水車 なんのため。 水車小屋

堰(せき)とは何か|ダムと堰と水門の違い(これで納得!堰堤の話)

水車 なんのため

みんなに見てほしいダムをいくつかしょうかいしたけど、そもそもダムは何のために作られているのか知っているかな? ダムが作られているおもな目的のひとつは、「治水(ちすい)」なんだ。 治水とは、大雨がふったときなどに、川の水があふれたりしないように、川を流れる水の量を調整したりすることをいうんだ。 もうひとつの目的は、「利水(りすい)」だよ。 利水とは、田んぼや畑などに水を送りとどけたり、みんなが生活するための水を用意したりすることをいうんだ。 それでは、「もしもダムがなかったらどうなるのか?」をちょっと考えてみよう。 たとえば、台風がやってきて大雨がふったときはどうなるかな?ダムがなければ、大雨で増えたたくさんの水を貯めておくことができないし、川を流れる水の量を調整することもできなくなってしまうよ。 そして、川の水があふれて、洪水(こうずい)になってしまうんだ。 反対に、雨がふらない日が続いたときには、川の水がどんどん減ってしまうんだ。 そして、田んぼや畑に水がとどかなくなって、お米や野菜などが作れなくなるんだ。 もちろん、飲み水などの生活に必要な水もなくなるし、川に住む魚などの生き物も生きていけなくなってしまうんだ。 こうやってダムについて見てみると、ダムはみんなが安心して生活するために、欠かせない役目を果たしていることがよく分かるね。 そしてもうひとつ、ダムをつくる目的があるんだ。 それは、みんながいつも使っている電気をつくるための「発電(はつでん)」だよ。 次は、ダムでどうやって電気がつくられているのかを見てみよう。 水力発電は、ダムに貯まった水や川を流れる水を使って電気を作るけど、電気を作るために使われた水は、そのまま川から海へ流れていき、やがてじょうはつして雲や雨になって、またダムや川にもどってくるんだ。 つまり、水力発電は、何度でもくり返して利用できる「再生可能(さいせいかのう)エネルギー」ということなんだ。 また、水を使って電気を作る水力発電は、石炭や石油、ガスなどのような限られた資源(しげん)を燃やす必要がないし、それらを燃やすことで地球温暖化(ちきゅうおんだんか)の原因になる二酸化炭素(にさんかたんそ)を発生させることもないんだ。 そして、日本は、世界的にみると雨が多く、年間を通じて水が豊かな国だから、水力発電に向いているんだ。 これから先、水力発電で作られた電気が少しずつ増えていくことになるかもしれないから、注目しておこうね。 (2016年8月時点の内容です).

