手取り 24 万 年収。 年収200万の生活レベルは?手取りや税金・ローン・ふるさと納税を解説!

旦那36歳。給料が手取り22万~24万です。子供が高校生1人。中学3...

手取り 24 万 年収

旦那36歳。 給料が手取り22万~24万です。 子供が高校生1人。 中学3年。 小学校低学年です。 旦那の給料が少なくてイライラしますが、世間一般的にどうなのでしょうか 私は扶養を抜けて仕事を しています。 旦那より少し手取りが少ないくらいです。 言えば家事もやってくれますが、態度が明らかに不機嫌になります。 なので、あまり頼みません。 旦那は小遣い35000円です。 ガソリン代は込みですが軽自動車で主に通勤に使うので10000円もかからないと思います。 昼は弁当ですが……お金が足りないと言います。 私には言いませんが、子供達にグチグチ言ってます。 旦那の収入を考えると十分な金額を渡してると思いますが 少ないですか 私の収入をあてにしてて、転職などは考えていないようです。 ちなみにボーナスは手取り10万くらいです。 もらえないよりいいよねーー。 と言います。 長男は公立高校で、授業料はかかりませんが学年費と部活で思ってた以上に掛かりますし、受験生をそろそろ塾に……… でも、行かせてやれない。 虚しさ。 毎月、毎月やりくりで頭がいっぱいです。 世のお母さん方はみんなそうなんですかね 旦那と価値観が違い過ぎて……疲れはてます。 手取り22万から24万は安いかどうか、これは地域や業種によってかなりバラツクので評価は難しいところですが、都市部では少し安いと言えるかもしれませんね。 とりあえず統計データをいくつか調べてみたのですが、男性の平均年収は511万円程度です。 おそらく手取りベースでは、ボーナスを含めて月35万前後ではないでしょうか。 但しこれは全体の平均であるため、実は上位の人がかなり平均を押し上げてるんですね。 これが統計として出てこない。 9=約340万 手取りなら、22万というところかと思います。 ただ、これはフリーターなど給料低すぎて結婚諦めちゃってる人も含んでるので、平均といえるかどうかはなんとも。 このグラフを見ていただけると、年収300万円台がかなり多いことが解ると思います。 質問者様はお子様が多く、やりくりが大変だと思います。 旦那様には家計の実態は理解してもらうよう内訳を作って見せてはどうですか? また、家事もあらかじめ分担した方がいいかもしれませんね。 日本はいつのまにか世界的にもみても結構な格差社会となっており、また、今まで普通と考えられた、子供に塾や習い事をさせるなどをさせるにも大変な社会になってます。 ちなみに母子家庭の平均年収は213万円だそうです。 一度生活アドバイザーなどの方をお呼びして夫婦の間に入っていただいて話をする必要があるのではないでしょうか? みなさんがおっしゃるとうりお小遣いは少し多い気がします。 手取りの一割が妥当ではないでしょうか? 奥様もそれで我慢しないといけないと思います。 アドバイザーさんにご主人の収入と奥様の収入をすべてみせて お子様三人のこれからの最低限の支出など生活費を提示して いくらかかるのか2人でそれぞれいくら出したらいいのか話し合いをしないと厳しいと思います。 長男さんは医学部に行きたいのですか? 本人の夢なら最低限の費用は頑張って出してあげてください。 用意した費用より出た金額は本人にきちんと話し学校に通いながらアルバイトで稼ぐなど本人にも覚悟させる必要があると思います。 塾とありましたが本当に塾でないとだめなのでしょうか? 今は通信の教育もあり、またネットで無料で講義が見れるサイトもあります。 塾の費用を出して長男に出したから2人目3人目には我慢してねというつもりなのでしょうか? そのばしのぎでもいつかぼろが出ます。 