スシロー 株式分割。 株式分割予定銘柄一覧

スシローGHD(3563)、1株を4株に株式分割 配当予想は実質維持

スシロー 株式分割

店舗数と売上 どちらも1970年代、大阪府発祥なので関西エリアの出店数が多いです。 海外出店はくら寿司のほうが積極的です。 米国市場に2009年に初出店し、2019年に子会社くら寿司USAがナスダックに上場しております。 世界での知名度はくら寿司の方が上のようです。 73ドルで順調です (IPOは14ドル) 持ち帰りと宅配サービス 仕事帰りにスシロー行きたくても、日曜だから混んでいるしファミリーが多いから一人で行きずらい! そんなときは、 帰社前にスシローの持ち帰りを予約しておき、店頭で受け取って家でゆっくり食べる。 と同僚が言っておりました。 スシロー、くら寿司、両方スマホアプリで持ち帰り予約できます。 デリバリーアプリ取扱いは現在のところスシローだけです。 配当利回りと株主優待 配当利回りと株主優待です。 99% 優待+配当利回り:1. 75% 優待+配当利回り:1. 21% 2月21日現在の株価で試算しているので、利回りは変動します。 う~ん・・どちらも利回りが微妙…。 クロス取引するにも株価が高い。

次の

【4分割で優待変更】スシロー(3563) 4分割後も100株優待実施で実質拡充

スシロー 株式分割

今回の記事の内容• スシロー(3563)の株主優待の内容は?いつ届く?• スシローの配当金とその推移は?• スシロー株の総合利回りは?• スシローの株を購入するには 投資歴20年のかいまるです。 日本株を中心に1千万円を超える資産を運用しています。 スシローグローバルホールディングスは、いわずと知れた回転ずしチェーン「スシロー」を全国に展開する会社ですね。 全店舗1皿100円均一の価格が特徴であり、人気の理由。 自分もよく利用しますが店内がいつも混んでいるので、持ち帰り利用が大半です。 その後、韓国と台湾にも進出し、店舗数も総計577店となりました。 回転寿司業界では売り上げ・規模ともにNo1です。 株式銘柄としても2017年3月の上場以来株価は右肩上がり、優待銘柄としても大人気です。 今回は、そんなスシローの株主還元策に関して、株主優待の内容や配当金について、その魅力を見ていきます。 なお、日本株や資産運用に関連するお得な情報や役に立つ情報のページについて、以下にまとめました。 よろしければご覧いただければと思います。 具体的には、株式分割後に、新たに100株を購入した株主にも株主優待である割引券がもらえるよう設定されています。 大きな変更点は平日限定の利用券が廃止されたことですね。 スシローとしては激混みの土日利用を回避したいという思惑があったんでしょうが、あまり使い勝手がよくなかったのでしょう。 100株購入するのに80万円以上必要でしたから、今回の株式分割でかなり買いやすくなりましたね。 スシロー(3563)の株主優待の内容は(変更後)? 株主優待は店舗で利用可能な割引券 スシローは所有株式数に応じて、回転寿司のスシローなどで利用できる優待割引券がもらえます。 保有株式数に応じて内容が拡充するタイプですね。 株式分割後の保有株式と優待内容の概要は以下の通りです。 分割後の100株から優待がGetできるということ。 合計金額1000円(税抜き)ごとに500円の優待割引が利用可能となりますので、結構な割引率ですよね。 なお、冒頭にも書いたとおり平日限定の利用券が廃止され、全て前日利用が可能となりました。 株主優待はいつ届く? スシローの株を保有している方や、購入を検討されている方は、いつ頃株主優待である優待割引券が届くのか気になりますよね。 この優待は 権利が確定してから約3カ月後ぐらいに送付されてきます。 権利確定月は3月末と9月末ですので、 店舗で利用できる優待割引券をGetするためには、この権利確定日までに株を保有する必要がありますね。 株主優待は、 ・1株あたり90円 ・配当利回り:1. ほぼ1%ということを考えると配当金を期待して保有する銘柄ではないですね。 成長期待から株価が上昇しているのも配当利回りが低い理由の一つですね。 高い成長を期待できない外食事業にも関わらずPERは25倍を超えています。 一応配当金の推移を見てみると、 となっていて右肩上がりにはなっています。 スシローが上場したのは2017年3月からと、つい最近。 配当性向が2019年で25%程度で余力十分です。 スシローの総合利回りは? 店舗で利用できる割引券がもらえる人気の優待銘柄スシロー。 なので、約90万円程度の資金があれば優待目的で株を購入することは可能です。 かなり高いので優待目的の保有にはちょっとハードルが高いかもです。 ただ、以下のチャートのように株価は2017年の上場以来、完全に右肩上がりで上昇しています。 今後株式分割で購入しやすくなることもあり、優待である割引券を楽しみつつ株価の上昇を期待する。 スシローは、そんな銘柄ですね。 「スシローの株主優待」まとめ 今回は、スシローの株主優待ということで、優待の内容と配当金、優待はいつ届くのか、株を購入するにはについて述べてきました。 スシローは、店舗で使える割引券を年2回もらえることもあり、優待銘柄の中でも人気の高い銘柄の一つ。 外食事業の中でも、回転寿司の人気は高く、客単価もわりと高めなんですよね。 実際に店舗に行くと常に混んでいるし、1皿100円とリーズナブルに見えて高価格帯の寿司やサイドメニューもついつい注文しちゃうので結構な金額になってしまいます。 寿司は外国人にも人気ですから、スシローは今後の成長にも期待できる銘柄と言えそうです。 最後に賢く株式投資や資産運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。 株主優待銘柄ならマネックス証券 いろんな投資商品に投資を行いたいのであれば、ネット証券大手のマネックス証券がおすすめです。 「10万円以下」とか「3月優待」とか条件を細かく指定して優待銘柄を検索することができるんですよね。 自分はメイン口座として活用して10年超えですが、その経験から詳細をまとめました。 >> 手数料実質タダで取引し放題の証券会社 手数料実質タダで取引したいなら、で1株から少額投資を活用すると良いです。 ネオモバなら 月額定額手数料で1株から何度でも売買できるんですね。 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)。 ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。 しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、 信頼感もあり安心して利用することができます。 詳細は以下の記事にまとめています。 >> 関連記事・おすすめ記事 最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。 この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。 読まれている方に少しでも役に立つよう、株主優待や資産運用に関連するトピックについて解説しています。 ぜひご覧ください。 最新のおすすめ株主優待銘柄です。 この記事では紹介しきれなかったカタログギフトをもらえる銘柄も取り上げています。 新型コロナ拡大でも影響軽微な銘柄を集めてます。 ぜひご覧ください。 女性におすすめの株主優待を9つピックアップしました。 優待銘柄の中には、女性に向けで人気の優待品がたくさんあるんです。 ぜひご覧ください。 優待銘柄を検討する時に、本当に役に立つ株主優待おすすめ本をまとめていますので、是非ご覧ください。 コロナショックで株価が大幅に下落していることもあり、このタイミングで投資して大丈夫か不安に思う方も多いかと。 コロナ拡大でも業績への影響が軽微と考えられるおすすめ銘柄をまとめました。 コロナショックの大暴落をみてしまうと株式投資はちょっと…。 相場を気にしないで運用したい方はソーシャルレンディングのが最適です。 年利回りは1. 5%〜6%(税引き前)が中心。 銀行に預金するよりもかなり高い利回りを期待できますね。 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)。 失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えません。 少額からリスク控えめに投資したいなら、で1株から少額投資を活用すると良いです。 ネオモバなら 格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。 ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。 しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、 信頼感もあり安心して利用することができます。 詳細は以下をクリック!.

