いやいやよー。 Old MacDonald Had a Farm, E

これなんていう曲名ですか? たたたーたららららー↑ たぁたたたー↓たぁ

いやいやよー

肋骨からシャチのビンゴイーヤーイーヤーヨー。 メガネのフレーム2こあるイーヤーイーヤーヨー 永明の足腰たしなめるイーヤーイーヤーヨー。 夢を語る鍋焼きラーメンイーヤーイーヤーヨー。 ラビーちゃん実は大貧乏イーヤーイーヤーヨー。 リュックにシャチを詰めているイーヤーイーヤーヨー。 伊勢志摩ライナーだらけのチャーハンイーヤーイーヤーヨー。 どぎついステラが追っかけてくるイーヤーイーヤーヨー。 コスくんとバファローブル服変わるイーヤーイーヤーヨー。 モスちゃんとバファローベル服変わるイーヤーイーヤーヨー。 サイヒンがいないイーヤーイーヤーヨー。 オスカー好きだと言われないイーヤーイーヤーヨー。 ナミブ砂漠を散歩するイーヤーイーヤーヨー。 代打で出てくるシャチのラビーちゃんイーヤーイーヤーヨー。 4年に1度の冬休みイーヤーイーヤーヨー。 彼氏に良く似たほうれん草イーヤーイーヤーヨー。 ポッキー開けたらチョコがないイーヤーイーヤーヨー。 財布の中に芋虫がイーヤーイーヤーヨー。 足の裏からミミズ100匹イーヤーイーヤーヨー。 パンダの梅梅生えるは全部親知らずイーヤーイーヤーヨー。 ビンゴが巨乳イーヤーイーヤーヨー。 彼氏のペットがスズメバチイーヤーイーヤーヨー。 ジンジンと間違えられるマオマオだよイーヤーイーヤーヨー。 アイスが溶けて服につくイーヤーイーヤーヨー。 ランドセルの中シャチイーヤーイーヤーヨー。 シャチがおそってくるイーヤーイーヤーヨー。 みかんとキュウリのスパゲッティイーヤーイーヤーヨー。 Wi-Fiないアドベンアドベンチャーワールドイヤイヤヨー。 パンダの永明エイメイにボコられるイヤイヤヨー。 はしからはしまでシャチのリンちゃんイヤイヤヨー。 パンダの毛穴に入りこむイヤイヤヨー。 食にこだわりある彩浜サイヒンイヤイヤヨー。 マーブルチョコからシャチのラビーちゃんイヤイヤヨー。 グラタンに親知らずイヤイヤヨー。 立ってるだけでしかられるイヤイヤヨー。 カマキリだらけのリゾットイヤイヤヨー。 雪見だいふく実はアイスがないイヤイヤヨー。 組体操の一番下イヤイヤヨー。 鼓膜の破れるビスケットイヤイヤヨー。 パンダの梅梅メイメイに殺されましたイヤイヤヨー。 千葉ロッテマリーンズファン0人イヤイヤヨー。 プロッキー弱すぎるイヤイヤヨー。 コロナが厳しいイヤイヤヨー。 テストの会場ナミブ砂漠イヤイヤヨー。 パンダうさぎコアラに続きがあるイーヤーイーヤーヨー。 全然起きない永明 エイメイ イーヤーイーヤーヨー。 ハリネズミでサッカーイーヤーイーヤーヨー。 買ったものの説明書インド語イーヤーイーヤーヨー。 イラストマーカー手につくよイーヤーイーヤーヨー。 梅梅 メイメイ いちいちうるさいよイーヤーイーヤーヨー。 空から降ってきたまりもイーヤーイーヤーヨー。 ちくわに乗ってアドベン旅行イーヤーイーヤーヨー。 AWS会社がなくなるイーヤーイーヤーヨー。 伊勢志摩ライナーがまだ来ないイーヤーイーヤーヨー。 寝丑寅パンダパンダパンダイーヤーイーヤーヨー。 飴が喉に詰められるイーヤーイーヤーヨー。 南極の気温マイナス200度イーヤーイーヤーヨー。 パンダに殺害されたイーヤーイーヤーヨー。

次の

マクドナルド爺さんの農場の歌詞「イーアイイーアイオー」の意味は?英語では?

