青い彼岸花 義勇。 鬼滅の刃の未回収の伏線まとめ!青い彼岸花の他にも多数存在

【考察】【鬼滅の刃】結局青い彼岸花とはなんだったのか?

青い彼岸花 義勇

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】無惨が鬼化した原因「青い彼岸花」 無惨は生まれつき体が弱く、二十歳になるまでに死ぬと言われていました。 そんな無惨を救うため平安時代の善良な医者がある薬を作り、無惨に与えました。 その薬の原料こそが青い彼岸花です。 ところが無惨は悪くなっていく体に不満を抱き、医者を殺してしまいます。 医者の死後、 自分が病を克服した代わりに鬼となったことを知ることになります。 まだ試作段階であったとされるこの薬には不明な点も多く、さらに自らが殺した医者しかこの薬のことを知りませんでした。 このことは滅多に反省などしない無惨にとっても痛恨の極みとして残り、 それ以降の青い彼岸花探しへと繋がっていくことになります。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】青い彼岸花がどうしても見つからない? 無惨は病を克服し、今度は完璧な生物になろうとしていました。 そのためにも日の光を克服する必要がありました。 自分の血を分け、鬼を増やしたのも日の光を克服するものが現れることを期待したからです。 青い彼岸花はそのための有力な手掛かりでした。 でも、 無惨は1000年以上の間、見つけることはできませんでした。 その理由は最終話にて明かされています。 伊之助の子孫・青葉が青い彼岸花を発見しています。 研究の結果、 青い彼岸花は1年のうち2日〜3日、それも昼間しか咲かない花だと紹介されているんです。 1年に数日、それも昼間しか咲かない花…。 無惨を含め鬼はもれなく昼間は出歩けませんから、1000年掛かろうとも見つけられなかった理由は、青い彼岸花の希少な開花条件と言えるでしょう。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】薬投与で鬼から人間に戻れた炭治郎 無惨との戦いの中で死にかけた炭治郎は、鬼に変えられてしまいます。 自我を失い、周りを傷つける炭治郎のもとにカナヲが駆けつけます。 カナヲは残ったもう一つの目を彼岸朱眼で研ぎ澄まし、決死の覚悟でしのぶから託された薬を炭治郎に投薬します。 炭治郎は投薬された後、藤の花の匂いを感じています。 原材料に藤の花を使っていることが影響しているのでしょう。 ちなみに、愈史郎は 炭治郎が人間に戻れた理由はしのぶの薬と禰豆子の血だと言っています。 炭治郎は鬼になった時に禰豆子を噛んでいました。 一度、無残の血で鬼になっている禰豆子は抗体を持っているそうです。 一種のアナフィラキシーショックのようなものですね。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】嘴平青葉が枯らしてしまった!? 嘴平青葉 伊之助の子孫 は、植物の研究をする学者になっていました。 青葉は青い彼岸花を発見した学者としてテレビに取り上げられるなどしていましたが、 なんとうっかりミスで全部からしてしまうと言う大失態を犯してしまいます。 このことで青葉は研究所をクビになりそうな状況に陥ってしまいます。 ちなみに なぜ青い彼岸花が枯れてしまったかについて触れられていません。 ここからは憶測ですが、 青い彼岸花は咲く条件が厳しいのが特徴なので、青葉が発見して研究所に移動させた…この行為が原因ではないでしょうか? 真相は明かされぬままですが、青い彼岸花は人の手が及ぶシロモノではなかったということなんでしょう。

