キャベツ みじん切り。 フィリップスのマルチチョッパーでキャベツをみじん切りしてみました

お好み焼きはキャベツの切り方で味が違う?千切りやみじん切り、ざく切りで実験してみた

キャベツ みじん切り

これでみじん切りをするとあっという間にできます。 しかも床にこぼれず、シンクの中も余り汚れないので掃除の手間が省けます。 やり方は簡単(餃子の場合) ・ざく切りにしたキャベツをミキサーに入れる。 ・水を7分目ぐらいまで入れる。 ・スイッチを入れる。 ・みじん切り完成 同じように玉ねぎ・ニラもミキサーでみじん切りにします。 手順は先ほどのキャベツと同じ ・ざく切りにした玉ねぎ・ニラをミキサーに入れる。 ・水を7分目ぐらいまで入れる。 ・スイッチを入れる。 ・みじん切り完成 こんな感じで一気に仕上げることが出来ます。 あまりやりすぎると野菜ジュースになるので気を付けてください。 ただしこのやり方にも欠点があります。 野菜に大量の水が含まれる。 はい、水を利用して野菜を刻むので 出来上がったみじん切りには大量の水が含まれています。 そのため、かなり念入りな水切りが必要になります。 別の手間がかかるため、注意が必要です。 私は「みじん切りが必要な調理」の時は このやり方でしかみじん切りにしません。 餃子を作る場合この後、野菜に塩を振って 水切りするので余り問題にはなりませんし 玉ねぎなどはザルを振れば水切りできます。 特に離乳食を作る際の野菜のみじん切りには重宝しました。 多少水分が多くても、刻んだ時の水と一緒に煮て 出汁で味付けするだけでしたから。 とても簡単に離乳食を作ることが出来ました。

次の

[キャベツ]栄養を逃さない料理のコツと保存法

キャベツ みじん切り

A卵1個• A小麦粉30g• A水100ml• 豚バラ薄切り肉130g• サラダ油適量• 中濃ソース適量• マヨネーズ適量• からし適量• かつお節適量• 青のり適量• キャベツを千切りにします。 ボウルに千切りにしたキャベツと Aの材料をすべて入れ、よく混ぜ合わせます。 粉っぽさがなくなるまで混ぜるようにしましょう。 中火で熱したフライパンに、2の生地を流し入れます。 その上に豚バラも乗せてふたをし、蒸し焼きにします。 カリッとする程度に焼け目がついたらひっくり返し、裏面も同様に焼いていきます。 3分程度蒸し焼きにします。 竹串で刺してみて何もつかなければ、中にも火が通っている証拠です。 お好みの調味料で味付け、トッピングをすれば、完成です。 豚肉 しゃぶしゃぶ用 約300g• 水餃子8個• 5リットル• 鶏ガラスープの素大さじ3• ほんだし大さじ1• 塩小さじ2• ニンニクチューブ5㎝• しょうがチューブ10㎝• 胡麻油適量• ブラックペッパー適量• ネギ5本• 鍋に水を入れて火をつけます。 ここにすぐ豚肉を重ならないように入れます。 アクが出たらその都度、丁寧に取り除いていきましょう。 水色の材料をすべて鍋に入れ味付けをしていきます。 味付けが終わったら 赤色の材料をすべて加えます。 ごま油をまわしかけ、ブラックペッパーを振りかけて味を整えます。 最後に刻んでおいたネギをのせれば完成です。 焼きそばの蒸し麺• キャベツ• もやし• A中濃ソース• Aしょう油• A塩こしょう• 焼きそばの蒸し麺にお湯をかけ、油を抜きます。 お湯をかけた蒸し麺は水を切っておきましょう。 フライパンに油をひき、もやしとキャベツを強火で炒めていきます。 全体に油がまわったら、塩を一つまみ振りかけサッと炒めます。 これを一度お皿に取り出しましょう。 フライパンに油をひき、豚肉を炒めます。 豚肉が重ならないように炒め、塩を一つまみふりかけさらに炒めます。 豚肉の色が変わったら、1の麺を入れます。 豚肉から出る油に、麺を焼き付けていきます。 麺を返します。 このとき豚肉が焦げそうな場合は、麺の上に置くようにすると良いでしょう。 全体的に麺が焼けてきたら、3の野菜をフライパンに戻します。 Aの調味料を順番に加え、味を整えていきます。 全体に味がついたら完成です。 豚こま肉150g• ピーマン2個• A鶏スープの素小さじ1• A醤油小さじ1• A塩少々• Aこしょう少々• A水溶き片栗粉小さじ1• 小麦粉小さじ1• サラダ油大さじ1• キャベツをざく切り、にんじんは短冊切り、ピーマンは細切りにします。 Aの調味料をすべて混ぜ合わせ、合わせ調味料を作っておきます。 豚肉に小麦粉をまぶし、揉みこんでおきます。 フライパンにサラダ油をひき、3の豚肉の色が変わるくらいまで炒めます。 色が変わったら一度お皿に取り出しましょう。 同じフライパンでにんじんを炒めます。 火が通ったらピーマンも加えさらに炒めます。 しんなりしてきたらここにキャベツを加え、さらに炒めましょう。 キャベツに火が通ってきたら、もやしも加えます。 全体に火が通ったら4の肉をフライパンに戻し、軽く混ぜ合わせます。 そこに2で作っておいた合わせ調味料を回し入れ、よく混ぜ合わせれば完成です。 じゃがいも300g 小4個• 人参1本• 玉ねぎ2個• 水800ml• コンソメ3個• 塩小さじ1• ウインナー6本• こしょう少々• じゃがいもは一口大サイズ、にんじんは一口大に乱切ります。 玉ねぎは1cm幅のくし切り、キャベツは3cm角程度のざく切りにしておきます。 鍋にキャベツ以外の野菜を入れ、ここにコンソメと水を加え煮込みましょう。 3が沸騰したら、1と2で切っておいたキャベツを加え、蓋をして煮込みます。 上の方にあるキャベツがしんなりしてきたら火を弱火にし、ここに塩とにんじんを加え煮込んでいきます。 にんじんに火が通ったら、斜め切りにしておいたウインナーを加えます。 塩こしょうを入れて味を整えれば、完成です。 1玉のままで芯をとる場合は、芯の部分から中央に向けて斜めに包丁を入れます。 斜めに包丁を入れながら、芯の周りをぐるっとまわします。 深いところまで包丁を入れるようにすることがポイントです。 包丁が一回りしたら、キャベツの芯を回すようにすればきれいにとることができます。 芯をとることによって、葉がとりやすくなります。 半分にしてから芯をとる場合は、 半分に切ったキャベツの芯に沿って、包丁を入れます。 斜めに包丁を入れるようにすることがポイントです。 芯の両側から中心に向けて斜めに包丁で切り込みを入れると、簡単に芯を取り除くことができるようになります。 キャベツの芯をきれいに取り除くためには、中心に向けて斜めに包丁を入れるようにすると良いようです。

