リトルヘラクレス。 アラン・メンケン

アニメ『リトルマーメイド』声優一覧(日本語・英語の吹き替え)アースラは?

リトルヘラクレス

公式サイト アラン・メンケン( Alan Menken 、 - )は、のミュージカル音楽および映画音楽の、ピアニスト。 舞台音楽とので特に知られる。 『』 1989年 、『』 1991年 、『』 1992年 、『』 1995年 でそれぞれ2部門を受賞している。 ほかに『』 1986年 、『』 1992年 、『』 1996年 、『』 1997年 、『』 2004年 、『』 2007年 、『』 2010年 、『』 2016年 などの作曲もしている。 また などのミュージカルでの作曲でも知られている。 ディズニー映画の舞台化も多いが、ほかに『 ()』 1982年 、『 ()』 1994年 、『』 2009年 などの舞台作品の作曲も行なっている。 、、グレン・スレイター、スティーブン・シュワルツ、デイヴィッド・ジペルなどの作詞家とコラボレートしている。 、各4回、計8回アカデミー賞を受賞しており、音楽関連の部門での9回に続く2番目の受賞回数となっている。 また11回のほか、など様々な賞を受賞している。 生い立ち [ ] 、にあるフレンチ・ホスピタルで生まれた。 父親ノーマンは歯科医師およびのピアノ奏者で、母ジュディスは女優、ダンサー、脚本家であった。 メンケンの家系は人移民であった。 少年時代から音楽に興味を深め、クラシック音楽を学びピアノおよびバイオリンを習い、幼い頃に作曲を始めた。 9歳でNew York Federation of Music Clubs Junior Composers Contestに出場し、自身の作曲の『"Bouree" 』は審査員たちから称賛された。 ニューヨーク州ニューロシェルにあるニューロシェル高等学校に進学し、1967年に卒業した。 在学中、ピアノの練習に飽きており、バッハやベートーベンの曲を自分流にアレンジして弾いていた。 その後に進学した。 1971年、ニューヨーク大学スタインハート・スクールから音楽学学士を取得し卒業した。 当初、父のように歯科医になるべく医学部進学を目指しており、音楽学にも興味はなかったが、最終的に音楽学部に進学して卒業した。 リーマン・エンジェルによるBMIのワークショップに参加した際、ほかの作曲家たちと出会い音楽学部進学を決めたのである。 大学進学前、第二のを目指し、それまでピアノで作曲していたがギターで作曲をしていた。 大学を卒業後、BMIリーマン・エンジェル・ミュージカル・シアター・ワークショップに参加した。 経歴 [ ] 初期 [ ] 卒業後、ロック・スターかアーティストを目指した。 しかしBMIミュージカル・シアター・ワークショップに参加し、リーマン・イーグルを師と仰ぐとミュージカルでの作曲への興味が増した。 1974年から1978年、BMIワークショップで『 Midnight 』、『 Apartment House 』 ミュリエル・ロビンソン作詞 、『 Conversations with Pierre 』 、『 Harry the Rat 』、『 Messiah on Mott Street 』 デイヴィッド・ジペル作詞 などを披露した。 この間、バレエおよびモダン・ダンス伴奏者、クラブでの音楽担当、作曲、編曲、『』での作曲、ヴォーカル・コーチなど様々な職を経験し、ザ・ボールルーム、レノ・スウィーニー、トランプスなどのクラブで自身の作品を演奏していた。 1976年、『ニューヨーク・タイムズ』紙のジョン・ウィルソンはエンジェルのBMIワークショップのメンバーたちは『ブロードウェイ・アット・ザ・ボールルーム』シリーズの一部を上演し始めたと報じた。 1977年、ウィルソンはザ・ボールルームでのメンケンの伴奏について、単なる伴奏ではなく声でも参加していたと記した。 メンケンは『 New York's Back in Town 』、『 Big Apple Country 』、『 The Present Tense 』 1977年 、『 Real Life Funnies 』 オフ・ブロードウェイ、1981年 、『 』 オフ・ブロードウェイ、1984年 、『 Personals 』 オフ・オフ・ブロードウェイ、1985年 などのに作品を提供していた。 1979年、ニューヨークにあるウエスト・バンク・カフェにてチップ・ジエンが出演するメンケンのレヴュー『 Patch, Patch, Patch 』が上演された。 スティーヴ・ブラウン作詞の『 Atina, Evil Queen of the Galaxy 』など上演されなかった作品の作曲も行なっている。 1980年、から依頼され、ブラウン作詞『 The Thorn 』の作曲も行なった。 これは映画『』のパロディだが、上演後も利益を上げることはできなかった。 未完成のミュージカル『 Babe 』 1981年頃 でとコラボレートし 、トム・アインと『 Kicks: The Showgirl Musical 』 1984年 、デイヴィッド・ロジャースと『』を基にした『 The Dream in Royal Street 』 1981年頃 でコラボレートした。 ロバート・J・シーゲル監督の映画『 The Line 』 1980年 で音楽を担当した。 数ヶ月後、オフ・ブロードウェイのエンターメディア・シアターに進出し、さらに6週間上演された。 1982年、メンケンとアシュマンは1人の人形遣いを含む演者9名で上演するミュージカル『 ()』の作詞作曲を行なった。 1960年公開の同名のブラック・コメディ映画『』を基にしたミュージカル作品であった。 1982年、WPAシアターで開幕して脚光を浴びた。 マンハッタンのにあるオルフェウム・シアターに移行し、5年間上演され続けた。 当時、オフ・ブロードウェイで最高興行収入を記録した。 世界中でツアー公演を行ない、数々の賞を受賞し、1986年には主演で『』としてミュージカル映画化され、メンケンとアシュマンは主題歌『"Mean Green Mother From Outer Space" 』で初めてアカデミー賞にノミネートとされた。 1983年、功績を称えられBMI特別功労賞を受賞した。 1987年、の小説『 ()』 1959年 のミュージカル化『 ()』で作詞家デイヴィッド・スペンサーと共に作曲し、フィラデルフィアで上演された。 2015年、度重なる改訂後にモントリオールで上演された。 1992年、メンケン作曲、スペンサー作詞による『 Weird Romance 』がWPAシアターで上演された。 