ミニ トマト の 栽培 方法。 ミニトマトの栽培・育て方!露地栽培(畑)で苗の植えつけ

トマト わき芽かき・摘心の方法

ミニ トマト の 栽培 方法

スポンサードリンク 土づくりの方法 【土づくり】 ミニトマトの適した土壌酸度はPH6. 0~6. 5です。 もし、酸度計があれば酸度をはかり、酸度が強かったら苦土石灰をまきます。 雨が多い日本は土が酸性に傾きがち。 苦土石灰をまき弱酸性にします。 1㎡あたり100g~150gほどまきます。 土と石灰がよく混ざるように耕します。 平らにならしたら1週間ほど寝かせなじませます。 続いては堆肥と化成肥料をまいていきますが、 溝施肥にするとよいです。 溝施肥とは区画に溝を掘り、そこに堆肥や化成肥料をまく方法。 肥料を長く効かせる事ができるため 収穫までおよそ2か月かかるミニトマトの栽培におすすめです。 ここでは苗を2列で栽培ということで60cmあけて溝を2つ作ります。 溝の幅は20cmぐらい。 クワの幅と同じです。 深さは20~30cmぐらい。 少し深めに掘ります。 1列の場合は真ん中に溝を掘ります。 【肥料をまく】 溝が出来たら堆肥や化成肥料をまいていきます。 まずは溝全体に(完熟牛ふん)堆肥。 1㎡あたり6リットルをまきます。 その上に化成肥料を満遍なく 1㎡あたり100~150gまきます。 さらに熔リンを1㎡あたり50g、 魚かす(魚粉)を1㎡あたり50gまくとよいです。 熔リンは実をとる野菜には実付きをよくします。 魚かす(魚粉)はトマトを甘くします。 肥料をまいたら周りの土を溝に埋め戻します。 【畝を立てる】 続いて畝を立てます。 区画の外側を掘り、すくい上げた土を内側に積み上げていきます。 立て終えた畝の表面は平らにならし余分な水がたまらないようにします。 土を盛り上げる高さは10cm目安。 土を盛る事で水はけがよくなり野菜が成長しやすくなります。 トマトは乾燥した土を好むので大きな効果が期待できます。 【マルチを敷く】 続いてマルチを敷いていきます。 マルチを畝の表面に敷くと土の温度が上がり、野菜の生育がよくなます。 光も遮断するので雑草も防除できます。 マルチは畝全体を覆うように畝より30cmほど大きめのものを用意。 たるみができないようにマルチの端を足で踏み、土をかぶせて固定します。 スポンサードリンク 苗の植えつけ 苗を購入する場合は葉の色が濃く青々としていて茎の太い苗、 一番花が咲いているかつぼみがついた苗を選ぶとよいです。 トマトは大きく育つので株の間隔は50cm。 風通しをよくするために列の間隔は60cmほどとります。 植えつけの際にはメジャーで間隔を測り、指で簡単な穴をあけ目印をつけるとよいです。 目印をつけたころにマルチ専用の穴あけ器などを使い、植え穴を掘ります。 そして、植えつける前に水をやります。 植えつける前に水をやると根がしっかりと張ります。 水が引いたら苗を植えつけます。 トマトは一定方向に花付くという性質があります。 そのためつぼみを道路側に向けて植えると後々の手入れや収穫が楽になります。 つぼみの向きに気をつけながら植えたら、最後に株元に土を寄せしまます。 【支柱立て】 苗から10~15cmのところに長さ2mほどの支柱をたてます。 実は花が咲いている方向につくので、支柱は花の裏側に立てるとよいです。 株と支柱を麻ヒモなどで8の字状になるように結んで誘引します。 誘引後にはたっぷりと水をやって下さい。 【わき芽とり&誘引】 葉の付け根から出てくるのがわき芽。 伸ばすと養分を取られるので小さいうちに摘み取ります。 日当たりや風通しもよくなり、病害虫の発生も予防できます。 わき芽をすべてとって、「一本仕立て」にするのが一般的です。 わき芽は生育中は次から次へと出てくるため 1週間に1回ぐらいの割合でチェックするとよいです。 手でつまんで横に倒すと簡単にとることができます。 そして1週間に1回ぐらいのペースで伸びた茎を支柱に誘引します。 わき芽を摘み取ったときに一緒にやるといいと思います。 【収穫】 花が咲いて20~30日後くらいから収穫できるようになります。 赤く色付いたら収穫してください。 【ポイント】 どちらかというと乾燥気味にして育てます。 そのほうが甘くなります。 また連作障害があるので同じところで育てるのは4~5年はあけます。