次の

マンガ鬼滅の刃15巻ネタバレあり感想。冨岡義勇の過去が明かされる。

青い彼岸花 義勇

ねずこが太陽を克服して、しゃべるようになった! なんとねずこが太陽を克服してさらに片言だけれど話せるようになりました。 どうやってねずこは太陽を克服したのか。 どうやらねずこの血が変化したためのようです。 珠世がねずこの血が変化していること、そして太陽を克服するだろうことを予測してました。 ねずこは戦いのなかで夜が明けて日に焼かれてしまうんですが、そのときに太陽に焼かれても平気な身体へと一気に変化したのでしょう。 これでねずこは箱に入る必要がなくなりました。 日中も自由に歩きまわれるようになったんですが、鬼殺隊の屋敷のなかを自由に歩いてると、あんまり良くない印象持つ人いそうです。 不死川実弥とか。 話せるようになったけれど、まだ片言です。 人間だった時のように話せるようになると一瞬人間に見える時が増えそうですね。 15巻読んでて思ったんですが、ねずこいつのまにか人間を喰うという欲望も克服してそうなニコニコした雰囲気になってますね。 鬼舞辻無惨が探してた青い彼岸花は太陽を克服するためのもの 以前からたまにセリフに登場してた「青い彼岸花」 やはり鬼が太陽を浴びても平気になるために必要なものであることが分かりました。 でも鬼舞辻無惨はねずこを喰えばいいから青い彼岸花はもういらないと言ってますね。 青い彼岸花もう登場しないのでしょうか。 なんらかの形でまた登場しそうですが。 あと鬼舞辻無惨のセリフで気になったのが「 青い彼岸花を探す必要がなくなって 増やしたくない同類を増やし続けたのだ」というとこ kindle版60ページ 平安時代の医者が無惨を鬼にしたそうです。 平安時代の医者なのに、現代の医療を上回るすごい治療をしてますね。 この平安時代の医者、何者なんでしょうか。 鬼舞辻無惨を鬼にしたのは平安時代の医者が作った薬です。 鬼舞辻無惨は産屋敷家の一族であることが分かっています。 そして産屋敷家の男子は短命です。 平安時代の無惨も短命の運命でした。 そんな無惨の治療にあたったのが平安時代の医者だったんですが、なかなか病状が回復しない無惨にやられてしまいました。 さすが無惨。 1000年前から無惨の性格は変わってないです。 不死川兄弟、実弥と玄弥は相変わらずの仲の悪さ 不死川兄弟15巻でも仲直りできなかったですね。 兄の実弥が玄弥をすごい拒否しています。 玄弥は仲直りしたいと思ってるんですね。 実弥がここまで弟の玄弥を拒否するのはなぜなのでしょうか。 玄弥は昔母親を亡き者にした兄を批判したから兄は自分を受け入れなくなったと考えていますが、それだけが原因じゃなさそうです。 やっぱり実弥は弟の玄弥を失いたくないから、わざと自分から遠ざけようとしているんじゃないな〜って思います。 玄弥が炭治郎とねずこの竈門兄妹の様子を見て、すごい笑顔になってるのが印象的でした kindle版55ページ 風柱 不死川実弥と激しく戦う炭治郎がすごい 不死川兄妹が争っている仲裁に炭治郎が入るんですが、実弥と炭治郎の実戦さながらの戦いになっていきます。 炭治郎かなり強くなってるので実弥の激しい攻撃にも対応できるようになってて2人の戦いが続きます。 戦いの激しさが伝わってくる絵になってて、作者の吾峠呼世晴の作画力の凄さが伝わってきました。 体を柔らかくするためにすごい柔軟体操をするんですが、隊員たちになぜかレオタードを着ることを強制しています。 たしかにレオタード姿だと柔軟体操しやすいと思いますが、べつにレオタードでなくてもいいような… という面白い場面でした。 甘露寺蜜璃 かんろじみつり と伊黒小芭内 いぐろおばない が文通してることが発覚! なんといつも蛇と一緒にいる伊黒小芭内と甘露寺蜜璃が文通してることが発覚しました kindle版158ページ 以前甘露寺が伊黒から靴下プレゼントされたって言ってましたが、やはりなんらかの交流があるみたいです。 それに、甘露寺に訓練を受けた炭治郎のことを伊黒がやきもちやいてましたね。 たぶん伊黒が甘露寺に惚れていて甘露寺はなんとなく文通してる状態かも。 甘露寺は恋柱らしく、何にでも「キュン、キュン」してますから、伊黒のことをそんなに意識してないかもしれないですね。 蛇柱 伊黒小芭内の強さの一部が分かった。 謎だった蛇柱 伊黒小芭内の実力。 15巻で1部の能力が判明しました。 その能力とは 蛇のように太刀筋が曲がること kindle版161ページ 太刀筋とは剣が動く軌道みたいなもののこと。 剣を振り下ろすと太刀筋はまっすぐですが、伊黒の場合は曲がるんです。 となると障害物の向こうにいる相手であっても伊黒の剣が届くなら斬ることができるという状態。 なかなかすごい太刀筋です。 伊黒はどうやって剣を振ってるんでしょうね。 鬼目の刃作者吾峠呼世晴はやっぱりジョジョ好き 蝶屋敷で休んでんいる炭治郎のところに伊之助が来るんですが、なぜか窓を割って炭治郎の部屋に飛び込んできます笑 kindle版108ページ そのとき 伊之助が「ウリィィィィ」って言ってるんです。 これ明らかにジョジョですよね。 鬼滅の刃の作者吾峠呼世晴がジョジョ好きらしく、もろにその影響でしょう。 鬼滅の刃15巻も挿絵が面白かった。 