リーグカード 裏。 「Jリーグマスコット総選挙2020に出ないマスコット総選挙2020」開催のお知らせ

パ・リーグ同一カード6連戦 なぜ6タテは起きたのか…ポイントは金曜日エース対決― スポニチ Sponichi Annex 野球

リーグカード 裏

パ・リーグで同一カード6連戦がスタート 6月19日に何とか開幕にこぎつけた日本プロ野球。 セ・リーグは開幕戦から投手の本塁打が飛び出し、巨人が阪神を3タテするなど、話題満載のド派手な開幕。 その一方で、パ・リーグはロースコアでの決着が多く、比較的おとなしめなスタートとなった。 だが、パ・リーグは今週から大きな動きを見せるかもしれない。 例年にない同一カード6連戦が組まれ、大型連勝、連敗が生じやすい日程になっているからだ。 しかし、今年はコロナ禍の影響により、パ・リーグでは移動による感染リスクを抑えるため、同一カード6連戦を基本とした変則的な日程となった。 これにより、同一カード6連勝、すなわち3タテならぬ6タテが起こる可能性があるのだ。 各チームの首脳陣もこの変則日程を乗り切るために、先発ローテーションの組み方など投手の起用法や目先を変えるための捕手の併用など、対策に頭を悩ませている。 6連勝できれば一気に勢いに乗ることができる。 だが、6連敗すれば優勝やCS争いから一気に脱落する危険性もはらんでいるため、是が非でも避けたいところだろう。 そこで、昨年のリーグ内の対戦成績をもとに、対戦チームごとの得意、不得意から6タテが起こる可能性の高そうな対戦カードを調べてみた。 昨季は4チームが同一チーム相手に6連勝以上を記録 まず、昨年のパ・リーグで、同一の対戦相手に6連勝以上を記録したチームを調べてみたところ、4チームが1回ずつ記録していた。 大型連勝を記録しているだけあって、対戦成績でも大きく勝ち越しているチームが多い。 特に、西武はロッテ相手に夏場8連勝しただけでなく、開幕直後の4月にも引き分けを挟んで5連勝を記録。 2018年も17勝8敗と大きく勝ち越しており、完全にロッテをお得意様としている。 今季このカードは、7月に6連戦が2回組まれており、ロッテとしては早々に正念場を迎えることになるかもしれない。 また、シーズンの対戦成績で見ると、西武とソフトバンクがオリックス相手にそれぞれ17勝8敗と16勝7敗2分け、ロッテがソフトバンク相手に17勝8敗と大きく勝ち越しており、このあたりの対戦カードも注目だ。 最後に、同一カード6連戦の初週となる今週の対戦カードでは、オリックスがロッテに5連勝しているのが最多。 対戦成績もオリックスの15勝9敗1分けとなっており、可能性としてはこのカードが一番高そうだ。 先週の開幕カードではどのチームも今季初勝利をあげており、まだ勢いに差はないとみていいだろう。 6連戦初週でいきなり6タテがみられるか。 また、6タテを複数回記録して、一気に抜け出すチームが現れるのか。 今年のパ・リーグからは、例年以上に目が離せない。 【関連記事】 ・ ・巨人、広島、楽天が連勝スタート!過去のプロ野球開幕連勝記録は? ・日本ハム・斎藤佑樹、持ち前のクレバーな投球で一軍の舞台へ 昨季は被打率とWHIPが改善 関連記事リンク(外部サイト).

次の

パ・リーグで3タテならぬ6タテ頻発!? 同一カード6連戦の恩恵を受けるのは? | ガジェット通信 GetNews

リーグカード 裏

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド のリーグカードを編集する方法について紹介しています。 編集する場所やレアリーグカードについても掲載しているので、参考にお役立てください。 リーグカードとは? 自分の個性をアピール! リーグカードはポケモンの世界での「名刺」のような物です。 作成したリーグカードは通信交換や通信対戦で他のプレイヤーに向けて表示されるので、自分だけのリーグカードをデザインして、自分の個性をアピールしましょう! ライバルやジムリーダーもくれる ストーリーを進めると、ライバルやジムリーダーもリーグカードをくれます。 これらのキャラクターのリーグカードの裏にはそのキャラクターのバックストーリーが描かれているので、気になった方はチェックしてみると良いでしょう。 殿堂入り後はレアリーグカードも手に入る 殿堂入りをしてチャンピオンになった後に特定のイベントを進行すると、ライバルやジムリーダーは自分のレアリーグカードをくれる事があります。 そのキャラクターの新たなバックストーリーや、思わぬ素顔が描かれているので要チェックです。 また、レアリーグカードを持っているキャラクターはクリア後トーナメントに誘う事が可能です。 可愛い・カッコイイコーディネートを探すもよし、ゲームの世界でしかできないような奇抜なファッションで決めるのもよし。 デザイン・背景・ポーズは一定条件で解放 リーグカードを作成する際にカードのデザインや背景、トレーナーのポーズなどを選択出来ますが、最初からすべてが解放されているわけではありません。 新しい街に初めて訪れた時や、ジムミッションをクリアした時に解放されるので定期的にカードメーカーを開いてラインナップを確認すると捗ります。 最後にオプションを選択 印刷が完了したら、最後にリーグカードに付けるオプションを決められます。 カードゲームで言うところの「キラカード」のような見た目にする事ができ、派手な物ほど値段は張りますが、後悔しないように自分の好きな物を選んだ方が良いでしょう。

次の

「Jリーグマスコット総選挙2020に出ないマスコット総選挙2020」開催のお知らせ

リーグカード 裏

新型コロナウイルスの感染防止の観点で移動を少なくするために生まれたパ・リーグの同一カード6連戦。 最初のカード(今月23~28日)では好調のロッテがオリックスから史上初の6連勝を飾るなど各球場で見どころ満載だった。 特別なシーズンを象徴する変則日程は、30日から8月下旬まで8週続く。 本紙記者が今回の6連戦を検証した。 【秋村誠人専門委員の目】パ・リーグは最初の同一カード6連戦を終えた。 この結果から、見えてきたものがある。 なぜ6連勝6連敗は起きたのか。 6試合を振り返ってみると4試合が1点差。 しかも5試合が逆転ともつれた。 こうなると当然、ブルペンは疲弊する。 終盤の逆転負けにつながった要因の一つだろう。 対するロッテは先発6人が最低5回以上投げている。 5戦目の種市、6戦目の美馬は7回。 リリーフ陣の負担が増す6連戦の終盤2試合で先発の役目をきっちり果たした。 リリーフ陣を余裕を持って使えたことが連勝につながったのは確かだ。 もう一つ着目したいのはエース対決の金曜日(26日)。 ロッテは石川が6回まで投げたのに対し、オリックスの山岡は前述の通り。 他の2カードの4投手も全て6回以上投げ、試合を制したチームがカード勝ち越しにつなげている。 ローテーションを崩さない限りは今後も続く金曜日のエース対決は6連戦のポイントとなる試合だ。 配球の徹底、機動力の駆使、さらに6連戦の前半に収集したデータを後半に生かしたチームもあった。 これは日本シリーズなどの短期決戦と同じで同一カード6連戦の特徴。 情報の運用も今後の鍵となるのは間違いない。

次の