のプロデューサーで母はなんと脚本家だそうです。 また ムンジサン ソンヒョク が実の父であることを知っていた少女です。 生年月日:2005年7月8日生• 代表作:「私の人生の恵みの雨」「3度結婚する女」「ドクター異邦人」「誘惑」 キムジヨンはキッズモデルの出身! 子どもらしさと大人っぽさが同居した魅力のある子役です。 そのほかのサブキャスト 相関図にも出てくるサブキャストをまとめてみました。 一部、相関図以外の人物も取り上げています。 パクスミ キムヨンリム ピスルチェの長で初代針線匠。 韓服を作る事に妥協を許さない性格。 キムイナ キムヘオク オクスをライバル視しているボリの実の母。 スミの次男チャンスボンの嫁。 ソンオクス ヤンミギョン パクスミの長男チャンヒボンの嫁。 スミも認める腕を持つが後継者争いで夫を亡くし田舎へ行く。 後にボリに韓服を教える師匠。 チャンスボン(アンネサン) パクスミの次男、イナの夫で大学教授(画家)。 ボリの実の父。 チャンヒボン(チョンウォンジュン) (相関図には入っていません。 ) パクスミの長男でオクスの夫。 妻のオクスを愛し、弟のチャンスボンとも仲が良かった。 車の事故で妻オクスをかばい亡くなる。 イドンフ(ハンジンヒ) アパレル会社の会長。 ジェファ、ジェヒ、カウルの3兄妹の父親である。 トヘオク(ファンヨンヒ) ミンジョンの実母。 ボリの育ての親。 夫が作った借金で夜逃げしボリを車ではねる。 親子の関係が入れ替わり養女になった娘たち。 その娘を愛して育てようとする母親のドラマでもありますs。 ボリは短いボサボサ頭に落ち着かない性格で気性も荒い。 拾われた娘のボリは ミンジョンからいじめられていました。 しかし20年後には韓服の名家の娘とわかりボリの人生がすっかりかわってしまうのでした。 明るくて前むきでどんな困難にも打ち勝ってきたボリ。 また悪いことの限りを尽くしてボリを脅かす存在だったミンジョン。 この ライバルの争いは異母兄弟の ジェファとジェヒも加わって見どころ満載でした。

次の

私はチャンボリ あらすじ71話

ヨン ミンジョン

この記事は、2018年10月に視聴した「 私はチャン・ボリ! 」の感想を紹介したものです。 韓服(ハンボク)の名家「ピスルチェ」の後継者の座を競うイナとオクス。 ある大雨の夜、イナに執拗に追われたオクスの車が運転を誤りオクスの夫は事故死、イナの娘ウンビは一人現場に取り残される…。 15年後、記憶を失くしたウンビはボリと名付けられ、ソウルから遠く離れた長興で養母ヘオクの食堂を手伝いながら暮らしていた。 そこでボリは素性を隠したオクスに出会い、韓服職人を目指すようになる。 そして、検事として赴任してきたジェファと事あるごとに顔を合わせるようになり、衝突しながらも次第に距離を縮めていく。 一方、貧しい田舎暮らしを嫌うヘオクの実娘ミンジョンは孤児であると偽り、イナ夫婦の援助を受けて「ピスルチェ」の弟子となっていた。 やがてボリとミンジョンは運命に導かれるように「ピスルチェ」で再会、ライバルとして激しいバトルを繰り広げることとなる。 ザ・ホームドラマって感じで最初っからめちゃめちゃ面白かったです。 私は中だるみもなく一気に完走しました! このドラマならではなところは、物語がヒロイン母の悪事から始まっているところなんですよね。 このヒロイン母も悪事の明るみが発覚することを恐れて、さらに悪知恵を働かすっていうキャラ設定。 そこに、ライバル役ミンジョンを演じたイ・ユリの天晴れな演技が加わり、先の気になる展開で全52話を飽きさせずにドラマを盛り上げていたと思います。 ボリを演じたオ・ヨンソよりミンジョンを演じたイ・ユリの狂気に迫る演技がなかなかで、めちゃめちゃ悪女なんだけど、たまーに見せる人間味なんかもしっかりと感じさせてくれて、最終回なんて最高でした。 悪女だけど憎めないミンジョンを見事に演じていたと思います。 ミンジョン母には最初から最後までイライラーーー!論点のズレたセリフばかりで、ボリが可哀想すぎてかなーり腹が立ちました。 しかしながら一貫して娘を思う母の姿にどこか胸打たれたり。 これもまた憎めないキャラなんですよ。 このドラマ、こんな人ばっかりで(笑) 後半は、もうボリ娘ビダンの活躍しかなかったです。 伝統文化のドラマといえば、大概が食を扱う中で、違う伝統文化の素晴らしさを伝える物語を見るのがとても楽しみでした。 ドラマの中では技術だけではなく、衣の哲学が語られていて、韓服歴史について勉強になりましたし、ドラマの幅も広がり価値も高まったのではないかと思います。 マクチャンドラマなので、突っ込みどころもたくさんありながらも、ラストは見ている側の胸がスッキリする結末でとっても良かったです。 ラブラインもしっかりあるのでそちらも楽しめるドラマでしたよ。 ジェファ役のキム・ジフンさん。 明るくて頼れるお兄さんって雰囲気がごちゃごちゃしたホームドラマが良く似合ってるなぁと思いました。 ジェファ役は彼の魅力炸裂キャラでニコニコしながら"ボリボリ〜"っていうセリフが忘れられません。 血縁関係のないボリとジェファとビダムの3人の関係がとっても素敵に描かれていました。 ボリの生き方に元気がもらえ、ビダムの優しさには涙をもらう、とっても心温まるドラマでした。 少し長いけどオススメです! mamiオススメOST.

次の