1994年、の短編小説『』を基にしたマイケル・オクランの脚本により、リン・アーレンと共に作曲したミュージカル『 ()』がマディソン・スクエア・ガーデンのパラマウント・シアターで上演された。 好評を博し、以降ニューヨークでは毎年ホリデー・シーズンに上演されている。 ディズニー・ルネサンスおよび映画作品 [ ] 『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』の成功により、メンケンとアシュマンは制作の映画『』 1989年 の音楽を手がけることとなった。 アンデルセンの童話のミュージカル・アニメ映画化であり、ディズニー映画『』 1937年 や『』 1950年 と同等に扱われることが予想されたため、2人にとって大きな挑戦であった。 『リトル・マーメイド』は批評的にも商業的にも成功し、新しいディズニー時代の幕開けとしてメンケンは「」の立役者のひとりとなった。 本作の楽曲、主題歌『』はに選出され、メンケンとアシュマンにとって初のアカデミー賞受賞となった。 またメンケンはも受賞した。 メンケンとアシュマンは映画『』 1991年 でアカデミー歌曲賞に3曲がノミネートされ、タイトル曲『』で受賞した。 メンケンはアカデミー作曲賞も受賞した。 1991年にアシュマンが亡くなった当時、2人は映画『』 1992年 の作曲中であった。 がアシュマンの後継となり、音楽を完成させた。 1992年、楽曲『』でアカデミー歌曲賞を受賞した。 1992年公開の実写映画『』で作詞家ジャック・フェルドマンと共に作曲し、アカデミー作品賞を受賞した。 作詞家スティーブン・シュワルツと共にミュージカル・アニメ映画『』 1995年 を作曲し、アカデミー歌曲賞およびアカデミー作曲賞を受賞した。 1996年、2人はミュージカル・アニメ映画『』で作曲を行なった。 1997年、ジペルと再度組んでミュージカル・アニメ映画『』の作曲を行なった。 1993年の主演の映画『 ()』 、2004年のホリデー映画『』 、2012年の映画『』の音楽の作曲を行なった。 ディズニーではほかに『』 2004年 、『』 1959年 のによるリメイク映画『』 2006年 、『』 2007年 、『』 2010年 の音楽を作曲した。 2017年3月、ディズニーは実写映画『』を制作し、1991年版の音楽に加え、メンケンとライスが新曲を作曲した。 2017年、と共に実写映画『』の作曲を、と共に実写映画『リトル・マーメイド』の作曲を開始した。 また、シュワルツと共に『魔法にかけられて』の続編『 』の作曲を行なうこととなった。 アカデミー作曲賞4回、アカデミー歌曲賞4回の計4回アカデミー賞を受賞しており、の9回に続く2番目に最多受賞の作曲者となっている。 全体で見てもの22回、ニューマンに続き、衣裳デザインのと共に3番目である。 存命人物としては最多受賞となっている。 2001年、を受賞した。 ミュージカルへの回帰 [ ] 1994年、ミュージカル『』でブロードウェイ・デビューし、2007年に閉幕するまで13年間上演された。 1997年、作詞家と共に聖書に登場するを主題とするミュージカル『ダビデ王』の作曲を行ない、ブロードウェイにあるニュー・アムステルダム・シアターにてコンサート版が上演された。 2003年から2004年、ブロードウェイにて『 ()』が上演された。 2008年から2009年、メンケンが作曲した舞台版『リトル・マーメイド』がブロードウェイで上演され、オリジナル楽曲賞にノミネートされた。 2009年、メンケンが作曲した『』がロンドンで初演され、2011年、ブロードウェイで上演され、トニー賞作曲賞にノミネートされた。 2010年、に星を埋め込まれた。 2010年12月、NPRのクイズ番組『 』にゲスト出演した。 2012年、ミュージカル『』でトニー賞作曲賞を受賞し、2014年に閉幕した。 2012年、ミュージカル『 ()』の作曲を行ない、ブロードウェイで短期間上演された。 2014年、ミュージカル『』がブロードウェイで開幕し、トニー賞作曲賞にノミネートされた。 2013年、ジョージア州アトランタで行なわれたジュニア・シアター・フェスティバルの授賞式にゲスト出演した。 この時、制作秘話を交えながら未発表曲を含む演奏が行なわれた。 2014年、カリフォルニア州のラホヤ・プレイハウスにてミュージカル『 ()』が上演された。 2015年、モントリオールにて『 ()』改訂版が上演され 、2016年、ペーパーミル・プレイハウスにて『』が上演された。 私生活 [ ] ダウンタウン・バレエ・カンパニーに勤務中、バレエ・ダンサーのジャニス・ロズウィックと出会った。 1972年11月に結婚し、ニューヨーク州ノースセーラムに住んでいる。 アナとノラの2人の娘がいる。 作品 [ ] 映画 [ ] 年 題 監督 クレジット 役 特記 音楽作曲 歌曲作曲 プロデュース 俳優 1972 ウィリアム・リチャート No No No Yes 本人 ドキュメンタリー映画 1986 No Yes No No と共に 1988 No Yes No No 未制作の前編のため『"This Only Happens in the Movies" 』を作曲 1989 ポリー 歌う天使 デビー・アレン No Yes No No テレビ映画 Yes Yes No No ハワード・アシュマンと共に 1990 No Yes No No 、と共に『"Measure of a Man" 』を作曲 1991 ゲイリー・トゥルースデイル カーク・ワイズ Yes Yes No No ハワード・アシュマンと共に 1992 No Yes No No ジャック・フェルドマンと共に No Yes No No ジャック・フェルドマンと共に『"My Christmas Tree" 』を作曲 ジョン・マスカー ロン・クレメンツ Yes Yes No No ハワード・アシュマン、ティム・ライスと共に 1993 () ジェイムズ・ラパイン Yes No No No 1995 マイク・ガブリエル エリック・ゴールドバーグ Yes Yes No No スティーブン・シュワルツと共に 1996 ゲイリー・トゥルースデイル カーク・ワイズ Yes Yes No Yes フィーバス 歌の吹替 スティーブン・シュワルツと共に; カットされた楽曲『"In a Place of Miracles" 』、『"As Long as There's a Moon" 』で歌唱 1997 ロン・クレメンツ ジョン・マスカー Yes Yes No No デイヴィッド・ジペルと共に 2004 ウィル・フィン ジョン・サンフォード