異性 と 付き合う 上 で 大切 な こと。 バツイチ子持ち女性の恋愛事情とは?付き合う男性心理もご紹介

20代の恋愛で知っておくべき「12の大切なこと」

異性 と 付き合う 上 で 大切 な こと

女性の考える友達以上恋人未満とは? まずは女性の考える友達以上恋人未満について確認しておきましょう。 男友達の中でも特別な存在で二人でデートっぽいこともする• お互いが気になっていることを周りの友達も知っているのに関係が発展しない• 知り合って何度かデートをしていて付き合うかどうか考えている状態• イイ感じの男性と体の関係を済ませてデートやお泊りを楽しんでいるけど、明確に告白されていない状態 ざっとこのような関係を友達以上恋人未満と判定しているのではないでしょうか?これらに共通することがあります。 それは友達や知り合いの関係というスタートラインから出発して、付き合うというゴールに向かっている状態だということです。 もちろん個人差があるため、そのように考えていない人もいるでしょう。 しかし、何らかの希望に向かっているグレーゾーンの状態を友達以上恋人未満と殆どの女性が認識しています。 そのため、友達以上恋人未満の関係を『進展させる』や『卒業したい』という言葉を使うのです。 そもそも男性は友達以上恋人未満という人間関係の判定をしない 先程紹介したように、女性は男性との関係を友達以上恋人未満だと認識して、そのグレーゾーンを抜けたいと願望を多少なりとも抱いています。 しかし、男性にそのような考えはありません。 そもそも友達以上恋人未満という人間関係の判定を女性にすることは殆どありません。 もちろん、あなたが思う友達以上恋人未満の関係ってどういう意味かと聞かれれば答えるでしょう。 しかし、実際の人間にそのような感情は抱きません。 先程紹介した女性が考える友達以上恋人未満のケースを例に挙げて、男女の考え方の違いを見ていきましょう。 特別な男友達だと言っても男と意識している 「彼は特別な男友達なの。 よく二人でお出かけするし、お互いの部屋で二人きりで遊ぶし。 もちろん、体の関係はないよ!だって彼氏じゃないし!友達以上恋人未満って感じね。 彼と付き合うなんて考えられないよ。 」 このように楽しそうに話す女性。 彼女は彼のことは少なからず男性と意識しています。 彼から告白されれば、高い確率で交際することになるでしょう。 まさに付き合うというゴール手前のグレーゾーンの関係だと、本人はしっかり認識していますね。 では、彼の方はどうでしょうか? 特別な女友達だとしても所詮は友達 男性も特別な女友達だと思っている場合、自分と相手の関係を友達以上恋人未満だとは思わないでしょう。 仲の良い女友達だとしても、所詮は友達なのです。 異性としては見ていないのです。 「でも、友達から恋愛に発展することもあるよね?」と思う方もいるでしょう。 もちろん、その可能性はゼロではありません。 しかし、先程の女性のように自分たちの関係をグレーゾーンだと認識することはありません。 恋愛に発展する場合にも、このようにシンプルに相手を認識します。 男性からしたら、この二人の関係は友達以上恋人未満ではないのです。 男性の片思いに曖昧な態度をとっているだけ 女性が特別な友達だと曖昧な態度をとっていても、男性は単に片思いをしているだけという場合もあります。 この場合は、男性からしてみれば友達以上恋人未満の関係ではなく、片思いの対象としか見ていません。 もしかしたら、女性も彼の気持ちに気付いてこのような態度をとっているケースもあるでしょう。 まさに告白待ち状態ですね。 しっかり性の対象と認識している 友達や片思いの相手として認識している以外に考えられるのが、あわよくば体の関係を持とうとしているパターンです。 この場合、しっかり女性のことを性の対象として認識しています。 しかし、そこに恋愛感情はありません。 将来告白される友達以上恋人未満の関係だと思っていたら、ただのセフレになっていた・・なんてことにならないように、グレーゾーンには危機感を持つことも大切ですよ。 男性は女性の感情に対してシンプル 当人同士がモジモジしていて関係が進まないことに周りの友達がヤキモキしたり、デートを何回かして付き合うか考えいているとき。 このような時も、男性はシンプルに女性として認識しています。 前者は好きだけど気持ちを伝える勇気がないだけで、後者は相手も同じように付き合うかどうか異性として考えていいます。 そこに友達なんて意識は全くないのです。 付き合う前のイイ感じの女性との関係を友達以上恋人未満なんて表現する男性なんていないのです。 身体の関係はあるのに告白してこない。 これを友達以上恋人未満の関係だと認識してしまう女性は非常に多いです。 はっきりいって、その考えは間違っています。 同じように思っている男性は一人もいませんよ。 男性からしてみればただのセフレです。 ただ単にヤリたいだけなのです。 この事実をしっかりし認識しなければ、都合のいい女になってしまいますよ。 心当たりがある方は、も併せてご覧ください。 「デートもするし、手をつないだりキスやハグもする。 でも、やってないからセフレじゃない!」そう反論する方もいるでしょう。 それはセフレ予備軍です。 セフレにする前にゲーム感覚で恋愛ごっこをしているだけの最低男です。 もちろん、すべてがそうではありませんが、このようなアクションをして長い間自分の気持ちを伝えてこなければ間違いなくこのタイプの厄介な男ですよ。 男にとっての友達以上恋人未満の意味とは? それでは最後に男にとっての友達以上恋人未満の意味について紹介します。 一言でいえば、関係が確定している状態です。 最初に紹介したように、女性は付き合うというゴールに向かっているグレーゾーンにいる状態だと考えています。 しかし、男性が考える友達以上恋人未満とは、彼女に発展することはないと確定している対象を意味するのです。 別れて友達関係に戻った元カノ• 兄弟みたいに深い絆がある幼馴染み 分かりやすく言えば、このような関係です。 女性の中でも元彼を友達以上恋人未満だと表現する人もいます。 その場合は、元彼から復縁を迫られてもまんざらではないという感情が少なからずあるはずです。 でないと、そんな気持ち悪い表現をしないはずです。 男性はこの逆です。 まんざらでもない元カノは、いつまで経っても女性なのです。 幼馴染みについても同じです。 ほんの少しでも異性としての感情があれば、友達以上恋人未満なんて表現は絶対にしません。 兄弟のように大切に思っている。 でも『恋人未満』が変わることはないのです。 友達以上恋人未満と言われたら脈なしサイン 友達以上恋人未満の意味は男女で違うことについて紹介してきました。 この違いを明確に認識している女性は非常に少ないです。 今回紹介したことを覚えておけば、男性からの脈なしサインを見極めることができますよ。 『友達以上恋人未満だと男性に表現されたら脈なしサイン』これを覚えておけば、勘違いしなくてすみますよ。

次の

彼の血液型別!女性と付き合う上で大事にするもの

異性 と 付き合う 上 で 大切 な こと

