家族三人 食費。 3人家族の食費はいくら?幼児がいる家庭の生活費の平均をチェック!

食費が月に7〜8万かかってしまいます・・・

家族三人 食費

3人家族の生活費はいくらかかる? 夫婦2人と子供1人の3人家族では、生活費はいくらかかるのでしょうか?3人家族の平均的な収入と生活費について解説します。 平均世帯月収はおよそ44万円前後 3人家族の平均月収は44万円前後です。 この月収は世帯全体で得られる合計額を示しています。 サラリーマンのお父さん・パートに出ているお母さん・子供、という一般的な家族構成でのケースです。 44万円が平均というと、現実とかけ離れているように感じるかもしれません。 しかし、これはボーナスも含めた平均月収です。 そのため、実際の月収より10万円ほど高めになっています。 また、子供が小さい家庭の場合には、母親が専業主婦というケースも多いものです。 そのため、その時期には、44万円よりも少ない月収になっていることも珍しくありません。 生活費の平均はおよそ27万円前後 3人家族の平均的な生活費は、27万円前後です。 この平均は、全ての年代の平均ですので、20代や30代の人にとっては、高過ぎると感じるかもしれません。 年代別の平均的な生活費は下記の通りです。 20代:20万円• 30代:22. 5万円• 40代:26. 25万円• 50代:30. 55万円• 60代:29. 7万円• 70代:26. 45万円• 80代:25万円 3人家族が平均的な生活費で暮らすためには、年間で324万円の予算があれば可能です。 ただし、20代や30代と同じように、全体の平均よりも低い生活費で暮らしている場合には、300万円以下の予算でも暮らすことができます。 3人家族の家計の平均的な内訳 3人家族の平均的な生活費は27万円です。 では、平均的な家計では、この27万円を何にどのくらい使っているのでしょうか。 住居費の平均は6万~10万円 3人家族の住居費は6~10万円が平均です。 ただし、この金額は、賃貸か持ち家かで大きく違ってきます。 夫婦2人で暮らしているときと同じ賃貸物件で暮らす場合の住居費は、6万円ほどに抑えることが可能です。 一方、子供ができたタイミングで、広い賃貸物件に引っ越したり、持ち家を購入したりすると、住居費は10万円ほどにふくれあがります。 一気に支出が増えてしまうのです。 しかし、子供が小さいうちは、ひとり部屋が必要というわけではありません。 そのため、子供ができたからと、急いで住居費が高い大きな家に引っ越す必要はないのです。 そのときどきに必要な広さの家に住むことで、住居費の節約につながります。 住居費以外の費用は20万円前後 住居費以外の費用として、平均では20万円前後の生活費が使われています。 内訳は下記の通りです。 食費:5万円• 電気代:1万円• ガス代:4000円• 水道代:3000円• スマホ代:1万4000円• プロバイダー:5000円• 交通費:2万5000円• 生活雑貨:5000円• 教育費:1万円• お小遣い:2万2000円 平均と比較して、飛びぬけて高くなっている項目はあるでしょうか。 そうした項目がある場合には、重点的に見直してみると家計改善につながります。 3人家族の食費の平均は? 生活費の中でも、特に大きな割合を占めるのが食費です。 3人家族の食費の平均はどのくらいなのでしょうか。 3人家族の食費の平均はおよそ5万円 3人家族の食費は平均でおよそ5万円です。 食費5万円で1カ月過ごす場合、1日に1600円ほど、1食は530円ほどになります。 ただしこの平均は、住む地域や年代を限定していません。 そのため、実際にはここまで食費にかけられていないという家庭もあるでしょう。 また、食費は子供の年齢によっても大きく変わります。 同じ3人家族でも、子供が1歳と15歳では必要な食事量に違いがあるので、当然食費にかかる金額も違ってくるのです。 特に小学校の高学年から中高生の時期は、食費が高くなる傾向があります。 また、食費の目安として、収入の20%前後が理想と考えられています。 この数字を参考に、最適な食費がいくらか計算するといいでしょう。 家計の中で食費が一番節約しやすい 食費は、節約がしやすいという特徴があります。 メニューや調理法・買い物の仕方を工夫すれば、おいしくて栄養豊富な料理を安く作れるのです。 