メッシ マラドーナ。 歴史上最高のサッカー選手はメッシだと思っています。

アルゼンチン代表、ストライカーの系譜。マラドーナからメッシの時代へ…FW大国が輩出した傑物たち

メッシ マラドーナ

何を基準にするかによります。 記録でしたらメッシはマラドーナを十分超えています。 彼は最高のクラブで、最高のチームメイトとプレーしているので、クラブでのタイトル、それによる個人タイトルの恩恵を被ることは難しいことではありません。 マラドーナとメッシのプレースタイルは似ています。 他の方もおっしゃっているように、チームメイトとの連携が彼らを際立たせます。 ドリブルを武器にしているところからも似通っていますね。 しかしメッシがなぜバロンドールを連続受賞などするまでの名選手になれたのか。 それはバルサのカンテラで育ち、そしてバルサのトップチームで成功したからに他ありません。 代表ではあまり活躍できていない、という視点を否定することはある程度は可能ですが、代表戦で彼が活躍できる理由とバルサで活躍できる理由は少し異なるため、バルサでの活躍の方がはるかに際立ちます。 代表では、彼は彼自身の能力によって打開しています。 確かにバルサで培ったパスワークによって攻撃面を活性化させることもありますが、チームメイトがみなバルサというわけではないので限界があります。 彼のドリブルのテンポは、ボールを奪われにくいということは科学的に証明されています。 つまり代表戦では彼の天性の能力によって活躍をキープしていると言えます。 だから限界があるのでしょう。 代表ではマラドーナを超えることは難しいです。 対してバルサというクラブは、非常に独特なサッカーをカンテラの選手に教え込みます。 データによると、バルサの旧選手寮のラ・マシア出身者の中で、バルサ以外の各国トップリーグのクラブで50試合以上のリーグ戦出場を果たした選手のうち、代表での出場回数が50回を超えたのはセスクのみです。 つまり、バルサのカンテラ出身選手はバルサ以外で成功しづらいということが言えます。 イバン・デ・ラ・ペーニャが良い例です。 つまり、メッシはバルサにいることで活躍できているとも言えるのです。 それはシャビやイニエスタに関しても同様です。 また、メッシのシュート数に対するゴール数を計算してみると、メッシが決めているゴールは約4分の1程度だそうです。 原因としては、GKとの一対一やこぼれ球以外、例えばFKやヘディング、逆足でのシュートの正確性があまりないことが言えるでしょう。 この点からも、メッシの活躍は多くのチャンスメークをしてくれる周りの選手のおかげとも言えます。 彼に備わった最高の武器は、特異なテンポのドリブルです。 そしてそれ以上の武器は、バルサという環境、そしてチームワークと言えるのです。 バロンドールは彼一人の力ではありません。 そのため、「メッシは世界最高の選手」とする根拠は、記録にあり、統計的事実に基づいているわけではないことになります。 マラドーナの統計的事実を考慮はしていないのでわかりませんが、メッシがマラドーナを超えられるのは、個人タイトル、クラブタイトル、そして様々な記録に過ぎないことと思われます。 メッシがナショナルチームでいまひとつとか言ってる方ってスコアだけ見て試合内容をフルタイムでろくに見てないのがバレバレだよね、ゴールやアシストに結び付く過程の中でメッシがどれだけ八面六臂の活躍をしてるのか知らないから活躍出来ないとか無知を晒せる。 例えば南アのアルゼンチンの総得点は大会参加チーム中3位だが、その得点数の中でメッシがどれだけ攻撃の起点になっているかは大会の試合をしっかり見ている方はご存じだろう 事実 その年にメッシは個人タイトル以外は目ぼしいタイトルを獲得出来なかったがバロンドールを受賞している まぁ人気投票云々とか必死に批判しているアンチもいるがね 苦笑 だがあの年のメッシは個人単体の活躍では本当に凄かったしシャビやイニエスタが故障で離脱する中で得点を量産していた。 そして今現在では味方のサポは勿論のこと全ナショナルチームの選手中トップの12ゴールを叩き出している 親善試合云々とか必死に批判しているアンチがいるが親善試合でも他の選手はメッシ以下の得点数しか叩き出せないのもまた事実なわけだ そしてメッシはアルゼンチンではアンダーユースと五輪でも圧倒的な活躍をして優勝に貢献している 以上のことからアルゼンチン代表でいまひとつとか言ってる方がいかにズレているかわかるだろう。 そして質問の本題だが実力面で見ればとっくに越えていると私は個人的に見ている、ただ選手の格と言う面ではアルゼンチン国内に限定すればWC優勝しないと越えたと認めにくいだろうね まぁアルゼンチン国内の雑誌や有名OBなんかでは越えたなんて意見はザラにあるけどね しかし欧州の全体の評価では既に並んでいるや越えているって意見が殆どでしょう つかマラドーナなんて欧州では大した爪痕を残せていないのが現実 他の方も仰っているがマラドーナはバルセロナに在籍していたが大した結果残せてないしマラドーナ放出した次の年にバルセロナはリーグ優勝してるし 笑 CC 当時のCL では一回も優勝してないし何にも何のインパクトも残せてないでしょ マラオタはナポリだったからとか言うがマラオタがいつもいうよにマラドーナは弱いチームでも戦術度外して優勝させられる力があるんじゃないの?wそのくせ今のアルゼンチンは優勝に導けとか無理を言う マラオタ最後の心の拠り所であるWC優勝も神の手とかいう単なる反則とイングランドの選手に薬盛るとか最低の行為によって実現したものだしね マラドーナなんてふたを開ければ叩きどころなんていくらでも出てくる しかも昔は今みたいにフルハイビジョンで毎試合見れたわけでもないからスタジアムに足を運べない大衆の評価も曖昧なものが多いしね それこそメッシなんて最新技術の現代のサッカーの中でワンプレーワンプレーが徹底的に研究されるなかで常に進化し記録を塗り替え続けている マラドーナが素晴らしい選手なのは否定しないが WC一回の優勝とナポリでの二回の優勝でメッシが越えてないとかもう無理があるよ。