近年では、「付き合う」ということの意義が薄くなりつつあります。 ご存知の通り、恋愛関係を築いている二人の人間が、お互いのことを唯一無二のパートナーとして認めあっている状態を付き合うといいます。 しかしながら、現代では、肉体関係のみを持って、お互いが性的な欲求を解消するためだけの関係を築いている人もいます。 そして、時間が合えば、一緒にいたり、出掛けたりするだけで、付き合っているのかどうか分からないという「友達以上、恋人未満」といった関係が溢れています。 こんな時代だからこそ、「付き合うとはどういうことなのか」ということを様々な視点から見直し、今一度、意味と定義について考えていきましょう。 「付き合う」を哲学的に解釈すると? 最初に、付き合うということを哲学的に解釈するとどのような状態をいうのでしょうか。 冒頭にもある通り、「恋愛のパートナーということをお互いに約束すること」を付き合うという風に定義されています。 約束をするというと少し軽い感じがします。 しかし、誓い合うことが「付き合うということ」と哲学的には解釈されているようです。 ただし、誓い合うと言っても、挙式のような大勢の場で第三者を介して宣誓をするといったようなことはありません。 文面化するようなことはせず、暗黙の了解として、この誓いは交わされることになります。 基本的には、「付き合うと決めたパートナー以外の異性を恋愛対象とはしないこと。 」 他にも、「パートナーのことを幸福にしようと努力をすること。 」 「パートナーの不安を解消するように努力をすること。 」 「パートナーの信頼に答えようとすること。 」 気持ちや出来事を共有することなどが、暗黙の了解の内容に含まれるとされています。 他にも特別な理由などがない限りは、当たり前に会う関係であり、デートなどをすることなども約束されたものとなります。 近年では、冒頭にもある通り、「時間が合えば遊んだりもする。 しかし、基本的には自分の時間が第一優先。 」 といったような、付き合っているとは言えないような疑問が残る関係が多々存在しています。 世間では、どういう状態を「付き合う」という状態になっているのか様々な議論が繰り広げられています。 そんな中、多くの人は「お互いが意思確認が出来ていることが最低限の条件」と解釈されていることでしょう。 告白をして、それを了承するという行為があれば、一番分かりやすいですね。 こういった行為がなく、ただデートをしている関係があるといったことだけでは、付き合っているとはみなされないとされています。 男が思う「付き合う」とは これまでは、哲学的な視点から「付き合う」について紹介しました。 しかしながら、恋愛に関する様々な事柄については、個々に考え方が違っているものです。 十人十色なわけですが、大きく大別して、性差、つまり、男性であるのか、女性であるのかによっても大きく考え方が違っているケースがあります。 それでは男性が考える付き合うこととは、どのようなものなのかを紹介しましょう。 ためらわないこと まず男性にとって付き合うとは、「一緒にいることをためらわない関係であること」と定義している方が多いようです。 ためらわないとは、漢字で書くと分かりやすいと思いますが、「躊躇わない」と書きます。 つまり、躊躇(ちゅうちょ)をしないことです。 何か物事を共有することや、一緒に遊んだり、デートをしたり、食事などをするといったこと。 それを躊躇せずに当たり前に行える関係であるパートナーこそが、付き合っているパートナーと認識することが多いようです。 簡単に言ってしまうと、相手のために自分の時間を犠牲にしたり、時間を共有することにためらいがないことといえます。 逆に自分の予定を優先してしまって、一緒に遊んだり、デートをすることにためらいが生まれてしまうということもあります。 それは、例え肉体関係などがあったとしても、都合の良い異性であり、付き合っている異性とは思っていないことになるわけです。 守ること また守りたいと思うパートナーであるかどうかも、男性にとって付き合うことと定義していることが多いようです。 男性の中での恋人にしたいと思う女性の条件として、いつの時代も上位にランキングされているのが、「守ってあげたくなる女性」というもの。 これは生物学的な観点からは、当たり前に持っている本能のようなものと言われています。 動物のオスというのは、強いものが集団の長になり、子孫を残していきます。 これが種の存続をさせるために、最も確率が高いということが本能のレベルで把握出来ているからです。 そして強いオスが複数のメスと子供を率いて、危険な外敵などからその集団を守るという行動を取っています。 人間は様々な文化を持って生活をしていますが、動物の一種であることに変わりはありません。 つまり、人間の本能の中にも、肉体的に弱い女性を守りたいという情報がインプットされているわけです。 このため、パートナーである相手のことを守ることこそが「付き合う」という意味だと捉えている男性も少なくないのです。 守りたくなる女性をパートナーにしたいという欲求が沸き起こることも、本能のレベルでは当たり前の感情ということになるわけです。 慈しむこと 更に慈しむことと定義されている男性も多いようです。 慈しむというのは、相手のことをかわいがったり、愛すること。 そして大切にすることという意味になります。 慈しむという漢字を調べると、全ての生物に行き渡る広大無辺の愛とあります。 つまり、損得感情などがなく、ただただ相手のことを愛する行為が慈しむという行為になります。 他にも親が我が子を愛すること。 更にいたわって育てること。 情けをかける行為といった意味があります。 恋愛は駆け引きは必要がないと感じていたり、損得でパートナーを選ぶものではないといったような考えの持ち主が、このような定義を付き合うということと捉えていることが多いです。 ちなみに慈しむというと、さも自分よりも弱い存在に情けを掛けるといったような感覚に思われがちです。 相手を下に見るため、あまりよろしくない感情だと考えている方も多いですよね。 しかし、仏教的な観点から言えば、お釈迦様の愛のあり方のことを示したものが「慈」という漢字だとされています。 まさに損得ではなく、パートナーを愛することが付き合うことと思っているなら、これほどに大切にされる恋愛もないと言えるでしょう。 所有すること そして、付き合うことは所有をすることと捉えている男性も存在しています。 所有をするといえば、なんだか物のように思われているようで、不快な感情を持つ方もいらっしゃることでしょう。 しかしながら、この所有欲という欲求は、男性が男性であるがゆえの独占欲やプライドの表れとも言われています。 これも前述で紹介した本能のレベルでインプットされている感情です。 その昔、男性の仕事といえば、狩猟でした。 生きていくために、獲物を追いかけ、捕らえる。 苦労をすればするほど、強ければ強いほどに捕獲した時の喜びは大きいものです。 これを一説では狩猟能と呼んでいるのですが、狩猟をしていない現代男性にも、この情報がインプットされています。 狩猟が上手な男性は、その時代には、当然にパートナーとして重宝されたわけです。 つまり、自分の能力が高いことを見せつけることにより、異性から求められていた。 この名残から男性のアピールといえば、自分はこんなにすごいんだという自慢話や武勇伝などが多くなるわけです。 恋愛というのも、追いかけることに意義があると思っている男性が多いため、結果、付き合うということは、獲物を捕まえること。 つまり所有するといった独占欲を満たすことで成立すると考えているのです。 さらけ出すこと 男性が考える付き合うの定義として最後に紹介するのは、さらけ出すことです。 前述で少し触れましたが、男性というのは、プライドが高い生き物です。 自慢話や武勇伝を語り、尊敬されたい、すごい人だと思われたいという欲求を持っています。 そもそも男性というのは、人間関係を上下に見ていることが多いものです。 そして上下関係の中で、自分がなるべく上にいたいと考えます。 自分が上の立場にいるためには、弱みを見せてはいけないと考えます。 失敗した姿や情けない姿。 泣いている姿を見せることなど持っての他と考えているのです。 しかし、付き合うパートナーに関しては、この法則は当てはまりません。 むしろ、他人に対しては決してみせない本当の自分の姿をさらけ出せる相手だからこそ、付き合っている関係と考えます。 一人の時以外は、特に弱みを見せず、ずっと気を張って無理をしている状態でいるわけですよね。 なので、恋愛相手の前くらいその気張っている状態を開放したいと思うのは当然です。 パートナーといる時まで、気をはらなければならない状態になるなら、仕事をしている時などと変わらないことになります。 そんな関係なら、一緒にいる意味もなくなってしまうと考える男性は多いのです。 ですから、「付き合う=さらけ出す」ことになるのです。 女が思う「付き合う」とは 男性には男性特有の考えがあるように、男性からはあまり理解されない女性特有の恋愛感情というものが存在します。 