グリーン デイ 新曲。 グリーン・デイ 新アルバム『Father of All...』を2020年2月発売、新曲1曲試聴可

グリーン・デイ、来たる新作より新曲“Oh Yeah!”のビデオを公開して収益の全額寄付を発表

グリーン デイ 新曲

収録曲 1. 2000ライト・イヤーズ・アウェイ [1991『カープランク』] 2. ロングヴュー [1994『ドゥーキー』] 3. ウェルカム・トゥ・パラダイス [1994『ドゥーキー』] 4. バスケット・ケース [1994『ドゥーキー』] 5. ホウェン・アイ・カム・アラウンド [1994『ドゥーキー』] 6. She [1994『ドゥーキー』] 7. ブレイン・シチュー [1995 『インソムニアック』] 8. ヒッチン・ア・ライド [1997 『ニムロッド』] 9. グッド・リダンス (タイム・オブ・ユア・ライフ) [1997 『ニムロッド』] 10. マイノリティ [2000 『ウォーニング』] 11. ウォーニング [2000 『ウォーニング』] 12. アメリカン・イディオット [2004 『アメリカン・イディオット』] 13. ホリデイ [2004 『アメリカン・イディオット』] 14. ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス [2004 『アメリカン・イディオット』] 15. ウェイク・ミー・アップ・ホウェン・セプテンバー・エンズ [2004 『アメリカン・イディオット』] 16. ノウ・ユア・エナミー [2009 『21世紀のブレイクダウン』] 17. 21ガンズ [2009 『21世紀のブレイクダウン』] 18. オー・ラヴ [2012 『ウノ! 』] 19. バン・バン [2016 『レボリューション・レディオ』] 20. スティル・ブリージング [2016 『レボリューション・レディオ』] 21. オーディナリー・ワールド(feat. ] 22. バック・イン・ザ・USA (新曲) SPICER.

次の

グリーンデイライブ2020のセトリと感想・ネタバレレポ【大阪&幕張・来日公演】

グリーン デイ 新曲

今月初め、Foxboro Hot Tubsという無名の60's風ガレージ・ロック・バンドがネットで曲を発表したが、このヴォーカルどこかで聴いたことがあるような……。 そう、グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングそっくりなのだ。 Foxboro Hot Tubsの経歴は謎に包まれたままだが、グリーン・デイの変名バンドと見て間違いないようだ。 グリーン・デイに詳しい人物は、バンド名の由来を上げ、彼らに間違いないとXfmで断言している。 「ビリー・ジョーの(育った)ロデオの家の真向かいに団地があって、子供たちはそこに忍び込んでは温水浴槽(Hot Tubs)を使ってたんだ。 この団地の名がFoxboroっていったんだよ。 知る人ぞ知るだよ」 Foxboro Hot Tubsは12月8日、オフィシャル・サイトfoxborohottubs. comに6曲(「Stop Drop And Roll」「Mother Mary」「Ruby Room」「Red Tide」「Highway」「She's A Saint, Not A Celebrity」)を発表。 無料でダウンロードできるようになっていたが、なぜか数日で削除され、現在は時計のみが表示されている。 しかし、Myspaceのバンドのページで「Stop Drop And Roll」「Mother Mary」「Ruby Room」の3曲を聴くことができる。 どう聴いてもビリー・ジョーの声だ。 Ako Suzuki, London.

次の

グリーン・デイ「Father of All...」の楽曲ページ|1008311655|レコチョク

グリーン デイ 新曲

先日、米カリフォルニア州ロサンゼルスのナイトクラブ、ウィスキー・ア・ゴー・ゴーに集まった少人数の観客の前で、グリーン・デイは世界同時リリースと合わせて最新シングル「ファザー・オブ・オール…」を初披露した。 今回の小規模ライブは、2020年にフォール・アウト・ボーイとウィーザーとともにグリーン・デイが参加する、ヘラ・メガ・ツアーの発表を祝して開催されたものだ。 下記のライブ動画からは、2020年2月7日リリースのニューアルバム『ファザー・オブ・オール…』に収録されるアップビートで賑やかな同名の新曲を楽しそうに演奏するメンバーの様子がうかがえる。 ボーカルのビリー・ジョー・アームストロングに促され、観客はキャッチーなサビを合唱する。 ファンはすでの新曲を知っているようだ。 今回のシークレットライブのオープニングアクトを務めたのはウィーザーで(リヴァース・クオモはバンドを「フレンドリーな地元のオープニングバンド」と呼んだ)、3バンドが各々のアクトを披露した。 フォール・アウト・ボーイはニューシングル「Dear Future Hands Up 」を初披露しただけでなく、「Sugar, Were Goin Down」や「Dance, Dance」などの人気曲も演奏した。 トリを務めたグリーン・デイのアクトの最初を飾ったのは、歌詞を「トランプの議題」を連想させる内容に変えた「アメリカン・イディオット」だ。 ウィーザーのニューシングル「ジ・エンド・オブ・ザ・ゲーム」は、2020年5月リリース予定のニューアルバム『ヴァン・ウィーザー』に収録される一方、ワイクリフ・ジョンをフィーチャーしたフォール・アウト・ボーイの「Dear Future Hands Up 」は、ベストアルバム『Greatest Hits: Believers Never Die - Volume Two』に収録される。 スタジアムをめぐるヘラ・メガ・ツアーは2020年6月13日のパリ公演を皮切りに、7月には北米をまわる。 ラストは8月29日の米ペンシルベニア州フィラデルフィアのシチズンズ・バンク・パーク公演だ。

次の