次の

マラドーナに守られたメッシ。若きエースを救った英雄の“見えない”気配り【南米サッカー秘蔵写真コラム】(SOCCER DIGEST Web)

メッシ マラドーナ

アルゼンチンの英雄 お二人の事はもはや説明不要だと思います。 ただ、ウェブや雑誌で掲載されない二人の違いをお伝えします。 そして、どちらの方が優れているを伝える内容ではありません。 基本的に前向きなお話だけさせていただきます。 メッシの実績 メッシの記録を見ると、とんでもない数値が出ています。 バルセロナでデビューし、 今までに 5 83試合出場、得点507ゴール。 とんでもない決定力です。 バルサで583試合出ているだけでも凄すぎますが。。。 これは2016年シーズンまでの実績なので、現在も量産しています。 バルセロナでのタイトルは以下のとおり リーグ制覇:8回 スーペルコパ・デ・エスパーニャ :7回 コパ・デル・レイ :5回 UEFAチャンピオンズリーグ :4回 UEFAスーパーカップ :3回 FIFAクラブワールドカップ :3回 もはや異次元ですね。 マラドーナの凄さ マラドーナと代表でプレーをし、現在日本でクラブの監督をされている方がいます。 その方と一緒に指導をされている方から聞いたお話です。 マラドーナは、 ドリブル、スピード、シュート、テクニックどれもピカイチですが、 モチベート(仲間のやる気を引き出す能力) が凄かったようです。 一緒にプレーしていて、頑張りたくなる!雰囲気を 作れるそうです。 弱小チームを優勝に導く セリエA時代、SSCナポリというチーム(当時は残留を争うレベル)を、 リーグ制覇、国内カップで優勝に導いています。 また、 アルゼンチン代表をワールドカップ優勝へと導いています。 個人で打開できる力はもちろん、 一緒にプレーする選手を成長させるリーダーシップが、 彼の最大の魅力だと聞きました。 メルマガ登録すると特典で、 「たったこれだけで、 世界一かんたんにわかる 上位1%の人が実践する ゴールのポイントを解説」 サッカーでも、人生でも成功に導く 超入門テキストをPDFで プレゼントしております。

