進 研 ゼミ 赤 ペン 先生。 「進研ゼミ」ってどう?続けている子どもと挫折した親の違いをまとめてみた

「進研ゼミ小学講座」が現在も受講者数No.1になっている8つの理由|評判・特徴まとめ

進 研 ゼミ 赤 ペン 先生

進研ゼミのチャレンジランドとは、進研ゼミ小学講座による全国の小学生のためのインターネットサイトです。 進研ゼミの会員はもちろん、会員ではない人も参加することができます。 進研ゼミ会員の人は、毎月の進研ゼミ教材といっしょにチャレンジランドを見ると、より進研ゼミを楽しむことができると考えます。 チャレンジランドの進研ゼミ小学講座は、2006年4月時点で、日本と海外の161万人の小学生が受講している、小学生向けの通信教育講座です。 小学生の5人に一人が利用している計算になるそうで、すごい人気であることがわかりますよね。 その中のメイン教材「チャレンジ1年生」〜「チャレンジ6年生」では、コラショや編集室の先生たちなど楽しいキャラクターといっしょに勉強ができます。 それに毎月の「赤ペン先生の問題」では苦手なポイントを丁寧に教えてくれたり、楽しい付録で勉強できたりするので、気がつかないうちに力がついてきます。 インターネットを使っての勉強や、その他、子供にとって楽しい遊びや情報を得ることができるチャレンジランドは、子供の能力の発達にとてもいいものだと考えます。 子供にとってインターネットの世界というのは、とても興味深い、未知の世界なのではないでしょうか。 家でも、学校でも、職場でも、いまやパソコンはかなり普及しています。 もしかすると近い将来、一人に一台という時代になるかもしれませんよね。 最近は小学校でもパソコンの授業があります。 ネットの使い方や、キーの打ち方をすこし教えてくれるのでしょうが、そこが入り口となって、パソコンに興味を持ち、パソコンが好きになっていくのでしょうね。 パソコンは使えないより、使えた方がいいですものね。 進研ゼミ小学生講座の チャレンジランドは、そんな小学生のためにインターネットで勉強をしたり、勉強のゲームをしたり、興味が薄れることがないように工夫しながら学べる、画期的なシステムです。 会員以外の方が利用することもできますが、会員の方しか利用できないページがほとんどなので、興味がある方は会員登録をした方がたくさん楽しめると考えます。 英語の勉強もできるし、作文や表現力を身につけるための講座もあります。 塾や学校ではなかなか学べないことを、パソコンで楽しみながら学ぶことができるチャレンジランドはぜひ、お奨めです! 進研ゼミ@赤ペン先生 進研ゼミ小学生講座の中の チャレンジランドで、ベネッセ進研ゼミと森永製菓の共同キャンペーンがありました。 お菓子の箱でなにができる?ということで、楽しい工作にチャレンジするという企画です。 この企画の狙いは、「ゴム」を使った工作で、試行錯誤しながら工作をする活動を通して、 創意工夫する力を育むということと、ゴムの弾性の性質を使うと物を動かすことができるということにも気づけるとよいでしょう、ということが狙いの一つになっています。 親子でひとつのものを創意工夫しながら作り上げていく工程は、とても楽しいものがあるに違いありません。 「おっとっと」や「ちょこぼーる」の箱が車になったり、ロボットになったりするのは楽しいですよね。 ゴムの力で動貸すことができるのを学ぶのには最適の工作ですネ。 その他、ニンテンドーとのコラボレーションでは学習ソフト「えいトレ」「読みトレ」などがあり、「自学自習」の新しい形としてとても注目を集めています。 学習する力を養うために色々な工夫や研究をしているベネッセ進研ゼミに今後も注目ですよね! 進研ゼミ@赤ペン先生 進研ゼミチャレンジランドでは、パソコンの中で回答した結果を全国の人たちと共有すること「ができます。 ぜんんこく けいさんデキールグランプリ」や、「めざせめいじん!べんきょうばっちりゲーム!」とか、楽しい名前がついたゲーム感覚のテストがあって、全国での自分の力がわかるようになっています。 応援メッセージをもらうこともできるのが嬉しいですよね! 勉強だけでなく、「ほうかごパーク」というところに遊びに行けば、マスコットのコラショと遊んだり、インターネットのことを勉強できたり、ゲームやお仕事検定など、楽しいことが盛りだくさんです。 ホームページを見たり、友だちにメールを送ったり、調べ学習に使ったり。 インターネットって、本当にたくさんのことができますよね。 そんなインターネットをもっと楽しく、べんりに使えるようになるために、ゲームからインターネットの使い方を学んだり、インターネットウイルスのことを学んだりできるのが「教えて! なるほど!インターネット」というコーナーです。 小さいうちから、きちんと学んでおきたい知識ですネ!こういうコーナーを楽しく利用しながら、インターネットを正しく利用しましょう。 進研ゼミ@赤ペン先生 進研ゼミ・チャレンジネットの「 チャレンジランド」には、チャレンジ1年生〜チャレンジ6年生までが載っています。 進研ゼミの「チャレンジランド」は、4月から小学生の新学期が始まるということで、3月後半には、チャンレンジネットが新しくなります。 最近の小学校ではパソコンの時間があって、子供達がパソコンに触れることが多くなっています。 そのため進研ゼミ小学講座でも、小学生でも遊べるインターネット版「チャレンジランド」を作ったのかも知れませんね! チャレンジランドは面白いし、ためになります。 大人でもつい夢中になってしまうインターネットなので、子供が使うにあたっては、時間を決めて長くパソコンの前に座ることがないように気をつけたいですよね。 そんなことも考慮してか、進研ゼミ・チャンレンジネットでは、「小学生クイズバトル! 」は1日5回までしかできないように、設定してあるようです。 安心ですよね。 進研ゼミ小学講座で、私立中学受験や難関私立中学受験、また中高一貫教育校の受験を考えている方も多いでしょう。 チャレンジネットを利用することで、同じ受験生と思いを共有したり、受験勉強が少しでも楽しくなるといいですよね!.

