野本栄介 松山市。 愛媛県松山市枝松

愛媛県松山市枝松

野本栄介 松山市

県庁で行われた贈呈式では、県建設業協会の西岡義則顧問会長から中村知事に、およそ500万円の寄付金の目録が手渡されました。 この寄付金は協会に加盟する企業のオーナーらが、国の特別定額給付金10万円の中からそれぞれ1万円を出し合ったものです。 贈呈を受け中村知事は「業界挙げての取り組みに感謝申し上げます。 しっかりと使わせて頂きたい」と感謝の言葉を述べていました。 寄付金は医療従事者や企業の支援に活用される予定です。 起訴されたのは、県中予地方局地域政策課の野本栄介被告(25)です。 起訴状などによりますと、野本被告は今月4日の勤務中、20代の同僚女性に対し女性の髪形について携帯電話などから「従わないと殺す」などのメッセージを送り、脅迫した罪に問われています。 捜査関係者によりますと野本被告は女性に対し、職場の公用パソコンからも業務に関係のない内容のメッセージを複数回送っていたとみられています。 松山地検は公判に支障があるとして野本被告の認否を明らかにしていません。 県は、独自のクラスター対策班の創設や全自動のPCR検査装置導入などの補正予算案を発表しました。 中村知事は、26日発表した補正予算案に、感染症対策の専門家と県、それに保健所などで構成する県独自の「えひめクラスター対策班」を創設する経費として3730万円余りを計上しました。 今後、クラスターが発生した際、速やかに対応できる態勢を整備する方針です。 さらにPCR検査について、現在、県の衛生環境研究所にある装置に加え、全自動で検査ができる装置を新たに9台導入し、衛生環境研究所のほか、県立病院などに配備します。 これにより1検体あたりの検査時間は現在の5時間から2時間40分に短縮され、1日の検査能力は現在の2倍以上の408件に増えるということです。 一方、中村知事は、県内の海水浴場と県が管理する愛南町の南レクプールについて、入場制限などの感染防止対策を講じた上でこの夏の利用を認める考えを示しました。 県は第2波への備えや経済対策などを盛り込んだおよそ284億4000万円の補正予算案を今議会に追加提案する方針です。

次の

愛媛県庁/中予地方局市町政策支援窓口の設置

野本栄介 松山市

従わないと殺す。 」このメッセージを送信したのは県職員の男。 知り合いの20代女性を脅した疑い10日逮捕されました。 脅迫の容疑で逮捕されたのは、松山市南江戸に住む県中予地方局地域政策課・野本 栄介容疑者(25)です。 警察によりますと野本容疑者は今月4日の勤務中、松山市内の知り合いの20代女性に対し、パソコンからアプリを使い、髪型について「命令する 従わないと殺す 切れるよ」といったメッセージを送り脅迫した疑いです。 野本容疑者は「脅したつもりはありません」と容疑を否認しています。 警察は今月7日に女性から相談を受けたあと、10日に野本容疑者の自宅などを家宅捜索し逮捕しました。 脅迫の被害に遭った女性に身体的な被害はなく、警察は余罪を調べています。 10 17:31 知人女性に「殺す」などといった内容のメールを送りつけ脅したとして、 県警は、県の中予地方局に勤務する25歳の男を脅迫の疑いで逮捕した。 職員の逮捕を受け、県は緊急会見を開き謝罪した。 10日脅迫の疑いで逮捕されたのは、県中予地方局の職員野本栄介容疑者(25)。 警察によると、野本容疑者は、今月4日の午後3時ごろ 「命令する 従わないと殺す 切れるよ」などというメッセージを、パソコンから 20代の知人女性に送りつけ、脅迫した疑いが持たれている。 警察の調べに対し野本容疑者は、「メッセージを送ったことは認めるが、 脅したつもりはない」と容疑を否認しているという。 メールが送信された3日後、女性が松山東警察署に相談し9日被害届を提出、 警察では、10日朝から野本容疑者に話を聞いていた。 警察は、野本容疑者が他にも、この女性に対して、同様の発言やメール送信が あったとみて調べを進める方針。 県によると野本容疑者は入庁8年目で、現在は、中予地方局の地域政策課で 主にサイクリングの振興に関する業務を担当していて、勤務態度に問題はなかったという。 問題のメッセージを送ったとされる日のその時間帯は勤務中だが、メッセージを 公用のパソコンから送ったかについては、わからないとしている。 神野副知事は、職員逮捕を受けた部局長への訓示の中で、被害者や県民に謝罪した。 警察は、10日にも野本容疑者の勤務先である中予地方局の家宅捜索を行う方針。

次の

140m後方から接近する車両を検知するGarminの…

野本栄介 松山市

10日脅迫の疑いで逮捕されたのは、県中予地方局の職員野本栄介容疑者(25)。 警察によると、野本容疑者は、今月4日の午後3時ごろ「命令する 従わないと殺す 切れるよ」などというメッセージを、パソコンから20代の知人女性に送りつけ、脅迫した疑いが持たれている。 警察の調べに対し野本容疑者は、「メッセージを送ったことは認めるが、脅したつもりはない」と容疑を否認しているという。 メールが送信された3日後、女性が松山東警察署に相談し9日被害届を提出、警察では、10日朝から野本容疑者に話を聞いていた。 警察は、野本容疑者が他にも、この女性に対して、同様の発言やメール送信があったとみて調べを進める方針。 県によると野本容疑者は入庁8年目で、現在は、中予地方局の地域政策課で主にサイクリングの振興に関する業務を担当していて、勤務態度に問題はなかったという。 問題のメッセージを送ったとされる日のその時間帯は勤務中だが、メッセージを公用のパソコンから送ったかについては、わからないとしている。 神野副知事は、職員逮捕を受けた部局長への訓示の中で、被害者や県民に謝罪した。 警察は、10日にも野本容疑者の勤務先である中予地方局の家宅捜索を行う方針。 引用元『南海放送』 事件現場 愛媛県中予地方局です。 みんなの意見.

次の