回線切り替え uq。 UQモバイルの回線切替の方法を丁寧に解説!時間外でも切り替え可能!

【UQモバイルの初期設定1/3】SIMカード差し替えと回線切替|コテツくんのわかる解説 UQモバイル

回線切り替え uq

mineoでMNP予約番号発行• UQモバイルで転入手続き• APN設定• SIMカードの返却 (Dプランのみ) これから各手順について詳しく解説していきます。 MNP予約番号の発行 mineoで使用していた電話番号そのままでUQモバイルに乗り換えるには、まず mineoでMNP予約番号を発行してもらいます。 予約番号発行はマイページで mineoのMNP予約番号はマイページから発行します。 にログインしたあと、利用回線(番号を選択)し、アンケートに答えて手続きを進めればすぐにMNP予約番号が表示されます。 この画面の表示をメモまたはキャプチャで保存しておきましょう。 また、翌日までにメールでも通知されます。 MNP予約番号の発行時間 マイネオはドコモ・au・ソフトバンクの3回線が選べますが、契約している回線によってMNP予約番号が発行できる時間が異なります。 <MNP予約番号発行時間>• ドコモ・au回線:9:00~21:00• ソフトバンク回線:10:00~19:00 MNP予約番号の有効期限に注意 mineoで発行した MNP予約番号には15日間の有効期限があります。 有効期限内にMNP乗り換え手続きを完了しなければ、MNP予約番号は無効になってしまいます。 また、でMNP転入手続きをする場合は、 発行から2日以内でないと手続きできません。 2日をすぎると、店舗に行くか、MNP予約番号を再発行する必要があります。 UQモバイルでMNP転入 mineoでMNP予約番号を発行してもらったら、すぐに UQモバイルで転入手続きをしましょう。 転入手続きはUQモバイルの店舗や家電量販店でも可能ですが、断然がおすすめです。 SIMのみ契約でも端末セットでも、オンラインが断然お得です。 で手続きを進めていくと、下記のような契約方法を選択する画面が出てきます。 ここで のりかえ(MNP)を選択します。 その後、プランなどを選択して次ページに遷移するとMNP予約番号などの入力画面が出てきます。 mineoで発行してもらったMNP予約番号や有効期限、引き継ぎたい電話番号を入力してください。 あとは画面に従って契約者情報の入力や本人確認書類のアップロードを進めてください。 契約手続きをした後に審査を通過すれば、数日後にSIMカードや端末が送られてきます。 UQモバイルのマイページで手続き• お客様センターへ電話 (電話番号:0120-929-818) 電話でも回線切り替え手続きも可能ですが、電話はなかなかつながらないのでマイページで手続きしましょう。 MNP転入時の回線切り替え手順 1. UQモバイルマイページへログイン 2. 「お申し込み状況一覧」をクリック 3. 「回線切り替え」をクリック 4. 実行をクリック 5. 回線切り替え完了 回線切り替え作業完了後、30分程度でUQモバイルのデータ通信が使用できるようになります。 UQモバイルに回線が切り替わると、mineoの回線が正式に解約されます。 MNP転入時の使えない不通期間は? 回線切り替えは30分程度で終了しますので、即日に切り替えることができます。 ただし、マイページ上で切り替え手続きをした場合も電話で手続きした場合も、 30分程度は空白の時間が生じてしまいますので注意してください。 APN設定 mineoで使っていた端末をそのまま使う場合や、UQモバイル以外で購入したスマホ端末を使う場合は、SIMカードが届いた後に APN設定(プロファイルインストール)が必要です。 APN設定とは、スマホ端末がUQモバイルの回線を使って通信できるようにする設定です。 この設定をしないと、モバイルデータ通信ができません。 設定手順はこちらに詳しく記載されています。 お得にMNP乗り換えする方法 お得な乗り換えタイミング mineoからUQモバイルに乗り換える際の お得なタイミングはmineoのデータ容量を使い切ったタイミングです。 