次の

はじめて野菜を栽培する人へ。家庭菜園でのミニトマトの育て方

ミニ トマト の 栽培 方法

水やり3年という言葉があるように、プランター内の用土の保湿状態を保つのがいかに難しいかがわかると思います。 10年以上プランター栽培を 趣味で研究してきた「みらどり」も、何度も失敗を繰り返してきました。 その中で、プランターの容量や素材による通気性、さらには底面給水の 貯水機能付きプランターも色々試してきました。 通気性重視型プランター 育てる野菜ごとに最適なプランターがあると思いますが、通気性重視型プランターメーカー「」の主張はこうです。 空気の力で野菜を美味しく!野菜がうまく育たないのは、過湿による根腐れが原因。 抜群の通気性で酸素が根に行き渡り、野菜が元気に育ちます。 しかし、通気性が良すぎるプランターの場合、夏場に1度でも過乾燥させてしまうと、その後土が水をはじくようになり、通常の水やりではどんなに水を与えても土が保水しなくなります。 水やりしてもプランターの側面や、土の中の 水の通り道(水みち)を通り、土全体的に水がいきわたらず、大部分の土が乾燥したまま根が水涸れで枯死します。 プランターの下から水が出るまで・・・という水やりの鉄則がありますが、土が過度に乾燥してしまうと、水やりしても土全体に浸み込まず、すぐに底から水が抜けてしまいます。 こうなると、プランター事水の中にドブ漬けしてしばらく放置し、一度土に水を含ませない限り水涸れによる枯死は免れません。 1日中雨に打たれても保水するようになりますが、雨が降るまで待てまっていていたら・・・いずれ枯れます。 夏場は朝夕1日2回と水やりを頻繁に行えば問題ないのでしょうが、帰宅の遅い「みらどり」には無理のあるプランター構造でした。 水涸れ防止型貯水機能付きプランター 対して、水涸れによる失敗を改善した、乾燥に強い貯水機能付きプランターメーカー「」の主張はこうです。 プランター栽培の失敗の多くは乾燥による「根の水涸れ」でした!そこで、貯水機能付きの底面給水プランターで野菜が元気に育ちます。 確かに、通気性重視のプランターで水涸れによる失敗をしている「みらどり」に最適!と数種類の貯水機能付き底面給水プランターを購入しました。 ・・・結果的に「みらどり」は、このプランターでもミニトマトはうまく育ちませんでした。 おそらく原因は、乾燥を好むミニトマト自体の特性によるものだと考えます。 比較的水が好きで、根が過湿にも耐えられる野菜なら「 楽々菜園プランター」は文字通り「水やり楽々」プランターだと思います。 また、美味しいミニトマトを育てる為には、実の水分を抑える事が条件なので、その点でも「みらどり」は底面給水プランター 単体では使用しなくなりました。 水耕栽培にも適したトマトは、水分の給水ストレスが無いとガンガン肥料成分と一緒に水を吸い上げます。 このプランターを使用すると、貯水槽に根がぐるぐると渦を巻き、あっという間に水を吸い上げてしまいます。 水根になったミニトマトの根が吸う水の量はとても多い為、水分ストレスを与えて実を甘くする事が出来なかった事も理由の1つです。 また、過湿によって万が一にも 根腐れした場合、酸素や養水分を吸う為の入り口である根が死んでしまうため、一気に生育が悪くなります。 一生懸命に新しい根を発根しようとしますが、大きくなった葉・茎を維持する事が出来ずに株全体が弱り、病害虫にヤラレていずれ枯れてしまいます。 ミニトマトの場合、茎からぶつぶつと気根が発生したら「水涸れ」か「根腐れ」で根が傷んでいる事を疑います。 いずれにしても、株が苦しんでいる証拠ですので、早急になんらかの対応をしなくてはなりません。 通気性と保水性「2つを両立させた独自の2階建てプランター栽培法」 別サイト「サラリーマンでも出来る!