代表的なことは、甘え方などが挙げられますね。 女性が突拍子もない要求を出してくるのに応えられないと、先程まで笑っていた態度が急変し、デートを途中で投げ出し、帰るなんてことも珍しくありません。 こういったことと同じように、女性にとっては、女性なりの付き合うという意義や意味があるものです。 ここではそれを紹介していきましょう。 後悔したくないこと まず紹介するのは、後悔したくないことと捉えているケースです。 一般的に恋愛関係において女性からアプローチをすることは稀です。 基本的には受け身の状態で恋愛関係がスタートすることがほとんどになります。 現代では、肉食系女子などが誕生し、男性顔負けに自分からガンガンとアプローチを掛ける女性も多いようです。 しかし、割合からいえば、男性からのアプローチを待つ女性が圧倒的です。 女性は選ぶ側になります。 男性から受けたアプローチに対して、付き合うことに価値があるのか、後悔をしないのかなど、様々な考えを巡らせ、了承するのか断るのかを決断するのです。 その中で付き合うという決断を下す大きな条件としては、後悔したくないかどうかが挙げられます。 その時受けたアプローチを拒否してしまって後悔しないかどうかが重要なのです。 女性はその気になれば、どんな男性とでも恋愛関係を築くことが出来ます。 例えていうなら、いくら彼氏が出来ないと嘆いている女性がいたとしても、それは自動販売機の前に立ち、どれにしようかなと迷っている状態と同じといえます。 その気になればいつでも作れるけれど、付き合ったことで後悔をしたくない。 逆に付き合わないことで後悔したくないかどうか、が重要視されているのです。 考えないこと 次に考えないことと定義している女性も多いようです。 これはどういうことなのかというと、色々と条件などを加味して考えると、恋愛への一歩が踏み出せないと考えていることになります。 女性というのは、初対面の段階から、様々なことをチェックしています。 イケメン好きな女性も多いですが、顔の作りばかりではなく、身につけている時計などの小物などもチェックし、経済力があるのかどうか。 センスがあるのかどうか。 浪費癖があるのかどうかなどを判断します。 他にも話し方や会話の内容で、内面を探り、浮気癖がありそうなのか、男尊女卑の考えを持っているのかを想像するのです。 しかし、これらのことを考え、全ての条件を満たす男性としか付き合わないとなると、かなり低い確率であり、いつ成就できるかどうかも分かりません。 このため、付き合うこととは、そういった条件を考えないことと定義している女性も多いのです。 アレやコレやと考えず、その場の直感でパートナーの誘いを了承する。 そうしていかないと、恋愛なんていつまで経っても出来ないと考えるわけですね。 昭和の時代ならまだしも、現在では、付き合ってみてダメならまた新しい恋にというドライな考えを持っている女性も少なくないようです。 相手を惚れさせること 次に紹介するのは、相手を惚れさせることという定義です。 女性の場合、やはり恋愛は惚れさせてなんぼと思っている方が多いです。 なぜかといえば、好きになってもらい、いつまでも追いかけてもらえないと、不幸な目に遭ってしまうと考えるから。 昔から「惚れた女の弱み」なんて言葉がありますが、まさしく惚れさせることによって大きな力を持つという考えがあります。 こういった考え方は、恋愛などを勝負のように考えてしまっている方がほとんどです。 誘ってしまったら負け。 体を簡単に許してしまったら、恋愛のパートナーではなく都合の良い女としてカテゴライズされてしまうから負け。 このように考えているのです。 どちらかといえば、婚約指輪は給料の三ヶ月分じゃなければ嫌だとか、年収は最低でも1000万円以上じゃないと結婚が出来ないといった前時代的な考えを持っている女性に多い傾向があります。 ただし、やはりガンガンと女性側から惚れてしまい、アプローチをしていくと、都合良く使われて捨てられるというケースが多いのも事実です。 釣りのようなもの 付き合うとは、釣りのようなものと考えている方も女性の中では多いです。 前述に挙げた惚れさせるといった考えの方と、同じ系統の定義と言えるでしょう。 釣りとは、狙った魚のいる場所に、狙っている魚が大好物だと思っている餌をつけて食いつくのを待ちます。 波の状態や天候、深さといったもので釣果が違ってきます。 このため、ハマってしまう方も多いもの。 餌の違いや重りの違い、針などが違ってくれば、釣れる魚の種類も違ってきます。 非常に奥深い趣味であり、海外ではスポーツとして捉えているところもあるくらいです。 恋愛を釣りだと捉えている女性は、まさしくこのような感じで、ターゲットとなる男性の好みそうなファッションやメイクをし、性格も演じて見事に釣り上げるといったことと捉えているわけです。 施されること 最後に女性が考える付き合うの定義の一つに、施されるものと捉えているケースです。 施されるとは、施すの受身形です。 これは典型的な女性脳からの発想と言えるでしょう。 自分からはアプローチをしないし、好きだという感情も発しない。 愛情をもらうことであり、金銭や物品なども与えてもらえるもの。 このように考えているのです。 一見すると、わがままのように思えますが、基本的には、完全に受け身の状態になるわけです。 つまり、パートナーとの関係の主導権は相手に握ってもらっているわけです。 それは、幸福になるのも不幸になるのも相手次第という他力本願な考え方になります。 こういった考え方を持っている女性は、結婚をしても専業主婦として旦那さんに食べさせてもらうという昭和以前の女性が当たり前に持っていた思考の方が多いようです。 男が思う「付き合う」から結婚への移行は 付き合うという定義も、さまざまな意見が挙げられます。 そして、男性が付き合う段階から結婚へと移行しようとする瞬間や理由についても、沢山の意見が寄せられていますね。 ここでは男性が恋愛関係から、結婚を決意する瞬間の思考について紹介していきます。 勝利 まずは勝利です。 これは高嶺の花と考えている女性にプロポーズをし、それを了承してもらった時に感じる思考です。 恋愛というのは、最終的な結末は別れになります。 ですから、いくら自分が独占したいと思っていても、恋愛の状況では、いつ別れが来るのかと戦々恐々としているものです。 しかしながら、結婚の場合には、離婚率が高くなったとはいえ、恋愛の別れのように簡単に結論を出すことはないと考えるわけです。 つまり、結婚を了承してくれた時点で、勝利したと感じる男性が存在するのです。 名誉 次に紹介するのは名誉です。 これもパートナーのことを魅力的に感じていて、結婚についてポジティブに捉えている男性が感じる思考になります。 女性というのは、そもそもが選ぶ立場にあり、男性は選ばれる立場であると考えている方の典型的な思考です。 数多く存在しているライバルの中から、自分の結婚の申し出を受けてくれたのだから、それは名誉なことであると考えるわけです。 これは完全に女性のことを自分と同じ立場、もしくは上の立場と考えているタイプの男性です。 そんな男性は、結婚後も大切にしてくれる可能性が高いタイプといえるでしょう。 墓場 昔から言われているのが、結婚は人生の墓場だと考える男性の思考です。 結婚をすることによって、自分の稼ぎは家庭に入れなければならず、自由に使うことができなくなる。 また、飲みに行きたくても、遊びに行きたくても、家庭のことが優先されるので、好き勝手に出来ない。 自分が頑張って稼いできた財産も、妻との共有財産になってしまい、半分は妻のものになる。 理想の女性が目の前に現れても、おいそれをアプローチをすることができなくなる等々。 結婚をネガティブに考え、それまでのさまざまな自由を失うという典型的な思考になります。 年貢の納め時と諦める方もいますが、我慢ができずに爆発してしまうケースもあるため、離婚に至るパターンも少なくありません。 妥協 最後に紹介するのは、妥協という考えです。 これは経済的にも、恋愛経験もある程度に余裕がある男性が持つ思考です。 