まず、 mineoの転出月の料金は日割り計算されます。 データ容量はいくら使っても料金は変わりませんので、データ容量を使い切ったほうがお得です。 また、UQモバイルの契約初月の料金も日割り計算され、データ容量は全額付与されます。 よって、できるだけ月末に契約すれば料金は安く抑えられ、データ容量は全額付与されますので 余ったデータは翌月に繰り越しされます。 ただし、あまりに月末ギリギリを狙いすぎて月をまたいでしまうと話が変わってしまいます。 ある程度余裕を持って乗り換え手続きしましょう。 キャッシュバック額は新規契約かMNP乗り換えかで異なります。 SIMロック未解除のiPhone (au版の一部とUQ版を除く)• au版のiPhone7以前のiPhone (SIMロック未解除) アップルストアなどで購入したSIMフリーのiPhoneなら、 iPhone6S・iPhoneSE(第1世代)以降の機種が全て使えます。 mineoで販売しているiPhoneも全てSIMフリーなのでUQモバイルでも使えます。 また、ドコモ・au・ソフトバンクやワイモバイルなどで購入したiPhoneにはSIMロックがかかっていますが、 SIMロック解除済であれば全てUQモバイルで使えます。 auで購入したiPhone また、auで購入したiPhoneはSIMロックが解除されていなくても、 iPhone8・iPhone8 Plus以降の機種ならSIMロック解除不要でUQモバイルで使えます。 ただし、iPhone SE・iPhone6SなどのiPhone7以前の機種はSIMロック解除されていないとUQモバイルでは使えません。 <au版iPhoneのSIMロック解除>• ドコモ・SoftbankのAndroidスマホ (SIMロック解除済のPixel 3シリーズ除く)• au回線に非対応のSIMフリースマホ まず、mineoで購入したAndroidスマホは、 mineoのau回線(Aプラン)に対応している表示があれば使えます。 mineoで取扱のあるスマホは全てSIMフリーなので、SIMロック解除も不要です。 ただし、 auの回線バンド・周波数やau VoLTEに対応していていない一部の機種は使えません。 au版のAndroidスマホ また、2015年5月以降にauで発売されたAndroidスマホも使えます。 ただし、2017年8月以前に発売されたスマホはSIMロック解除が必要です。 MNP乗り換えの費用や注意点 mineoのMNP転出手数料 mineoから他社に乗り換える場合、 MNP転出手数料がかかります。 MNP転出手数料は3,000円+税です。 この手数料は転出が完了した場合にかかるので、MNP予約番号を発行しただけでは発生しません。 よって、MNP予約番号を何度発行しても手数料は変わりません。 転出月の料金は日割り mineoを 月途中に転出した場合、月額料金は日割り計算されます。 解約日は回線切り替えした日ですので、転出月はその日までの料金が請求されます。 mineoの音声SIM(デュアルプラン)には最低利用期間がありません。 〒530-8780 日本郵便株式会社 大阪北郵便局 私書箱75号 株式会社オプテージ お客さまサポートセンター mineo解約SIM返却係 返却しなくてもペナルティは無いようですが、できる限り返却しておきましょう。 端末代金の残債の支払い mineoでスマホを購入し24回分割払いに設定した場合、 完済前にMNP転出しても端末代金は継続して請求されます。 解約時に一括返済する必要はありません。 もしUQモバイルへの転出タイミングで端末代金を一括返済したい場合は、mineoサポートから連絡して手続きが必要です。 詳細: UQモバイルのキャンペーン情報 UQモバイルでは常時何らかのお得なキャンペーンを実施しています。 mineoから乗り換える際には必ず下記キャンペーンを適用しましょう。 SIM契約でキャッシュバック では、 SIMカードのみ契約した場合にキャッシュバックを実施しています。 キャッシュバック額は新規契約かMNP乗り換えかで異なります。