楽ちんプランター栽培(自称サラプラシステム)」で長年実験してきた独自のプランターシステム。 通気性抜群の 根圏制限不織布ポットに苗を定植し、下に配置した大容量の大型プランター、ないしは貯水槽を持つ一回り大きなプランターの上に乗せる 2階建て構造です。 2つの根の役割に合わせて2階建て構造にする事で、ミニトマトに適した独自のプランターシステムが失敗しない為の1つめのコツです。 それを叶えるには 団粒構造が理想なのですが、有機質が多く含まれていて、微生物の多様性が必要だとか・・・。 市販の培養土は概ね通気性と排水性のバランスに優れた配合となっていますが、モノによっては数か月で 単粒構造になってしまいます。 限られたプランター内で、その構造を維持する事がとても難しく、プランター用土に関しても、10年間試行錯誤してきました。 プランター用土は団粒構造が理想 結果的に、露地栽培とプランター栽培では根本的に用土に求める性質が異なる為、 プランター栽培独自の理想の用土が必要になります。 露地栽培では、ミミズや土の中の微生物などによって自然と土は団粒化しやすい。 しかし、用土量の限られたプランター栽培ではそれは難しい。 もちろん露地栽培でも 農薬や、 化学肥料だけで育てると生物の多様性が損なわれ、土が疲弊し 単粒構造にります。 プランター栽培でも、通気性・排水性に優れた良質な培養土でスタートする事は出来ますが、数か月で有機質は分解されプランター内の温度も上がりやすいため生物の多様性は損なわれます。 また、通気性と保水性に優れた赤玉土に、有機質の多い腐葉土を混ぜる事が基本ですが、その 団粒構造を長期間維持する事は難しいのです。 あくまで一時的なモノであり、毎日の水やりで赤玉土は崩れて微塵により通気性は悪化し、腐葉土は数か月でどんどん分解され土は疲弊し 単粒構造になります。 プランター用土の劣化具合の目安 市販の培養土を使用すると、始めは水やりするとジワジワと用土全体に水が沁み込んで行き、通気性・排水性が良い事が分かります。 しかし後半になると、なかなか水が沁み込まなかったり、逆に水切れが早すぎたりする事があります。 そんな時は水やり後に、端っこの土を少し掘ってみて下さい。 土の表面だけしか湿っていなければ、確実に土は単粒構造になっているので注意が必要です。 毎日1分以上水やりをしているのに、水をはじく過乾燥の用土や、土が単粒化していると一部分しか保水しなくなります。 これでは、どんなに追肥や水やりをしても、ミニトマトは根から水や養分を吸収出来ずに生育が極端に悪くなってしまいます。 最後まで通気性・排水性の衰えないプランターに最適な用土 赤玉土・黒土・鹿沼土・荒木田土(田土)・桐生砂・腐葉土・バーク堆肥(腐植)・ピートモス・バーミキュライト・パーライト・軽石・・・そして 日向土。 基本用土や改良用土など、実に多くの種類があります。 それらをブレンドしたのが市販の培養土となります。 さらに「みらどり」はこれ以外にも、 珪酸塩白土 粘土鉱石)・ココピート・海藻粉末(アミノ酸多糖類肥料)・もみがら燻炭など団粒構造に良いとされるの配合資材なども含めて独自ブレンドにチャレンジし、10年以上プランター用土を趣味で研究してきました。 数々の失敗の末に行き着いたのが 日向土細粒(軽石)と 珪酸塩白土 粘土鉱石)の経年劣化が少ない、繰り返しの使用に耐えられる用土配合でした。 根腐れ防止• 毛細根の生長促進• イオン交換の力で、水の活性・浄化作用、酸度 pH 調整• 肥料効率のアップ• 静菌作用で雑菌の働きを抑える• 多孔質により保湿性・保温性を高め、冷害・干害予防• ミネラルの補給• 光合成促進• 連作障害解消 と、実に多彩な効果が期待できます。 日向土だけでなく、通常の培養土や古くなった土に2割~3割ほど混ぜる事で、古土の再生にも利用できます。 ちなみに「みらどり」は、 珪酸塩白土 粘土鉱石)を大量に使うため、一般的にホームセンターで販売されている上質な「 ミリオン」は購入しません。 