ここら辺で妥協をしておかないと、この先結婚のチャンスはないかもしれない。 パートナーと自分との魅力バランスが、丁度よいくらいだと冷静に判断できているため、妥協という決断をするのです。 一見すると相手を下のように見ていて失礼と思うかもしれません。 しかし、そのパートナーと自分とは同じくらいと判断しているため、自己評価は決して高くはないということの証明なのです。 女が思う「付き合う」から結婚への移行は 男性が結婚について、さまざまな思考を持っているように、女性も結婚に対しては、それぞれの意見を持っています。 男性の墓場や妥協というようなネガティブに取れるような意見と比較すると、ポジティブなものが多そうなイメージがありますよね。 果たして前向きな意見が多いのでしょうか。 退職 まずは退職です。 これは、典型的な女性の考えです。 結婚=パートナーのサポートに徹するという考えであり、それをきっかけに退職しなければならない。 もしくは退職出来るといった考えになります。 近年では、夫婦共働きというケースも珍しくありません。 それに、憧れの職業に就いたのだからと、仕事と家庭の両立を望む女性も多いのです。 家庭に入り、旦那さんと子育てに励みたいと考えている女性がこういった思考を持つようです。 幸せ 次に「幸せ」です。 やはり恋愛関係では、拘束力がありませんが、結婚はいわゆる契約です。 お互いの何の保証もない付き合いの段階と比較すると、結婚は、お互いの家庭も含め、社会に夫婦として認められることになります。 ですから、名実共にパートナーとの関係を保証されているようなものですから、幸せと感じる女性が多いようです。 結婚や結婚生活を前向きに捉えている女性が考える思考の典型と言えるでしょう。 自慢 次に紹介するのは「自慢」です。 やはり近年では、結婚したくても出来ない、踏み出せないという女性が多いことも事実です。 特に経済力や社会的な地位が高い男性や、名誉を受けている男性との結婚が決まったのであれば、それは自慢出来ると感じても不思議ではありません。 やはり一人の男性の生涯のパートナーとして認められたという事実は、自慢したい気分になっても理解出来ます。 結婚をしたくても相手からのアプローチがなく出来ない。 もしくは、さまざまな事情があり、踏み出せないという女性が多い一方で、結婚を成就することが出来るわけです。 自慢に感じてしまうのは、致し方ないといえるでしょう。 安心 次に紹介するのは安心です。 独身で終わることがなかった。 これでリストラなどのリスクから開放され、安定して生活をしていくことが出来るなど、さまざまな安心感を得られるものです。 女性として生まれてきた以上、家庭を築き、子孫を残すというのは、生物としての存在意義のようなものです。 家族や親類などからも、独身を通していると、多くのプレッシャーを与えられることも少なくありません。 パートナーの評価は別にして、ある男性から必要とされ、生涯の伴侶として求められたという事実は、高い安心感につながるのは当然と言えるでしょう。 生きがい 最後に紹介するのは、生きがいです。 これは前述にも紹介しましたが、女性としての存在意義を満たしてくれる状況が、プロポーズをされ、結婚をするといったことで満たすことが出来るからです。 そもそも生物の存在意義は、自身とパートナーの遺伝子を後世に残すことにあります。 独身の状態でも、これを満たすことは可能です。 しかしながら、その成功率や幸福度を考えた場合、結婚をすることが前提になります。 つまり、幸せな結婚をすることこそ、生きがいと感じている女性が多いのです。 恋愛に関するコラムが読めるサイトを紹介 現代では、インターネット環境の発達から、恋愛に関してのコンテンツを豊富に閲覧することが出来る時代です。 これまで、友人くらいにしか相談できなかったことでも、検索エンジンに疑問に思っていることを入れてリサーチするだけで、ノウハウを筆頭として、実際の失敗談や成功例を把握することが出来ます。 ここでは、恋愛コラムを閲覧できるコンテンツを紹介していきます。 motejo 最初に紹介するのは、motejo(モテージョ)です。 女性の中で興味や関心の高い占いや、各地のデートスポットの紹介。 付き合うための他にも自分磨きの方法。 他にも恋愛に関して、多くの女性が気になるような恋愛依存症の克服方法などのノウハウコラムなども大量に掲載されているコンテンツです。 恋愛ユニバーシティ 次に紹介するのが恋愛ユニバーシティです。 独自の恋愛理論を紹介しており、オンラインでの恋愛相談から、電話相談サービスまで提供しているコンテンツです。 また、恋愛のジャンルでヒット作を連発している人気ベストセラー作家のインタビュー記事なども掲載しています。 モテ女子になりたい方には必見のコンテンツですよ。 ウーマンエキサイト ウーマンエキサイトは、どちらかといえば、シングルマザーや結婚をしている主婦などをターゲットにしているコンテンツです。 ママになるのは皆さん初めてです。 ママ友との付き合い方や、食事の時短メニューまで、ミセス向けの情報が幅広く紹介されています。 付き合うについて、ゆっくり考えてみよう 「付き合う」ということについてさまざまな観点から、説明をしてきましたが、いかがだったでしょうか。 男性が考える恋愛や結婚への考え方。 女性との相違。 一昔前の恋愛に対しての常識と現代人の常識との違いが分かったと思います。 どちらが正しいと言いたいわけではありません。 昔の考えが良いと考える方もいれば、現代の考え方が自分には合っていると感じる方もいらっしゃることでしょう。 しかしながら、幸福になるために、今一度、付き合うということについて、深く考えてみるのも一つの選択肢ではないでしょうか。

次の

付き合う前に即確認!彼と相性がいいか分かる質問4つ

異性 と 付き合う 上 で 大切 な こと

異性と付き合うっていうのはどういうことですか? ただ、なんとなくお互い好きだから付き合う~ って言うのは変なことですかね・・? 付き合うって言うのはお互い好きな上で 好きじゃなくてもいいならそれでもいいですけど どうしていくことを言うんでしょうか? 付き合って何をすればいいんですかね? 遊園地行って楽しかったねー みたいなのもありだとは思いますが恋人でなくても楽しければいいんじゃないかって思っちゃいます。 どう付き合っていくことが、将来のパートナーにすべき相手か判断するためになるというか? 将来のパートナーにふさわしい相手になる、育てる、みたいなことにつながるんでしょうか? 今、彼女がいます、本当に好きです。 何で付き合ってるの?と言われたら「好きだから」これってなんなの?って思いますよね・・ 付き合う意味ってどんなものでしょう><?? 別れたいとかそういう話じゃないです。 『付き合う』って言うのは、ただの言葉一つなんです。 セフレでも、結局やってる事は同じなのに、『付き合おう』って言葉がないから、彼氏彼女と呼べないだけで。 >付き合って何をすればいいんですかね? 一人では出来ない事(喧嘩やセックスやお洒落なお店での食事など)だったり。 あと、気持ちを共有する事もそうですね。 楽しい事、嬉しい事、悩みや悲しかった事を分かち合う。 映画見て一緒に泣いたり、綺麗な夜景を見て一緒に感動したり。 そうして何でも一緒に、そして特別な存在として付き合ってくのが、真剣な『付き合い』って事なんじゃないかな。 >どう付き合っていくことが、将来のパートナーにすべき相手か判断するためになるというか? 価値観って、どれだけ好き合ったとしても、結局理解できない事が沢山あります。 それを許せるか、または譲り合えるかが判断材料ではないでしょうか。 >何で付き合ってるの?と言われたら「好きだから」これってなんなの?って思いますよね・・ 人を好きになると、生きてる間の時間を少しでもその人と分かち合いたいって思ったり、彼氏彼女じゃなければ、他の異性の所に行ったって文句も言えないじゃないですか。 だから、そういう事を言えるその人だけに許された、いわば特権みたいなものなんじゃないかなって思います。 