食費は収入の20%が目安です。 収入が200万円の場合、1年間に使える食費は40万円になります。 これを12カ月で割ると、1カ月分の食費はおよそ3万円です。 1食分は330円ほどですが、工夫次第で実現可能な金額といえます。 3人家族の食費の節約方法 3人家族の食費を節約する方法には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。 まず大切なのは、食費の現状を把握することです。 その上で、これから紹介する節約方法を実践してみましょう。 1週間で使う金額を決める 食費の節約方法としてまず挙げられるのが、食費を1週間分ずつに分けることです。 そして、1週間の食事の用意は、予算内に収まるようにします。 例えば、1カ月の食費を4万円に設定するとします。 そこから1カ月分の米代(4000円)と外食費(1万円)を引くと、2万6000円です。 この2万6000円を4週で割ると6500円となります。 つまり、食費4万円の場合、1週間の食費は6500円になるのです。 定められた期間を決められた予算で過ごすのは、ルールがとても明確で、まるでゲームのようです。 必死に切り詰めるというイメージではなく、ゲームのように楽しみながら取り組むと節約がはかどります。 買い物に行く回数を減らす 買い物に行く回数を決めて、予算内で買い物をすることも、節約には大切です。 週に1回、予算は5000円と決めて、計画的に買い物をします。 必要なものだけをまとめ買いすれば、無駄な出費をなくし、節約することが可能です。 週に1度まとめ買いをする場合、ネットスーパーを利用するのも便利でおすすめです。 ネットスーパーは特売品もそのままの価格で購入できますし、まとめ買いをすると送料無料になります。 おやつを手作りする 食費の節約にはおやつの手作りもおすすめです。 簡単に安く作れるおやつは、できるだけ手作りして節約に活かしましょう。 節約おやつのアイディアを紹介します。 ポテトチップスは、じゃがいも1個をスライサーでカットし、水にさらしてから油であげるだけです。 簡単で安く、できたてのおいしさを味わえます。 プリンは、卵・牛乳・砂糖の3つがあればできるので、節約おやつに最適でしょう。 また、ホットケーキミックスはアレンジが利くので便利です。 ホットケーキはもちろん、パウンドケーキ・ドーナツ・クッキー・マフィンなど、色々なおやつが作れます。 手作りおやつは簡単に作れるものが多くあります。 難しく考えず、できる範囲で作ってみましょう。 小さなおにぎりを作ったり、さつまいもをふかしたりするだけでも、おいしいおやつになります。 3人家族の理想の家計 ここまで3人家族の平均的な収入や支出についてみてきました。 ここでは、3人家族の理想の家計について解説します。 食費は収入の14%に抑えるのが理想 理想的な家計では、食費は収入の14%までにします。 例えば、手取り収入が25万円の場合には、食費は3万5000円までです。 3万5000円から米代(4000円)と外食費(1万円)を引き、4週間分で割ります。 すると、1週間分の食費は5250円です。 この金額を上限にやりくりするのが、理想といえます。 例えば、3人家族で手取り収入が25万円の場合には、通信費、スマホ代は1万7500円までです。 この金額を上限にやりくりするのが、理想といえます。 理想は収入の20%を貯蓄にまわせる家計 理想的な家計では、貯蓄も計画的に行います。 ベストは、収入の20%を貯蓄にまわすことです。 そのため、手取り収入が25万円なら、5万円の貯蓄が理想といえます。 理想通りの貯蓄ができない場合でも、少なくとも、収入の10~15%は毎月貯蓄していきましょう。 手取り収入25万円の場合には、2万5000~3万7500円です。 貯蓄は少しずつでも計画的に行うことが大切です。 収入があったら、先に貯蓄分を取り分けて、残った分でやりくりする習慣を身につけましょう。 まとめ 3人家族の平均的な収入と生活費について解説しました。 特に、食費や住居費は、収入に占める割合が高く、節約によって理想的な家計に近づけることができます。 家計の現状について理解して、理想的な内訳で家計を運営できるようにしましょう。

次の

夫婦、子供3人の5人家族です。食費が月6万から8万かかって...