次の

ドコモからUQモバイルに乗り換える手順【完全版】MNP予約番号や回線切り替えのやり方、乗り換えキャンペーンも

回線切り替え uq

使えるiPhoneやSIMロック解除の詳細は「UQモバイルで使えるiPhone」の章で解説します。 これからiPhoneを買う方は、アップルストアでSIMフリー版が購入できます。 購入: 安くiPhoneを買いたい方は、 大手スマホ通販サイトの「」がおすすめです。 わたしもよくスマホ本体を買っていますが、格安でiPhoneの本体のみが買えます。 中古はもちろん、未使用品の在庫も豊富なので、ぜひ覗いてみてください。 au版iPhoneはiPhone8以降の機種ならそのままでも使えますが、iPhone7までの機種はSIMロック解除しないと使えません。 iPhone用のSIMを購入 iPhone本体が準備できたら、 UQモバイルでiPhone用のSIMカードを購入します。 SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。 このカードを挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信を可能にします。 SIMカードの契約・購入は店舗でも可能ですが、での購入ががおすすめです。 公式オンラインストアならキャッシュバックが貰えます。 最後に、料金明細を確認して「ご購入手続きへ」をタップします。 次のページで約款や重要事項を確認し、チェックを入れます。 また、au IDは申し込むにチェックを入れましょう。 データ増量などの特典を受けられます。 その後、必要に応じてauスマートパスプレミアムの申込とお知らせ情報の配信の要否を選択します。 ここまで来たら、「お客様情報入力に進む」をタップします。 次ページで契約者の各種情報を入力します。 最後に、料金の支払方法を選択します。 クレジットカードの場合はその場でカード番号などを入力してください。 口座振替や自動振込などを選択する場合は、のちほど送付される口座振替依頼書の返送が必要です。 ここまでくればあとは大丈夫です。 審査を経て、最短で翌日にSIMカードが発送されます。 iPhoneシリーズのSIMカードのサイズはnanoなので、マルチSIMの周りをパキッと割って、一番小さいnanoのサイズに調整します。 その後、本体側面にある小さな穴にSIMピンを差し、SIMトレイを取り出してSIMカードをセットします。 挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。 詳細: iPhoneのAPN設定 iPhone本体にSIMカードを挿入したら、 機種によってUQモバイルのAPN設定(プロファイルインストール)が必要です。 APN設定とは、iPhoneでUQモバイルのデータ通信ができるようにするための設定です。 ただし、機種によってAPN設定が不要な場合もあります。 <機種別のAPN設定要否> 使えるiPhoneやSIMロック解除の詳細は「UQモバイルで使えるiPhone」の章で解説します これからiPhoneを買う方は、アップルストアでSIMフリー版が購入できます。 購入: 安くiPhoneを買いたい方は、 大手スマホ通販サイトの「」がおすすめです。 わたしもよくスマホ本体を買っていますが、格安でiPhoneの本体のみが買えます。 中古はもちろん、未使用品の在庫も豊富なので、ぜひ覗いてみてください。 au版iPhoneはiPhone8以降の機種ならそのままでも使えますが、iPhone7までの機種はSIMロック解除しないと使えません。 MNP予約番号を発行 続いて、乗り換え元キャリアで MNP予約番号という10桁の番号を発行してもらいます。 これは、UQモバイルでも同じ携帯番号を使うための、いわば引継ぎ用の番号です。 MNP予約番号は、各キャリアの店舗・電話・マイページなどで取得できます。 大手キャリアの発行方法を以下に記載します。 乗り換えの場合は、端末の下取りの画面が出てきます。 不要な端末をお持ちの方は下取りしても良いでしょう。 詳細: 最後に、料金明細を確認して「ご購入手続きへ」をタップします。 次のページで、MNP予約番号の入力画面が出てきます。 乗り換え元キャリアで発行してもらったMNP予約番号や有効期限などを入力しましょう。 次のページで約款や重要事項を確認し、チェックを入れます。 また、au IDは申し込むにチェックを入れましょう。 データ増量などの特典を受けられます。 その後、必要に応じてauスマートパスプレミアムの申込とお知らせ情報の配信の要否を選択します。 ここまで来たら、「お客様情報入力に進む」をタップします。 次ページで契約者の各種情報を入力します。 最後に、料金の支払方法を選択します。 クレジットカードの場合はその場でカード番号などを入力してください。 口座振替や自動振込などを選択する場合は、のちほど送付される口座振替依頼書の返送が必要です。 ここまでくればあとは大丈夫です。 審査を経て、最短で翌日にSIMカードが発送されます。 UQモバイルのSIMカードが到着しても、まだUQモバイルのデータ通信は使用できません。 以前に使っていたキャリアの回線がまだ使える状態ですので、この回線をUQモバイルに切り替える必要があります。 この作業を「回線切り替え」といいます。 電話・マイページで即日切り替え可能 回線切り替えは以下の2通りの方法でできます。 UQモバイルのマイページで手続き• お客様センターへ電話 (電話番号:0120-929-818) 電話でも回線切り替え手続きも可能ですが、電話はなかなかつながらないのでマイページで手続きしましょう。 