いやいやよー

カタカナ語の例• ペン(pen)• アップル(apple)• コンピューター(computer)• バス(bus)• ラブ(love)• アルバイト(arbeit: ドイツ語)• コップ(kop: オランダ語) 「カタカナ語」は 英語だけでなく、元々がフランス語やポルトガル語のように、ほかの国の言葉であることもあります。 正式には「 外来語」とも呼びますね。 ちなみに「外来語」には「 漢語(中国から入った言葉)」も含まれますが、「カタカナ語」には漢字圏の言葉は含まれません。 「カタカナ英語」とは では、今度は「 カタカナ 英語」という言葉です。 ざっくり言うと、日本人の話す「 日本語なまりの英語の発音」のことですね。 「 アップル」とは? 「apple」という英語が日本に入ってきて定着した「外来語(カタカナ語)」という種類の日本語 つまり、 定義としても「カタカナ語」は「日本語」なんです。 英語の「apple」との発音の差を聞き比べるともはや英語とは呼べないことがわかります。 つまり、アメリカ人が「アップル」という言葉を聞いても 「ああ、『apple』がなまっているんだな」とすら認識されないレベル。 こちらの記事に「アップル」が日本語であることについてわかりやすく紹介していますので、ご参考に! カタカナ表記が混乱させている あと、「カタカナ」という 便利すぎる文字が悪影響をおよぼしている面があります。 「カタカナ」って日本人にとって海外から来たものに使います。 めちゃくちゃ雰囲気出ますよねぇ。 たとえば、こちらを読んでみてください。 アイ・ドント・ライク・イット (I don't like it. : それ好きじゃない) ほら! カタカナ表記しているとあたかもそれが 外国語の発音になっていると勘違いしやすいんです。 平仮名と比べると、わたしの言っている意味がわかるかも。 ヨス それが「 カタカナ英語」なんです! いやー、それなら 日本語で話した方が100倍効率がいいですよ……。 日本人同士だと逆にわかりやすい そして、 日本人同士だと逆わかりやすいのもやっかいな性質です。 たとえば、こちらをお聞きください。 英語とカタカナ英語で言っていますが、どちらがわかりやすいですか? (ちなみに「I used to like it, but I don't like it anymore」と言っています) もし、英語が苦手な方なら、間違いなく 後に言ったカタカナ英語の方が聞き取りやすかったはずですが、逆にアメリカ人には後のカタカナ英語の方は全然意味がわからないでしょうね。 ここでの大きな問題は、と呼ばれる現象です。 カタカナ英語で読むときにはリンキングが起こらないんですよ。 ヨス ちなみに、日本語を勉強している英語圏の人にとって、最も難しいものの1つが「カタカナ語」なんです。 「リンキング」については、くわしくはこちらの記事をご覧くださいね。 日常生活ではカタカナ英語の方が重要 そして日本の絶望的な現状をお知らせします。 なんと、 本当の英語よりも「カタカナ英語」の方が日常生活で重要なんです! カタカナ英語が生活に密着しすぎている 恐ろしいことに「カタカナ語」はあまりにも日本語の中に 自然に浸透しすぎています。 アップル(apple)• カード(card)• ガール(girl)• ウォーター(water)• スマホ(smartphone)• パソコン(personal computer) ヨス 日常生活で覚えていないと困る単語がいっぱい! こういう外来語は、日本で生活していれば普通に覚えます。 ……が、覚えたカタカナ式の読み方が 英語を勉強するときに邪魔になるんですよ。 本当の発音の方が間違っているような錯覚 例えば「apple(アップル)」の発音。 カタカナ式で「アップル」という発音で覚えると、本来の 「apple」の発音をしようとするときに抵抗があるんです。 でも何度「アップル」と言っても、英語圏の人には絶対に伝わらないほど 音声がかけ離れています。 でも、カタカナ語の「アップル」に馴染みすぎていると、 まるで「カタカナの発音」が本来の英語の発音だと錯覚するんです。 「apple」と発音するのが恥ずかしいような、おかしな感覚になってしまうんです(わたしはそうでした)。 たぶん、ずっと「アップル」って発音しないといけない! ……という風にメディアや周りの大人に思い込まされて育ったのが弊害になっているのでしょうね。 本物っぽく発音すると馬鹿にされる そして「カタカナ語」だけでなく、日本語発音になった英語である 「カタカナ英語」に市民権がありすぎることでとんでもない問題があります。 それが、 英語の授業でも「カタカナ英語」を話さないといけない……という風潮。 こんな経験ってありませんか? 英語っぽく発音すると「 なにカッコつけてんの? 」的に言われるような。 カタカナ英語に矯正させられる? そういえば、英語の好きな友達から冗談のような話を聞きました。 その友達は、中学生のときから発音の練習をしていて、上手な発音ができていたそうなんですね。 ところがですよ……。 なんと!! 英語の授業中に、英語っぽい発音を 先生にカタカナ英語に矯正させられたらしいんですね! ヨス まさに日本の英語の授業です! (最近は先生はマシになっているかもしれませんが……) 日本人のほとんどは英語の発音ができないので、きれいな発音をひがむのか? 本物の英語の発音に対するアレルギーがあって、 それをカッコ良く話す日本人が許せない……という 妙なジェラシーが「出る杭を打つ状態」を作り出しているのかもしれません。 特に中学校、高校時代に。 恐ろしいー! 英語の授業なのに「English」を話すな! そういえばわたしもそういう経験があります。 中学校の英語の時間に「Hello」を思わず「ヘロー」って読んでしまったんです。 本来は「カタカナ英語」で 「ハロー」と読まなければならないのに、英語っぽく「ヘロー」と。 和製英語の例• ガソリンスタンド• マイカー• イメージアップ• ドクターストップ• サラリーマン• ナイター• デパート• スマホ• パソコン ええ。 頻繁に聞くような単語って和製英語なんですねー。 日本人が作った英語 =「和製英語」 たとえば「ガソリンスタンド」は英語では「gas station(ガスステーション)」で、全く異なる単語です。 「マイカー」に至っては「Do you have MY CAR? (私の車持っている? )」なんて質問すれば泥棒扱いしてしまいますよ。 さらに言うと、意味が大幅に変わる例もあります。 「マンション」だと英語では「大邸宅」みたいな意味になるので使うとびっくりされますよ( 笑)。 日本のマンションだと英語では「condo」って言います。 をどうぞ。 和製英語ならぬ「和製の英語文法」 さらにすごい事実があります。 なんと! 和製英語は単語にとどまらず、 文法すら作ってしまっています。

