コロナ 37 度 続く。 微熱が続く原因!疑われる病気は?原因不明が15%!

37度の微熱が続く人は要注意!考えられる原因は?病院に行くべき?

コロナ 37 度 続く

平熱:35度 〜 37度 微熱:37度 〜 38度 高熱:38度以上 このような区分けになります。 しかし、気をつけることがいくつかあります。 子どもの場合、体温は成人よりも高い場合が多く、 他に症状がなければ、37. 逆に、お年寄りの場合は、平熱が低くなる傾向があります。 女性の場合は、排卵から生理までの時期に 低温期の体温より、0. 5~0. そして、妊娠初期も同様に、体温が上がります。 そんなひとは、普通のひとにとれば、平熱である 36. まずは、自分の平熱はどれくらい? 平熱より、0. 6〜1. 0度高いと、微熱がある。 そんな目安にするとよさそうです。 微熱が続く!どれくらいの期間? 微熱が続く。 どれくらい続けば、病院へ行くべきなのか? ちょっと、悩みますよね。 目安として、まず3日。 風邪などのウィルスが体内に入り込むと 体は、防御態勢にはいり、免疫を作ろうとします。 体のそとからの悪者と戦おうと頑張ってくれます。 その際に、熱がでるのは、体の自然な防御反応なのです。 このサイクルがだいたい3日くらいと言われます。 風邪をひいた時の微熱。 インフルエンザの際の高熱。 熱にうなされるのは、確かに3日くらいです。 それ以上の期間、熱が続くのは、体のなかで なにか起こっているのかも? そう疑う目安になります。 1週間〜10日以上、微熱が続くならば 病院できちんと検査を受けるべきでしょう。 微熱が続く!疑われる病気は? 10日以上、微熱が続く場合は、 どんな病気が疑われるのでしょうか? 結核 肺炎 悪性腫瘍=がん 膠原病(こうげんびょう) 慢性膀胱炎 慢性胆嚢炎 慢性副鼻腔炎=蓄膿症 慢性扁桃腺炎 虫垂炎=盲腸 慢性腎盂(じんう)腎炎 甲状腺機能亢進症 ざっと、思いついただけで、 これだけたくさんあります。 そうそう、病気とは言えない 脱水症状や 熱中症のときも微熱がでることが多いです。 妊娠初期の女性もホルモンバランスが 崩れることが原因で、微熱が続いたりします。 本当に、さまざまなのです。 原因不明の微熱 微熱が続く原因は、本当にいろいろです。 しかし、病院へ行き、検査しても 病気がハッキリしない熱もあります。 「原因不明熱」(FUO) アメリカでは、3週間を超えて、 38. 3度よりも高い発熱が繰り返される。 平熱より高い体温が続いている患者が 検査しても、病名が特定できない場合に FUO(Fever of Unknown Origin)と診断されます。 私の基準からすると、37. これらのなかには、臓器の膿瘍、原因不明の寄生虫感染、 潜在ガンといった、特異な疾患も含まれるそうです。 それでも、FUOの5~15パーセントは、 精密検査や専門家の見立てによっても、診断がつかないのです。 じつは、微熱の原因は不明なことが多いのです。 なかには、いろいろな検査で異常が認められない 原因不明の微熱が、患者の半分程度であるとの 報告もあるそうです。 微熱に関しては、いろいろ検査しても、原因がわからない。 そんなケースは、意外と多いのかもしれません。 微熱と自律神経 原因となる病気や疾患がないのに、微熱が続く。 そんな場合、 体質性高体温(たいしつせいこうたいおん)かもしれません。 これは、自立神経の不調が原因とも言われますが、 今の段階では、確かな原因はわからないようです。 症状としては、発熱、全身がだるい、食欲がない、 不眠、頭痛などの症状がでます。 特徴として、こどもからお年寄りまで、どのような年代にも みられますが、若い女性に、特に多いそうです。 本態性高体温(ほんたいせいこうたいおん)• 常習性高体温(じょうしゅうせいこうたいおん)• 神経性高体温(しんけいせいこうたいおん) これらも、同じく、自律神経系が不安定なことが 原因で微熱がでると考えられています。 体質性高体温と同じく、原因については、 まだまだわからないことが多いようです。 微熱とストレス 『試してガッテン』の放送をみたかたは ご存知かもしれません。 それは、 ストレスが原因で微熱が続く なんと、ストレスが要因で熱がでることがあるそうです。 発熱とストレスには関係があったのです。 心因性発熱 しんいんせいはつねつ)が正式名になります。 ストレスによる発熱には、大きくわけて2つの タイプがあります。 (1)何かの活動、精神活動に伴い熱がでる (2)慢性的なストレスの環境におかれている (1)の活動に伴う発熱の例をあげると、• 会社に行く• 授業にでる• 人に会う• 人前で話す• けんかする 例えば、こどもが『明日、算数のテストがある』と 緊張して、熱がでるというのがこのタイプです。 そして、(2)は 慢性的なストレスがあり、疲れがたまった場合に 当てはまります。 毎日残業している• 介護で疲れている• 授業とバイトで休む暇がない そんな場合ですね。 働きながら、家事をして、子育てをしている。 それに、最近は、介護まで加わり、毎日が超忙しい。 自分のことは、何ひとつできない。 そんなパターンです。 転職して、新しい職場で、新しい仕事で 緊張するうえ、仕事が忙しく、初日から残業が続く。 そんな人は、(1)(2)の両方の ストレスがあるかもしれませんね。 ストレスが原因なので、病院で血液検査、 画像検査など、いろいろ検査をしても、 異常がみつからないのです。 解熱剤を飲んでも効かないという特徴があります。 解消法は、ストレスをためないこと! 具体的には、• 日常生活のペースを落とす• 睡眠時間を確保する• 完璧主義を目指さず、70%くらいで満足する• こまめに休憩する• 休憩するときは、横になり、目をつぶる こんなことに注意するといいそうです。 微熱がでるということは、体は普段より エネルギーを消耗している状態なので 無理に運動などはしないほうがいいのです。 自分がもしや、このタイプの微熱だと疑う方への お医者さんからのアドバイスです。 まずは、内科を診療してください。 そこで、しっかり、熱の原因を調べてもらってください。 自己判断は禁物です。 心因性発熱が疑われる場合は、検査を受けた病院から 心療内科に紹介してもらってください とのことです。 ストレスに対する薬(安定剤など)を処方してもらい 回復する場合もあるので、きちんと心療内科のお医者さんに 診てもらうことが大切になります。