Yes Yes No No グレン・スレイターと共に Yes No スコア・プロデューサー No () アーサー・アラン・シーデルマン Yes No No No テレビ映画 2006 ブライアン・ロビンス Yes No No No 2007 Yes Yes No No スティーブン・シュワルツと共に 2010 Yes Yes スコア・プロデューサー No グレン・スレイターと共に 2011 No Yes No No デイヴィッド・ジペルと共に楽曲『"Star Spangled Man" 』を作曲 ダンカン・マクニーリー No Yes No No 2012 Yes No No No 2016 コンラッド・ヴァーノン Yes Yes No No と共に音楽作曲; グレン・スレイター、カイル・ハンター、アリエル・シェイファー、セス・ロジェン、エヴァン・ゴールドバーグと共に歌曲『"The Great Beyond" 』作曲 Aria for a Cow ニキータ・メイナム アモス・サシガン No Yes No No 短編映画; ハワード・アシュマンと共に 2017 Yes Yes No No オリジナル楽曲をハワード・アシュマンと共に; 新曲をティム・ライスと共に 2018 フィル・ジョンストン No Yes No No 歌曲『"In This Place" 』を作曲; フィル・ジョンストンおよびトム・マクドゥーガルと共に歌曲『"A Place Called Slaughter Race" 』を作曲 No Yes No No グレン・スレイターと共に歌曲『"Strange Sensation" 』を作曲 2019 Yes Yes No No オリジナル楽曲をハワード・アシュマン、ティム・ライスと共に; 新曲をと共に TBA リトル・マーメイド Yes Yes No No オリジナル楽曲をハワード・アシュマンと共に; 新曲をと共に TBA Yes Yes No No スティーブン・シュワルツと共に TBA ノートルダムの鐘 TBA Yes Yes TBA TBA テレビ [ ]• 1989年-1990年、 - 『"Grouchelot" 』、『"What is Friend? " 』、『"It's Gonna Get Dirty Again" 』、『"Snuffle Friends" 』、『"Martian Family Yip Yip Song " 』、『"Todos un Pueblo" 』• 1990年、カートゥーン・オールスターズ・トゥ・ザ・レスキュー 楽曲『"Wonderful Ways to Say No" 』の監修• 1992年、 Lincoln• 2013年、隣人 - シーズン1、エピソード20『"Sing Like a Larry Bird" 』の楽曲『"More or Less The Kind of Thing You May or May Not Possibly See on Broadway" 』、『"Giselle" 』• 2015年-2016年、 クリストファー・レナーツと共に2シーズン分のサウンドトラックの作曲• 2017年、 ミュージカル [ ]• ()(1974年頃、) 脚本 ユダヤ系アメリカ新聞『デイリー・ジューイッシュ・フォワード』への読者投稿を基にしている• (1979年、オフ・ブロードウェイ) 作詞• (1982年、オフ・ブロードウェイ/1983年、; 2003年、) ハワード・アシュマン作詞• Weird Romance(1992年、オフ・ブロードウェイ) 作詞 2幕物で『"" 』、『"" 』を基にしている• (1994年、ブロードウェイ/1997年、ウエスト・エンド) ハワード・アシュマン、ティム・ライス作詞• (1994年-2003年、マディソン・スクエア・ガーデン) 作詞• ()(1997年、ブロードウェイ) 作詞 、、を基にしている• (1999年、ベルリン/2014年、ラホヤ・プレイハウス) 作詞• (2008年、ブロードウェイ) ハワード・アシュマンおよび作詞• (2009年、ウエスト・エンド/2011年、ブロードウェイ) グレン・スレイター作詞• ()(2012年、ブロードウェイ) グレン・スレイター作詞 1992年の映画『 ()』を基にしている'• (2011年、ペーパーミル・プレイハウス・2012年、ブロードウェイ) 作詞• (2011年、シアトル/2014年、ブロードウェイ) ハワード・アシュマン、ティム・ライス、作詞• ()(2015年、モントリオール) 作詞 1959年のの小説を基にしている• (2016年、ブロードウェイ) グレン・スレイター作詞• (2019年(予定)、オフ・ブロードウェイ) リア・デベッソネット演出、チェイス・ブロック振付 その他 [ ]• - 1992年のアニメ映画『アラジン』を基にした1幕7場のミュージカル• - のショー• - のショー• - のショー• - ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーのアトラクション• featuring "Compass of Your Heart" - のアトラクション• YouTube Channel music video featuring "Someone Wrote That Song"• Tangled: The Musical - 2015年11月からののショー• - 2016年10月からの公式テーマ曲『"All the Wonders of the Universe" 』• 2017年7月4日、で行なわれた独立記念日祝典『"The Sum of Us" 』 受賞歴 [ ] 詳細は「」を参照 アカデミー賞8回、ゴールデングローブ賞7回、グラミー賞11回、トニー賞1回、ドラマ・デスク・アワード1回、外国批評家賞2回受賞している。 さらに2002年にディズニー・レジェンド、1998年にリチャード・カーク特別功労賞、2013年にフレディ・G・ミュージカル功労賞、2013年にオスカー・ハマースタイン賞などを受賞している。 は1991年の映画『美女と野獣』のタイトル曲『ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣』をに選出した。 ディズニー映画でノミネートされたほかの5曲を以下に示す:• "" from リトル・マーメイド 1989年• "" from 美女と野獣 1991年• "" from 美女と野獣 1991年• "" from 1992年• "" from アラジン 1992年 2006年、アメリカン・フィルム・インスティチュートはに唯一のミュージカル・アニメ映画として『美女と野獣』 1991年 を22位に選出した。 