次の

赤ペン先生の添削指導|進研ゼミ小学講座

進 研 ゼミ 赤 ペン 先生

進研ゼミの小学生講座では、3年生からの中学年になると、高学年の学習につながる概念や基本技能を、確実に身につけられるようにします。 そのひとつとして、筋道の通った文章を書くための作文指導がスタートします。 赤ペン先生のチェックポイントでその月の目標を確認することができ、また、目標を達成する文が書けたのかが、一目でわかります。 その月の目標がクリアできている場合には、「書く力バッチリ!」マークが記入されます。 文章を書く力に自信をもってもらうための工夫だそうです。 子供たちの表現に合わせた赤ペン先生のアドバイスで、どう書けばよかったのかを、自分自身で確認することができます。 論理的に表現する力をつけることをゴールに、3年生から6年生までの4年間、学年ごとの発達段階に合わせた「ゼミ」独自のカリキュラムで作文の書き方を学ぶことができます。 作文が苦手な子供が多い中、このようなシステムで、文章がきちんと書ける子供が増えると良いですよね! 進研ゼミの赤ペン先生って、どんな仕組みになっているのだろうと興味があったので調べてみました。 赤ペン先生にはグループ制があります。 ・答案の受け渡し…添削指導した答案を納品し、新しい答案を受け取る。 ・会社からの連絡事項の確認や情報共有をする。 赤ペン先生の募集も良く見られますが、模擬試験に合格しないと赤ペン先生になることはできないそうです。 在宅でやりがいのある仕事をしたいと思う人には最適の仕事ではないでしょうか。 進研ゼミ@赤ペン先生 進研ゼミ 赤ペン先生は在宅でできるやりがいのある仕事だと考えます。 昔、赤ペン先生に添削してもらっていた「赤ペン生徒歴」があるので、ぜひ赤ペン先生になってみたいと思い、資格に関して調べてみました。 それに加え、自宅に応募条件を満たすパソコンがあること。 パソコンのOSがWindowsで、かつ、バージョンがWindows2000,WindowsXP,WindowsVistaであることが条件だそうです。 自宅でインターネットに接続でき、通信環境が応募条件を満たしていること。 常時接続のインターネット回線が利用できる(光ファイバー、ADSL、CATVなど) パソコンを持っている人ということでは、このような条件は普通なので決して難しい条件ではないということがわかってよかったです。 この条件を満たしていることが前提で、試験、面接を受けるわけです。 字がきれいなことも選考には大事なポイントだということです。 進研ゼミ@赤ペン先生 ベネッセコーポレーションの通信教育教材、「 進研ゼミ」における、添削指導員のことを「 赤ペン先生」と呼びます。 「赤ペン先生」は登録商標です。 「進研ゼミ」では小学講座・中学講座・高校講座それぞれのテキストに、受講科目のペーパーテストが綴じ込まれており、それを解いて返送すると、赤ペン先生が丁寧に答案を採点し、答案の出来具合に合わせた勉強アドバイスなどを赤ペンで記入して送ってくれます。 「小学講座」の赤ペン先生だけは担任制を採っており、1年間は基本的にそれぞれひとりの先生が担当してくれます。 添削の内容だけでなく、自分が書いたコメントに赤ペン先生が返事をしてくれるフリーコメントも楽しみのひとつです。 先生をわざと困らせるコメントを考えるのが流行した時期もあったような気がします。 