低温加熱型たばこ。 【比較検証】JTによる新型次世代タバコ、低温/高温加熱式『プルーム・テック・プラス』vs『プルーム・エス』各々のメリッ

低温加熱型たばこ「プルーム・テック・プラス」に初のフレーバーメンソールと喫味が濃厚なメビウス・ゴールドラインが登場|@DIME アットダイム

低温加熱型たばこ

メンソール特化型の実力!• プルームテックプラスの本音に迫る!• メガヒット商品の理由を徹底検証• 全フレーバーを吸い比べ!• 新しい生活様式は喫煙ライフも変える? こんばんは、モクログのげんちゃんです。 本日のサバゲーが天候不良の為中止となってしまった為、ダラダラと執筆中でございます。 2連チャン忘年会のあとのサバゲーだったので、体調的にはホッとしたのですが、デビュー予定の息子はだいぶガッカリした様子だったので、今日の我が家はゲーム解禁中です。 子どもたちがゲームをしている間に、今日は令和時代にオススメしたい【最強】低温加熱式タバコをご紹介したいと思います。 お時間のある方はどうぞお付き合いください。 令和時代とタバコ 時代とともにタバコのイメージや在り方は変わってきましたが、2019年から始まった「令和時代」はこれまでとは全然違って、喫煙者にとっては非常に厳しい時代といえます。 喫煙者が人口の8割と言われていた昭和、禁煙ブームが広がりはじめた平成、令和はタバコ規制が本格化してくる時代。 タバコの価格は増税による値上げが続き、喫煙所はどんどん無くなり、今や居酒屋や喫茶店でも吸えないお店が増えています。 そんな中、救世主的な存在なのが加熱式タバコと呼ばれるもので、 紙巻タバコはNGでも加熱式ならOKというお店や場所が急増中。 中でも、低温加熱式タバコは、ニオイも少なく有害物質も大幅に削減されていることから、今もっとも注目の次世代たばこなんですよ。 この記事の目次• 最強の低温加熱式たばこ 2018年にリリースされたハイブリッド低温加熱式タバコ「ターレス」をご存知ですか? その注目度はとんでもなくて、今流行りのクラウドファンディングでは、調達金額1位、支持者数1位、支持率1位。 更に、価格. comのランキングでも1位、楽天ランキングでも1位、大手ランキングサイトのmybestでも1位と、 めちゃくちゃ話題になった低温加熱式タバコです。 そのターレスがパワーアップしたのが「ターレス・プラス」でして、本日の主役「最強」低温加熱式タバコさんです。 ターレス・プラスがオススメの理由 低温加熱式タバコと言えば、プルームテックにプルームテック・プラス、グローセンスがメジャーどころから発売されていますが、これらのデバイスよりもターレス・プラスをオススメするのには理由があります。 詳細は後ほど説明していきますが、一言で言うなら 「ターレスはいいとこ取りしたデバイス」というのがピッタリ。 ですので、プルームテック・プラスとグローセンス、どっちにしようか悩んでいる人は、ぶっちゃけ見ないほうがいいかもしれません。 プルームテック・プラスの良さをいいとこ取り 以前、プルームテック・プラスとグローセンスの比較記事でも書きましたが、プルームテック・プラスは 低温加熱式とは思えないほどのキックが最大の特徴です。 キックっていうのは、ニコチンのガツッと喉にくる感じを表す言葉なんですが、グローセンスにプルームテック・プラスが勝っている点はこのタバコ感。 ですが、プルームテック・プラスのキックの秘密ってなんだかわかりますか? ズバリ、「たばこカプセル」にあります。 グローセンスのたばこカプセルに比べて、プルームテック・シリーズのたばこカプセルは精度が高いんですよ。 もうお解りですよね、 ターレス・プラスは低温加熱式として使う場合、プルームテック・シリーズの「たばこカプセル」と互換性があるので、プルームテック・プラスと同じように使うことが出来るんです。 グローセンスの良さをいいとこ取り グローセンスはキックこそプルームテック・プラスに劣りますが、フレーバーの味わいはグローセンスのほうが上です。 