メンケンの作品でノミネートされたほかの4作品を以下に示す:• リトル・ショップ・オブ・ホラーズ 1986年• リトル・マーメイド 1989年• アラジン 1992年• ノートルダムの鐘 1996年 アカデミー受賞/ノミネート [ ] 太字のものは受賞作品。 歌曲賞に映画タイトルを記述していないものは、同年の作曲賞と同じ映画。 1986年• 歌曲賞 「Mean Green Mother from Outer Space」 - 『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』• 1989年• 作曲賞 -• 歌曲賞 - 「 アンダー・ザ・シー Under the Sea 」「キス・ザ・ガール Kiss the Girl 」• 1991年• 作曲賞 -• 歌曲賞 - 「 美女と野獣 Beauty and the Beast 」「ベルのひとりごと Belle 」「ひとりぼっちの晩餐会 Be Our Guest 」• 1992年• 作曲賞 -• 歌曲賞 - 「 A Whole New World 」「フレンド・ライク・ミー Friend Like Me 」• 1995年• 作曲賞(コメディ・ミュージカル) -• 歌曲賞 - 「 カラー・オブ・ウィンド Colors of the Wind 」• 1996年• 作曲賞(コメディ・ミュージカル) - 『』• 1997年• 歌曲賞 - 「ゴー・ザ・ディスタンス 」 - 『』• 2007年• 歌曲賞 - 「Happy Working Song」、「So Close」、「That's How You Know」 - 『』• 2010年• 歌曲賞 - 「I See the Light」 - 『』 脚注 [ ]• 2012年8月13日閲覧。 , Alanmenken. com, accessed February 19, 2016• , FilmReference. com, accessed August 27, 2011• Playbill. 2011年8月27日閲覧。 , Disney Legends, D23. com, accessed February 19, 2016• , Alanmenken. com• , , July 27, 1986, accessed February 19, 2016• , BMI. com, May 22, 2013, accessed February 19, 2016• , Playbill, December 18, 1998• , Alanmenken. com, accessed February 19, 2016• Wilson, John S. "Someday, Maybe on Broadway, But for Now They Are in SoHo", The New York Times, October 13, 1976, p. Wilson, John S. "Menken and Ellen March Play", The New York Times, November 3, 1977, p. Dietz, Dan. , Off Broadway Musicals, 1910-2007: Casts, Credits, Songs, Critical Reception, McFarland, 2010, , p. 362• Rich, Frank. , The New York Times, February 12, 1981, accessed February 19, 2016• Rich, Frank. , The New York Times, November 25, 1985, accessed February 19, 2016• Gussow, Mel. "Cabaret: Patch, a Revue With Cheer for Over 30's: Life Passes", The New York Times, August 16, 1979, p. C14• Jay, Bernard. , Not Simply Divine, Simon and Schuster 1994 , p. 87,• Jones, Kenneth. , Playbill, October 10, 2008, accessed February 20, 2016• , Show Tunes: The Songs, Shows, and Careers of Broadways Major Composers, Oxford University Press 2010 , pp. 356—359,• Tepper, Jennifer. 2015-09-04 at the. , Playbill, May 2, 2015, accessed February 19, 2016• , The New York Times, accessed February 20, 2016• "Stage: God Bless You, Mr. Rosewater: In Vonnegut Land", , May 21, 1979, p. C14• Corry, John. "Broadway: The Phoenix's place in the city's theatrical life", The New York Times, August 17, 1979, p. Jones, Kenneth. , Playbill, March 6, 2003, accessed February 18, 2016• , Lortel. org, accessed February 18, 2016• Vonnegut, Kurt. Kurt Vonnegut's God Bless You, Mr. Rosewater, Samuel French, Inc. , 1980, , pp. 3-4• , Songwritershalloffame. org, accessed February 22, 2016• , Playbill, March 28, 2014• com, March 10, 2015• , The New York Times, June 23, 1992• Richards, David. , The New York Times, December 2, 1994, accessed February 18, 2016• , MTIshows. com, accessed February 18, 2016• Box Office Mojo. 2010年7月29日閲覧。 , Awardsdatabase. oscars. org, accessed February 19, 2016• , TCM. com, accessed February 19, 2016• Rainer, Peter. , , June 4, 1993, accessed February 18, 2016• Demonte, Adena. , Film Monthly, December 1, 2004, accessed February 18, 2016• Phares, Heather. , AllMusic, accessed February 18, 2016• McNary, Dave 2015年3月16日. Variety. 2016年1月10日閲覧。 Broadway World. 2017年7月17日閲覧。 Christina Radish 2018年3月7日. 2018年4月30日閲覧。 , Disney Legends, D23. com, accessed February 19, 2016• BroadwayWorld. com, May 3, 2011• Gans, Andrew. 2010-12-12 at the. , Playbill, November 8, 2010• , NPR. org, accessed February 18, 2016• Hetrick, Adam. , Playbill, January 7, 2013• BWW News Desk. BroadwayWorld. com. 2014年9月4日閲覧。 playbill. com 2014年2月26日. 2014年3月2日時点のよりアーカイブ。 2016年2月18日閲覧。 , Playbill, February 17, 2016• westchestermagazine. com, Retrieved 2014-10-02. Fleming Jr. , Mike 2019年1月16日. Deadline. 2019年1月16日閲覧。 2016年3月8日閲覧。 2018年2月23日閲覧。 参考文献 [ ]• at the archived October 19, 2007 Britannica Book of the Year, 1997. 2007. Retrieved September 6, 2007. , theartsdesk. com. Posted May 16, 2010. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキクォートに に関する引用句集があります。 - (英語)• - (英語)• with Alan Menken• Alan Menken in Barcelona's Beauty and the Beast• 1957•

次の

[B! 人生] 「リトル・ヘラクレス」を覚えているだろうか?彼に起こったこととライフスタイルがどのように変わったのかを見てみよう

リトルヘラクレス

コンテンツ [] 声優の変更 に株式会社ポニー(現:)とから発売された、そして(現:)から発売されたでの声優は基本的に同じである。 これらの吹き替えには所属のが多数起用されていた。 吹き替えに関しては、同じキャラクターでも作品ごとに声優が異なっていたことがあり、また、ほとんどの作品に原語版にはないが追加されていた。 からはブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント(現)がビデオや等の販売を行っている。 そのため、過去のビデオやレーザーディスクは全てとなった。 ほぼ全ての作品で声優が一新され、原語版に似た声での吹き替えとなっている。 なお、『』、『』、『』、『』等の一部の作品は声優の変更が行われていないが、一部の音声は同声優による新録音となっている場合もある。 テレビ番組での声優 番組の詳細はそれぞれの項を参照のこと。 (、)• (、)• (テレビ東京、)• () 声優一覧 略称• 旧版:ポニー、バンダイ、パイオニアLDC ソフト販売がブエナ・ビスタ・ホームエンターテイメントに切り替わった後に公開された作品には上記の意味での旧版は存在しないが、『』等の一部の作品はビデオとDVDで声優が変更されているため、便宜上 旧版と表記している。 新版:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント(現:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント、旧:ブエナ・ビスタ・ジャパン)• 初公開版:日本初公開時(ソフトが未発売の場合、又は旧版から2種類販売されている場合) クラシック短編映画 ディズニーの主要キャラクターについて。 原語版に関しては現在の声優のみ記述している。 日本語吹き替え担当はメディアによって異なっており、複数存在する。 ナレーションも便宜上ここに記述する。 アラン・ヤング (初代) (二代目) トニー・アンセルモ 土井美加 下川久美子 後藤真寿美 コーリー・バートン (初代) (二代目) 江原正士 ビル・ファーマー? (初代) 伊井篤史(二代目) - エイプリル・ウィンチェル (初代) (二代目) (三代目) - ジョン・マクリーシュ 大平透 稲葉実 江原正士 土井美加 後藤真寿美 山田栄子、郷里大輔(ミッキーマウスとドナルドダック) (グーフィー・カートゥーン) (ミッキーマウステイルズ・カートゥーン) チップとデールの大作戦 キャラクター名 原語版 新版 旧版 チップ トレス・マクスニール 滝沢ロコ 堀内賢雄 デール コーリー・バートン 稲葉実 山寺宏一 ガジェット トレス・マクスニール モンタリー・ジャック ジム・カミングス ファットキャット ジョリー・ロジャー 滝口順平 ダックテイル キャラクター名 原語版 新版 旧版 備考 アラン・ヤング 吉水慶(ポニー版) ヒューイ ルシー・テイラー 坂本千夏 デューイ ルーイ ウェビー ランチパッド テレンス マクガヴァン ビークリー ジョアン・ガーバー ダックワース チャック・マッカン ドゥーファス ブライアン・カミングズ ジャイロ ハル・スミス フリントハート マジカ・デ・スペル ジューン・フォーレイ ドナルドダック トニー・アンセルモ 山寺宏一 クワック・パック