次の

スシローHDが株式分割実施を発表

スシロー 株式分割

スシローGH-月次情報より 上記の黄色で囲ったところが既存店の前年同月比売上高をしめしています。 100%が前年同月と全く同じ売上高、100. 1%以上になると前年より売上高が増加していることになります。 上記では2018年10月から2020年2月までの月次を載せていますがなんと 一度も既存店売上高が前年同月を下回っていないんです! 他の飲食店が、「土日の数が~」とか「台風が~」とかで言い訳する中スシローには関係なし! 既存店売上高は飲食系企業にとっての生命線ですから素晴らしい水準です。 ゆいつ2019年7月に客数が100%を下回っていますが 客単価の増加でカバーしています。 既存店100%越えは28か月連続を達成! スシローGH財務ハイライト-当期純利益 スシローは今まで国内事業を中心に継続して安定成長を遂げてきました。 今後は海外事業に視野を広げ展開していくようです。 スシローグローバルホールディングスは11月8日、海外展開を加速し、 今期約50億円を投資し22~26店を海外に出店する計画を発表した。 水留浩一社長CEOは、「今期の出店計画は国内スシロー事業と海外事業がほぼ同数の出店計画で、来期ぐらいからは海外の出店数が国内を上回る構造になる。 1店舗あたりの売上は、海外の方が大きくなっている。 新規出店での売上増加分は海外が国内を抜いていくことが今期あたりから起こる。 新規出店では、海外が成長の一翼を担う形がようやくできた。 海外は、これからまだまだエリア展開をするので、成長率は高くなる。 そうすると、売上の比率は海外が高くなってくる」と述べた。 引用:.

次の