でも結局、頭で考えるよりもご自身が心で感じる事が一番ですね。 限られた中で沢山の時間を彼女さんと分かち合えるといーですね。 過去にも似た質問がありましたけど… お互い好きなのは前提で。 将来のパートナーと考えるには好き意外にも色々加わるかと思います。 私は今結婚を考えてる相手と付き合っていますが… お互い相手に感謝出来る気持ちがあります。 それは相手がいることによって満たされていて、相手がいるからこそ頑張れるからでしょうか…。 誰よりも素直になれるのもありますし…。 もちろん他人ですから、こう言うとこは嫌だなぁみたいなとことかあって。 でもそれを伝えると直してくれたり。 歩み寄れる… 自分が自分が!って楽ですけど、そうじゃなくて自然と相手を労ってその人のためを思えたり… 私は今の彼と出逢って、思いやりが増しました。 そして、私を人間的に丸くしてくれたのが彼です。 離れていても不安どころか満たされる気持ちが大きくて、相手のために良くなることをしたいとか尊敬できるので見習おうとしたりとか言う気持ちが無意識に生まれています。 結婚の話を出したのは彼からですが、今の彼なら苦労しても何があっても笑って進めるな…泣いていても私を笑顔にさせてくれるな…と言う確信が私自身にもあります。 A ベストアンサー 付き合うということは、 その他自分に関わる人間関係の中で、 最も深い関係になりたいという決意の表れ、 でしょうか。 最も特別な存在として、相手を認めます、 ということでしょうか。 でも、相談者さまがおっしゃるように、 長い人生のうちで、ちょっとした時間だけをある人に費やす ほどの意味合いでしかない、という人はいるのでしょう。 個人の嗜好に口応えしにくくなった社会でありますので、 気に食わない付き合い方をしていても、人それぞれで片付けられてしまいます。 そんなこともあり、また他人よりも自分のことを振り返るという意味で、 「付き合うとはどういうことか」、「どう相手と付き合おうか」と考えてみては?? Q 彼氏が「ホテル行かない?」と言って彼女が「いいよ」と返事をする。 皆さんはこんな会話をした事がありますか? 現在の結婚相手、もしくは昔付き合っていた人とセックスをしたい事を意思表示する会話をした事がありますか? 男は女性とキスをしたい、エッチをしたいと思う性的な欲求を持っていると思います。 女性を大事にしたいと思う気持ちと早くエッチをしてみたいと思う欲求が頭の中を駆け巡っていると思います。 女性の気持ちはどうなのでしょうか?男性と違い一緒に過ごす時間を重視ているのでしょうか?会話を楽しみたい、一緒に楽しく食事をしたい、一緒の部屋にいる事が好きなどを重視しているのでしょうか? デートを重ねるとお互い気を許したり、信頼関係が生まれると思います。 そして恋愛感情も深まると思います。 そうなると自然に男女の関係になると思います。 その男女の関係になる時は男性から声を掛ける事が多いのでしょうか?食事の帰りに「ホテルに行かない?」、家でキスやハグをしている雰囲気でセックスに至るなどでしょうか? どの位の交際期間で男女の関係になるのでしょうか? 女性はデートする事に「今日は何かあるかもしれい」と思ってデートに出かけたりしますか? 男性は「今日はエッチしてみたい」と持って出かけたりしますか? 彼氏が「ホテル行かない?」と言って彼女が「いいよ」と返事をする。 皆さんはこんな会話をした事がありますか? 現在の結婚相手、もしくは昔付き合っていた人とセックスをしたい事を意思表示する会話をした事がありますか? 男は女性とキスをしたい、エッチをしたいと思う性的な欲求を持っていると思います。 女性を大事にしたいと思う気持ちと早くエッチをしてみたいと思う欲求が頭の中を駆け巡っていると思います。 女性の気持ちはどうなのでしょうか?男性と違い一緒に過ごす時間を重視ているのでしょうか?会話... A ベストアンサー 主婦です。 「どれくらいの期間」というのは、人によってマチマチでしょうが、歳を取る連れセックスに至るまでの期間が短くなる傾向にはあると思います。 質問者様は、女性がセックスまで時間を置きたい理由に「セックス以外で一緒にいる時間を大切にしたいから」の様な事を考えていらっしゃる様ですが、女 特に若いコ の本音はちょっと違う所にあるかもしれません。 『あんまり早く身体を許して、軽い女扱いされたくない』 『付き合う前にセックスをすると、遊び用の女に格下げされる』 って理由も多いんじゃないでしょうか。 ちなみに私は、セックスしてから付き合った事しかありません。 でも、どの元カレも長く付き合ったし、大切にしてくれました。 始まりなんて、付き合っちゃえば関係ないですから。 私がまずセックスをする理由ですが、セックスをしないとその男の本質が分からないからです。 男性は、好きな女性ができたら付き合う為にあのテこのテで頑張ってくれます。 素敵なお店を予約してくれるし、気を遣ってくれるし、プレゼントをくれるし、とにかく最善を尽くしてくれます。 …が、それじゃその人の「素」が見えなくて、正直つまらないんです。 取り繕った姿を鵜呑みにしたら、付き合ってから「こんなだらしない人じゃなかったのに」ってなりますから。 男性は一回こちらが身体を許すと油断する傾向にあります。 だから、さっさと化けの皮を剥いでやりたくてセックスします 笑 …気取った顔よりも、無事にセックス出来て、安心仕切って眠りに落ちた時の素の顔 ちょっとバカ面w の方がカワいくて好きなんです。 セックスに至るタイミングは、キスした時に彼が舌を入れて来たら、『興奮してます』サインにちょっとだけ「んっ…」て息継ぎします。 もう、あとは説明いらないですね 笑 主婦です。 「どれくらいの期間」というのは、人によってマチマチでしょうが、歳を取る連れセックスに至るまでの期間が短くなる傾向にはあると思います。 質問者様は、女性がセックスまで時間を置きたい理由に「セックス以外で一緒にいる時間を大切にしたいから」の様な事を考えていらっしゃる様ですが、女 特に若いコ の本音はちょっと違う所にあるかもしれません。 『あんまり早く身体を許して、軽い女扱いされたくない』 『付き合う前にセックスをすると、遊び用の女に格下げされる』 って... A ベストアンサー NO.7です。 私が今の彼と付き合っていてつくづく思うのは、人って自分の思うようにはならないということです。 私には私の理想の付き合い方があるように、彼には彼の理想の付き合い方があります。 例えば、私は毎日でも連絡したいし、少なくとも週1は会いたいし、二人の休みが合ったときは一緒に過ごしたいし…などなど理想は尽きませんが、 私の彼は、連絡は会う約束をするときぐらいでよくて、会うのも2週に1度程度でよくて、二人の休みが合ったからと言って別に一緒に過ごさなくてよい…というのが理想と思っているように感じます(実際に聞いたことはありませんが…) そんな二人がお互いの理想を押しつけるだけではうまくいくはずがないと思っています。 そんなに我慢してまで付き合う必要はあるのかと言われればないのかもしれませんが、私は彼が好きで必要なので別れるなんて考えられません。 だからがんばっています。 例えば、 ・連絡が来ないとき、文句を言いたい気持ちを言い換えて「連絡してくれたらうれしいな」という言葉にしてメールや電話で伝える ・連絡してくれたときに、連絡してきて当然という態度ではなく、感謝の気持ちをもつ …などなど、本当は文句を言いたかったり思いきりふてくされたりしたいところを我慢して、前向きな表現に変えるようにしています。 〉電話で別れを告げたところ、がちゃ切りされました これは質問者様のことを好きなら相当ショックだったと思いますよ。 逆の立場で考えてください。 私も相手から電話で別れを告げられたら同じことしますよ。 〉でもその次の日、何事も無かったかのようにいつもよりやさしいメールが来て、仲直りしました。 ここから質問者様への思いを感じます。 相手の方も、自分の気持ちを分かってもらいたいのに分かってもらえず、それでも質問者様とは別れたくないと思っているのでしょう。 