家族三人 食費

肉や魚、野菜は冷凍しておけば長く保存することができます。 食材ごとの特徴を知ってうまく保存することで、傷ませる心配もなくなり「食材の無駄」をカットすることができます。 肉や魚は一食分ラップに包んで保存しておきましょう。 特に肉は、あらかじめ下味をつけてから保存しておくと調理の時短にもつながります。 野菜は、使いやすい大きさにカットして冷凍しておきます。 下茹でやアク抜きをしてから保存するものもあるので特徴を抑えておきましょう。 詳しくはこちらのサイトをご覧ください。 子供は成長するにつれてどんどん食事量が増えていきます。 栄養も取れてお腹も満たせ、更に節約もできる方法は「かさまし」が最もおすすめです。 例えば「ハンバーグ」を作る時はお肉の量を減らして水切り豆腐を加えます。 ミートソースを作る時も少量のひき肉に対してミジン切りの野菜やキノコをたっぷり入れますが、更に細かくした高野豆腐やお麩を入れるとお肉と変わらない食べ応えが得られます。 炒め物の時はもやしを入れて量を思い切り増やしましょう。 前の晩に余ったおかずは、次の日の朝食や昼食に登場させましょう。 余り物も無駄にならず、食事の準備もあっという間に終わります。 おにぎらずの作り方を紹介します。 余り物で作るおにぎらずの作り方• 1サランラップを広げます。 2海苔を一枚載せます。 3中心に四角くご飯を広げます。 4余り物のおかずなどをご飯の上に載せます。 5その上に更にご飯を薄く広げます。 6必要に応じて塩で味付けします。 7海苔の四隅をご飯の中心に折りたたみます。 8ラップで包んでぎゅっと握ったら、真ん中から切って完成です。 かなりボリュームたっぷりに仕上がるので、満足感も得られます。 サラダラップは生地を作って余り物を巻くだけです。 サラダラップの生地であるトルティーヤもフライパンで簡単に作ることができます。 こちらのサイトでレシピを紹介しています。 休日のお出かけはお弁当とレジャーシートを持って行ってピクニックにしてみましょう。 パンと野菜・肉類に調味料だけ持って行って、セルフサンドイッチ弁当にすると手間もかかりません。 子供も楽しい方法です。 日々の足りない栄養素を補う意味もあるおやつは、ぜひ自炊してみましょう。 市販のおやつを買う金額よりもぐっと安く抑えられます。 そして作る手間のかからない簡単なものがおすすめです。 ホットケーキミックスで作ったマフィンやパウンドケーキは混ぜて焼くだけです。 子供と一緒に作れるのも楽しいですね。 夏は好きなジュースを固めてゼリーにするのも爽やかで美味しいです。 ホットケーキミックスを使ったマフィンの作り方はこちらのサイトで紹介しています。 節約しようと考えた時にまず始めるのが「お弁当作り」ですが、忙しいとお弁当作りが負担になることもありますよね。 自家製の冷凍食品を作っておくことで節約にもなり、朝起きたら詰めるだけという時短にもなります。 ひじき煮やきんぴらごぼう・ナポリタンなどお弁当のおかずになるものを作ったらお弁当用のカップに1食ずつ入れます。 アルミのバットに並べて急速冷凍し、密閉容器で保存するだけで完成です。 夜ご飯の用意をする時に1品ずつ作るようにすると楽チンです。 例えばカレーの場合はカレーうどん・カレードリア・カレーコロッケなどにリメイクできますね。 リメイクすることができれば、その分新たに使う食材も少なく済みます。 同じカレー味でも調理方法が違うだけでメニューに変化をつけられるので、毎日飽きずに楽しめますね。 調理時間も短く済むので、食費だけでなく光熱費の節約にもつながります。 共働き夫婦にもおすすめの節約方法です。 子供がいる家族と同様に、やはりかさまし食材は自炊で大活躍してくれます。 人気の唐揚げもちくわの磯辺揚げを一緒に揚げたりジャガイモを一緒に揚げてフライドポテトにしたりするだけでボリュームが増えます。 こうすることで無駄な買い物をせずに済みます。 そして一週間で冷蔵庫の中を使いきれるように買い物をするのがポイントです。 使い切れない野菜などはあらかじめ冷凍しておくと次週に使いまわせるので、無駄にすることがなくなります。 