kindle版109ページの挿絵で伊之助がしのぶに怒られているのがあります。 この挿絵が面白いです。 前のページで伊之助が蝶屋敷の窓を割って部屋に入ってるので、そのことでしのぶに怒られてるのでしょう笑 しのぶに怒られている伊之助のシーンを想像すると面白いな〜って思います。 善逸が相変わらずいろいろと大変 炭治郎、善逸、伊之助のなかで1番感情表現豊かなのが善逸ですよね。 泣いたり笑ったり。 鬼滅の刃15巻でも善逸いろいろ大変で面白かった。 kindle版114ページでは炭治郎に褒められて抑えきれない喜びがあふれ出てたし、187ページでは玄弥を助けたのに玄弥にひどい目にあわされてしまいます 笑 鬼滅の刃はギャグも面白いですが善逸は大いに鬼滅の刃の面白さに貢献してますよね。 冨岡義勇の過去明かされる。 天然ボケぶりも発揮! 冨岡義勇は錆兎に助けられていた。 鬼滅の刃15巻で冨岡義勇の過去が明かされました kindle版124ページ なぜ冨岡義勇が寡黙なのかその理由は過去にあったことがわかりますね。 そして他の柱たちと距離を置きがちなのも納得です。 冨岡義勇は炭治郎と同じ最終選別を受けています。 生き残ったんだけれど炭治郎のように鬼をやっつけたわけではなかったんです。 冨岡義勇とともに錆兎も最終選別を受けていました。 そして錆兎がみんなを助けていたんですね。 それで冨岡義勇は鬼を倒すことなしに鬼殺隊になることができたわけです。 そんな経緯があったので冨岡義勇は自分は最終選別は助けられただけで実質的には通過していないと思っています。 このことが理由で他の柱と距離を置いているのでしょう。 とはいえ最終選別後、冨岡義勇は柱になるほどに強くなったわけですからすごいですよね。 冨岡義勇、天然ボケぶりを発揮 ついに冨岡義勇の天然ボケが登場しました。 炭治郎と冨岡義勇はどこか似たとこありますよね。 冨岡義勇も炭治郎のように天然ボケでした。 冨岡義勇の心を開こうと炭治郎がしつこく冨岡義勇に話しかけて打ち解けようとします。 冨岡義勇と話してほしいという伝言を当主が炭治郎に伝えたからです。 なかなかうまく話せなかった炭治郎と冨岡義勇ですが、しつこく話しかける炭治郎に冨岡義勇が根負けして冨岡義勇は心のうちを語り始めます。 落ち込む冨岡義勇を励まそうと炭治郎はなぜか ざるそば早食い競争をしませんか? と提案します。 冨岡義勇は「なんで?」と疑問に思いつつも炭治郎と一緒にざるそば早食い競争をしてるんです笑 玄弥だったら絶対断ってますよね 笑 第1話で登場した冨岡義勇はカッコよくて渋い雰囲気だけというキャラでしたが、15巻になって冨岡義勇の新たな側面を見ることができました。 鬼滅の刃はシリアス系バトルマンガのなかでは、かなりギャグが多いんじゃないでしょうか。 楽しんで読むことができます。 栗花落カナヲ つゆりかなを が自分の気持ちを言うシーンが超絶かわいい 自分で判断しないでコインを投げて表か裏で物事を決めていたカナヲが、15巻145ページ kindle版 でしのぶにはっきりと自分の意志を伝えています。 すごい変化ですよね。 炭治郎がカナヲの心を開いたのだと思います。 コイン投げのときですね。 15巻でしのぶとカナヲが話す場面があります kindle版145ページ この時のカナヲがすごくかわいいんです。 もじもじしてます。 以前はただニコニコしてるだけで、なにかを決める時はコイン投げで決めるという状態でした。 でも炭治郎に会ってからはカナヲは変わりました。 遠慮がちでも自分の意志をちゃんと相手に伝えられるようになったんです。 村田さんが猛訓練受けてる! 柱たちの隊員たちへの訓練が行われてるんですが、そのなかで村田さんらしき姿もありました!(kindle版111ページ) 村田さん訓練したら炭治郎たちほどではないけれど、かなり強くなると思うんですよね。 そのうち炭治郎の窮地を救うなんて場面があるかもしれません。 名言ありました。 炭治郎が冨岡義勇の心をなんとか開こうとしていたときの場面ですね(kindle版134ページ) 「どんなに惨めでも恥ずかしくても生きていかなきゃならない」 このセリフは炎柱の煉獄さんから受け継いだ言葉でした。 炭治郎は煉獄のこの言葉をしっかりと胸に刻んで覚えているんですよね。 冨岡義勇は最終選別で鬼を倒すことなく錆兎に助けられて生き残っただけでした。 最終選別の時点では冨岡義勇よりも錆兎のほうが強かった。 さらに錆兎が生きていれば、冨岡義勇よりもっと強い柱になっていたかもしれない… そう思うと冨岡義勇はなぜ俺が最終選別の時生き残ってしまったんだ、錆兎が生き残るべきだったという後悔がずっとあったのでしょう。 でもそんな惨めな思いを抱えつつも冨岡義勇は強くなり柱になりました。 最終選別で錆兎に助けられて、ただ生き残っただけの冨岡義勇が柱になるまで強くなったこと、かなりすごいことです。 まとめ ということで鬼滅の刃15巻の感想でした。 盛りだくさんの15巻でしたね。 甘露寺蜜璃と蛇柱の伊黒小芭内が文通してることや冨岡義勇の過去が分かったりなどなど。 最後は岩柱が登場しました。 はたして岩柱はどんな人物なのか。 鬼滅の刃の漫画を無料で獲得できるポイントを使ってお得に安く読む方法.