キャラクター名 原語版 新版 ドナルドダック トニー・アンセルモ 山寺宏一 デイジーダック トレス・マクスニール 土井美加 ヒューイ ジェニー・イライラス デューイ パメラ・シーガル ルーイ エリザベス・デイリー ケント・パワーズ ロジャー・ローズ グワンプキ パット・フラリー ルードヴィヒ・フォン・ドレイク コーリー・バートン 沢りつお 白雪姫• 公開、日本での公開は キャラクター名 原語版 新版 旧版 備考 ピノキオ (ロジャー・ラビット) (ハウス・オブ・マウス、KH) (KH3D) ミッキーマウス! (台詞) (歌) 江原正士 (ミッキーのマジカルワールド) (シング・アロング・ソング) ゼペット 内田稔 、(ハウス・オブ・マウス) ブルー・フェアリー J・ワシントン・ファウルフェロー (正直者のジョン) ストロンボリ コーチマン (馬車屋) ランプウィック ギデオン なし なし クレオ フィガロ ダンボ• 公開、日本での公開は キャラクター名 原語版 新版 旧版 備考 ダンボ なし ティモシーマウス (ハウス・オブ・マウス) ジャンボ サーカス団長 コウノトリ ダンディ・クロウ 気取りカラス (プリチャー・クロウ) Hall Johnson Choir メガネカラス (グラス・クロウ) デブカラス (ファット・クロウ) 帽子カラス (ストローハット・クロウ) 子供 Harold Manley Tony Neil Chuck Stubbs キャティ Noreen Gammill ギグルズ Dorothy Scott プリシー Sarah Selby メイトリアーク Verna Felton John McLeish バンビ• 公開、日本での公開は キャラクター名 原語版 新版 バンビ ボビー・スチュアート(子供) ドニー・ドゥナガン(少年) ハーディー・オルブライト(青年) ジョン・サザーランド(大人) (子供~) 依田有滋(青年~) ファリーン カミー・キング(子供) アン・ギルズ(大人) (子供) 加藤陵子(大人) ピーター・ビーン(子供~) ティム・デイビス(大人) 稲葉祐貴(子供~) 奥田英太郎(青年~) フラワー スタンレー・アレクサンダー(子供) スターリング・ホロウェイ(少年~) ティム・デイビス(大人) 湯沢真伍(子供~) 小野晃弘(青年~) 森の王様 フレッド・シールド お母さん ポーラ・ウィンスロー フクロウ ウィル・ライト 三人の騎士• メキシコでに先行公開し、アメリカでの公開は、日本での公開は• 実写とアニメーションからなっており、 アニメパートの主要なキャラクターのみ記述 キャラクター名 原語版 新版 (台詞) (歌) ナレーション 他 、 南部の唄• 公開のとからなる映画• 公開、日本未公開• にで全編が日本初放送 キャラクター名 原語版 新版 旧版 トード氏 ラット (ネズミ) モール (モグラ) マクバジャー シリル ウィンキー イカボード シンデレラ• 公開、日本での公開は キャラクター名 原語版 旧版 新版 プリンス・チャーミング 台詞 歌 トレメイン夫人 ジャック ガス パーラ スージー アナスタシア・トレメイン ドリゼラ・トレメイン フェアリー・ゴッドマザー 大公 国王 シンデレラII キャラクター名 原語版 日本語版 プリンス・チャーミング ジャック パン屋 ガス ドリゼラ・トレメイン フェアリー・ゴッドマザー アナスタシア・トレメイン トレメイン夫人 王様 シンデレラIII 戻された時計の針 ふしぎの国のアリス• 公開、日本での公開は キャラクター名 原語版 新版 旧版 版 備考 アリス 、(ハウス・オブ・マウス) チェシャ猫 (ハウス・オブ・マウス) ハートの王 ドードー鳥 Bill Thompson (追加部分) 吉水慶 (いかれ帽子屋) (三月ウサギ) ドーマウス (やまねずみ) 熊倉一雄 トゥイードル・ディー トゥイードル・ダム キャタピラ バラ? ピーター・パン• 公開、日本での公開は• は発売(日本では2002年公開)• スピンオフは公開 キャラクター名 原語版 旧版 新版 備考 (台詞) (歌) なし なし なし (ティンカー・ベル)? 酋長 フック船長 スミー ナレーター 江原正士 ピーター・パン2 ネバーランドの秘密 キャラクター名 原語版 新版 ジェーン ウェンディ (少女時代) ウェンディ ピーター・パン スミー 熊倉一雄 ダニー エドワード カビー スライトリー ティンカー・ベル なし なし ナレーション わんわん物語• 公開、日本での公開は• 公開、日本での公開は キャラクター名 原語版 現在 初公開版 オーロラ姫 (台詞) (歌) フィリップ (台詞) (歌) (台詞) (歌) マレフィセント メリーウェザー フローラ フォーナ ステファン王? ヒューバート王? 101匹わんちゃん• 公開、日本での公開は• 現在市販されている吹き替えは再映版• 『』は発売• TVシリーズはに第1話のみビデオ発売、にレギュラー放送開始 キャラクター名 原語版 新版 旧版 備考 (ハウス・オブ・マウス) ナニー? 坊屋三郎 (101匹わんちゃん Go Go! ダルメシアン!! ) (101匹わんちゃん Go Go! ダルメシアン!! ) パッチ? チブス軍曹 その他 101匹わんちゃん TVシリーズ キャラクター名 原語版 新版 ラッキー ローリー キャドピッグ スポット クルエラ 一城みゆ希 ロジャー アニタ キャス・スーシー ジャスパー ホーレス ナニー ムーチ プリンセス パグ中尉 ジェフ・ベネット 101匹わんちゃんII パッチはじめての冒険 キャラクター名 原語版 新版 パッチ サンダーボルト クルエラ リトル・ライトニング ポンゴ パーディタ キャス・スーシー ロジャー アニタ ジャスパー ジェフ・ベネット ホーレス 龍田直樹 ラース 王様の剣• 公開、日本での公開は キャラクター名 原語版 新版 旧版 初公開版 備考 ワート マーリン (ハウス・オブ・マウス) (KHBbS) アルキメデス マダム・ミム ケイ ペリノー? エクター卿? ナレーション? ジャングル・ブック• 公開、日本での公開は• は発売(日本も同様) キャラクター名 原語版 新版 旧版 モーグリ バギーラ (台詞) (歌) バルー (台詞) (歌) キング・ルイ? ハティ大佐 (台詞) (歌) シア・カーン (台詞) (歌) ジャングル・ブック2 キャラクター名 原語版 新版 モーグリ バギーラ バルー 郷里大輔(台詞) 鹿野由之(歌) シャンティ ランジャン カー 八代駿 ハティ大佐 富田耕生 シア・カーン 加藤精三 ラッキー.