MNP転入時の回線切り替え手順 1. UQモバイルマイページへログイン 2. 「お申し込み状況一覧」をクリック 3. 「回線切り替え」をクリック 4. 実行をクリック 5. 回線切り替え完了 回線切り替え作業完了後、30分程度でUQモバイルのデータ通信が使用できるようになります。 UQモバイルの回線が使えるようになると同時に、乗り換え元キャリアが解約されます。 iPhoneのAPN設定 回線切り替えが完了したら、iPhone本体にSIMカードを挿します。 iPhone本体にSIMカードを挿入したら、 機種によってUQモバイルのAPN設定(プロファイルインストール)が必要です。 APN設定とは、iPhoneでUQモバイルのデータ通信ができるようにするための設定です。 <機種別のAPN設定要否> iPhone SIMロック解除 6S・6S Plus SE(第1世代) 7・7 Plus 必要 8・8 Plus・ X~ 不要 auで発売されたスマホは、auの回線でしか使えないように「SIMロック」という状態になっています。 UQモバイルはau回線を使っているため、通常ならSIMロック解除は不要なはずですが、 VoLTEの関係でiPhone7以前の機種はSIMロック解除が必要です。 iPhone8以降の機種はSIMロック解除不要で使えます。 ただし、不要でも解除しておくのがおすすめです。 SIMロック解除の手順 上記の通り、ドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルで販売されたiPhoneや、auで販売されたiPhone7までの機種はSIMロック解除が必要です。 下記ページを参考にSIMロックを解除しましょう。 iPhone 購入元 SIMロック解除 要否 SIMフリー (SIMロック解除済) 不要 UQモバイル au ~iPhone7: 必要 iPhone8~:不要 ドコモ 必要 ソフトバンク ワイモバイル SIMフリー・SIMロック解除済のiPhoneとUQモバイルのiPhone、auで販売されたiPhone8以降の機種ならSIMロック解除不要でそのまま使えます。 それ以外のものはSIMロック解除が必要です。 これから中古のiPhoneを買う場合は「」がおすすめです。 格安中古はもちろん、未使用のiPhoneも在庫が豊富です。 購入時はできるだけSIMロック解除済のものを選びましょう。 テザリングとは、iPhoneを介してPCやゲーム機をインターネットにつなぐことです。 iPhoneをモバイルルーター代わりに使うイメージですね。 UQモバイルでは2018年秋頃まで一部のiPhoneでテザリングができませんでしたが、 現在はどのiPhoneでもテザリング可能です。 テザリングは無料ですので、データ容量の範囲内なら使い放題です。 データSIMはテザリング不可 UQモバイル公式サイトでは データ専用プラン(データ高速プラン・データ無制限プラン)はUQ版以外のiPhoneでテザリングができないことになっています。 他のiPhoneでも実際はテザリングできると思いますが、今後できなくなる可能性もありますので注意してください。 キャリアメール不可の機種 キャリアメールとは、そのスマホ会社が持つ固有のメールアドレスです。 ドコモで言えば「 docomo. jp」、auで言えば「 ezweb. jp」といったアドレスを指します。 通常、UQモバイルでは月額200円のオプションとしてキャリアメール「 uqmobile. jp」を使用することができます。 iPhone8以降の機種にUQモバイルのSIMを挿して使用する場合、キャリアメールを使用することができません。 iPhone7までなら大丈夫ですが、8以降のiPhoneは使用不可なので注意してください。 iPhoneを準備• 現在の端末からSIMを抜く• 抜いたSIMをiPhoneに挿入• APN設定 手順としては、現在の端末からUQモバイルのSIMカードを抜き、用意したiPhoneに挿してAPN設定するだけです。 APN設定の手順はすでに解説していますので、ここでは省略します。 SIMの種類・サイズに注意 唯一の注意点は、 SIMの種類・サイズです。 iPhoneに挿して使えるSIMカードの種類は VoLTE対応マルチSIM(nano)です。 2019年10月以降に契約した方はVoLTE対応マルチSIMが届いているので問題ないですが、それ以前はVoLTEに非対応のnanoSIM・microSIMも契約できていました。 現在使用している端末に挿入されているSIMがmicro・nanoSIMの場合は、VoLTE用マルチSIMへ交換が必要です。 UQモバイルサポートセンターに連絡し、SIMサイズの交換を申請しましょう。 その際、手数料3,000円がかかりますので注意してください。 問い合わせ先: ストレージ容量 UQモバイルで発売された iPhone7のストレージ容量は32GB・128GBの2種類です。 本体カラー・色 UQモバイルで発売されたiPhone7の本体カラーは 「ブラック」「シルバー」「ゴールド」「ローズゴールド」の4色です。 これからUQモバイルでiPhoneまたはiPhone用のSIMカードを契約しようと思っている方は、下記キャンペーンを必ず適用しましょう。 SIM契約でキャッシュバック では、 SIMカードのみ契約した場合にキャッシュバックを実施しています。 キャッシュバック額は新規契約かMNP乗り換えかで異なります。 店舗は対象外なので、必ずオンラインで契約しましょう。 最大9回線まで割引になり、割引は契約している限りずっと続きます。 詳細は下記記事を御覧ください。