今の支出でどこが無駄遣いなのか・・どこが必要最低限なければならないものなのか・・やはり夫婦以外のプロのアドバイザーからの指摘でないと旦那様は変わらないと思います。 お子様達はおふたりを選んで降りてきてくれた天使です。 父さんと母さんの子に生まれてきてよかったと思っていただけるように頑張りすぎないように頑張ってください。 ちなみにうちは母子家庭で4人の子がいます。 直前でお金がないから学校は夢は諦めてねとは言いたくないので4人で月に11万の学資保険を払っています。 収入が手取りで22万ほどなので苦しくはなりますが中2・小6・小4・2歳児のうち上の3人にはお小遣いを決め貯めるお金と使うお金の区別すること・お金には限りがあることを学ばせています。 うちは極端に多いですが基本支出7割・大型出費用3割で考えると楽かもしれません。 毎月のお子様用の貯蓄を新しく奥様の通帳を作りそれだけに定期預金をしてみてはいかがでしょうか? 生活費を出さないのはDVにあたいすると聞いたことがあります。 この際、老後のためにも奥様がすべて管理させていただいてお小遣い制にして どこにどのくらい使っているのかすべて旦那様に報告するのが一番かと思いますよ。 旦那様も報告してくれて貯金額が増えるのを見ればまかせてもいいとおもうのではないでしょうか? うちは主人40歳。 小学生の子供が一人います。 お給料は手取りで20万円前後です。 それでもお小遣いは4万円あげてます。 以前は5万円あげてましたが、リーマンショックをきっかけに、今の金額に下げてもらいました。 でも!私は2万円にしたいんです。 家計が厳しいから。 でも、それを言うと逆ギレするので、ボーナスで補填する日々…。 最近ようやく冷静に家計の話し合いが出来て、貯金することも考えてくれるようになりましたが、使いたい放題の人です。 お金があると思ってるんです。 『これだけ残業で稼いだのに、なんで足りないんだ!』『あんだが遊びに使うからでしょ!』 こんなやりとり、しょっちゅうです。 私ばかり毎日お金の心配して、バカらしくなってきます。 私も働いてますが、主人の遊び癖に疲れ果ててます。 借金や浮気をしてるわけではないので、マシなんでしょうが、時々むなしくなってきます。 お互いに辛い立場ですが、頑張りましょうね。 住んでいる場所によりますが、ちょっと少ないと思います。 でも世帯収入なら40くらいですよね? 充分だと思いますよ。 頑張って働いていて家事もして質問者さんはすごいなー。 と思います。 なんで女性ばかりが働いているのに家事をしなきゃいけないのか、分かりません。 働いて、家事も自分でやるとか誰でもイライラしますよ! 専業主婦でもあるまいし。 小遣いについては1000~2000円多いと思いますがそれは妥協して家事を手伝ってもらった方がいいですよ。 老後何も出来ない やらない 人との生活はキツいと思うので今のうちに手伝ってもらえるようになるといいですね。 何だか私の質問のようです(笑) 奥様と合わせて手取り40万弱、少なくはないのでは?うちと同じぐらいです。 我が家は中学生2人、高校受験が続きますが、公立高校しか行かせられません。 親なんかより勉強が出来るので大学も行かせてやりたいですが、今の状況ではとても無理。 行かせるとしたら教育ローンで行かせるつもりです(住宅ローンもまだ残ってるのに) 我が家も家計は私が預かってるので、主人は本当に余裕が無いことを分かってないように思います。 お小遣いは妥当では?私の主人は4万です。 少なくしてくれと頼んでも部下に珈琲を毎日奢ったり、飲み会には寸志を置いていくらしく4万でも足らず毎月1万ほどさらにあげています。 すみません愚痴りました。 男性は見栄もありますしね・・・・。 今踏ん張り時かと思ってお互い頑張りましょう!.