プロの農家さんも使う、 園芸用ソフトシリカ(ナチュラル)をネットで注文しています。 栽培初期から最後まで通気性と排水性の変わらない日向土を基本用土とする事で、長期間のプランター栽培に耐えられるようにする事が2つ目のコツです。 もともと日照条件や温度などの栽培環境や、追肥や水やりなどの栽培方法が異なるので 失敗が多い(再現性が低い)プランター栽培です。 培養土を買った消費者が、最初から育ちが悪いと来年買ってもらえない為、せめて最初だけでも育ちが良くなるように 窒素成分が多めなのが市販の培養土の特徴です。 培養土の元肥が多い事が失敗の原因 苗を植えてから1、2か月グングン成長すれば、その後どうなろうとクレームにはなりません。 そこで、市販の培養土は窒素成分が強めに配合されています。 これが一見グングン元気そうに育って、生育中盤に病害虫にやられる原因です。 また、植え付け初期から窒素成分が多いと、葉・茎がグングン茂る( 樹ボケ)ばかりで実が付かない・・・という現象も起こります。 中には、6か月追肥不要の培養土もありますが、窒素・リン酸・カリウムの肥料成分のバランスが一定に保たれる事はありません。 特にトマトは窒素の1.7倍もカリウムを必要とするので、生育中盤以降の生殖成長期にはリン酸・カリ成分だけでも良いと考えます。 トマトの水耕栽培で有名な ハイポニカ液肥の肥料成分の配合は、窒素4%、リン酸3.8%、カリ9.4%です。 このような特殊な肥料成分の培養土は他にあるか「みらどり」が過去にトマト専用培養土として販売されているモノを調べたところ、窒素が少な目の培養土は1つもありませんでした。 また、あくまで元肥なので毎日の水やりで肥料成分は流れてしまう為、最適は成分バランスはすぐに崩れてしまう事も失敗の要因です。 ほとんどの培養土には、追肥をして下さいと明記してあるのはその為です。 初期肥料が多いと根が軟弱に育つ さらに、根幹部分に最初から肥料や水分が十分にあれば、根を伸ばす必要が無いため、少しの環境変化に耐えられない 軟弱な根(株)に育ってしまいます。 見える部分(茎・葉)は立派に育ちますが、 見えない土の中の根が軟弱では少しの環境変化で一気に生育不良となり病害虫にヤラレます。 逆に、定植初期に茎・葉の成長が遅くても、しっかりと根を張ればその後の成長で十分巻き返せるほど立派に成長します。 もちろん、病害虫にも強くアミノ酸などの微量要素をしっかり吸収できる細根が多ければ、美味しいミニトマトが収穫できる事にも繋がります。 生育初期の見える部分(茎・葉)の成長よりも、見えない部分(根)の成長を促進するのがカリ成分です。 窒素の1.7倍カリが必要な、ミニトマトに最適な肥料成分バランスのとれた元肥でスタートする事が大切です。 初期肥料ゼロの無肥料でスタートし追肥型にする事が成功の秘訣 定植初期は肥料分の少ない環境で根を張らせ、実が付き始める中盤から窒素ゼロのリン酸・カリ肥料を交互に与え、栄養成長と生殖成長のバランスを保つ事がミニトマトのプランター栽培の成功の秘訣です。 市販の培養土でも、結局追肥をするように明記してあるので別途肥料を与える事になります。 その際、ミニトマトに最適な肥料成分のバランスの取れた「 ハイポニカ液肥」を追肥する事が、病害虫にヤラレ難い、丈夫で美味しいミニトマト栽培を成功させる3つ目のコツとなります。 また、後述する窒素ゼロの「 トマト元気液肥」を7日ごとに施す事で窒素の吸収も抑制できるため、市販の培養土を使う一階部分の窒素成分が多めでも問題ありません。 2階の根幹部分を無肥料でスタートし、生育初期に根を張らせます。 その後ミニトマトに最適な肥料バランスの「ハイポニカ液肥」を与える追肥型で栽培する事が、ミニトマトのプランター栽培の2つめのコツです。 ほとんどの培養土には「 追肥」が必要と明記がありますが、その追肥の方法と、肥料成分バランスによる失敗が多く見受けられます。 前述したように、ミニトマトに最適な肥料バランスの目安は、窒素少な目、カリ多め 1.7倍)。 