次の

続く微熱 新型コロナウィルスが心配です

コロナ 37 度 続く

新型コロナウイルス感染者の身にいったい何が? 新型コロナウイルスの感染症による重症者は全国で51人、死者は8人にのぼっている(2月27日午後2時時点)。 患者の身にいったい何が起きているのだろうか? 「直撃LIVEグッディ!」では、実際に日本人の感染者を診察した医師を独自に取材した! 新型コロナウイルスに感染した北海道七飯町の60代男性町議を診察したA医師。 新型コロナウイルスには2つの大きな特徴がある。 その時点では 喉の軽い違和感と、それから 微熱。 微熱と言っても37度ちょうどくらいですね。 せきとたんが、その時点では全くなかった。 その症状を3日前から自覚されていて、それが何日か続いているということで、7日にいらしたということです。 通常の風邪よりも炎症反応が強かったというのがちょっと気になりましたので、一応 抗生物質と炎症を抑える薬を5日分お出しした。 それで結果を見ましょうと。 症状が出てから数日経過していたが、A医師は軽い風邪と診断。 薬を処方した。 しかし最初の診断から6日後の2月13日に患者が再び来院。 体調は改善するどころか体温が38度に上昇し、さらに せきとたんが少し出てきていると訴えたという。 A医師: 炎症反応を調べるための血液検査をやったんですけど、 ほとんど改善されていないという状況がありましたし、せきとたんが出てきていた状況でしたので、肺炎・気管支炎の合併を疑い胸部のレントゲン写真を撮りました。 A医師: 両方の肺に、肺炎と思われる影があった。 あまり両側の肺炎というのはなくて、例えばすごく免疫が低下しているとか、重症の肝臓や腎臓の病気があって抵抗力がないような方には、両方の肺炎を起こすこともあります。 けれど、その方は67歳ですし、その時点でも ふつうにお元気で。 呼吸苦とかもないですし、まさか影があるという印象では全くなかったですね。 そこでそういう影があったので、ふつうの肺炎、ふつうの病気ではないのかなと感じた。 グッディ!は、2度目の診察の前日にあたる2月12日に感染者と会議で一緒になったという知人に話をきくことができたが…「特別、具合が悪そうな感じはなかった」という。 感染が拡大する愛知県で感染者を診察したというB医師も、診断の難しさについて語っている。 B医師: 病院を訪れた 最初の日、 軽い風邪のようだということで風邪薬を出しました。 次に訪れた日は、 せきがひどく熱も出てきて、軽い肺炎という診断をしました。 新型コロナウイルス感染症の判断は難しいと思います。 B医師によると、2月8日に初めて患者を診察し、その4日後に電話で症状の確認をすると「熱は下がったけどせきは出る」という返事だったという。 B医師は新型コロナウイルス感染を疑い、保健所へ相談することを勧め、その後感染が確認された。 さらにグッディ!では、中国・武漢市で多くの患者を診察し、自身も新型コロナウイルスに感染し克服した余昌平医師にも話を聞いた。 余昌平医師: (自分は) 発症当時は発熱だけでした。 それに体温もそこまで高くありませんでした。 熱が出ただけで、 せきはありませんでした。 鼻水も出ていませんでしたし、 くしゃみなどもありませんでした。 2日間はコロナウイルスだとは気づきませんでした。 