次の

手取り18万円の年収ってどのくらい?気になる答えとリアルな生活事情を公開

手取り 24 万 年収

旦那36歳。 給料が手取り22万~24万です。 子供が高校生1人。 中学3年。 小学校低学年です。 旦那の給料が少なくてイライラしますが、世間一般的にどうなのでしょうか 私は扶養を抜けて仕事を しています。 旦那より少し手取りが少ないくらいです。 言えば家事もやってくれますが、態度が明らかに不機嫌になります。 なので、あまり頼みません。 旦那は小遣い35000円です。 ガソリン代は込みですが軽自動車で主に通勤に使うので10000円もかからないと思います。 昼は弁当ですが……お金が足りないと言います。 私には言いませんが、子供達にグチグチ言ってます。 旦那の収入を考えると十分な金額を渡してると思いますが 少ないですか 私の収入をあてにしてて、転職などは考えていないようです。 ちなみにボーナスは手取り10万くらいです。 もらえないよりいいよねーー。 と言います。 長男は公立高校で、授業料はかかりませんが学年費と部活で思ってた以上に掛かりますし、受験生をそろそろ塾に……… でも、行かせてやれない。 虚しさ。 毎月、毎月やりくりで頭がいっぱいです。 世のお母さん方はみんなそうなんですかね 旦那と価値観が違い過ぎて……疲れはてます。 手取り22万から24万は安いかどうか、これは地域や業種によってかなりバラツクので評価は難しいところですが、都市部では少し安いと言えるかもしれませんね。 とりあえず統計データをいくつか調べてみたのですが、男性の平均年収は511万円程度です。 おそらく手取りベースでは、ボーナスを含めて月35万前後ではないでしょうか。 但しこれは全体の平均であるため、実は上位の人がかなり平均を押し上げてるんですね。 これが統計として出てこない。 9=約340万 手取りなら、22万というところかと思います。 ただ、これはフリーターなど給料低すぎて結婚諦めちゃってる人も含んでるので、平均といえるかどうかはなんとも。 このグラフを見ていただけると、年収300万円台がかなり多いことが解ると思います。 質問者様はお子様が多く、やりくりが大変だと思います。 旦那様には家計の実態は理解してもらうよう内訳を作って見せてはどうですか? また、家事もあらかじめ分担した方がいいかもしれませんね。 日本はいつのまにか世界的にもみても結構な格差社会となっており、また、今まで普通と考えられた、子供に塾や習い事をさせるなどをさせるにも大変な社会になってます。 ちなみに母子家庭の平均年収は213万円だそうです。 一度生活アドバイザーなどの方をお呼びして夫婦の間に入っていただいて話をする必要があるのではないでしょうか? みなさんがおっしゃるとうりお小遣いは少し多い気がします。 手取りの一割が妥当ではないでしょうか? 奥様もそれで我慢しないといけないと思います。 アドバイザーさんにご主人の収入と奥様の収入をすべてみせて お子様三人のこれからの最低限の支出など生活費を提示して いくらかかるのか2人でそれぞれいくら出したらいいのか話し合いをしないと厳しいと思います。 長男さんは医学部に行きたいのですか? 本人の夢なら最低限の費用は頑張って出してあげてください。 用意した費用より出た金額は本人にきちんと話し学校に通いながらアルバイトで稼ぐなど本人にも覚悟させる必要があると思います。 塾とありましたが本当に塾でないとだめなのでしょうか? 今は通信の教育もあり、またネットで無料で講義が見れるサイトもあります。 塾の費用を出して長男に出したから2人目3人目には我慢してねというつもりなのでしょうか? そのばしのぎでもいつかぼろが出ます。 