相手だっていっぱいいっぱいの感じがします。 それなのに… 〉あそこまで言わなければ、わかってもらえないのかと悲しくなりました。 私から言わせてもらえば、別れを告げた質問者様の方に問題があると思うのに、メールをしてくれるなんてとても優しい方と思います。 ここで本当に別れていたとしたら、それこそ今頃質問者様は激しく後悔していたと思いますよ。 そうさせなかったのは相手の優しさ・質問者様への思いです。 自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちを考えるということをがんばってほしいです。 疑う気持ちは痛いほど分かります。 でも、寂しいとか辛いとかそういうことばかり言っていたら、相手だって「自分とは一緒にいない方がいいのではないか」と思ってしまいますよ。 相手は十分質問者様のことが好きだと感じました。 だから、相手の気持ちをもう少し信じてあげてください。 NO.7です。 私が今の彼と付き合っていてつくづく思うのは、人って自分の思うようにはならないということです。 私には私の理想の付き合い方があるように、彼には彼の理想の付き合い方があります。 例えば、私は毎日でも連絡したいし、少なくとも週1は会いたいし、二人の休みが合ったときは一緒に過ごしたいし…などなど理想は尽きませんが、 私の彼は、連絡は会う約束をするときぐらいでよくて、会うのも2週に1度程度でよくて、二人の休みが合ったからと言って別に一緒に過ごさなくてよい…というの... A ベストアンサー 彼と同年代の独身男性です。 質問が抽象的なのですが、質問文や他の回答者さんの回答から考えて、2つの観点で回答します。 (1)付き合うことの意味 三十を越えていれば相応に経済力もあり、独身であることにマイナスのイメージを持っていないならば、充実して生活しているでしょう。 ですので「一人でも幸せに生きていけるが、二人で生きていければより幸せになれるだろう」という考え方になります。 つまり、付き合うことの意味付けに「結婚」「子供」が重要でないのです。 「子孫を残すため」ではなく、「自分(達)が幸せであるため」に付き合うのだと思います。 かくいう私もそういう考え方です。 「相手を自分にとって特別の存在であると感じ、また相手もそのように思っていてくれていることを確認しあうこと」が付き合う意味であり一番重要で、「結婚」「子供」は付き合っていくなかでの副産物でしかないと考えています。 長く付き合っていく上で「結婚」している方が二人にとってベターであると感じれば結婚し、二人の関係を子供中心にするのではなく子供がいることが二人の幸せにプラスされると感じるなら「子供」が欲しいと思うのでしょう。 三十を越えて独身でいる人は、「したかったけどできなかった」人と「ただしなかった」人がいるかと思いますが、後者の人は特にそういう傾向が強いと思います。 また前者であっても、友人達の結婚ラッシュも終わり周りからのプレッシャーが弱くなり、開き直って趣味に走る人もでてきます。 yuukocchiさんは26歳、これから20代の後半に差し掛かり友人の結婚や周りからのプレッシャー、若いうちに出産したいという思い等で「結婚」への願望が強くなることが予想されます。 かたや彼は31才、付き合う上での「結婚」への意味づけが弱くなっていくかもしれません。 31才男性と26歳女性の付き合い、「結婚」に対する価値観の違いでこれからもめやすいのでは、と感じます。 (2)付き合い方 学生と違い毎日会ってってことはないでしょう。 職種にもよりますがとりあえず週末(お互いの趣味の度合いによって毎週末か隔週か月一かは分かりませんが)に会って時間を一緒に過ごすというのが一般的なのではないでしょうか。 付き合って一ヶ月ということなので同棲には早いでしょうが、付き合いが長くなればそういう話もでてくるかもしれません。 私の出会った三十を越えて独身でいる人たちは男女関係無く、自分のやりたいことと、付き合うことや結婚することがぶつかった場合には、やりたいことを優先するタイプでした。 正直に言いますと#2さんの「通常」という言葉の使い方にちょっと引っかかっています。 「結婚」「出産」にいたることが付き合う上での「通常」でない場合があること、もしかしたらyuukocchiさんの彼氏がそうであるかもしれないことは念頭に入れておいても良いかと思います。 お二人がいい関係を築けるといいですね。 彼と同年代の独身男性です。 質問が抽象的なのですが、質問文や他の回答者さんの回答から考えて、2つの観点で回答します。 (1)付き合うことの意味 三十を越えていれば相応に経済力もあり、独身であることにマイナスのイメージを持っていないならば、充実して生活しているでしょう。 ですので「一人でも幸せに生きていけるが、二人で生きていければより幸せになれるだろう」という考え方になります。 つまり、付き合うことの意味付けに「結婚」「子供」が重要でないのです。 「子孫を残すため」で... Q こんにちは。 何度もお世話になってます。 彼と付き合って、半年以上経ちます。 最近彼と付き合う意味について考えるようになりました・・・。 彼とは会う頻度は月1~2回で、連絡は1週間に1回あればいいほうです。 というか、会う約束をするときに連絡すると言ってもいいかもしれません。 会うときはほとんど彼の家です。 元々、彼も私も連絡をあまりする方ではありません。 私は相手に合わせてしまって、「迷惑かな」とか 「彼がしないなら私もしなくていいのか、必要じゃないのか」とか 思えて、連絡を控えてしまいます。 でもそうすると、会わない期間、連絡しない期間も長くなって、 なんのために付き合ってるんだろう? 彼と付き合う意味って何なんだろう? ってすごく考えてしまいます・・・。 会う、連絡する=付き合うこと だけではないとは思っています。 会う頻度、連絡する頻度は人それぞれだと思います。 でも、彼のこと好きという気持ちはありますが、彼のどこがいいのかとか聞かれると答えられません。 2人が付き合うのって、お互い尊敬できる部分があるからとか、 相手のおかげで自分も向上できる部分があるからとかって必要ですか? 私は今の彼にはそんなこと感じることがありません・・。 彼と話しているとき、一緒にいるときは楽しいです。 でももしかして彼じゃなくてもいいのかな・・・とか思ったりします。 それを言ってしまったら終わりかもしれませんが・・・。 こんなこと思うのは変ですよね・・・。 こんな状態でいるのなら、もう別れた方がいいでしょうか? 私がこんなこと考えるのはやっぱり今の状態に不満があるからでもありますよね・・・。 彼と話し合った方がいいとも思いますけど、彼に直接 「何のために付き合ってるの?」 とか聞いてもいいんでしょうか? やっぱり傷ついたりしますか? わかりにくい文章でごめんなさい。 よろしくお願いします。 こんにちは。 何度もお世話になってます。 彼と付き合って、半年以上経ちます。 最近彼と付き合う意味について考えるようになりました・・・。 彼とは会う頻度は月1~2回で、連絡は1週間に1回あればいいほうです。 というか、会う約束をするときに連絡すると言ってもいいかもしれません。 会うときはほとんど彼の家です。 元々、彼も私も連絡をあまりする方ではありません。 私は相手に合わせてしまって、「迷惑かな」とか 「彼がしないなら私もしなくていいのか、必要じゃないのか」とか... A ベストアンサー 本当に「付き合っている」と感じられる相手と出会った時には、 そんな風に色々悩むことはないんですよ。 悩むということ自体、その彼と質問者さまは合わない、ということなんだと思います。 相手のおかげで自分が成長しているかどうかを考えるより先に、 「あぁ、この人といると本当に成長できる」と感謝の気持が沸いてくるものです。 「なんのために付き合っているんだろう」と感じる前に、 「この人と一緒にいられるなんて本当に幸せ」と感じます。 私も独身時代はずっと質問者さまのような感じでした。 でも今の夫と出会い、それまで「付き合っていた」と思い込んでいただけだった ということに気づきました。 