というのも、プルームテック・シリーズと違って、グローセンスはカートリッジポッドに入っているリキッドそのものに味をつけている為、 VAPEみたいに味がしっかりしているんです。 それだけではなく、 人気のポッド型電子タバコの構造を採用しているので、使いやすさでもプルームテック・プラスを上回ります。 ここでターレス・プラスに話しを戻しますが、ターレス・プラスのカートリッジはリキッド充填型なので、グローセンスのように味のついたリキッドを入れて運用することが出来ます。 グローセンスのように味もしっかり出すことが出来て、且つプルームテック・シリーズのたばこカプセルでキックも味わえる、まさにいいとこ取りのデバイスがターレス・プラスなんです。 プルームテック・プラスにもグローセンスにもない特徴 ターレス・プラスの凄さは、いいとこ取りしているだけではありません。 プルームテック・プラスとグローセンスにもない優れた特徴が2つあります。 ちょっとイケてるくらいだったら「最強」なんて言葉は使いません。 いいとこ取りだけでなく、更に凄い特徴があるから、ターレス・プラスがオススメなんです。 その特徴をまとめましたのでご覧ください。 カートリッジ充填型なので味を選ばない プルームテック・プラスもグローセンスも、どちらも リキッド・カートリッジは使い捨てなので決まった味しか楽しめません。 もちろん、それでもいいんですが、世の中には数千種類もの味がVAPE専用リキッドとして販売されています。 王道のタバコ味やメンソールだけでなく、メロン味やスイカ味、烏龍茶味にカルピス味、コーラ味にレッドブル味などなど、既存フレーバーにはない味が山程あるんです。 ターレス・プラスはカートリッジ充填型なので、好きなリキッドを入れることが出来るということ。 プルームテック・プラスやグローセンスでは絶対に吸えない味も楽しめる、これがターレス・プラスの特徴の1つめです。 ターレス・プラスにはモード切り替えという機能がついており、低温加熱式タバコとして使う際の「Lモード」、電子タバコとして使う用の「Sモード」が選べるので、用途に応じてパワーを変えることが出来るんです。 低温加熱式タバコとして使う際はパワーを抑えて目詰まり防止、電子タバコとして使うときは蒸気量をアップさせるためにハイパワーで。 低温加熱式タバコとしても使える、電子タバコとして使える、ターレス・プラスは最強のハイブリッド・デバイスなんです。 ターレス・プラスが凄いワケ 他にもターレス・プラスにはこだわりがいっぱい詰まっていて、よくこんなトコロまで気づいたなー、と思ってしまうくらい細部までこだわって作られています。 なぜだかわかりますか? ターレス・プラスの販売元さんはベプログという、国内最大のVAPE系口コミサイトを運営している会社さんなんですが、実は ターレスってユーザーさんの口コミから作られたデバイスなんですよ。 きっと色々なリクエストがあったんでしょう、 「こんなデバイスがあったらいいのになー」をカタチにしたのがターレス・プラスというワケです。 だから、いいとこ取りだけでなく、使いやすさにも、楽しみ方の幅の広さにも、デザインにもこだわりが詰まっているということなんです。 クラウドファンディングや各ラインキングでも1位なのはこういう理由なんですね。 最強の低温加熱式タバコ「ターレス・プラス」• キックの強いたばこカプセルが使える• しっかりしたフレーバーを楽しめるリキッド・カートリッジ• 使い方は超簡単、こだわりの詰まったシンプル構造• 充填型なので好きなリキッドを好きなだけ楽しめる• モード切り替え機能搭載で2度楽しめるハイブリッドデバイス 低温加熱式タバコとしては、プルームテックにプルームテック・プラス、グローセンスの3種類がリリースされていますが、ターレス・プラスはこだわりやスペック面では完全にワンランク上。