今の支出でどこが無駄遣いなのか・・どこが必要最低限なければならないものなのか・・やはり夫婦以外のプロのアドバイザーからの指摘でないと旦那様は変わらないと思います。 お子様達はおふたりを選んで降りてきてくれた天使です。 父さんと母さんの子に生まれてきてよかったと思っていただけるように頑張りすぎないように頑張ってください。 ちなみにうちは母子家庭で4人の子がいます。 直前でお金がないから学校は夢は諦めてねとは言いたくないので4人で月に11万の学資保険を払っています。 収入が手取りで22万ほどなので苦しくはなりますが中2・小6・小4・2歳児のうち上の3人にはお小遣いを決め貯めるお金と使うお金の区別すること・お金には限りがあることを学ばせています。 うちは極端に多いですが基本支出7割・大型出費用3割で考えると楽かもしれません。 毎月のお子様用の貯蓄を新しく奥様の通帳を作りそれだけに定期預金をしてみてはいかがでしょうか? 生活費を出さないのはDVにあたいすると聞いたことがあります。 この際、老後のためにも奥様がすべて管理させていただいてお小遣い制にして どこにどのくらい使っているのかすべて旦那様に報告するのが一番かと思いますよ。 旦那様も報告してくれて貯金額が増えるのを見ればまかせてもいいとおもうのではないでしょうか? うちは主人40歳。 小学生の子供が一人います。 お給料は手取りで20万円前後です。 それでもお小遣いは4万円あげてます。 以前は5万円あげてましたが、リーマンショックをきっかけに、今の金額に下げてもらいました。 でも!私は2万円にしたいんです。 家計が厳しいから。 でも、それを言うと逆ギレするので、ボーナスで補填する日々…。 最近ようやく冷静に家計の話し合いが出来て、貯金することも考えてくれるようになりましたが、使いたい放題の人です。 お金があると思ってるんです。 『これだけ残業で稼いだのに、なんで足りないんだ!』『あんだが遊びに使うからでしょ!』 こんなやりとり、しょっちゅうです。 私ばかり毎日お金の心配して、バカらしくなってきます。 私も働いてますが、主人の遊び癖に疲れ果ててます。 借金や浮気をしてるわけではないので、マシなんでしょうが、時々むなしくなってきます。 お互いに辛い立場ですが、頑張りましょうね。 住んでいる場所によりますが、ちょっと少ないと思います。 でも世帯収入なら40くらいですよね? 充分だと思いますよ。 頑張って働いていて家事もして質問者さんはすごいなー。 と思います。 なんで女性ばかりが働いているのに家事をしなきゃいけないのか、分かりません。 働いて、家事も自分でやるとか誰でもイライラしますよ! 専業主婦でもあるまいし。 小遣いについては1000~2000円多いと思いますがそれは妥協して家事を手伝ってもらった方がいいですよ。 老後何も出来ない やらない 人との生活はキツいと思うので今のうちに手伝ってもらえるようになるといいですね。 何だか私の質問のようです(笑) 奥様と合わせて手取り40万弱、少なくはないのでは?うちと同じぐらいです。 我が家は中学生2人、高校受験が続きますが、公立高校しか行かせられません。 親なんかより勉強が出来るので大学も行かせてやりたいですが、今の状況ではとても無理。 行かせるとしたら教育ローンで行かせるつもりです(住宅ローンもまだ残ってるのに) 我が家も家計は私が預かってるので、主人は本当に余裕が無いことを分かってないように思います。 お小遣いは妥当では?私の主人は4万です。 少なくしてくれと頼んでも部下に珈琲を毎日奢ったり、飲み会には寸志を置いていくらしく4万でも足らず毎月1万ほどさらにあげています。 すみません愚痴りました。 男性は見栄もありますしね・・・・。 今踏ん張り時かと思ってお互い頑張りましょう!.