2段果房が開花した時期に合わせて、適宜リン酸の割合を強くして生殖成長を促し、窒素吸収を抑制する事で「 樹ボケ」させずに実を生らせる事が重要です。 有機肥料でも化成肥料でも、与える肥料成分を管理すればどちらも同じ 自然由来の 有機肥料が良くて、化学的に肥料成分だけを抽出した 化成肥料が悪いという事はありません。 肝心なのは、与える肥料成分のバランスをコントロール出来ているかどうかが大切です。 有機肥料であろうと化成肥料であろうと、植物が最終的に吸収する成分は同じです。 有機肥料は、微生物に分解されて肥料効果が表れるだけです。 その為、比較的ゆるやかで長期間肥効が期待できる有機肥料の方が、扱いが楽で病害虫にヤラレ難いと思います。 しかし、微生物による分解の進み具合が一定ではない為、残っている肥料成分が分かり難い事が欠点です。 「みらどり」も昔は有機栽培にこだわっていた時期がありましたが、 匂いがキツイ事や、 虫が湧くなどの苦い経験があり、今では化成肥料、特に液体肥料一択です。 逆に化成肥料は、肥料成分の調整が管理しやすい反面、ガツンと効くので施肥量を間違えると取り返しがつきません。 また、水やりの度に肥料成分が溶け出す 固形肥料と、即効性抜群で短期間の肥料効果のある 液体肥料の違いもあります。 「みらどり」が液体肥料を使うようになったのは、固形肥料だと「長雨」の際に光合成(肥料成分を使う事)が出来ないのに、肥料成分が連日溶け出し、 肥料過多に陥る事がある為です。 液体肥料なら、長雨予報の時は追肥しなければ肥料過多になる心配はありません。 植物は水涸れでは短期間で枯れますが、肥料切れではすぐに枯れるという事はありません。 人に例えると、水無しで生きられる期間は概ね3日間(72時間)が限界とされています。 しかし、食べ物(栄養)を取らなくても3週間程度は生きられるそうです。 それほど 水は生命維持には重要なファクターで、養分不足は体内の 養分転換(下葉から生長点へ養分の移動を行える)でなんとかなるようです。 逆に、植物の場合は肥料過多になると、比較的短期間で病害虫にヤラレル可能性があります。 いつ追肥するのか分からないから失敗する 本来、 最適な追肥のタイミングというのは、経験と実績を必要とするとても難しい問題です。 天候や気温、植物の生長具合を目で見て判断する必要があるのですが、 趣味の家庭菜園でそれが出来る人は少ないと思います。 また、それぞれの肥料の裏書には、1週間に1回とか、2週間に1回追肥するなど説明書きが書いてあると思います。 「みらどり」も慣れないうちは追肥を忘れたり、雨予報でも定期的に与えたりして何度も失敗しました。 解決法としては、毎週日曜日の朝に液体肥料を追肥する。 ただし、雨が続く予報の時は1週飛ばす、と決めてしまう事です。 これにより、毎朝の水やりに加えて、1か月4回だけ液体肥料を追肥するだけの簡単な作業になります。 追肥が必要な事は分かっていても、いつ、どれくらいの量を与えたらいいか分からない事が失敗する原因の1つです。 ミニトマトに最適な肥料成分を考える 追肥をするタイミングを決めた後は、どのような肥料を与えるかが問題となります。 市販の液体肥料には実に様々な種類のモノがあります。 花用、観葉植物用、野菜用、葉物野菜用、実物野菜用などなど・・・。 ミニトマトなので実物野菜用を選んでも、その肥料成分はバラバラです。 窒素・リン・カリの割合が8:8:8のモノや、5:6:4など、どれを選べば良いか分からないと思います。 結論から言うと、トマトの水耕栽培で有名なの「ハイポニカ液肥」がミニトマトの液肥に最適です。 元々水耕栽培用の液肥の為、 用土に含まれる微量要素を必要としない完璧な栄養素がバランス良く配合されています。 肥料成分を含まない 日向土と ソフトシリカだけを基本用土にしているので、窒素・リン・カリ以外にも必要な 微量要素が完璧に配合されているハイポニカ液肥が必須です。 また、通常のプランター栽培でミニトマトを育てていても、「ナニカ」が足りない場合、完全栄養のハイポニカを与えると元気になる事もあるので、ぜひ一度お試しください。 