次の

「カタカナ語」が持つ問題とは? 日本人の発音を「カタカナ英語」にする悪の根源

いやいやよー

カタカナ語の例• ペン(pen)• アップル(apple)• コンピューター(computer)• バス(bus)• ラブ(love)• アルバイト(arbeit: ドイツ語)• コップ(kop: オランダ語) 「カタカナ語」は 英語だけでなく、元々がフランス語やポルトガル語のように、ほかの国の言葉であることもあります。 正式には「 外来語」とも呼びますね。 ちなみに「外来語」には「 漢語(中国から入った言葉)」も含まれますが、「カタカナ語」には漢字圏の言葉は含まれません。 「カタカナ英語」とは では、今度は「 カタカナ 英語」という言葉です。 ざっくり言うと、日本人の話す「 日本語なまりの英語の発音」のことですね。 「 アップル」とは? 「apple」という英語が日本に入ってきて定着した「外来語(カタカナ語)」という種類の日本語 つまり、 定義としても「カタカナ語」は「日本語」なんです。 英語の「apple」との発音の差を聞き比べるともはや英語とは呼べないことがわかります。 つまり、アメリカ人が「アップル」という言葉を聞いても 「ああ、『apple』がなまっているんだな」とすら認識されないレベル。 こちらの記事に「アップル」が日本語であることについてわかりやすく紹介していますので、ご参考に! カタカナ表記が混乱させている あと、「カタカナ」という 便利すぎる文字が悪影響をおよぼしている面があります。 「カタカナ」って日本人にとって海外から来たものに使います。 めちゃくちゃ雰囲気出ますよねぇ。 たとえば、こちらを読んでみてください。 アイ・ドント・ライク・イット (I don't like it. : それ好きじゃない) ほら! カタカナ表記しているとあたかもそれが 外国語の発音になっていると勘違いしやすいんです。 平仮名と比べると、わたしの言っている意味がわかるかも。 ヨス それが「 カタカナ英語」なんです! いやー、それなら 日本語で話した方が100倍効率がいいですよ……。 日本人同士だと逆にわかりやすい そして、 日本人同士だと逆わかりやすいのもやっかいな性質です。 たとえば、こちらをお聞きください。 英語とカタカナ英語で言っていますが、どちらがわかりやすいですか? (ちなみに「I used to like it, but I don't like it anymore」と言っています) もし、英語が苦手な方なら、間違いなく 後に言ったカタカナ英語の方が聞き取りやすかったはずですが、逆にアメリカ人には後のカタカナ英語の方は全然意味がわからないでしょうね。 ここでの大きな問題は、と呼ばれる現象です。 カタカナ英語で読むときにはリンキングが起こらないんですよ。 ヨス ちなみに、日本語を勉強している英語圏の人にとって、最も難しいものの1つが「カタカナ語」なんです。 「リンキング」については、くわしくはこちらの記事をご覧くださいね。 日常生活ではカタカナ英語の方が重要 そして日本の絶望的な現状をお知らせします。 なんと、 本当の英語よりも「カタカナ英語」の方が日常生活で重要なんです! カタカナ英語が生活に密着しすぎている 恐ろしいことに「カタカナ語」はあまりにも日本語の中に 自然に浸透しすぎています。 