シェリル メイソン。 【DBD】シェリル固有パーク「ソウルガード」「血の協定」「抑圧の同盟」の性能評価【デッドバイデイライト】

【DBD】シェリル・デンソン(ヘザー)の固有パークを解説|とろろブログ

シェリル メイソン

Advertisement まさかのサイレント・ヒルコラボでサイレント・ヒル3の主人公シェリルが実装されます。 ということで原点のサイレント・ヒル3からすこし昔のシェリルさんを引っ張って来ました 結構ふくよかな過去をお持ちの女子となっております。 ナイフも装備してこの頃からデッドバイデイライトへの参戦の意志が感じられます。 なんか昔と比べるとスレンダー美人になってます。 これはもしかしてデッドバイデイライト姫であるフェンミンを押しのける勢いかもしれません。 ゲーム画面を見るとサイレント・ヒル自体がデッドバイデイライトとの相性は抜群ですね。 このころからシェリルさんは血まみれナースにぶん殴られてました。 並べてみると再現性は非常に高く、細かく表現されてます。 血まみれシェリルも実は過去に実装済み。 今見ると事あるごとにナイフを装備していますね。 これはぜひともDSを常備してください。 原作リスペクトです。 サイレント・ヒルといえばこやつ。 参戦はあるのでしょうか? シェリルといえばUFOエンドのコレ。 出たら熱いスキン ビームが撃てます。 デッドバイデイライトキラーサバイバーどっちも攻略 by. Powered by. php 462 : eval 'd code on line 55.

次の

シェリル・メイソンをサイレント・ヒルと比較してみる

シェリル メイソン

マップを操作する殺人鬼のエクセキューショナーは自ら危険を作り出し、生存者に苦しみを与えることができる。 影響を受けた生存者は特殊なフック贖罪の檻と、固有のメメント・モリ最後の審判に対して脆弱になる。 固有パークの強制苦行、煩悶のトレイル、デスバウンドで獲物を積極的に追いかけながら生存者を惑わせて追跡する。 裁きの儀式:能力ボタンを押すと発動する。 発動したら能力ボタンを押したまま好きな方向に移動し、地面にトレイルを刻み込む。 ボタンを離すとトレイルが完成する。 トレイルの上を歩くか走って通った生存者は、殺人鬼の本能を呼び起こして煩悶のステータス効果を受ける。 煩悶の効果を受けている生存者が瀕死状態になると、贖罪の檻に送り込むことができる。 このアビリティはエクセキューショナーの前方にエネルギーの波動を解き放ち、軌道上の生存者にダメージを与える。 地獄の罰は、障害物を貫通する。 贖罪の檻に入った生存者はフックに吊るされているかのように処刑フェーズが進行し、エンティティに捧げることができる。 贖罪の檻で耐久フェーズを迎えた生存者は、エンティティを退けるためにスキルチェックを行う必要がある。 生存者は、贖罪の檻とフックとの間で処刑進行度を共有する。 贖罪の檻から救出された生存者、あるいは救出した生存者は、煩悶の苦しみから解放される。 強制苦行:任務の妨げになる者たちは、厳しい裁きに苦しむことになる。 煩悶のトレイル:あなたは餌食となる人間を苦痛と罰の道へと誘導する。 この間、その発電機の黄色いオーラが生存者に視えるようになる。 デスバウンド:闇の中で人生が重なり合った者たちは、共に苦しむ宿命にある。 新キャラクター: 生存者『シェリル・メイソン』 シェリル・メイソンは恐怖に立ち向かう若きベテランとして、自分と仲間を勇気づける。 固有パークのソウルガード、血の協定、抑圧の同盟で計り知れない苦難を乗り切り、仲間との接触を保って、目標を立てる。 ソウルガード:これまで計り知れない苦難の道を歩んできたあなたは、強く鍛えられている。 あなたが呪縛のステータス効果に苦しんでいる 呪術パークの効果を受けている 間、瀕死状態から自力で完全に回復することができる。 血の協定:それはまるで、あなたの潜在的な部分が目覚めたかのようだ。 あなたは仲間を助けるために自分を超越できるような感覚を覚える。 あなたかオブセッションが負傷すると、両者とも互いのオーラが視えるようになる。 オブセッションになる確率が低くなる。 血の協定は自分がオブセッションになると無効となる。 抑圧の同盟:悪意に満ちた力によって駆り立てられることに慣れたあなたは、それを自分の有利になるよう利用し始めた。 抑圧の同盟の効果を受けた発電機は、生存者全員に白いオーラで表示される。

次の

DbDシェリルメイソン(新サバイバー)のサイレントヒルの元ネタや固有パーク|デッドバイデイライト

シェリル メイソン

呪いのトーテムがマップ上に存在している場合、瀕死状態から完全に回復する(負傷状態になる・立ち上がる)ことができる。 我慢の効果は、キラーのどんな攻撃でも一撃無効にすることが出来る。 そして、通常時でも起こるダメージ後の移動速度アップも発生する。 「与えられた猶予」などのように深手状態にはならない。 パーク「不滅」で回復した場合も効果は発動する。 呪いのトーテムの存在が確認出来ていない場合でも、マップ上に呪いのトーテムがあれば回復できる。 与えられた猶予の這いずり版とも言えるでしょう。 ダウン・這いずり状態にされ、ソウルガードで起き上がることが出来ればマップの何処かに呪いのトーテムがあるということが分かります。 誰も死から逃れられない(ノーワン)により、 複数人のサバイバーがダウンさせられてしまった時も有効です。 あなたかオブセッションが負傷すると、両者ともお互いのオーラが見えるようになる。 オブセッションになる確率が低くなる。 このパークは自分がオブセッションになると無効になる。 迅速の効果は、パーク「希望」「突破」と同様の移動速度。 共鳴のオブセッション版というイメージ。 オブセッションの人がパーク効果で視えたら、• オブセッションの仲間と合流して互いを治療し合ったり、• その後に発電機修理を一緒に行う などの連携もしやすくなります。 迅速の効果も地味に嬉しい効果です。 仲間同士で治療し合っているときに、キラーの接近には気づいているが、あと少しで治療が完了するという場面がよくあります。 そんな時、ギリギリ治し切った後に逃げる力になってくれます。 パーク発動中に殺人鬼に担がれた時、スキルチェックが発生する。 成功すると殺人鬼の手から逃れ、殺人鬼を5秒間怯ませることができる。 決死の一撃スキルチェックに成功しても失敗しても、パークは無効化される。 殺人鬼を怯ませることに成功すると、自分がオブセッション状態になる。 オブセッションになる確率が上昇する。 オブセッションは1マッチにつき1人のみ。 しかし、 必ずしも相性が悪いとも言いきれない場合もあります。 例えば、 自分が決死の一撃を持ってマッチを開始したことで、自分がオブセッションになったとしても、• 仲間が決死の一撃などを使用してオブセッション対象者が移動したり• キラーパーク「天誅」などでオブセッションがコロコロ変わったり などが考えられるからです。

次の