次の

手取り25万、26万、27万、28万、29万円の給料年収を解説!

手取り 24 万 年収

年収400万円の手取りはどれくらい? 年収400万円の手取りはどれくらい? まず、給与の額面と手取りの違いを確認しておきましょう。 額面とは、各種税金や社会保険料などを差し引く前の総支給額のこと。 額面から税金等が天引きされ、実際に手にする金額を手取りといいます。 一般的に、求人広告などに記載されている年収や月収は各種税金を計算する前の額面を指していることが多いため、手取りと混同することのないよう注意が必要です。 それでは年収400万円の場合、毎月の手取りはどれくらいになるのでしょうか? 賞与(ボーナス)なしのケースで計算してみましょう。 年収400万円の手取り例(社会人2年目以降) 【天引きされる金額】 所得税:8. 56万円 社会保険料:56. 9万円 住民税:17. 56万円 社会保険料:56. ここで注意しておきたいのが、住民税は前年の収入をもとに計算されるため、社会人1年目には徴収されないことです。 そのため、収入が同じであれば1年目よりも2年目以降のほうが手取りは少なくなります。 目安としてご覧ください。 年収400万円の各種税金とは? 収入から天引きされる主な税金や保険料について説明していきます。 年収400万円の社会保険料 社会保険とは厚生年金・健康保険・雇用保険・労災保険などを指します。 社会保険の料率は勤務先が加入している保険の組合・居住地域・職種などによって多少異なってくるため、ここでの計算はあくまでも目安と考えてください。 22%=約56. 9万円 年収400万円の所得税 所得税は、収入額に応じて国に納める税金です。 所得税を計算するときは、収入から各種控除を引いて所得税課税対象額を求め、そこに収入に応じた所得税率をかけて算出します(課税所得195万円超はさらに控除あり)。 一般的に住民税と呼ばれている税金は、道府県民税と市町村民税の合計です(東京23区は都民税と特別区民税)。 住民税の税率は基本的にどこに居住していても10%ですが、一部の市区町村では標準よりも高い税率が定められている場合があり、年間で最大1万円程度の差があります。 ここでは標準税率で計算しています。 手取り25万~26万円であれば、家賃は8万円~10万円ほどがおすすめです。 これらの情報を加味して、大まかな生活費のモデルケースを考えてみます。 ・家賃:7. 2万円 ・水道・光熱費:1. 1万円 ・食費:4万円 ・日用品・雑費:3万円 ・スマホ・インターネット:1. 5万円 ・交際費:3万円 【合計:19. 8万円】 手取り26万円であれば、充分に一人暮らしは可能と言えるでしょう。 自宅で料理を楽しみたい自炊派 ・家賃:9万円 ・水道・光熱費:1. 5万円 ・食費:3万円 ・日用品・雑費:3万円 ・スマホ・インターネット:1. 5万円 ・交際費:3万円 【合計:21万円】 料理が好きで普段から自炊する人を想定したケースです。 ガスや電気を使用する機会が多いため、光熱費は少し高くなります。 ワンルームの物件はキッチン自体が簡易で収納もほとんどないケースが多いため、居室とキッチンの間に仕切りのある1K物件がおすすめです。 自炊はしない外食派 ・家賃:9万円 ・水道・光熱費:1万円 ・食費:5万円 ・日用品・雑費:3万円 ・スマホ・インターネット:1. 5万円 ・交際費:3万円 【合計:22. 5万円】 外食が多くなるほどやはり食費は高くなるもの。 ここでは一日の食費を約1,600円で計算しています。 自炊しないと割り切っている人であれば、キッチンスペースが簡易なワンルーム物件を選んで家賃を抑えるのもよいでしょう。 貯金重視の節約派 ・家賃:8万円 ・水道・光熱費:1万円 ・食費:2万円 ・日用品・雑費:2万円 ・スマホ:2,000円 ・交際費:3万円 【合計:16. 2万円】 生活費を抑えて、貯金したい人や趣味にお金をかけたい人のケースです。 駅から距離のある物件・郊外エリアの物件・築年数の古い物件に選択肢を広げれば、家賃の安い物件を見つけられます。 また、格安スマホに変えることで通信費を大幅に節約。 交際費は削れない費用として他の例と同じ金額にしています。 手取り25万~26万円でここまで節約すれば、毎月10万円以上貯金することも可能です。 一人暮らしで支出を減らすコツ 無理なく支出を減らすコツは、毎月の固定費を下げることです。 たとえ月単位では小さな節約でも、年単位では大きな差となってくるでしょう。 現代人の生活には欠かせないスマホに関しては、大手キャリアから格安スマホ会社に乗り換えることで通信費を大幅に抑えることができます。 また、一般的に日当たりの良い部屋は人気が高く家賃が高めに設定されています。 日中ほとんど家にいない人であれば、あえて家賃の安い北向きの物件にする選択肢もあります。 在宅時間の多くが夜ならば、日当たりの悪さはそれほど気にならないかもしれません。 手取り25万~26万円の暮らしとは? 年収400万円の場合、毎月の手取りは約26万円程度です。 手取り25万~26万円あれば、無駄遣いを控えれば、なんとか4万〜5万円の貯金ができるでしょう。 家賃や通信費を抑えれば、厳しくやりくりしなくても暮らすことができます。 さらに、目的を決めて貯金をすれば、趣味や旅行の費用も捻出できるはずです。

次の