次の

シュラウドってなんのためについてるの? オフロードFAQ

水車 なんのため

二ヶ領宿河原堰 ところで堰(せき)とダムの違いって何でしょう? 上の写真は二ヶ領宿河原堰ですが、多摩川にはこのような大きな堰(せき)がたくさんあります。 また、小河内ダムをはじめとして、大きなダムもいくつかあります。 ところで、堰とダムの違いって、いったい何なんでしょうか? 大きさによって区別しているのでしょうか? それとも事業主が、何らかの自主ルールを作って勝手に付けているのでしょうか? よくわからないので教えてほしい! 最近、こんな質問をときおり受けることがあります。 そこで、堰とダムの違いについて、記載しておくことにしました。 ついでに「砂防ダム」と普通のダムとの違い、「水門」と堰との違いについても整理しておきます。 ここでの説明が、日ごろのもやもやを解消するきっかけになれば幸いです。 堰堤(えんてい)の話・解説 ダムと堰の違い 堤高15m以上がダム、15m未満が堰 河川を横断して構築する構造物のうち、貯水を目的とする施設にはダムと堰がありますが、これらの区別はどうなっているのでしょうか。 1964年(昭和39年)に改定された河川法(=新河川法)によると、ダムに関する特則(第2章第3節第3款)の適用を受けるダムとは、「河川の流水を貯留し、又は取水するため第26条第1項の許可(河川区域内における工作物の新築等の許可)を受けて設置するダムで、基礎地盤から堤頂までの高さが十五メートル以上のものをいう。 」と規定されています(第44条第1項)。 すなわち、 堤高(=堤体の高さ)が15m以上のものを「ダム」と呼んでいるのです。 一方、河川管理施設等構造令(政令)では、「堰は、流水を制御するために、河川を横断して設けられるダム以外の施設で、堤防の機能を有しないもの」と規定されています。 すなわち、 堤高15m未満のものが「堰」だということになります。 ダムと堰。 堤体の高さによって区分されていたんですね。 一般には堤高が高い大規模なものがダムで、小規模なものが堰と考えて間違いありませんが、堰でも利根大堰や長良川河口堰など大規模なものもたくさんあります。 あくまでも高さで区分しているのです。 注意:古いダムには15m未満のものもあります 旧河川法によるダム ダムと堰とを堤高(=堤体の高さ)を基準にして区別することに決めたのは昭和39年からです。 それ以前に制定された河川法(=旧河川法、明治29年制定)では、ダムと堰との区分が明確にされていませんでした。 そのため、昭和39年以前に施工されたダムでは、高さ15m未満のものでもダムと呼んでいるものがあります。 注意してください。 また、 ダムは古くは堰堤(えんてい)とも呼ばれていました。 砂防ダムについて 正式名称は砂防堰堤(さぼうえんてい) 砂防ダムは、いわゆる一般のダムとは異なり、水をためて利用するのではなく、土石流などの土砂災害防止を目的として設置するものです。 規定する法令も「河川法」ではなく「砂防法」が適用されます。 そのため近年では、一般のダム(貯水ダム)との違いを明確にするために、 「砂防ダム」とは呼ばずに「砂防堰堤」と呼ばれるようになりました。 渓流釣りをする方たちのブログやサイトでは、いまでも「砂防ダム」という名前が使われることが多くありますが、正しくは「砂防堰堤」ということになります。 堰と水門の違い 洪水のときの操作が異なります(水門=堤防) 堰とよく似た構造物に水門があります。 特に可動堰(引上堰)は、外見や形状が水門と大変よく似ているため、見掛け上、区別しがたい場合があります。 よく例示されるのが、常陸利根川が利根川に合流する位置に一直線上に設けられている「利根河口堰」と「常陸川水門」です。 普通に見れば水門がずらっと並んでいるように見えるのですが、一方は堰で、他方は水門。 この違いは何なのでしょうか? 一直線に並んだ利根川河口堰(奥:青色)と常陸川水門(手前:赤色) (画像提供:carview) じつは堰と水門には決定的な目的の違い、機能の違いがあります。 水門は洪水時にはゲートを閉鎖して堤防としての機能を持つのに対して、堰はゲートを開放して洪水をできるだけスムーズに流下させるものであって、堤防としての機能は持ちません。 洪水時にゲートを閉じるのが水門、逆にゲートをあけるのが堰というわけです。 先の利根河口堰の場合は、利根川の流量を制御すると同時に、満潮のとき海水が遡上してくるのを堰止める役割を果たしています。 一方、常陸川水門の方は、利根川が洪水になった時に常陸利根川に洪水が逆流しないように締め切るのが第一の役割になっています。 つまり洪水のときは利根川の堤防の一部として機能するわけです。

次の

堰(せき)とは何か|ダムと堰と水門の違い(これで納得!堰堤の話)