ちなみに同様の添削制度は「こどもちゃれんじ」にも存在し、「あったかおてがみ」に絵などを描いて送ると「あったかせんせい」から返事がもらえるそうです。 残念ながら、しまじろうあてにお手紙を出しても返事は来ないそうです(笑) 進研ゼミ@赤ペン先生 進研ゼミといえば、何といっても 赤ペン先生。 昔から「赤ペン先生」の名前で有名ですよね。 毎月子供たちが送る模擬テストを採点・指導して送り返してくれる先生なのです。 超難関の試験を突破した人だけがなれる、ベネッセの資産とも言える赤ペン先生は、その数18000人にものぼるそうです。 ベネッセ社員の9倍にも上ります。 毎回違う赤ペン先生がその都度対応するのではなく、生徒1人に対し1年間の担任制をとっています。 何人の生徒を担当しているかは赤ペン先生のトップシークレットだとか! ここで、ちょっとだけ採点を見せてもらうと…赤ペン先生専用の万年筆を使っていました。 字の美しさも、赤ペン先生の売りの一つなのだそうです。 的確なアドバイスは当たり前のことで、「もう一息だね!」などといった、最後に書き加える一言が重要なんだそうです。 赤ペン先生になるためには模擬試験もあり、応対が優しい人を採用しているということで、誰もがなれるものではなく、とても狭き門だそうですよね。 進研ゼミ@赤ペン先生 進研ゼミの中学講座・チャレンジネットは中学講座会員なら追加料金なしで誰でも利用できるサービスです。 インターネットから会員番号でログインするだけで、様々なサービスが受けられます。 自分オリジナルのページ:Myページからは毎週のスケジュールや最新アドバイスが表示されます。 自分の努力賞ポイントや次の添削問題の提出目標日なども確認できます。 また、赤ペン先生の添削指導の状況やネットからの返却答案もこのMyページから見ることができます。 その他にも、学習スケジュールを自動で作成することができたり、受験・進路サポートページでは入試に関する最新情報や志望高校の情報もチェックすることができます。 また、志望高校に通っている先輩のレポートも見ることができます。 投稿コーナーなどでは全国の進研ゼミの仲間との交流も図れるので嬉しいですよね!追加料金なしの無料なので、ぜひ利用したいシステムですよね! 進研ゼミ@赤ペン先生 進研ゼミ小学講座の教材は、子どもの成長に合わせて体系的に学習していくステップアップ・カリキュラムとして、6学年一貫した指導計画になっています。 子どもが「家庭で」「自分で」勉強する態度と方法を身につけながら、教科書を入り口に、学習単元ごとの「本質」をとらえ、中学、高校での学習へつなげられるよう系統立てて指導しています。 やる気をひきだし、学習習慣をつけることを目指しているのです! 毎日無理なく楽しく学習できる分量で構成されたメインテキスト「チャレンジ1〜6年生」は数百タイプの中から自分が使用している教科書にあわせたものが送られてきます。 添削課題「赤ペン先生の問題」では担任の赤ペン先生が一人ひとりの子どもに合わせた指導でやる気をひきだし、つまずきをなくしていくような指導をしてくれます。 加えて、添削課題にとりくむためのやる気を高める「努力賞」、やる気が低下している場合に、赤ペン先生がはげましのお手紙をお送りする「がんばれレター」などの制度があります。 子供は、褒められたり、励まされたりしながら、育っていくものですものね! 進研ゼミ@赤ペン先生 進研ゼミ(しんけんゼミ)中学講座はベネッセコーポレーションが行っている中学生向けの通信教育講座のことです。 