次の

小さな超人リトル・ヘラクレス、世界一マッチョな少年の現在

リトルヘラクレス

概要 [ ] と呼ばれる時期に作られた作品で、を元に作られているがストーリーはオリジナルと言っても過言ではないものであり、賛否両論を呼んだ。 要素が大きく出ている。 主人公の吹き替えの声はが務めた。 公開『』で初めて主人公の吹き替えが声優以外を起用し、それ以降も何度か著名のタレントを起用されているが、本作では日本語吹き替えの主演声優にの所属アイドルが起用された作品であり、以降も、2004年にが主演した『』までの間にジャニーズアイドルが主人公の吹替や主題歌を歌唱する事が何度かあった。 ストーリー [ ] 舞台はギリシャ神話の時代。 の神にという名の子供が生まれ、多くの神が集まってヘラクレスの誕生を祝っていた。 だが、オリンポスの支配を企む死者の国の神ハデスは、将来邪魔者となるであろうヘラクレスを快く思っていなかった。 しかし神は不死身であるため、ハデスは部下のペインとパニックにヘラクレスを誘拐させ、人間になる薬を飲ませ人間になった彼を抹殺させようとする。 人間界に連れてこられたヘラクレスは薬を飲まされるが、薬を一滴だけ飲まなかったため完全に人間にならず、生まれ持っての怪力でペインとパニックを叩きのめす。 人間の夫婦に発見され、ヘラクレスは人間界で育てられることになった。 人間界で成長したヘラクレスは、怪力のために友達もできない生活を送っていたが、両親から彼が彼らの本当の息子ではないこと、拾われた時に首にかけていたメダルにゼウスの紋章が彫られていたことを知らされる。 ゼウスの神殿に向かい、ゼウスと再会したヘラクレスは、神に戻るには本当のヒーローになるしかないと聞かされる。 こうして、ヘラクレスのヒーローになるための修行が始まった。 登場キャラクター [ ] 歌と物語の語り手担当。 ヘッドバンドで髪をまとめた、小さなポニーテールを作った、長い巻毛の、縮れ毛の、小柄のの5人が登場。 本作の主人公。 ゼウスの息子で天界の神の一族であるが、ハデスの陰謀により神としてのほとんどの力を奪われて人間界に捨てられたが、優しい養父母に育てられた。 何事にも一生懸命で誠実な性格だが、おっちょこちょいな面もある。 神としての自覚がなかったこともあり、神族の超人的なパワーをコントロールできずに悩み、それをコンプレックスとしていた。 自分が全知全能なる神ゼウスの息子だと知った時、ゼロからヒーローを目指す冒険の旅に出る。 神話と異なり、母親はではなくで、を退治こそするものの毛皮は着ない(代わりにの毛皮を着る場面がある)。 本作の。 死者の国を治める神。 ゼウスを倒しオリンポス山を乗っ取る野望を抱いている。 自身の計画の邪魔になるヘラクレスを始末しようとするが、部下のペインとパニックが殺し損ねたため、次々と怪物を派遣する。 ペインとパニックのドジに時折頭を抱えるなど気苦労も多く、悪役ではあるがどこかコミカルに描かれている。 メグに対してはペインとパニックとは異なり、1人の部下として扱っている。 最後はヘラクレスに殴られて封印された。 髪の毛は青い炎の(本人曰くカツラ)になっており怒ると赤く燃えるが、ペガサスに吹き消された際にはスキンヘッドになってしまった。 ディズニーのシリーズには比較的多く出演しており、彼をメインゲストにした回や『』のとの恋愛も描かれた。 ペインとパニック ハデスのドジで間抜けな子分の悪魔たち。 ヘラクレスを半人間にするが、飲ませた液体が一滴残っていたために怪力がヘラクレスに残り、殺し損ねてしまう。 変身が得意。 ギリシャ神話では、パニックとは、パン神が他の神々同様にを恐れて逃げた際に、ちぐはぐな姿に変身したことが語源とされている。 ヘラクレスの愛馬。 ヘラクレスが誕生した時に、ゼウスが雲から作り出した。 話せないがヘラクレスと意思疎通が可能で、しばしばツッコミ役をこなす。 本来はが死んだ際に彼女の傷口から産まれた存在で、はヘラクレスの曽祖父に当たる。 (フィル) 半人半獣ので、好色だが数多くの世に英雄と呼ばれる人物を鍛えたトレーナー。 ゼウスに雷で脅されヘラクレスを渋々鍛える事になる。 自分の育てた弟子が星座になる事を「夢」見ている。 ヘラクレスの前にという人物を弟子にしていたが、才能はあるものの踵が弱く、最後は自己犠牲で敵と共に死んだという。 当初は自分の夢が叶わなかった鬱憤から投げやりな態度をとっていて、ヘラクレスを拒絶したが直後にゼウスの雷を浴びて弟子入りを許可した。 その後、ヘラクレスの才能を徐々に信じるようになり、自らの「夢」にも輝きを取り戻した。 後にヘラクレスが「夢なんてもつものではなかった」と自暴自棄になった際には、「その理屈は間違いだ!」