水車 なんのため

この記事の目次• 国内で消費しているエネルギーの大半を海外からの輸入に依存している日本では、エネルギー自給率の向上が課題のひとつとなっています。 そこで、近年注目を集めているのが「 再生可能エネルギー」です。 この「再生可能エネルギー」は、一体どのようなものなのでしょうか。 詳しく説明します。 卒FITや再生可能エネルギーなどの情報を無料で紹介しています。 エネチェンジでは、 卒FITや再生可能エネルギー、住宅用太陽光発電などに関する最新情報をメールマガジンにて不定期に配信しています。 もちろん、利用は無料です。 詳しくは、以下の記事をご覧ください。 バイオマスについては以下の記事でご説明しています。 再生可能エネルギーに期待される3つの価値とは 再生可能エネルギーが普及することによって、以下3つの価値が期待されています。 国内でのエネルギー自給率をアップさせる 太陽、風、水、地熱、森林といった日本にある自然の力を効率的に電気にし、日本国内の エネルギー自給率の向上につなげます。 日本の技術を活かし、新たな産業を創出 新しい発電技術を開発して、国際競争率を高めるだけではなく、最新の発電施設を建設することで、 新たな産業を広げていきます。 CO2の排出量が少なく、地球にやさしい 石油、石炭、天然ガスなどの化石燃料を使う場合と比べると、環境への影響を最大限に抑えることができ、 地球全体の環境問題に解決につながります。 出典: 再生可能エネルギーの課題 日本のエネルギー供給に大きなメリットがある再生可能エネルギーですが、解決しなければならない課題がいくつかあります。 天候などによって大きく左右されるため、利用率が低い 太陽光や風など、自然のエネルギーを活用するため、季節や時間帯、天気などによっては 安定して十分な発電量を得ることができない可能性があります。 電気は貯めておくことが難しく、安定して供給を行うためには需要量と供給量はなるべく一致させるのがよいとされています。 そのため、電力需要の少ない夜間の時間帯などに電力が大幅に余ったり、逆に冷暖房需要の大きな夏場と冬場に電力が不足してしまうのは好ましくありません。 発電コストが高い 太陽光発電や風力発電は、燃料費がかからない代わりに、工事費用や発電システムの機材調達などに 費用がかかってしまいます。 また、エネルギー密度が低いため、広大な土地を必要とします。 平地が少ないという日本ならではの問題も抱えています。 また、バイオマス発電は森林の未利用材所謂間伐材の利用を考えていますが、集荷が難しく手間暇がかかってしまうなど再生可能エネルギーは、 他の電源と比較して発電コストが高いという課題もあります。 再生可能エネルギー普及のための「固定価格買取制度 FIT制度 」とは 出典: 固定価格買取制度 FIT制度 とは、再生可能エネルギーの普及を目的としている、 再生可能エネルギーの買取価格を法律で定めるための助成制度です。 再生可能エネルギーは、利用率の低さや発電コストの高さが問題視されているため、なかなか普及が進みませんでした。 そこで、「固定価格買取制度」を制定し、再生可能エネルギーで発電した電気を一定期間中は同じ価格で買い取ることを国が保証して、さらなる普及・促進を目指しているのです。 固定価格買取制度については以下の記事でご説明しています。 固定価格買取制度で買い取るときにかかった費用は、「再生可能エネルギー発電促進賦課金 再エネ賦課金 」という形で、電気を使用している各世帯からの毎月電気料金に上乗せした料金によって賄われています。 再エネ賦課金は全国統一ですが、毎年調整が行われています。 さまざまなメリットはあるけれど、普及のためには多くの課題がある、再生可能エネルギー 再生可能エネルギーについて、解説しました。 一般的に、太陽光や風力、水力、地熱、バイオマスなどの自然から作られたエネルギーのことを「再生可能エネルギー」と呼んでいます。 石油や石炭、天然ガスなどの化石エネルギーとは異なり、自然に由来するエネルギーなので、 環境にやさしく、枯渇する心配がないため、現在注目を集めています。 発電時にCO2を排出しないことから、地球温暖化対策や国内のエネルギー自給率向上にも有効であり、重要な電源です。 しかし、天候などによって大きく左右される、発電のコストが高くなるなど、再生可能エネルギーを普及させるためには多くの課題があります。 現在、さまざまな企業が再生可能エネルギーの開発・普及に積極的に取り組み、電気の脱炭素化や国内自給率の上昇を進めているのです。 2019年問題や卒FIT、住宅用太陽光発電などに関する情報を紹介します。 太陽光発電を導入している家庭で、2019年より順次終了していくFIT(固定価格買取制度)。 各社が続々と売電価格を発表していますが、まだまだわからないこともたくさんありますよね。 エネチェンジでは、今後も2019年問題や卒FIT、住宅用太陽光発電などに関する情報をメールマガジンにて随時紹介していく予定です。 もちろん、無料でご利用いただけます。 情報の配信を希望される方は、こちらのフォームにて、ご登録をお願いします。

次の