次の

キャベツの切り方まとめ【ざく切り/千切り/みじん切り】おすすめレシピも!

キャベツ みじん切り

スポンサーリンク キャベツの切り方?ざく切りやみじん切り、千切りと色々! まずは芯の取り方 (画像引用元:) 買ってきたキャベツは芯を取ってから保存した方が長持ちすると言われます。 丸ごとキャベツを買ってきた時は芯を上にして、芯の部分に十字に切り込みを入れます。 細身の包丁で芯の周りから内側に向けて包丁を入れて行きます。 1周包丁を入れたら芯を取り外せば出来上がりです。 1枚の葉っぱをそのままの大きさで使う (画像引用元:) ロールキャベツや蒸し料理で底に敷いたりするのに使います。 キャベツが丸ごと入るような大きなお鍋にお湯を沸かします。 芯の部分を大きめに抜いて、お鍋のお湯にそのまま入れます。 少し火が通ると葉が柔らかくなって、外側からポロリと取れるようになります。 必要量から2~3枚少ない所でお湯から引き上げれば、1番外側になっていた数枚だけが外れて中のキャベツは無傷の状態で残しておけます。 くれぐれもやけどには気をつけてくださいね。 ざく切り (画像引用元:) キャベツの芯を下にして置き、十字に半分、更に半分の4分の1くらいにします。 切り目を下にして更にザクザクと6~8等分に切り分けるのがざく切りです。 塩ダレをかけてサラダにしたり、蒸し野菜など、もう1品何か欲しい時などに手軽な切り方ですね。 少し細かめにざく切りにしたら焼きそばや炒め物にもぴったりです。 くし形切り (画像引用元:) キャベツを4等分くらいに分けてから、更に中心に向かって6等分くらいで切り分けます。 ポトフなどの煮込み料理はもちろん、表面に焼き色をつけたグリルはお肉などの付け合わせに添えるとオシャレ!! スポンサーリンク 千切り (画像引用元:) 少量のキャベツを千切りにする場合は、葉っぱを剥がして芯の部分を切り取ってからクルクルと丸めて千切りするのがオススメ。 包丁をまな板に対して垂直に押すように下ろします。 同じ所を切るような感じで切っていくと細くて綺麗な千切りができます。 一方、大量の千切りを作る場合はキャベツを半分に切り、更に縦に3等分にします。 これらを1つずつ千切りにして行きますが、真ん中の部分は高さが出るので半分に分けると尚良し。 包丁は少量の時と変わらずまな板に垂直に、同じ所を切る感覚で。 トンカツに添える、サラダなどにオススメです。 みじん切り (画像引用元:) 千切りキャベツと少し近い切り方です。 できるだけ厚みを抑えて、千切りを作ります。 更に切り目と垂直方向に切っていくとみじん切りになります。 餃子やシュウマイ、メンチカツなどに合いますね。 また、お好み焼きを作る時は粗みじん切りじゃなきゃ!という方も多いようです。 ざく切りやみじん切り、千切り等とキャベツの切り方は色々! 色々なお料理に使えるからこそ、切り方も色々。 キャベツも色々な切り方があって、わからない事もおおいですがちょっとスッキリしました! みなさんも様々なキャベツの切り方を覚えて、最適な切り方を覚えましょう! せばな~.

次の