次の

【失敗から学ぶ】UQモバイルのMNP乗り換え方法と6つの注意点

回線切り替え uq

本当!? 教えて〜。 UQモバイルって申し込んでから届くまで、どのくらいの日数がかかるか知りたいですよね。 僕の場合は、4日で回線切り替えまでできました。 UQモバイルの申し込みから、回線切り替えまでを実際にやってみたので、くわしく紹介します。 また、UQモバイルには、乗り換えるベストなタイミングがあります。 乗り換えのタイミングを間違えると、5千円以上損をすることがあります。 また、 ベストなタイミングでやれば、基本データ容量を倍増させることもできます。 実際に、僕もできました。 この記事では、申し込んでから、回線切り替えまでを時系列で紹介します。 また、ベストなタイミングも紹介します。 基本データ容量を倍増させる裏技もあるので紹介しますね。 この記事を読めば、お得に失敗することなく、UQモバイルに乗り換えることができます。 \最大1万円 現金ゲット!/ 4月25日(土)7時59分にオンラインから申し込み 4月27日(月)21時9分にメールで発送手配完了の案内 4月27日(月)22時44分に新規お申し込み手続き完了のご案内 4月28日(火)SIMが家に届いた 4月28日(火)回線切り替え手続き、即完了メール 実際のやりとりを時系列で紹介 4月25日(土)7時59分にオンラインから申し込み 4月27日(月)21時9分にメールで発送手配完了の案内 4月27日(月)22時44分に新規お申し込み手続き完了のご案内 4月28日(火)SIMが家に届いた(郵送) 4月28日(火)回線切り替え手続き、即完了メール 以上になりますが、 思ったよりも、早く回線切り替えができました。 ただ、月末までに回線切り替えをしようとやってみましたが、ちょっとこの日程感だとギリギリですね。 もう少し余裕を持って、申し込んだ方がいいかな?と思います。 ここからこれらも踏まえて、ベストな申し込みタイミングを説明します。 UQモバイルへの乗り換えタイミングのベストは? 結論 乗り換えの申し込みベストなタイミングは、20日前後! 先に、結論を言ってしまうと、 乗り換えの申し込みにベストなタイミングは、20日前後ですね。 そして、「回線切り替えを月末にする」です。 なぜかというと、「支払う料金を少なくできる」というのと「基本データ容量を倍増させることができる」からです。 これらの理由をくわしく説明していきますね。 理由1 解約元に、日割り計算ががないので、余分な料金が発生する まず、回線を切り替える月は、解約元と乗り換え先(UQモバイル)の両方に料金を払う必要があります。 ここで重要なのは、 解約元には、日割計算がないことです。 乗り換え先(UQモバイル)には、日割計算があります。 つまり、切り替えが月初でも月末でも、解約元へは、1ヶ月分の料金を支払う必要があります。 UQモバイルの初月の料金は、日割りになるので、月初でも、月末でも料金的には、差がありません。 ということは、 月初に切り替えた場合、解約元へ1ヶ月分余分に料金を支払うことになります。 これは、めっちゃ損です。 人によっては、5千円以上損をすることとなります。 月末に切り替えるのが、一番お得です。 理由2 申し込んでから、回線切り替えするまで時間がかかる 月末に回線を切り替えるには、 申し込むのは、20日前後がベストです。 なぜなら、申し込んでから、回線切り替えまでに時間がかかるからです。 乗り換えの流れをおさらいしておきましょう。 乗り換えの流れ 乗り換えの流れ• 23~24日頃:UQモバイルのSIMカードが届く(配送)• 28日頃:UQモバイルに回線切り替え(初期設定) 上が、UQモバイルの乗り換える際の流れになります。 ここでのポイントは、 UQモバイルへ回線切り替えした日が、「UQモバイルの契約開始日」ということです。 