2万円の食費なので四週間あると仮定した場合は毎週「5千円」の予算になります。 お財布にその額だけ入れて買い物をするようにしましょう。 特に夫婦2人で買い物をする場合はお菓子や惣菜の入れすぎを防止できます。 月の食費2万円に!一週間節約献立レシピは? 【月曜日】一週間節約献立レシピ|肉巻きカツ 一週間節約献立レシピ・ブログ、月曜日は「肉巻きカツ」にしましょう。 薄切りの豚肉で野菜やチーズなどを巻き、衣をつけて揚げます。 野菜のおかげでかさましができ、ボリュームもたっぷりで子供にも大人気です。 野菜だとアスパラや人参・ピーマンが相性抜群です。 基本のレシピをこちらで紹介しています。 【火曜日】一週間節約献立レシピ・ブログ|カツサンド+ミートソースパスタ 一週間節約献立レシピ・ブログ、火曜日は朝食に「カツサンド」夕食は「ミートソースパスタ」にしましょう。 カツサンドは前の日の「肉巻きカツ」を挟むだけです。 レタスやマヨネーズをプラスするとより美味しいです。 ミートソースパスタはかさまししつつ、量を多めに作りましょう。 ブログで作り方が紹介されています。 【水曜日】一週間節約献立レシピ|ミートドリア+焼き鮭定食 一週間節約献立・自炊レシピ、水曜日は朝食に「ミートドリア」夕食は「焼き鮭定食」にしましょう。 ミートドリアはごはんにホワイトソースと前の日のミートソースをたっぷりかけて、チーズを乗せて焼くだけです。 カップに入れてお弁当のおかずにするのもおすすめです。 夕食は、焼き鮭を食べます。 人数分より1〜2枚多めに焼いておくのがポイントです。 味噌汁は野菜をたっぷり入れるとボリューム満点になります。 味噌汁のボリュームがあると、残りのおかずは和え物一品でも十分です。 作り置きしておいたきんぴらごぼう・切り干し大根・ひじき煮などもおすすめです。 【木曜日】一週間節約献立レシピ|鮭の雑炊+肉じゃが 一週間節約献立レシピ、木曜日は朝食に「鮭の雑炊」夕食は「肉じゃが」にしましょう。 前の日の鮭はあらかじめほぐしておき、雑炊にしてあげてくださいね。 残った分はおにぎりにして昼食にすることもできます。 夕食は肉じゃがを多めに作っておきましょう。 【金曜日】一週間節約献立レシピ・ブログ|カレーうどんとポテトサラダ 一週間節約献立レシピ・ブログ、金曜日の夕食は「カレーうどんとポテトサラダ」にしましょう。 和風の味付けである肉じゃがは、カレーうどんにするととても美味しく深みのある味わいに仕上がります。 ポテトサラダは野菜をたっぷり入れてくださいね。 肉じゃがのリメイク方法はこちらのブログで紹介されています。 【土曜日】一週間節約献立レシピ|ポテトサンドイッチ+唐揚げ 一週間節約献立レシピ、土曜日は朝食に「ポテトサンドイッチ」夕食は「唐揚げ」にしましょう。 前の日のポテトサラダをサンドイッチの具材にします。 食パンをトーストするとより美味しくいただけます。 唐揚げを作る時はジャガイモやちくわも一緒にあげて、かさましするのがポイントです。 前の日の残った唐揚げを半分にカットし、レタスなどの野菜と一緒におにぎらずにします。 とても美味しくてボリューム満点です。 遅く起きた日のブランチにもぴったりです。 夕食は冷蔵庫に余った野菜と丸ごと消費できる寄せ鍋がおすすめです。 暑い夏であれば、鉄板焼きのようにするのもいいですね。 冷蔵庫が丸ごと綺麗になり、家族団らんの食事を楽しめる献立です。 公園は体を思い切り動かして遊べます。 ショッピングの誘惑が近くにないので、無駄な買い物が避けられます。 バーベキューやキャンプは外食費の節約・宿泊費の節約も叶います。 また、思い出作りにもぴったりです。 通信費が家計を圧迫しているという方も多いですよね。 格安スマホの乗り換えで、今までの半分以下に通信費が抑えられる可能性があります。 ぜひ検討してみてくださいね。 食費を2万円に抑える節約方法を実践しよう! 食費を2万円に抑える方法について紹介しました。 夫婦2人の家庭はもちろん、子供のいる3人家族や4人家族でも工夫次第で食費をしっかり節約することができます。 ぜひ食費を2万円に抑えられるよう、家族みんなで頑張ってみてくださいね!他にも参考になる記事を紹介します。 併せてご覧ください。