と一喝した。 メグとハデスのやり取りを聞いたためか当初はメグを『性悪女』呼ばわりしていた。 ヘラクレスが神の一員として認められると、その証としてが作られた事で、遂に自身の積年の「夢」も果たされた。 ギリシア神話におけるピロクテテスは、同様にヘラクレスの親友ではあるが、本作の役回りや容姿は完全にのもの。 (メグ) ヘラクレスの前に現れた謎の美女。 過去に恋人の為にハデスに魂を売ったが裏切られたために男性不信になった。 現在はハデスの手下に身を落としている。 最初は騙すつもりでヘラクレスに近づいたが、彼に何度も救われるうちに少しずつ心を開き、彼と両想いになるが、その感情が皮肉にも完全無欠なヘラクレスの弱点となってしまった。 色仕掛けで様々な男や怪物をハデス側に回していてフィルからは性悪と言われているが根は純真無垢な恋する乙女。 元ネタはの娘でヘラクレスの妻のメガラー。 、、の運命と寿命を司る三女神。 一つの目玉で過去・現在・未来を見ることができ、ハデスに助言する。 かつて地上で破壊の限りを尽くしていた巨大な魔神たち。 ゼウスによって退治され、海底に封印されていたが、ハデスが運命の三女神の予言に従い、封印から解き放った。 神話では、タイタン族はオリンポスの神々の親類にあたり、劇中での行動は子孫である巨人族のそれに近い。 テレビシリーズでは他のタイタン族も登場している。 ヘラクレスとの戦いで他のタイタン族(サイクロプスは除く)を巻き込み宇宙に放り出され爆発したが、神々は基本的に不死であるので死を迎えたのかは不明。 一つ目の巨人。 ハデスの命令でヘラクレスを抹殺しようと仕向けられた。 力を失ったヘラクレスを赤子の手を捻るかのように叩きのめした。 ヘラクレスの策で足をロープで巻き付けられて崖から転落死した。 河の番人の。 自分を味方につけようと近づいたメグにちょっかいを出していたところをヘラクレスに見つかり、退治される。 キャスト(映画) [ ] キャラクター 原語版声優 日本語吹替 ヘラクレス () ヘラクレス(少年時代) () メグ (メガラ) フィル (ピロクテテス) ゼウス ハデス ペイン () パニック (フーリューズ) カリオペ タリア クリオ メルポメネ テレプシコル 台詞: うた: アンピートリオン アルクメネ ラケシス クロートー アトロポス アポロ? ネッソス パイロス 背が高い男 老人 リトス ハイドロス ストラトス コーリー・バートン 焦げた男 サイクロプス パトリック・ピニー ディミトリウス がっしりした女 地震女 ナレーター ペガサス 原語版流用 ケルベロス ヒドラ テレビシリーズ [ ] テレビシリーズも制作された。 内容はヘラクレスの高校時代を描いたもの。 日本では2005年夏にリリースされたDVD「ディズニー・ヒーローズ ヒーローへの道」にもと一緒に収録された。 キャラクター 原語版声優 日本語吹き替え ヘラクレス フレンチ・スチュワート ゼウス ハデス 主題歌・挿入歌 [ ]• 「」(日本語吹替版ではがカバー)• 「ゼロ・トゥ・ヒーロー」• 「恋してるなんて言えない」(日本語吹替版ではメガラ役のがカバー)• 「A Star Is Born」• 「ゴスペル・トゥルース」• 「最後の夢」 スタッフ [ ]• 監督:、• 製作:、ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ• 脚本:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ、、、• 音楽: 豆知識 [ ]• 『』と同じく、劇中ではさまざまなシーンが登場する(例:劇中歌「恋してるなんて言えない」では、歌担当のミューズ()がの歌う胸像に扮している)。 他には『アラジン』のスタッフが製作した為か、劇中でヘラクレスとメグがデートをした場所に酷似したところが、アラジンとジャスミンの魔法の絨毯デートの途中にも出ている。 更にはヘラクレスが絵のモデルをしている時、頭にはのの頭部の毛皮を被っている(ネメアの獅子の代わりか)。 では映画公開に合わせて、スペシャルイベント「」が開催された。 声優は映画版とは異なりヘラクレスは、メガラはが演じており、ゲームでも続投している。 その後、においてヘラクレスは「」(メガラも登場)「」(前期のみ)に登場したが現在行われているショーやパレードには登場していない。 一方ハデスは、として「」、「」などで主人公のヘラクレス以上にショーやパレードに登場している。 ハデスの声は映画版の嶋田が続投しているが、初期はが代演していた。 監督のとロン・クレメンツがその他の声の出演に参加している。 脚注 [ ].

次の