あて どころ に 尋ね あたり ませ ん 切手。 年賀状は交換できる?手数料は?尋ねあたりませんで戻ってきたら?

あて名不完全で戻ってきた切手

あて どころ に 尋ね あたり ませ ん 切手

「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」とは? 「あて所に尋ねあたりません」は 「あてどころにたずねあたりません」と読むようです。 そしてこのスタンプが押されている年賀状(ハガキ)ですが、 文言のとおりで配達準備中に調査したけど宛先の住所、受取人に年賀状やハガキなど郵便物が届けられなかったことを意味します。 どうしてこのハガキが届かなかったのか? 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」になる原因は? ハガキや年賀状にこのスタンプ 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」が押されてしまう原因を調べてみました。 次のようなケースで受取人に届けられないと差出人に戻ってきてしまうようです。 宛先の受取人が引っ越しした場合• 日本郵便が管理している名簿の台帳と一致しない場合• 宛先の住所を間違えている場合• 受取人の住所に表札がない場合• 宛名が書かれていない場合• 配達員が居住を確認していない場合• 受取人の転居届の手続きが住んでいない場合 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」の解決方法は? この問題の解決方法については、先ほどの原因から適切な対応をしていくしかありません。 こちらが宛先の住所を間違えている場合や受取人の住所が間違えている場合は、 正しい住所を間違えなく記入するようにしましょう! そして正しい住所を記入しているのにも関わらずに 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」というスタンプが押されて郵便物が戻ってきてしまう場合は、 受取人が宛先の住所に住んでいるのかの確認がとれていない場合があります。 ( 郵便局の方では郵便物を送る時に独自の台帳を持っているようなのですが、宛先の住所にこの受取人が住んでいるのかを確認しています。 この確認が上手くとれていないと、郵便局の台帳と「宛先」と「宛名」が不一致となり、郵便物を届けられないようになってしまうようです。 ということでこの問題が発生している場合は、受取人が居住の確認を郵便局にできていない可能性があります。 受取人が居住の確認や転居の手続きが郵便局側と連携できているのかをしっかりと確認しましょう! 居住が確認できていない住所に対して受け取り先を指定されている場合は、郵便局側ではハガキや年賀状、郵便物を届けられない場合があるようです。 この場合は、 ヤマト運輸や佐川急便などの宅配サービスを使うしかないのかもしれません! 書き損じはがき・切手の交換サービスはできない! 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」となってしまい、受取人に届けてもらうことができなかった郵便物ですが、届かなかったので 「再利用」や 「書き損じはがき」として 切手の交換サービスなどができないのか最寄りの郵便局に確認してみました。 この場合は「再利用はできない」「切手の交換サービスもできない」とのことでした。 郵便局側としては、受取人へ届ける調査や努力をして差出人へ郵便物を返したことでサービスを提供した扱いとしているようです。 ということで、郵便物を届けるという目的は果たせなかったけど仕方ありませんよね! 年賀状とかだったら 年賀状のお年玉くじの番号だけ確認したら処分しちゃって良いと思います! ということで今回は、ハガキや年賀状などの郵便物に 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」となってしまった場合の対応についてのお話でした!.

次の

「あて所に尋ねあたりません」の解決方法

あて どころ に 尋ね あたり ませ ん 切手

私が今回Amazonで購入した商品はNHKで放送されている『100分で名著』の番組本でした。 実家にいる母から「近所の本屋で売り切れだからAmazonで買っておいて」と言われたのが購入理由です。 その番組が再放送されたことでみんな本を買いに行ったから、本屋では売り切れだったらしいです。 で、Amazonでもあるかなー、と思ったら、Amazon本家でも売り切れでした。 Amazonマーケットプレイスとは、ネット上ではAmazonから購入しているっぽいですが、実は別の会社から購入するという販売方法。 今回の私は、まったく聞いたことのない本屋さんから購入することにしました。 送料は500円くらいかかりました。 「発送しました」と連絡があるも、1週間経っても商品が届かない! 「届かない」とのことで商品キャンセルになっていましたが、今日『あて所に尋ねあたりません』と郵便局から発送した商品が返却されてきました。 今回は商品キャンセルとなってしまいましたが、改めて登録した住所を確認してください。 マーケットプレイスの本屋さん、ごめんなさい! どうやらちゃんと商品は発送されていたけど、なぜか実家には配達されず、郵便局の段階で返却されてしまっていたようです。 そこでなぜ私の注文した商品が実家に届かなかったのかを考えてみることにしました。 注目するべきはメッセージにも書いてあった『あて所に尋ねあたりません』ですね。 『あて所に尋ねあたりません』とは、その言葉通り「根本的にその住所に届け先の人がいませんよ?」ということです。 届ける人がいないので郵便局で返却されてしまうわけです。 引っ越しが原因で『あて所に尋ねあたりません』が起きる!? 私は実家から引っ越して一人暮らしをしたわけですが、そのときに「郵便配達先を一人暮らしの家に変更」していたのです。 実家に私宛の郵便が配達されそうになっても、新しい住所の方に郵便物を転送してくれるというサービスですね。 でも、この転送サービスって1年間だけしか有効ではないのです! 1年以上が経過してしまうと、それ以降は実家の私宛に郵便が送られても、郵便局で「もうその人はその住所にはいません、だから届けません」となっちゃうらしい。 実は私はAmazonで購入したものを実家に送る場合、いつも名義を私の名前にしていました。 普通に宅急便で送られるのは問題なかったので今まで気づかなかったわけですよ、この郵便転送サービスの罠に! 宅急便には転送サービスとかはないので、その名義が私の名前になっていても、実家の住所に届けてくれていました。 でも今回は本を注文したということで郵便での配達になってしまったので、郵便転送サービスの罠に引っかかってしまったわけでした! 実家へAmazonの商品を送るときは名義に気をつけよう! というわけで、今回Amazonマーケットプレイスから商品が届かなかった件は、単純に「私が名義を変えるのを忘れていた」のが原因でした。 Amazonマーケットプレイスの本屋さん、ごめんなさい! 実家から引っ越して一人暮らしをするみなさん。 Amazonで登録している実家の住所の名義をしっかり変更しておきましょう! 今回みたいなことになっちゃいますよ!.