次の

JT、低温加熱型のたばこ用デバイス「プルーム・テック」に関する科学的な調査結果について発表 :日本経済新聞

低温加熱型たばこ

<関連記事> 「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」を比較! 3つの違いで吸いごたえに差 まず、「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」には、どのような違いがあるのかを見ていきたい。 「プルーム・テック」ユーザーの不満で多かった「吸いごたえの物足りなさ」を解消すべく誕生したのが「プルーム・テック・プラス」だ。 そのため、「プルーム・テック・プラス」は「プルーム・テック」より吸いごたえを重視した設計となっているが、その満足感の高さ生み出すポイントとなっているのは、「加熱温度」「タバコ葉の量」「リキッドの量」の3点。 それぞれくわしく見ていこう。 「プルーム・テック・プラス」は「プルーム・テック」に比べ約20mm(実測値)ほど長く、直径15mmと太くなった。 重さは、「プルーム・テック・プラス」の17gに対して41gと、約2. 4倍だ(どちらもカプセル、カートリッジ装着時実測値)。 ただ持ってみると、さほど重さの差があるようには感じにくい 1. 加熱温度が高いほどタバコ感が強く出るため、「プルーム・テック・プラス」はより吸いごたえのあるものとなっている。 たばこカプセル内のタバコ葉を増量 「プルーム・テック」は、蒸気をタバコ葉の粉末を詰めた「たばこカプセル」に通すことによって蒸気にニコチンを含ませるのだが、「プルーム・テック・プラス」では、たばこカプセル内のタバコ葉の量自体を増やしている。 当然、たばこカプセルを通過した蒸気に含まれるニコチン量も増えるので、喫味もスロートキック(のどへの圧)も強くなるのだ。 なお、「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」の専用リフィル(カートリッジ+たばこカプセル)は、たばこカプセルのサイズこそ同じものの、カートリッジの構造が異なるので互換性はない。 また、「プルーム・テック・プラス」の専用リフィルは、カートリッジ内のリキッドも、それぞれのフレーバー専用にデザインされているという。 そのため、「プルーム・テック」ユーザーがよくやっていた、「たばこカプセルだけを変えて味変する」という吸い方は、「プルーム・テック・プラス」では推奨されない。 左が「プルーム・テック」、右が「プルーム・テック・プラス」の専用リフィル。 たばこカプセル5個+カートリッジという内容は同じで、1箱で吸える回数もまったく同じだ たばこカプセルのサイズは同じだがカートリッジの構造が異なり、互換性はないので注意 3. リキッド量もアップ。 たっぷりの蒸気で満足感を高める 「プルーム・テック」では、蒸気量に物足りなさを感じるユーザーも多いようだ。 ただ、「プルーム・テック」はカートリッジ内部のコットンに蒸気を発生させるためのリキッドを染み込ませる構造上、蒸気量には限界がある。 そこで「プルーム・テック・プラス」では、たっぷりの蒸気を発生するのに十分なリキッドを内包できるリキッドタンク方式を採用している。 「プルーム・テック・プラス」(左)はリキッドタンクに小窓が付いているので、リキッドの残量(カートリッジ交換タイミング)が一目瞭然 ほかにも、使い勝手が少しだけ違っている。 「プルーム・テック」は完全オートスイッチ式で、いつでも吸い込めば蒸気を発生させられるが、「プルーム・テック・プラス」は本体中央ボタンをトリプルクリックで電源オン、3秒以上長押しで電源オフという仕様になった。 めんどうに感じるかもしれないが、内蔵リチウムイオン電池が190mAhから610mAhへと大容量化しているので、カバンの中などでの不用意な電源オンによる爆発などのリスクを防ぐためにも必要な変更だったのだろう。 また、電源をオンにした後は、吸い込むたびにスイッチが自動で入るので、実際の使用感はそんなに変わらない。 「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」を吸い比べてみる 「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」の違いを確認したうえで、改めて両モデルを吸い比べてみよう。 まずは「プルーム・テック」。 こちらは、タール値3mg未満の軽い紙巻きタバコに照準を合わせた喫味だ。 喫煙者だからといって、喫味が強ければいいというものでもないので、このくらいの軽さがちょうどいいという人には最適なデバイスと言える。 専用リフィルを、人気のメンソールやフレーバー系を含めて2銘柄8種類(2019年2月現在)の多彩なバリエーションから選べるのも、先行機種の利点だ。 「プルーム・テック」の蒸気は、喫味の軽さのせいか、軽い広がり方をする。 VAPEで言うとグリセリン類の中のPG(プロピレングリコール)が多いリキッドのような吸い心地だ 「プルーム・テック」の専用リフィル。 6種類ある「メビウス」ブランドの「レギュラー」「ブラウン・アロマ」は2019年2月中旬にリニューアル予定。 「ピアニッシモ」ブランドは、3月11日発売の新味2種「パイナップル・ピーチ・イエロー・クーラー」と、「アリア・メンソール」を追加すると4種類で、全10種類となる いっぽう「プルーム・テック・プラス」は、紙巻きタバコなら5〜6mg程度の喫味を好む人に照準を当てた製品だ。 特にレギュラータイプを吸うと、「プルーム・テック」との違いは歴然。 「プルーム・テック」よりも少し強い喫味が好みだが、「アイコス」「グロー」「プルーム・エス」などの高温加熱式タバコではニオイが気になるという人に適しているだろう。 ただし、専用リフィルは4種(2019年2月時点)と、まだ少ない。 見た目の蒸気量は意外と「プルーム・テック」と変わらない。 むしろ「プルーム・テック」のほうが蒸気が軽い分広がりやすいので、見た目には多く見える。 ただ「プルーム・テック・プラス」の蒸気のほうが重さを感じるので、蒸気発生のためのグリセリンのVG(植物性グリセリン)の比率が高いのだと思われる 「プルーム・テック・プラス」の専用リフィルは「メビウス」ブランド4種類のみ。 レギュラー系・メンソール系がそれぞれ2種発売されている ニオイ問題は同点。 ニコチン感より多彩なフレーバーを楽しむなら「プルーム・テック」、強めの喫味が好みなら「プルーム・テック・プラス」 「プルーム・テック」はその喫味の軽さから、深呼吸のように蒸気を吸い込む肺吸い(ダイレクトラング)向きのデバイスだ。 普通のタバコ同様に口に1回蒸気をためる口吸い(マウス・トゥー・ラング)では、「プルーム・テック」の喫味は軽く過ぎると感じる人も多いだろう。 そのため、普段からVAPEを併用するなど、肺吸いに慣れており、ニコチン感の強さよりも多彩なフレーバーを楽しみたいなら、「プルーム・テック」のほうが適していると言えそうだ。 「プルーム・テック・プラス」は、紙巻きタバコ同様の口吸いできちんと楽しめるデバイスに仕上がっていると感じた。 スロートキックをしっかり感じながら吸えて、ほぼ無臭という特徴は、今までの喫味が弱いと感じていた「プルーム・テック」ユーザーに大いに支持されるはずだ。 <関連記事>.