毎月自宅に送られてくる教材の問題を解いて、それを郵送かファックス、パソコンのいずれかで送り返すと、その答案を赤ペン先生という添削指導員が採点、間違いに対するアドバイスなどを書いて送り返してくる添削式の学習方法です。 受講生は送り返されてきた赤ペン先生の丁寧なアドバイスを見て理解することで、自分がどこで、どう間違えたのか、を納得することが出来ます。 それによって自分の力で考えることが出来るようになり学力アップに繋がるのが進研ゼミ中学講座の良いところです。 チャレンジネットというパソコン上の、自分専用ページで自分専用のアドバイスや学習スケジュールがもらえるのも人気の秘密です。 一対一で指導を受けている感覚がいいのでしょうね。 チャレンジというメインの教材の他にも、勉強だけではなく部活などを含めた生活に役立つサポートや、色々なことを個別に質問できる質問カードによって自分専用のアドバイスが届くシステムも嬉しいですよね。 進研ゼミ@赤ペン先生 進研ゼミ中学講座とはベネッセコーポレーションが行っている中学生向けの添削式の通信教育です。 毎月自宅に教材が郵送されてくるのでその問題を解きいて返信用封筒に入れて返送するか、ファックスやパソコンで回答が送ります。 その返送された解答用紙を「赤ペン先生」という添削担当者が採点し、間違いに対するアドバイスを赤色のペンで記入して受講生に再度送り返してくれます。 自分がどういう間違いの傾向があるのかなどをそこで理解します。 この積み重ねによって一人で考える力が付き、成績がグングン上がっていくのが進研ゼミ中学講座の特徴です。 さらに チャレンジネットというコーナーがあり、会員はだれでも利用することができます。 チャレンジネットは、パソコン上に自分専用ページを持ち、自分だけの学習スケジュールを作ったり、アドバイスをもらえるというシステムになっていてとても便利です。 チャレンジというメインの教材の他にも中学生活全般に役立つサポートや、質問カードという個別のアドバイスがもらえるシステムも進研ゼミ中学講座の良いところです。 また努力賞制度というものがあって、課題を提出することで与えられるポイントに応じて賞品がもらえるシステムは、自発的な学習を促し成績アップに繋がるようなシステムになっていて、すばらしいと考えます。 進研ゼミ@赤ペン先生 進研ゼミ(しんけんゼミ)とは、ベネッセコーポレーションが行っている小学生・中学生・高校生向けの添削式の通信教育です。 1969年、高校生向けの通信教育講座「通信教育セミナ」が開講し、小学生向けに「進研ゼミ 小学講座」が生まれたのが1980年。 「チャレンジ」の愛称とともに全国の小学生のやる気をひきだす教材として親しまれていますよね。 2006年4月現在、国内はもちろん、海外も合わせて161万人の小学生が利用しているそうですよね!これは小学生の約5人にひとりの割合に相当するらしいです。 世間には多種多様な塾、個別指導、添削指導、公文式などの学習方法がありますが、5人にひとりの割合に相当するというのは、画期的な数字ですよね。 それだけ、評判がいい、ということにもつながると考えます。 塾に行くよりも、自宅での添削指導。 自宅での添削指導ということになると、毎日机に向かう時間ができるわけで、 机に向かうことを、習慣づけるのにはとてもいい勉強方法ですよね!進研ゼミというと、堅い印象を受けてしまいますが、赤ペン先生の愛称で親しまれているのも良いですよね!.