そうですね。 今ミニトマトが元気な無い場合は、ハイポニカ液肥の追肥で症状が改善する事もあります。 また、樹ボケで実が付かなかったり、付いても落ちてしまう場合は、トマト元気液肥で美味しいミニトマトが収穫できるかもしれません。 致命的な病害虫にヤラレて瀕死の状態では回復は見込めませんが、幸い「ハダニ」程度の軽傷なら追肥だけで元気を取り戻す事もありますので、追肥だけでも一度お試しください。 また、時期的に6月中ならこちらでご紹介している「2階建てプランターシステム」を新たに新調して、脇芽を挿してやり直してみる事も可能です。 今育てているミニトマトの株が、なんらかのウィルスに侵されていればそれも出来ませんが、清潔で無肥料の日向土とソフトシリカ用土に1週間くらい挿しておけば、簡単に脇芽から発根すると思いますのでお試しください。 ミニトマトの栽培手順【まとめ】• 2階部分は不織布ポットJマスターM30に日向土18Lとソフトシリカ2L用土を入れる。 1階部分はウォータープラス40型なら20L、ないしは用土量30L以上の大型プランターに市販の培養土を入れ、 上記ポットを10cm埋める。 2階部分に根がある初期は、ハイポニカ液肥1000倍を毎週日曜日に与える。 1か月後からはハイポニカ液肥1000倍を、トマト元気液肥200倍と交互に毎週日曜日に追肥する。 ただし、雨が降ったり曇天が続いて光合成が出来ない(=与えた養分を消費出来ない)週末は追肥をしない。

次の

トマト(とまと)の育て方・栽培方法【春植え】

ミニ トマト の 栽培 方法

ミニトマト栽培の特徴 ミニトマトやミディートマト、大玉のトマトに代表される、トマトは、ナス科の人気野菜です。 夏野菜の代表的存在で、現在では、実の形、大きさも大中小と様々なサイズと、赤、黄、紫、オレンジなどの色に熟す数数の品種が、交配されて苗が販売されています。 一般的に、トマトは苗から栽培することが多く、家庭菜園では連作障害や病気に強い接木苗を利用することをお勧めします。 放任しておくと、脇芽がたくさん出てきて収拾がつかなくなり、養分がうまくいきわたらなくなります。 1本ないし2本仕立てにして、その他の脇芽は摘み取りながら栽培していきます。 うまくやれば10月ごろまで長く収穫することができます。 ミニトマトも栽培の仕方は、大玉トマトなどとほとんど同じです。 トマトは一般的に、多肥料を嫌います。 肥料をやりすぎると様々な病気や障害が発生しやすい野菜です。 肥料の量による株の状態は、葉の色や形、茎の形状、実の状態などに現れてきます。 せっかく実ができても、成熟の過程で、急な雨などにあたると、実が割れてしまう事もよくあります。 また、害虫の被害も多く、主な害虫被害は、アオムシやカメムシ、アブラムシが発生しやすいので注意してください。 他の野菜に比べると決して栽培は容易ではありません。 水や肥料のやりすぎに注意(肥料と水やりが栽培のポイントです)• カメムシやアオムシ、アブラムシなどの発生に注意• 脇芽をかき取って1本ないし2本仕立てで 支柱を立てて育てる• 脇芽をまめにかき取り、養分のいきわたりを良くする• 雨にあたると実が割れることが多い• 葉、茎、花、実の形や色に異常がないか注意しながら栽培する ミニトマトの栽培カレンダー 苗の植え付けは5月前後、開花後は、人工授粉などの作業は必要なく、実が品種にあった大きさに成長して、赤く熟したものから収穫していきます。 下葉を剪定して風通しを良くしてやると、病害虫の予防にもなります。 うまく育てると、長い間収穫できるのもトマトの特徴の一つです。 ミニトマトの植え付け 栽培環境• 日向を好む• 連作障害:あり• ナス科の植物• 輪作期間:3年から 5年 日当たり 日向を好む野菜です。 連作障害 ナス科植物で、連作障害が出やすい野菜です。 輪作期間する場合は、他のナス科野菜を3年から5年栽培していない畑で栽培しましょう。 栽培期間 植え付けから収穫まで約60日~90日前後です。 