3日目も熱が続いたため検査した結果、新型コロナウイルス陽性、さらに肺炎だと診断されたという。 その後、入院した余医師。 余昌平医師: 入院3日後に、 突然体調が悪くなりました。 呼吸困難にもなりました。 数日、発熱が続くだけだった症状が一転、呼吸困難に陥る事態に…。 その後、 余医師は5日間立ち上がることができず、寝たきりの状態になったという。 なぜ、突然 呼吸困難になったのだろうか? 余昌平医師: 一般的な肺炎は片側だけ炎症することが多いのですが、 新型肺炎は両側が炎症することがほとんど。 片側だけ炎症しても、最終的には両側になります。 このようなレベルまでくると、非常にひどい病状で、 呼吸をするのすら、つらくなってくることでしょう。 余医師によると、 通常の肺炎の多くは片側の炎症のため、もう一つの肺で呼吸ができる。 しかし 新型コロナウイルスの場合、その 炎症が急激に両側に及ぶため、呼吸困難に陥りやすいのだという。 症状のとっかかりを見つけることが重要 新型肺炎の重症化は回避できるのだろうか? グッディ!のスタジオでは昭和大学医学部の二木芳人特任教授に解説してもらった。 大村正樹フィールドキャスター: 二木先生は「初期症状で入院などの処置がとられていれば、重症化のリスクを下げられる可能性はある」としています。 しかしグッディ!が話を伺ったお医者さんは皆さん、初期症状は風邪と同じで、診察で判断するのは難しいという見解を示しています。 安藤優子: まず、何をもってして重症化と言うんでしょうか?私は肺炎になったらとっくに重症じゃないかと思うんですが、どうでしょうか。 昭和大学医学部特任教授・二木芳人氏: 一つの目安として、例えば酸素投与が必要になるようなケース。 これが1つのフェーズです。 さらに酸素を投与しても肺炎の場合なかなか血液中の酸素が上がってこない。 この場合は管を入れて人工呼吸器でしっかり息をしてもらうことになる。 そんな状態になればもう1つフェーズが上がります。 安藤優子: では、基本的には酸素投与などしなければ自力の呼吸が難しい場合に重症と言えるんですね。 昭和大学医学部特任教授・二木芳人氏: しかし、今のお話を聞いていると、一番最初はほとんど風邪と変わらない症状です。 そういう人はいっぱい来るわけですから、その中から「この人だ」と見極めるのは、きわめて難しいでしょう。 田村勇人弁護士: 風邪と同じような症状のタイミングで肺を見ても、炎症は起きてないんでしょうか? 昭和大学医学部特任教授・二木芳人氏: レントゲン、あるいはCT検査があります。 CTは、より細かく肺の中を見れるんですが、最初の段階ではそれで見ても(肺炎の影が)ないケースが多いようです。 安藤優子: ある程度の症状が出てからじゃないと、こういう特徴的な所見は見られないんですね。 昭和大学医学部特任教授・二木芳人氏: そのようです。 疑うのであれば、毎日毎日様子を見て、あるとき肺炎の影が一気に出るというより、はじめは少しずつ出てくる。 そういうとっかかりを見つけて、そこから積極的に治療すれば(重症化を防げる可能性がある)…というところです。 安藤優子: とは言っても「病床が足りないから重症化の人に空けましょう」と言われていますから、それはかなわないわけですよね…。 (「直撃LIVE グッディ!」2月27日放送分より).