次の

「進研ゼミ小学講座」が現在も受講者数No.1になっている8つの理由|評判・特徴まとめ

進 研 ゼミ 赤 ペン 先生

公文のメリット公文の良さは何といっても「 練習量の多さ、繰り返しの多さ」です。 できるまで何度も繰り返します。 入会すると最初に「学力確認テスト」を行い、自分に合ったレベルからスタートします。 「6年生なのに3年生の内容からスタートした」なんて話もよくあります。 ちょっと恥ずかしいかもしれません。 でも分らないまま突き進んで、後々苦労するよりはよっぽどマシです。 そして、 できるようになるまで同じ単元を何度も繰り返し勉強します。 教材のキメ細かさはナンバーワン 公文教材は全部で5000枚以上あります(算数・数学だけで)。 学習単元を5000分割しているわけです。 市販のドリルは多くても1冊100ページです。 小学校から高校まで、多く見積もって1500ページぐらい。 それに比べて 公文は5000ページです。 キメ細かいってレベルではありません。 コマ切れです。 たとえば小学生の引き算の単元は 5-1= 8-1= 4-1= といった具合に、同じ数を引く作業からスタートします。 順序立てて慣れていけるんですね。 公文はこんな子にオススメ• いつのまにか分からないところが増えてしまった。 家での勉強習慣がない。 親があまり勉強に関与できない• 与えられたことはコツコツこなすことができる。 とくにどこで勉強につまずいたかわからない場合、 戻り学習ができる点で公文はオススメです。 進研ゼミの特徴 進研ゼミのメリット 小学生の間は「進研ゼミ小学講座(通称チャレンジ)」と呼びます。 学習にかかる時間をベースにテキストが構成されています。 この単元は15分でできる!といった具合です。 公文はできるまで量をこなすタイプですが、進研ゼミは見やすい教材を読み込んでもらう仕組みです。 また、付録で勉強への興味を引く戦略もあり、子供からすれば「やるならチャレンジ」という意見が多いように思います。 進研ゼミのデメリット 進研ゼミの欠点・デメリットも3つあります• 学習量・練習量が少ない• 添削以外は自己管理• 進研ゼミで出来なかったら塾しかない(退路断たれている) 図解が優秀な進研ゼミの方が理解しやすい単元が増えてくるので、そういった活用法に転換していくといいでしょう。 ただし、上でも書いた通り自己管理ができないのであれば、安易に変更は禁物です。 よく相談して決めましょう。 予習ペースで進められている場合は「公文続行」がいいです 切り替えの方向性や時期については、現状や意欲などを鑑みる必要があります。 公文に取り組む子の中には、上の学年の内容も難なくこなしていく場合があります。 小学4年生が中学校の内容を終えているなんて話も珍しくはありません。 そういった場合は無理に切り替える必要はありません。 子供の学習状況については、定期的に様子を見てあげるといいと思います。 教材費込み、週2回授業。 こう見ると公文の方が割高ですね。 理由は教室があり賃貸料や暖房代、人件費がかかるからです。 その分、監視された状態で勉強できますので、サボったら一発でバレます。 進研ゼミは割安ではありますが、「管理」されません。 添削はありますが「送られてない」と連絡が来ることはありません。 やってもやらなくても月謝は発生します。 公文と進研ゼミはどう選ぶ?.

次の