アップル(apple)• カード(card)• ガール(girl)• ウォーター(water)• スマホ(smartphone)• パソコン(personal computer) ヨス 日常生活で覚えていないと困る単語がいっぱい! こういう外来語は、日本で生活していれば普通に覚えます。 ……が、覚えたカタカナ式の読み方が 英語を勉強するときに邪魔になるんですよ。 本当の発音の方が間違っているような錯覚 例えば「apple(アップル)」の発音。 カタカナ式で「アップル」という発音で覚えると、本来の 「apple」の発音をしようとするときに抵抗があるんです。 でも何度「アップル」と言っても、英語圏の人には絶対に伝わらないほど 音声がかけ離れています。 でも、カタカナ語の「アップル」に馴染みすぎていると、 まるで「カタカナの発音」が本来の英語の発音だと錯覚するんです。 「apple」と発音するのが恥ずかしいような、おかしな感覚になってしまうんです(わたしはそうでした)。 たぶん、ずっと「アップル」って発音しないといけない! ……という風にメディアや周りの大人に思い込まされて育ったのが弊害になっているのでしょうね。 本物っぽく発音すると馬鹿にされる そして「カタカナ語」だけでなく、日本語発音になった英語である 「カタカナ英語」に市民権がありすぎることでとんでもない問題があります。 それが、 英語の授業でも「カタカナ英語」を話さないといけない……という風潮。 こんな経験ってありませんか? 英語っぽく発音すると「 なにカッコつけてんの? 」的に言われるような。 カタカナ英語に矯正させられる? そういえば、英語の好きな友達から冗談のような話を聞きました。 その友達は、中学生のときから発音の練習をしていて、上手な発音ができていたそうなんですね。 ところがですよ……。 なんと!! 英語の授業中に、英語っぽい発音を 先生にカタカナ英語に矯正させられたらしいんですね! ヨス まさに日本の英語の授業です! (最近は先生はマシになっているかもしれませんが……) 日本人のほとんどは英語の発音ができないので、きれいな発音をひがむのか? 本物の英語の発音に対するアレルギーがあって、 それをカッコ良く話す日本人が許せない……という 妙なジェラシーが「出る杭を打つ状態」を作り出しているのかもしれません。 特に中学校、高校時代に。 恐ろしいー! 英語の授業なのに「English」を話すな! そういえばわたしもそういう経験があります。 中学校の英語の時間に「Hello」を思わず「ヘロー」って読んでしまったんです。 本来は「カタカナ英語」で 「ハロー」と読まなければならないのに、英語っぽく「ヘロー」と。 和製英語の例• ガソリンスタンド• マイカー• イメージアップ• ドクターストップ• サラリーマン• ナイター• デパート• スマホ• パソコン ええ。 頻繁に聞くような単語って和製英語なんですねー。 日本人が作った英語 =「和製英語」 たとえば「ガソリンスタンド」は英語では「gas station(ガスステーション)」で、全く異なる単語です。 「マイカー」に至っては「Do you have MY CAR? (私の車持っている? )」なんて質問すれば泥棒扱いしてしまいますよ。 さらに言うと、意味が大幅に変わる例もあります。 「マンション」だと英語では「大邸宅」みたいな意味になるので使うとびっくりされますよ( 笑)。 日本のマンションだと英語では「condo」って言います。 をどうぞ。 和製英語ならぬ「和製の英語文法」 さらにすごい事実があります。 なんと! 和製英語は単語にとどまらず、 文法すら作ってしまっています。

次の