次の

「あて所に尋ねあたりません」で戻ってきたハガキは交換できなかった

あて どころ に 尋ね あたり ませ ん 切手

友人のYさんにゆうパックを送った。 しかし、数日後、「あて所に尋ねあたりません」というスタンプが押され、郵便配達員がわざわざわが家にもどしにきた。 おかしいな、引っ越したとは聞いていないが、と思いながら、Yさんの奥さんに問い合わせのメールを送った。 すると、引っ越しなどしていないという。 どうなってるんだ、と少し頭にきて郵便物を手に、発送した近所の郵便局へいった。 「届かない理由がわかりましたが、個人情報なので言えません。 女性職員は理解に苦しむことを言う。 「なにが個人情報ですか。 Yさん宅にはすでに問い合わせました。 たしかに、その住所に住んでいるんですよ。 それなのに、あて所に尋ねあたりませんとは、どういうことですか」 「個人情報ですから、こちらでは詳しいことは申し上げられません」「だから、それじゃなんのことかわかりません。 「Yさんに届かないということは、Yさんの家族にも届かないということですか?この宛名は『皆様』とも書いてありますけど、奥さんにも届かないのですか?奥さんとはメールで確認したところ、この住所に現に住んでいるんですよ。 女性職員は、ふたたび奥へさがり、しばらくしてもどってきた。 「家族宛でも届かないようです」 まったく、意味がわからない。 「責任者を呼んでください!」。 女性職員は、一番奥の席にいる中年男性のところへ行き、なにかこそこそ話している。 やがて、その男性が窓口にやってきて小声で言った。 たしかに、Yさん本人は単身赴任しているかもしれませんが、家族はここに住んでいるんですよ。 「奥さんが局に電話するだけで、この問題は片付くんですか?」と食い下がると、「転送届けの延長をするか、転送をやめてこの住所に配達するように変更すればだいじょうぶです」 Yさん本人が今その住所に住んでいなくても、宛名は皆様ともしてあるから家族に届けるのが本来の郵便局の業務ではないか。 しかし、正論を言っても押し問答がつづくだけのようだった。 釈然としないまま家に帰り、Yさんの奥さんに電話して事情を話した。 ちょっと経って、奥さんから電話がきた。 最初の郵便窓口だろうと思ってその欄をクリックすると、「サービスの内容によってお問い合わせ先が異なります」と書かれている。 「集荷・配送について」(郵便事業株式会社)がさらに2つに別れていて「郵便全般について」と「集荷について」があり、それぞれの番号がある。 その他に「集荷・配送を除く郵便サービスについて」(郵便局株式会社)の「窓口業務について」という電話番号もある。 とりあえず、「郵便全般について」の番号にかけると、担当のAという人が出てきた。 Yさんの奥さんとさっき電話で話したばかりだという。 Aさんの説明を聞いても、いまひとつ要領を得ない。 「転送の手続きをしているのはYさん本人だけですから、家族宛なら届くはずです」と言う。 それなら、「Y様、皆様」としていた郵便物を送り返してきた責任はどこにあるのか。 「家族宛でも届かないようです」と言ったあの女性職員の言葉は、明らかに嘘だった。 ちゃんと確認もしないで、適当に答えたのだろう。 かつての国鉄は民営化されてJRとなり、態度がころっと変わってサービスがうんと良くなった。 郵便は民営化されて、むしろ悪くなったんじゃないか。 今回の返送騒ぎはもちろん論外で、怠慢、ずさん以外のなにものでもない。 宅配便ならこんなことは起きなかっただろう。 郵便サービス一般を考えても、このコンビニ時代に、日曜や祝祭日にも窓口を開くことなど考えないのか。 郵便事業が分割されたことは、新聞やテレビニュースでもちろん知ってはいたが、いざ自分がトラブルに巻き込まれてみると、その実態を垣間見て驚かされた。 鳩山政権は、2009年10月20日、閣議で小泉政権が進めた民営化路線を大きく転換することを決めた。 民営化そのものより、その具体策がまちがっていたとしか思えない。 今、ひとつの郵便局に、郵便事業株式会社、郵便局株式会社、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の職員がいるのだ! あの責任者の男性は郵便局長なのだろうが、いったいどの会社に属しているのだろう。 思わず笑っちゃう木佐芳男の電子書籍、アマゾンで好評発売中.

次の