UQモバイルの契約開始日は、オンラインショップで申込みをした日ではないのです。 回線切り替えは、自分のタイミングでできます。 SIMが届いた後に、すぐ切り替えしなくても、良いタイミングを見計って、回線切り替えをすればいいのです。 申し込みの混み具合や配送の遅れなどを考慮しても、余裕を持って対応ができる 「20日前後」に契約 申込 をするのが、ベストなタイミングとなります。 MNP番号には有効期限がある できる限り、MNP予約番号の取得とUQモバイルの申し込みは同じ日にやりましょう。 2日を過ぎると、また、取得し直さなければいけないので、面倒くさいです。 嘘みたいな話ですが、事実です。 上の画像は、実際に僕がスマホプランM(9GB)で、倍増させたものです。 UQモバイルは、利用開始月の利用料金は、日割計算ですが、 月末に利用開始しても、基本データ容量は、1ヶ月分全て付与してくれます。 具体的にいうと、スマホプランM(2980円)の場合、基本データ容量は、9GBなので、5月1日に利用開始しても、5月31日に利用開始しても、9GB付与してくれます。 利用料金は、日割りなので、1日あたり298円です。 そして、月末に利用開始すると、その9GBは、ほとんど利用しないまま翌月になります。 つまり、9GBほぼ全てが余ります。 すると、余った9GBは、全て翌月に繰り越されます。 結果として、翌月は、約18GBになります。 通常、データ容量の追加は、1GBあたり1000円するので、めっちゃお得です。 これらを活用する方法を下の記事でまとめてるので、興味がある方は観てください。 その他 注意点 乗り換えのタイミングに関して、 その他の注意点があるので、参考にしてみてください。 ソフトバンクは、締め日が違う ソフトバンクの請求締日は、「10日」「20日」「月末」の3通りあります。 これは、要注意です。 ソフトバンクの場合は、請求締日によって、ベストな乗り換えタイミングが変わります。 au・ドコモの請求締日は「月末」なので、これまで説明してきた「月末に回線切り替えする」というのが有効ですが、ソフトバンクは変わります。 ソフトバンクユーザーは、請求締日が、 「10日」の場合は「前月月末前後」 「20日」の場合は「10日前後」 に、UQモバイルに申込をするのが良いです。 つまり、請求締日の直前で、回線切り替えをするのが良いです。 これまでの説明のように、UQモバイルとしてはの月末に回線切り替えする方がメリットがありますが、無理に月末に切り替えてソフトバンクに余分な料金を支払うことに比べると、はるかに安くなります。 回線切り替えは、受付時間がある 回線切り替えには、受付時間があります。 受付時間は9時30分~20時30分 (土日祝日でもOK) Wi-Fi環境があれば自分自身で簡単に回線切り替えができます。 回線切り替えの処理をして、30分程度で、回線がつながるので、めっちゃ便利です。 通常は、電話が使えない期間が出てしまうので、UQモバイルはさすがです。 でも、受付時間外で、回線切り替え処理をしてしまうと、翌日の受付時間まで回線は繋がりません。 一方、今まで使っていた回線は、回線切り替え処理をした直後に使えなくなります。 つまり、翌日までスマホが使えない状態になります。 実際、僕もここで失敗しました。。 受付時間外の9時頃に申し込んでしまったのです。 翌日の通勤時に、スマホが利用できず、めっちゃ不便をしました。 みなさんは注意してください。 くわしい乗り換え作業については、下記記事を参考にして下さい。 まとめ UQモバイルに申し込んでから、回線切り替えまでの日数を紹介しました。 また、乗り換えるベストなタイミングがわかったと思います。 僕の場合は、4日でしたが、余裕を持って、申し込むのがいいですね。 UQモバイルには、まだまだお得な機能があります。 スムーズに乗り換えて、お得なUQモバイルライフを送ってください。

次の