次の

【鬼滅の刃】「青い彼岸花」の正体は「藤の花」!!最終話は4年後の世界…義勇&実弥は痣で死か…【204話で変柱が】【残り2話】【きめつのやいば】【考察】【203話】※ネタバレ注意

青い彼岸花 義勇

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】無惨が鬼化した原因「青い彼岸花」 無惨は生まれつき体が弱く、二十歳になるまでに死ぬと言われていました。 そんな無惨を救うため平安時代の善良な医者がある薬を作り、無惨に与えました。 その薬の原料こそが青い彼岸花です。 ところが無惨は悪くなっていく体に不満を抱き、医者を殺してしまいます。 医者の死後、 自分が病を克服した代わりに鬼となったことを知ることになります。 まだ試作段階であったとされるこの薬には不明な点も多く、さらに自らが殺した医者しかこの薬のことを知りませんでした。 このことは滅多に反省などしない無惨にとっても痛恨の極みとして残り、 それ以降の青い彼岸花探しへと繋がっていくことになります。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】青い彼岸花がどうしても見つからない? 無惨は病を克服し、今度は完璧な生物になろうとしていました。 そのためにも日の光を克服する必要がありました。 自分の血を分け、鬼を増やしたのも日の光を克服するものが現れることを期待したからです。 青い彼岸花はそのための有力な手掛かりでした。 でも、 無惨は1000年以上の間、見つけることはできませんでした。 その理由は最終話にて明かされています。 伊之助の子孫・青葉が青い彼岸花を発見しています。 研究の結果、 青い彼岸花は1年のうち2日〜3日、それも昼間しか咲かない花だと紹介されているんです。 1年に数日、それも昼間しか咲かない花…。 無惨を含め鬼はもれなく昼間は出歩けませんから、1000年掛かろうとも見つけられなかった理由は、青い彼岸花の希少な開花条件と言えるでしょう。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】薬投与で鬼から人間に戻れた炭治郎 無惨との戦いの中で死にかけた炭治郎は、鬼に変えられてしまいます。 自我を失い、周りを傷つける炭治郎のもとにカナヲが駆けつけます。 カナヲは残ったもう一つの目を彼岸朱眼で研ぎ澄まし、決死の覚悟でしのぶから託された薬を炭治郎に投薬します。 炭治郎は投薬された後、藤の花の匂いを感じています。 原材料に藤の花を使っていることが影響しているのでしょう。 ちなみに、愈史郎は 炭治郎が人間に戻れた理由はしのぶの薬と禰豆子の血だと言っています。 炭治郎は鬼になった時に禰豆子を噛んでいました。 一度、無残の血で鬼になっている禰豆子は抗体を持っているそうです。 一種のアナフィラキシーショックのようなものですね。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】嘴平青葉が枯らしてしまった!? 嘴平青葉 伊之助の子孫 は、植物の研究をする学者になっていました。 青葉は青い彼岸花を発見した学者としてテレビに取り上げられるなどしていましたが、 なんとうっかりミスで全部からしてしまうと言う大失態を犯してしまいます。 このことで青葉は研究所をクビになりそうな状況に陥ってしまいます。 ちなみに なぜ青い彼岸花が枯れてしまったかについて触れられていません。 ここからは憶測ですが、 青い彼岸花は咲く条件が厳しいのが特徴なので、青葉が発見して研究所に移動させた…この行為が原因ではないでしょうか? 真相は明かされぬままですが、青い彼岸花は人の手が及ぶシロモノではなかったということなんでしょう。

次の