次の

「新型コロナは熱がダラダラと続く」分かってきた症状と厚労省が発表した「受診の目安」(ABEMA TIMES)

コロナ 37 度 続く

平熱が低い人でも同じだと思います。 >母が心配しています。 お母さんの普段の体温が低い場合、それはお子様がいろいろアドバイスしてあげて普段の 体温を上げておく方が、新型コロナウィルスに感染しにくいと思います。 体温は、「寒い」 みたいな時には、足首と首を温めるとよくサバイバル訓練とか小学生 の時に言っていました。 後はおなかの真中に水道管のような人間の体で1番太い血管 あるので、腹巻とかで電熱線ヒーター内蔵ベスト着たりして温めると体温は自動で上り ます。 体温低めで免疫力低めの人が、夜に飲食と言うか酒飲んでしまいそれで感染するパターン が多いので、飲食店での食事と、飲み歩きは体温下がっていると新型コロナウィルスに 感染しやすくなるだけ損します。 世界的に見て、「日本人は結核菌のワクチンBCGワクチンを打っていて、世界的に見て そのBCGワクチンがずば抜けて性能が良いのではないか」 と言われて検証されています。 でも、日本人でも年間2万人は結核に感染して長期入院して治療していますように、 必ずしも万人に効きまくりとは言い難い。 本来0歳児に2回、9本の針のはんこ型ワクチンというBCGワクチン打つのですが、今大人 なのに、「BCGワクチン打ちたい」 と総合病院に駆けつける人が多いので、赤ちゃん用 不足するとマズイのでメーカーが大人用は出荷停止にしたらしい。 私の場合大学出て社会人デビューした時に入社した会社とかで、若い10代とかのOLさんが 結核に感染して、会社の人には家の都合とかで退職~ と言って辞めて行かれたのですが、 普段仕事で一緒だったからだと思いますが、上司から感染した話とか教えてもらえました。 それで結核に感染するとマズイなあ~、 と咳が続いた時とかにビビったりして、 「風邪をひいたがどうも治りが悪い」 とか言って上司に病院紹介してもらって行ったり して検査とかいろいろやったりするので「体温が普段低いのにずっとこんな微熱で」 と相談しましたが、風邪とかこじらせた場合にはもっと体温は上がるので、問題ないと 言われたことがあります。 ペットボトルの水とかガンガン買って飲みまくり、汗がたらたらと額から流れる感じで真夏に 寒いくらい冷房効いた会議室とかでも汗が滴り落ちます。

次の