夫はそれまでのどの男性とも違っていて、 私は毎日、彼の「彼女」という立場でいられることを本当に感謝したものです。 小細工無しに、思うままを口にするだけで相手も同じ事を考えているのがわかり、 何を話しても何をしていても本当に楽しい毎日でした。 もちろん結婚後もそれは続いていて、今年で4年目になりますが こんなに気が合う人っているんだ、と今でも驚きの連続です。 連絡すると迷惑かな?と考える気持ち、よくわかるのですが、 質問者さまは彼から連絡をもらうと迷惑ですか? きっと迷惑どころか嬉しいですよね? 彼もきっと同じですよ。 「声がききたくて」「元気かな? と思って」 といわれたらきっと喜んでくれると思います。 そういう素直な気持を押さえ込んでしまっているから、 相手も素直になれずにいると考えた方が良いと思います。 気を使う人と一緒にいるとこっちも気を使いますよね? 逆に素直で明るい人と一緒にいるとこちらも素直になれますよね。 不満を持っているのは彼も同じかもしれません。 まずはご自分に素直になって、会いたい時に会いたいと言ってみる。 それを彼が嫌がるようなら質問者さまとその彼は合わないと考えて 別れるのも良いでしょう。 どちらかが無理することこそ 付き合う意味はないと思いますから。 でも、そこで喜んでいてくれるようなら、今度は 「家じゃなくて、新しく出来たカフェに行ってみない?」と 誘ってみませんか?向こうから誘われるのを待つだけでは 彼も嫌になるのは当然です。 付き合うというのはお互いにとって 楽しくなくちゃ意味はないですよね。 ただ、そんな風に行動するのも面倒だと感じるようなら 別れることをお勧めします。 どんなに好きでもお互いのフィーリングが 合わなければ上手くいくものではありませんから。 質問者さまが等身大で素直に行動できる男性はきっといますよ。 本当に「付き合っている」と感じられる相手と出会った時には、 そんな風に色々悩むことはないんですよ。 悩むということ自体、その彼と質問者さまは合わない、ということなんだと思います。 相手のおかげで自分が成長しているかどうかを考えるより先に、 「あぁ、この人といると本当に成長できる」と感謝の気持が沸いてくるものです。 「なんのために付き合っているんだろう」と感じる前に、 「この人と一緒にいられるなんて本当に幸せ」と感じます。 私も独身時代はずっと質問者さまのような感じでし... Q 女性です。 (恋愛経験浅め) 男性の心理で実際にきいてみたいことがあります。 質問、「男性は本気で好意をもった女性には、すぐにセックスを求めない」とよくきくんですが、 これって実際どうなんですか? 好きならHしたいと思うのは自然なこと、 ただ、本当に好きな女性だから大切にしたい。 (本気で好き=相手を思いやる気持ちがある) とか、 すぐに求めるのは嫌われそう(それが目的と思われそう、ガツガツしてそう)だから… つまり本当に好きだからこそ嫌われたくない、などの考えは確かに納得できます。 でも、 では逆に、互いに意識するようになって日は浅いけれど、もしくは正式に付き合う前に、抑えきれずにHになだれ込んでしまった(温度差はあったとしても、もちろん相手の女性の合意のもと) というようなケースは、その相手の女性は男性にとって少なくとも「本当に好きな」相手ではない、 と理解したほうがいいということですか? 例えば、男性がずっとその女性にずっと想いを寄せていたとしていて、 最近その女性と運よく近づけて……、さらに運よくいいムードになって…(強引な展開は大目にみてください)などといった場合でも、 それでも、チャンスに乗じてすぐ手を出してしまうような男性ならば、 その男性の「好意」は本物ではない。 単なる遊びの延長、体目当てと思われてもしょうがない、 ということになるのでしょうか?(許してしまう女性への意見もあるでしょうが、今は置いといて) 男性と女性の気持ちにまだ温度差があるものの、男性が盛り上がってしまい、 女性が拒否しきれず、しかたなく(?)、という場合はとくに、 あまり相手の女性のことを考えていないかもしれないという点で、 確かに自己中心的で、その男性の想いには相手への思いやりがない=愛ではない とスッパリ言ってしまえばそれまでですが、、それだけで割り切れるものなのか… 「本気」とは「愛」とはなんぞや、とか「好意」に本物、偽物があるのかと言い出すと、議論が違う方向にいきそうですが、そのあたりはおおらかに考えてくだされば… なにはともあれ、実際に男性の意見、経験談、きいてみたいのです。 もちろん女性の方も、お願いします!! 女性です。 (恋愛経験浅め) 男性の心理で実際にきいてみたいことがあります。 質問、「男性は本気で好意をもった女性には、すぐにセックスを求めない」とよくきくんですが、 これって実際どうなんですか? 好きならHしたいと思うのは自然なこと、 ただ、本当に好きな女性だから大切にしたい。 (本気で好き=相手を思いやる気持ちがある) とか、 すぐに求めるのは嫌われそう(それが目的と思われそう、ガツガツしてそう)だから… つまり本当に好きだからこそ嫌われたくない、などの考えは確かに納得できます。... A ベストアンサー 30代後半既婚です。 まず、男は基本的にHをしたがり、体が目的です。 好き嫌いは関係ありません。 相手が素敵な女性ならなおさらです。 バカな男はこのリスクに気がつかず、すぐHを求めます。 なので、賢い男性かつ、大切に想われたい人と付き合いたいなら早期にHを求める男性は避けるのが正しい選択です。 賢い男性が女性を好きになると、Hをするためにその女性に尽くします。 ご質問にありますが、賢い男性や、誠実な男性でも「過ち」はあります。 誠実な男性は、成り行きでHしてしまうと、つじつまあわせに尽くすようになります(根が誠実ですから)。 過ちか作戦かの見極めは難しいかもしれません。 男の「好き」は「Hが好き」と聞いたほうがいいです。 (男性諸氏、暴露ご容赦)。 誠実か否かは、相手が好きか否かとは無関係な人間性の評価です。 ただし、「恋は盲目」なので、「恋」をすると評価を誤ることがあります。 正しい評価をしようとすると「恋」はできません。 「恋」は、評価を抜きにして相手に飛び込むことが醍醐味です。 損得ではなく、「好きになったもの勝ち」でしょう。 質問者様に良い出会いがありますように。 30代後半既婚です。 まず、男は基本的にHをしたがり、体が目的です。 好き嫌いは関係ありません。 相手が素敵な女性ならなおさらです。 バカな男はこのリスクに気がつかず、すぐHを求めます。 また、バカでない男も、相手が大切に想わない女性の場合であれ... Q 恋人とはみなさん会うたびにセックスしていますか? つきあってもうすぐ4ヶ月になる彼氏がいます。 彼も私も実家暮らしで、デートは外でいつもします。 会う回数は週に1回か2回です。 平日デートなら、食事に行ってラブホテルに行き次の日仕事なので12時くらいには別れます。 休日なら昼くらいに待ち合わせして、デートしてラブホテルに行きます。 皆さんはお互いが実家の場合はセックスはどこでしていますか? 毎回だと、ホテル代もばかにならないし、私も出すときもありますが、彼が負担にならないか心配です。 補足ですが平日は早くても彼の仕事が終わるのが9時なので会ってそのままホテルに行くこともあります。 こんな質問をしたのも、どちらかが一人暮らしなら、一緒にごはんをつくって、おしゃべりして、そのながれで自然とセックスなのでしょが、私はラブホテルに彼と付き合って初めて行ったので、(それまでは一人暮らしをしている彼の家ででした)なんだか自然な感じではないし、時間も気にしなくてはいけないし、なんとなく抵抗があります。 A ベストアンサー >恋人とはみなさん会うたびにセックスしていますか? 彼女が生理でなければ、ほぼしますよ。 >毎回だと、ホテル代もばかにならないし、私も出すときもありますが、彼が負担にならないか心配です。 互いに実家だとホント苦労するよね~。 僕も以前、実家同士だったのでスゴイ苦労しました。 