次の

【炎上】「子供3人で月に食費2万!」ネットニュースに主婦が不可能だと反論、ポテサラに続く問題へ発展

家族三人 食費

子供の年齢はいくつ? まず、この「子ども3人」の年齢はいくつなのでしょう? 記事の写真を見る限り、どうやら 未就学のお子さんがいる様子。 対して我が家。 男の子ばかりの子供3人ですが、 上から大学生、高校生、中学生の食べ盛りです。 未就学の子供が3人と、食べ盛りの男子が3人では食べる量が違います。 この時点で記事のご家族と我が家にだいぶ差がついていることがわかります。 現在の我が家の食費 では食べ盛りの子供3人のいる我が家での食費です。 週の目標予算は10,000円、これは 主食の米を含みません。 あくまで、肉や魚野菜や日配品などでの値段です。 買い物は週に2回程度。 週末にまとめて買い出しに行き、肉や魚は下処理をして冷凍してしまいます。 買い出しはこれ以外に週の中くらいに1回程度あるかないかで、特売のお肉があったときだけまとめ買いをするようにしています。 主食は30キロの米を2か月に1回程度買いますが、玄米で購入することが多いので9,000円くらいです。 これ以外に ビールなどのし好品は別会計。 おおむね1か月に換算すると食費と主食で45,000円から50,000円くらいになります。 (し好品は除きます) 外食は1回で軽く6~7,000円くらいパッと飛んでしまうのでこの中には含みません。 激安スーパーがあるかないか 我が家が週末に買い出しに行くスーパーは、車で20分程度のところにあり、業務スーパーなどが併設されている 比較的激安スーパーです。 時々びっくりするくらいの掘り出し物があったりすることもありますが、肉は安くても グラム100円を少し切るくらい、野菜もそれなりの安さです。 業務スーパーでは冷凍食品も買いますが、安い分だけ国産ではないことがほとんどなので、ものによって買うかどうか見定めています。 記事のスーパーはびっくりするくらいの安さ(牛肉切り落としが77円とかキャベツが58円とか)でしたが、そういった安いスーパーがないと予算を切り詰めるのはかなり難しいと思います。 食べ盛りがいる我が家では、唐揚げは1回で1キロ近く揚げないと足りませんし、おひたしもほうれん草1束だけ、ではとても足りません。 おそらく子供が小さかった頃の倍量は作らないと、という感じなので、スーパーでの値段の差は相当な差になってきます。 全ての家で食費2万円台はできるとは限らない 記事のご家族は節約のためにスーパーを厳選したり、買い物の仕方を工夫したりしているようです。 こういったことがすべての家でできるとは思いません。 我が家もだいぶ 食費を見直している最中ですが、品数だったり量だったりを減らしてまで節約をしようと思っていないこともあり、 1週間で1万円、という予算が精いっぱいのギリギリラインです。 Twitterでは、こういった記事を見て、モラハラ夫から同じように節約をしろなんていわれたら困る、などの意見もあったようです。 私も、各家庭によって予算をどう配分するのか、節約をするにしてもどのくらい可能なのかはそれぞれだと思っているので、し好品などの見直しはあるにしてもある程度の妥協は必要だと思っています。 いかがでしたか? 一言で子供3人といっても、家族構成によっては我が家のように食費がうなぎのぼりだったりすることもあります。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の