次の

まだ紙巻きタバコ吸う?加熱式タバコのメリットと紙巻きタバコとの違い|いまいちど.ログ

低温加熱型たばこ

どちらも水蒸気を発生させること、タール0と謳われるのは共通です。 高温は紙巻きに近い吸い応えがメリット。 低温は蒸気の感じが強く高温とはまるで別物ですが、タバコ臭がまるでなく体への負担も少ないメリットがあります。 現在の主流は高温加熱になっており、低温加熱はgloから販売されるグローセンスとJTのプルームテック、プルームテックプラスの3種類。 価格一覧表 製品名 価格 税込 アイコスシリーズ IQOS 2. 4 Plus 4,980円 IQOS 3 MULTI 6,980円 IQOS 3 DUO 9,980円 グローシリーズ glo sens 980円 glo pro 2,980円 glo nano 1,980円 glo hyper 3,980円 プルームシリーズ PloomTECH 2,500円 PloomTECH+ 2,980円 PloomS 1,480円 パルズ PULZE 2,880円 販売店舗:公式サイト スペック一覧表 IQOSシリーズ IQOS 2. 4Plus。 最新モデルのIQOS3 DUO デュオ。 旧モデルの魅力は現状では低価格のみ。 IQOS最高傑作はIQOS3 DUO。 アイコス3種の中ではマルチの構造は別物 IQOS2. 4PlusとIQOS3の特徴 ホルダーとチャージャーに分離するタイプで1回の喫煙ごとにホルダーをチャージャーに収納して充電する必要あり。 ホルダーに余計なバッテリーを搭載しないため、喫煙時に使うホルダー単体の重さは約20gの超軽量。 1回ごとの充電を無くしたモデルがアイコス3マルチであり、待ち時間の予熱20秒だけで連続喫煙が可能です。 ただしフル充電でも最大喫煙数が約10本と控えめ。 旧モデルは全て公式から姿を消し、グロープロ、ナノ、センスの3種類へ世代交代をした形に。 glo nanoは小型が取り柄の最小デバイス。 IHヒーターを搭載したglo proは予熱が早く、ブーストモードにすると加熱温度上昇で吸い応えがアップする。 反面喫煙時間は短くなる。 詳細は下記参考に。 予熱や加熱もありません。 詳しくは下記参考に。 メリットはマイルドな味と他の高温デバイスに比べてタバコ臭の低減。 日本たばこ産業 JT が販売する プルームテックは2016年3月の限定発売からしばしの沈黙を経て、2018年6月にようやく全国発売となった唯一の日本製加熱式タバコです。 その約半年後の2019年1月末には吸い応えをアップした プルームテック・プラスと、高温で加熱するタイプの プルーム・エスの販売を開始。 現在は3種類のデバイスで展開しています。 第4の加熱式たばこと呼ばれ、現在ではPULZEのみ販売中。 コンビニやECサイトでも販売中 紹介した加熱式たばこは全て全国販売しています。 コンビニやタバコ販売店、専門店で購入可能。 オンラインでは公式サイト始め、 大手ショッピングモールで も入手できます。 とはいえ、定価購入や製品保証が確実で安心できる公式サイトはおすすめ。 JT製品なら公式が運営するもおすすめです。 各公式サイトはイベントやポイントによるプレゼントなど長期的にみるとお得。 会員登録は多少面倒に感じますが試供品など嬉しい特典も多いです。 加熱式たばこの選び方 「加熱式タバコでもこんなにあるの?」一体どれにしたら…。 と思った時にはまず 低温型と 高温型の2択から入りましょう。 同じ加熱式タバコでも温度により吸い応えや使い勝手が大きく異なります。 高温になるほど臭いも味もきつくなり、圧倒的に臭いの少ないタバコが低温タイプ。 低温型は使い方が簡単で最もクリーンなタバコ。 臭いは周りに気づかれない程で周辺を汚すこともありません。 一方で吸い応えはVAPEなど電子タバコ寄りになるので、フルーティーやメンソール系に富んでます。 高温型は紙巻きタバコ寄りの吸い応えを求める方におすすめ。 とにかく吸い応えならアイコスやグローすすが、高温型でも「臭いは気にする」と思う方にはプルームエスが合うでしょう。

次の