メギド コンサート。 『メギド72』単独コンサートのパブリックビューイング&生配信が東京・大阪・名古屋で開催決定! コンサートグッズ情報も解禁 [ファミ通App]

[考察]永遠意光 〜Twilight[メギド72]

メギド コンサート

更新履歴 []• ホワイトとグレーの線引きは困難 [] 説明のためにあえて単純化させていただくと、すべてのコメントは明確に問題のある「ブラック」、 まったく問題のない「ホワイト」、どちらとも言えない「グレー」の3種に属していることになります。 もし、これが「ブラックなのか、グレーの範疇なのか」という話であれば、において決を採るのが当wikiでのルールとなります。 しかしながら「ホワイトかグレーか」という話の場合では、その線引きは個人による感覚の差が非常に大きいものです。 たとえばですが、当wikiでは(にもありますように)ゲームの改善希望点に関する話題を禁止はしておりません。 よって「性能面でこうであったならば」といったコメント自体は本来は問題ないものです。 ただ、それを読んだ方によっては「自分の好きなキャラクターに対してネガティブな発言である」と捉えてしまう場合もあります。 どこからそう感じるかはwikiを利用される人の数だけあり、厳密な線引きというのはおそらく不可能です。 また、こうした「ホワイトなのか、グレーなのか」という話の場合、 ホワイトの範疇が人によって違うために、お互いが正義(これがホワイトである)をふりかざして意見を衝突させてしまいます。 どちらにも悪意がないにもかかわらず、です。 また自身に正義があると考えてしまうことで、注意や警告の言葉も、若干強い調子になってしまう場合もあります。 これを避けるには、 お互いがお互いの立場を少しずつ許容するということが重要かと思います。 「この程度は問題ない」と考えていた方は「これで嫌だと感じる人もいるので以後は表現にもっと気をつけよう」と、 「これは問題がある」と考えていた方は「過剰に反応しすぎていた・悪意が背景にあるものではないかもしれない」と、 互いに少しずつ認識をあらためていただければ幸いです。 無論だからといって、なにかしらの問題のある投稿を推奨するものでは まったくありません。 その投稿が明らかに多くの人の感情を害していると思われる場合、 あるいは投稿自体はグレーであっても、返信等の流れによって、木・枝全体がブラックなものに変わってしまっているような場合には 迷わずをご利用ください。 議論の前提に注意する [] もう一点は、とくに編成・性能などの具体的な議論の際に注意していただきたいのですが、 その議論の前提についてなるべく意識していただければ幸いです。 また直接の選択肢にはありませんが、配布中心であったり、特定のキャラを活躍させるためであったり、 あるいはフェイタルブレードするためであったりと、他にも様々な前提があります。 しかし通常コメント欄で議論が行われる場合、こうした前提のすれ違いがたまに見受けられます。 たとえば「ロマン運用を目的としたもの」と「実用的運用を目的としたもの」で話がすれ違っている、といったケースです。 この場合、前提がずれているために建設的な議論への発展が難しいです。 こうした問題を避けるため、コメントの際には 相手の話の前提をなるべく推測するようお願いいたします。