次の

全員知ってる?メッシ、マラドーナ、ケンペスらアルゼンチン史上最高の20人

メッシ マラドーナ

何を基準にするかによります。 記録でしたらメッシはマラドーナを十分超えています。 彼は最高のクラブで、最高のチームメイトとプレーしているので、クラブでのタイトル、それによる個人タイトルの恩恵を被ることは難しいことではありません。 マラドーナとメッシのプレースタイルは似ています。 他の方もおっしゃっているように、チームメイトとの連携が彼らを際立たせます。 ドリブルを武器にしているところからも似通っていますね。 しかしメッシがなぜバロンドールを連続受賞などするまでの名選手になれたのか。 それはバルサのカンテラで育ち、そしてバルサのトップチームで成功したからに他ありません。 代表ではあまり活躍できていない、という視点を否定することはある程度は可能ですが、代表戦で彼が活躍できる理由とバルサで活躍できる理由は少し異なるため、バルサでの活躍の方がはるかに際立ちます。 代表では、彼は彼自身の能力によって打開しています。 確かにバルサで培ったパスワークによって攻撃面を活性化させることもありますが、チームメイトがみなバルサというわけではないので限界があります。 彼のドリブルのテンポは、ボールを奪われにくいということは科学的に証明されています。 つまり代表戦では彼の天性の能力によって活躍をキープしていると言えます。 だから限界があるのでしょう。 代表ではマラドーナを超えることは難しいです。 対してバルサというクラブは、非常に独特なサッカーをカンテラの選手に教え込みます。 データによると、バルサの旧選手寮のラ・マシア出身者の中で、バルサ以外の各国トップリーグのクラブで50試合以上のリーグ戦出場を果たした選手のうち、代表での出場回数が50回を超えたのはセスクのみです。 つまり、バルサのカンテラ出身選手はバルサ以外で成功しづらいということが言えます。 イバン・デ・ラ・ペーニャが良い例です。 つまり、メッシはバルサにいることで活躍できているとも言えるのです。 それはシャビやイニエスタに関しても同様です。 また、メッシのシュート数に対するゴール数を計算してみると、メッシが決めているゴールは約4分の1程度だそうです。 原因としては、GKとの一対一やこぼれ球以外、例えばFKやヘディング、逆足でのシュートの正確性があまりないことが言えるでしょう。 この点からも、メッシの活躍は多くのチャンスメークをしてくれる周りの選手のおかげとも言えます。 彼に備わった最高の武器は、特異なテンポのドリブルです。 そしてそれ以上の武器は、バルサという環境、そしてチームワークと言えるのです。 バロンドールは彼一人の力ではありません。 そのため、「メッシは世界最高の選手」とする根拠は、記録にあり、統計的事実に基づいているわけではないことになります。 マラドーナの統計的事実を考慮はしていないのでわかりませんが、メッシがマラドーナを超えられるのは、個人タイトル、クラブタイトル、そして様々な記録に過ぎないことと思われます。 メッシがナショナルチームでいまひとつとか言ってる方ってスコアだけ見て試合内容をフルタイムでろくに見てないのがバレバレだよね、ゴールやアシストに結び付く過程の中でメッシがどれだけ八面六臂の活躍をしてるのか知らないから活躍出来ないとか無知を晒せる。 例えば南アのアルゼンチンの総得点は大会参加チーム中3位だが、その得点数の中でメッシがどれだけ攻撃の起点になっているかは大会の試合をしっかり見ている方はご存じだろう 事実 その年にメッシは個人タイトル以外は目ぼしいタイトルを獲得出来なかったがバロンドールを受賞している まぁ人気投票云々とか必死に批判しているアンチもいるがね 苦笑 だがあの年のメッシは個人単体の活躍では本当に凄かったしシャビやイニエスタが故障で離脱する中で得点を量産していた。 そして今現在では味方のサポは勿論のこと全ナショナルチームの選手中トップの12ゴールを叩き出している 親善試合云々とか必死に批判しているアンチがいるが親善試合でも他の選手はメッシ以下の得点数しか叩き出せないのもまた事実なわけだ そしてメッシはアルゼンチンではアンダーユースと五輪でも圧倒的な活躍をして優勝に貢献している 以上のことからアルゼンチン代表でいまひとつとか言ってる方がいかにズレているかわかるだろう。 そして質問の本題だが実力面で見ればとっくに越えていると私は個人的に見ている、ただ選手の格と言う面ではアルゼンチン国内に限定すればWC優勝しないと越えたと認めにくいだろうね まぁアルゼンチン国内の雑誌や有名OBなんかでは越えたなんて意見はザラにあるけどね しかし欧州の全体の評価では既に並んでいるや越えているって意見が殆どでしょう つかマラドーナなんて欧州では大した爪痕を残せていないのが現実 他の方も仰っているがマラドーナはバルセロナに在籍していたが大した結果残せてないしマラドーナ放出した次の年にバルセロナはリーグ優勝してるし 笑 CC 当時のCL では一回も優勝してないし何にも何のインパクトも残せてないでしょ マラオタはナポリだったからとか言うがマラオタがいつもいうよにマラドーナは弱いチームでも戦術度外して優勝させられる力があるんじゃないの?wそのくせ今のアルゼンチンは優勝に導けとか無理を言う マラオタ最後の心の拠り所であるWC優勝も神の手とかいう単なる反則とイングランドの選手に薬盛るとか最低の行為によって実現したものだしね マラドーナなんてふたを開ければ叩きどころなんていくらでも出てくる しかも昔は今みたいにフルハイビジョンで毎試合見れたわけでもないからスタジアムに足を運べない大衆の評価も曖昧なものが多いしね それこそメッシなんて最新技術の現代のサッカーの中でワンプレーワンプレーが徹底的に研究されるなかで常に進化し記録を塗り替え続けている マラドーナが素晴らしい選手なのは否定しないが WC一回の優勝とナポリでの二回の優勝でメッシが越えてないとかもう無理があるよ。

次の