当時は互いに学生でお金が無く、なんとか場所を探してました。 できれば、片方が1人暮らしなのが理想なんですが、そうもいかない時期もありますからね。 ただ、デートして絶対にエッチしなくちゃいけないなんて法律はないので、たまにはエッチ無しもアリだとは思いますよ。 それでカレが、いやだ!とかたくなに拒むようなら、残念な男性である可能性が・・。 まー下賎な話になってしまいますが、大抵男側がやりたいのがフツーですから、どうしようもなければ人気の無いところで、抜いてあげるみたいな方法もアリかもです。 若いときの男子は、どうしてもそういう欲望を抑えられませんし、ガマンさせるのもちょっと可愛そうな気もします。 うまく、片方が1人暮らしするできるまで、乗り切れるといいですね。 >毎回だと、ホテル代もばかにならないし、私も出すときもありますが、彼が負担にならないか心配です。 互いに実家だとホント苦労するよね~。 僕も以前、実家同士だったのでスゴイ苦労しました。 当時は互いに学生でお金が無く、なんとか場所を探してました。 Q もし週1しか恋人と会えなかったら毎回セックスしますか? 私たちは週1しか会えなくて、そういう流れというか彼が毎回したがるのですが、まったりして、 あとは外食して、帰るって感じで1日終わります。 で、こないだ彼が友達にいっつも彼女と会ってなにしてるの? って聞かれたときに、やることはひとつやろ~ って答えたらしく、なんかそれって... てちょっとひいてしまったのです。 また、彼が飲み会の場で答えた彼女となにしてるかの回答はありだと思いますか? 以上よろしくお願いします。 それを嫌と感じたことはありません。 お互い好きだし、なんと言うか…体だけじゃないってすごく良くわかるから平気です。 私と似ていますね。 私には今年の3月から、あるきっかけで連絡を取り合う仲良しの男性がいます。 お互い30代、最初は彼から毎日のように電話があって、 猛アプローチを受け、時々飲みに行ったりするようになりました。 彼は大人で仕事も頑張っていて、人間的にも魅力的で尊敬でき、 いつの間にか、私は彼が大好きになってしまいました。 ただ、彼が仕事が忙しすぎて、1カ月半に1回くらいしか会えません。 好きな人にしては少ないですよね?私はもっと会いたいのです。 ちなみに仕事終わりでも十分会おうと思えば会える距離です。 (私は結構定時で終わりますし、お互い40分くらいの距離) 彼の仕事終わりが早くて9時近い、終わりが読めない時も多く、 急な出張も多いので、なかなか約束ができないのは分かるのですが。 でも…。 本当に会う気があれば、たとえ会える時間が短くても 会いたいとおもいませんか? 彼は一緒に居られる時間が2時間くらいだと 短いというようなことを言います。 あと、あまり遅い時間になるのは、私のことが心配なんだそうです。 私は時間が短くても、少々遅い時間でも会いたいのです…。 ちなみに、会った時は楽しく仲良しで過ごせます。 彼から手も繋いでくれますし、キスやハグもしてくれます。 連絡は取りあっていますが、 最初の頃に比べると、電話も毎日ではなく、 最近は仕事の合間に電話をくれるのが2、3日に1回くらいです。 メールはあまりしない人なので、私が送ると返してくれる程度です。 電話ではいつも「会いたいよ」とか言ってくれますが。 最近、もしかしたら他に会う人がいるのかな、とか思ってしまいます。 彼は社交的でモテる人で、仕事柄女性の扱いが非常に巧いです。 女性から言いよられることも多いみたいで。 ただ、聞いてる限りでは本当に仕事が忙しいみたいですが… (一度、すごく不安になって彼に不安をぶつけてしまい、 その時は彼も仕事のことを詳しく話してくれました) 確かに、彼は仕事が第一の人です。 私は自分に自信がないので、悪い方に考えてしまいます。 男性の皆様、いくら仕事が忙しくても、好きな人なら 本気で会う気があれば時間が短くても会おうとしますよね? それともゆっくり会えなければイヤという方いらっしゃいますか? あるいは、やっぱり彼は本気で会う気がないのでしょうか? よく恋愛指南サイトとかで「口では何とでも言える、行動で判断しなさい」 と言いますよね。 彼の場合、いくら口では「大好き、会いたい」と言ってくれても、 会う頻度が少なすぎる気がします。 あまり真に受けてはいけないのでしょうか…?? いい大人がお恥ずかしいのですが、 男性の方の率直なご意見を伺いたいです。 よろしくお願いいたします。 会いたいと言いながら忙しくて会えない男性の心理は、本当に会いたい訳じゃないのでしょうか? やっぱり、キープ程度ということでしょうか? 長文失礼いたします。 私には今年の3月から、あるきっかけで連絡を取り合う仲良しの男性がいます。 お互い30代、最初は彼から毎日のように電話があって、 猛アプローチを受け、時々飲みに行ったりするようになりました。 彼は大人で仕事も頑張っていて、人間的にも魅力的で尊敬でき、 いつの間にか、私は彼が大好きになってしまいました。 ただ、彼が仕事が忙しす... A ベストアンサー 私は男性ではないのですが、質問者さんの気持ちよく分かります。 同じような経験をしました。 他に女性がいるのかも・・・私もそう思います。 もしかしたら結婚しているのかも・・・ぐらい思ってしまいます。 こんな状態でやきもきしながらただただ待っているだけでは もったいないですよ! 少し、彼から目をそらして他の事に目を向けてみてはいかがでしょうか? 習い事でもいいし、女子会でもいいし、もちろん合コンなどで他の男性と 知り合うのもいいと思います。 早く気持ちが晴れますように!!! 私は男性ではないのですが、質問者さんの気持ちよく分かります。 同じような経験をしました。 Q 29歳会社員の女です。 付き合って4ヶ月の彼がいます。 (2歳年上。 ) 毎日LINEでメッセージのやり取りをしていたのですが、日曜日から突然連絡が取れなくなりました。 現在、丸4日音信不通です。 気になることはLINEのメッセージが「既読」にすらなっていないことです。 4日(金)いつも通りのやり取りと彼から「好きだよ~」のメッセージ。 彼からこのメッセージを最後に連絡が途絶えました。 6日(日)、7日(月)は私の仕事が忙しく、こちらからも何も送らなかったのですが、彼からのコンタクトもなく・・・ 8日(火)の午後、私から「お疲れ様!仕事忙しいのかな?」とメッセージを送りました。 9日(水)の夜になっても返事はありません。 そして「既読」にもなっていません。 もしかして寝込んだりしてる(><;)?と心配し、共通の友人に聞いたら「5日(月)にメールで話した。 」との事。 そして彼は会社のHP担当なのですが、月曜から毎日しっかり更新されています。 どうやら会社には行っているようです。 (社員2人の会社で彼しかHPの更新ができません。 セキュリティの関係で会社からしか更新できません。 ) 電話はコール音がむなしく鳴るだけ・・・ 私、無視されてるんですかね? 自然消滅を狙っている・・・のでしょうか? まだ4ヶ月なので彼の事をあまり知りません。 まじめで優しく、連絡もなしに別れを告げる人ではないと思っているのですが・・・ もしかして、嫌になったらとりあえず無視して終わらせようというタイプなのかな・・・と。 私的にはモヤモヤが嫌なので、理由もわからず待っている状態が辛いです。 もう少し待った方が良いですか? う~ん・・・「終わる」心の準備をした方が良いですか(^^;)? 明日も返事がなかったらフェイスブックのメッセンジャーにもメッセージ送ってみようかな?と思っているんですが、しつこいでしょうか? 29歳会社員の女です。 付き合って4ヶ月の彼がいます。 (2歳年上。 ) 毎日LINEでメッセージのやり取りをしていたのですが、日曜日から突然連絡が取れなくなりました。 現在、丸4日音信不通です。 気になることはLINEのメッセージが「既読」にすらなっていないことです。 4日(金)いつも通りのやり取りと彼から「好きだよ~」のメッセージ。 彼からこのメッセージを最後に連絡が途絶えました。 6日(日)、...

次の