次の

イベント開催履歴

メギド コンサート

2020年1月4日、KADOKAWA Game LinkageとJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントの共同で開催される『メギド72』初の単独コンサート『メギド72 the concert ~新年の宴~ presented by ファミ通』。 本コンサートのチケット完売を受け、東京・大阪・名古屋の3会場でパブリックビューイング及び生配信を行うことを発表した。 以下、プレスリリースを引用 本日18:00よりチケットの抽選販売がスタート「メギド72」単独コンサート、チケット完売御礼につきパブリックビューイング・生配信を実施!コンサートグッズのラインアップも解禁!! 株式会社KADOKAWA Game Linkage(本社:東京都文京区、代表取締役社長:豊島 秀介)は、株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントと『メギド72 the concert ~新年の宴~ presented by ファミ通』を、2020年1月4日 土 にヒューリックホール東京にて共同主催いたします。 また、同コンサートのチケットが好評につき完売したため、急遽、東京・大阪・名古屋の3会場にてパブリックビューイング及び生配信を実施いたします。 さらに、メイン会場のヒューリックホールにて販売するコンサートグッズのラインアップも公開しましたのでお知らせします。 「メギド72」は株式会社ディー・エヌ・エーがサービス中のスマートフォン向けゲームアプリです。 豪華キャスト陣を迎え、作中音楽の生演奏など魅力的なステージでゲームの世界へ皆さまを誘います。 メイン会場チケット完売のため、追加で東京・大阪・名古屋にてパブリックビューイング及びSPWN スポーン での生配信の実施を決定いたしました。 チケットは本日18:00より下記HPにて申し込みをスタートいたします。 ワンドリンク購入制会場のワンドリンクはコースタープレゼント対象に含まれます。 応募方法や今後の詳しい情報についてはコンサートの公式サイト および、週刊ファミ通公式Twitter()よりご確認ください。

次の

メギド72攻略wiki

メギド コンサート

味方をサポートできる戦術 「ライブ」は特殊状態の1つで、味方全体を支援することができるタクティカルソート。 一気に味方全体を強化できるのが強みで、楽しい特殊演出にも注目だ。 発動者によって支援内容は変わる 「ライブ」の効果は発動者によって異なる。 プロメテウスは味方の強化のみだが、アスラフィルは敵の弱体化もできる。 現在はプロメテウスとアスラフィルのみが使える特殊状態だが、今後増える可能性もある。 「ライブ」持ちメギド 協奏の「音符」が供給しやすい ライブを発動したターン中は、ライブ発動者が続けて使う全てのフォトンで「音符」が発生するようになる。 「協奏」と相乗効果があり、組み合わせると盤石な強化を味方全体に付与することができる。 Point! 何種類もの強化を1人で担える点が楽しいです。 1人編成するだけでも戦況に応じた対策が行えます! 妨害の影響を受けにくい 解除条件を満たさないと効果は消えない 強化を妨害する「束縛」や、効果自体を解除する 「強化解除」手段で阻害されないのが強み。 継続ターン中は 発動者が行動不能にならない限り強化が持続する。 Point! ライブ発動者が 戦闘不能になったり、「睡眠」「凍結」など特定の状態異常になった場合です!ライブを活かした戦闘を行う時は耐久手段も準備しておくのがおすすめです。 「ライブ」の技を発動する 「ライブ」の効果がある技を発動すると「ライブ」状態になる。 「ライブ」状態になるだけで得られる効果もある。 「ライブ」発動後のフォトンで効果が変化 「ライブ」発動後、そのターン中に積むフォトンで強化内容が変化する。 ライブの注意点 ライブ状態だと通常攻撃等が発動しない ライブ状態では アタック・スキル・チャージによる本来の行動はできない。 フォトン容量増加やフォトン追加を使わないと1ターン中に全ての効果を発動できない。 次ターンに強化効果を追加で発動するためには、 再度「ライブ」の発動からしなければいけない点に注意。 Point! なお、アスラフィルはリーダーに採用すると「フォトン容量増加」を付与できます。 組み合わせると良いおすすめメギド 「協奏」に関連したメギド 「音符」を貯める手段として活用できる 「ライブ」には「音符」を発生する効果がある。 協奏パーティの「音符」を貯める手段として活用できる。 また、ライブを発動するフォトンだけではなく、 次に積むアタック等のフォトン 音符の形 でも貯められるのが魅力の1つだ。 Point! 「大協奏」時には、「ライブ」による強化効果も増幅するため、出来る限り協奏PTで使うのがオススメです。 「ライブ」と「協奏」の効果は重複するので、さらなる火力UPに繋げることもできます。 また、プロメテウス自体も奥義で火属性の攻撃ができるため、 自身の覚醒ゲージ溜めもしやすい。 Point! 火属性アタッカーを使うなら地形「突風」も併用したいので、間接的に相性が良いです!やは同じバーストなため、パーティを組みやすい点がおすすめです。

次の