開花から収穫までは約45日~60日くらいです。 収穫は実が大きくなって、赤く熟したころに収穫はさみで摘み取ります。 畑の準備 植え付けの2週間前くらいに苦土石灰や、消石灰などを畑に混ぜ込んで土壌酸度を弱アルカリ性に調整しておきます。 植え付け1週間前までに、堆肥と元肥を施してよく耕しておきます。 根が比較的深く育つので、若干深めに耕しておきます。 堆肥と元肥には、牛糞や豚糞に鶏糞、化成肥料などを混ぜて使用するとよいでしょう。 肥料過多には注意する(主に窒素過多)• 第一花房のみが膨らんできたころ、1回目の追肥を行います• 根張りが深いので、スコップや棒などで穴を掘って、 深いところに施肥するとよい• 追肥は 3週間に一度の割合をめどに、株の状態を見て収穫終了まで• 施肥する場所は、カブの成長とともに 株元からカブの周辺を外に向かって広げていく 追肥の方法 ナス科の野菜は、一般的に、根を深く伸ばし成長していく野菜ですので、株の周りにスコップや棒などで数か所穴をあけて施肥してあげます。 また、施肥する場所は、株の成長に従って根の外周も広がっていきます。 はじめは株元から10cmから15cmくらい離れたとことに与え、その後は成長を見ながら株から徐々に離れた位置に施肥していくことになります。 追肥の回数と施肥量 追肥の頻度は、3週間に一度くらいで、収穫終了まで続きます。 一回目の追肥のタイミングは第一花房の実が膨れてきたころで、そのころには、第2花房の花が咲き始めています。 施肥量は、一株当たり化成肥料で片手一握りぐらい(約50g程度)を目安に成長を見て行います。 ミニトマトのトンネル・支柱・間引き・受粉などやその他の作業• 支柱は合掌型で立てると効率がいい• 一番花が咲いた上下に出てくる勢いのある1本の脇芽を残して、その他の脇芽をすべて摘み取る(2本仕立て)• 適度に摘果して一つ一つの実を大きく育てる トンネル 基本的には必要ありません。 支柱 200cmくらいの支柱で合掌型の支柱を立てる。 間引き・摘果 必要ありません。 大玉トマトの場合は、ひと房に実る実の数量が多すぎると養分が分散してうまく育たない場合があります。 ひと房の実を、4つくらいに摘果してやって養分を集中させると大きく成長しやすくなります。 従って、摘果する場合がありますが、ミニトマトの場合は、摘果の必要はありません。 受粉 自然受粉で栽培できますが、トマトーンなどのホルモン剤も販売されています。 その他の作業 仕立て 一番花が咲いた下に出てくる勢いのある1本の脇芽を残して2本仕立てで育てます。 次々と出てくるその他の脇芽をすべて摘み取り、養分のいきわたりと風通しを確保しましょう。 全ての脇芽を摘み取って、1本仕立てで栽培することも多いようです。 ミニトマトの収穫 トマトの収穫時期の判断は比較的簡単で、実が適当な大きさになって、赤く熟したものから収穫していきます。 Advertisement 関連する記事• 目次 1. 唐辛子(タカノツメ)栽培の特徴2. 唐辛子(タカノツメ)の栽培カレンダー3. 唐辛子(タカノツメ)の植え付け3. 栽培環境3. […]• 目次 1. トウモロコシ栽培の特徴2. トウモロコシの栽培カレンダー3. トウモロコシの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. […]• 目次 1. 万願寺唐辛子栽培の特徴2. 万願寺唐辛子の栽培カレンダー3. 万願寺唐辛子の植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. […]• 目次 1. 里芋栽培の特徴2. 里芋の栽培カレンダー3. 里芋の芽出し作業3. 芽出しの仕方3. 手順4. 里芋の植え付け4. 栽培環[…]• 目次 1. ササゲ栽培の特徴2. ササゲの栽培カレンダー3. ササゲの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生育適温3. 3[…].

次の