花 より 男子 2 11 話。 韓国ドラマ

韓国ドラマ

花 より 男子 2 11 話

2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-26• 2020-06-26• 2020-06-25• 2020-06-25• 2020-06-25• 2020-06-25• 2020-06-25• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23.

次の

花より男子 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

花 より 男子 2 11 話

韓国ドラマ「花より男子」16話あらすじ(ネタばれ)です。 主演:クヘソン(クムチャンディ役:クリーニング店の娘)、イミンホ(クジュンピョ役:F4のリーダー、財閥シナグループの後継者)、キムヒョンジュン(ユンジフ役:スアム文化財団、アートセンター、オーケストラを経営の後継者兼ミュージシャン)、キムジュン(ソンウビン役:イルシム建設の後継者)、キムボム(ソイジョン役:4代国宝級陶芸家兼ウソン博物館の後継者) ジフの家を訪ねるジュンピョ。 お前の家が近いから来ただけだと言うジュンピョに、俺を殴ったことはどうすると言うジフ。 ああ、殴れ。 1回殴られれば済むだろ…と言うジュンピョに、婚約はどうするんだ…と聞くジフ。 くそ婆の計略だから…。 友達の誕生日なのにプレゼントもくれないのか…と言うジュンピョに、チャンディが忘れていったプレゼントを渡すジフ。 中には、クジュンピョ、誕生日おめでとう。 今回の誕生日は寂しくなく、幸せな日になるよう祈っているわ。 クムチャンディ…のメッセージが…。 シンファ学園に現れ、友達になろう。 姉、妹やろう…とチャンディに言うジュンピョの婚約者ハジュギョン。 ジュンピョもシンファ大学に通うになった…とチャンディに言うソンウビン。 (ちなみに、チャンディは高校3年生…) ハジェギョンをF4の魅力で誘惑して、ジュンピョからハジェギョンを引き離そうとするソイジョンとソンウンビンだが…。 失敗し…。 ジュンピョとチャンディをもう一度くっつける作戦に出るソイジョン。 明日、イジョン先輩ととデートするとチャンディに電話するカウル。 カウルを心配し、ジュンピョに頼みカウルとイジョンを監視しに行くチャンディであった。 スケート場で二人を監視するチャンディ。 友達(が凍る)前に、お前が凍って死んじゃうじゃないか…とチャンディを自分のコートで包むジュンピョ。 ホテルに入った二人をつけて、ジュンピョとホテルに入るチャンディだが…。 部屋にふたりっきりになり…。 おめでとう(チャンディ)、ありがとう(ジュンピョ)を同時に言う二人。 遅くなったけど、誕生日おめでとう…と言うチャンディに、遅くなったけど、プレゼントありがとう…と言うジュンピョ。 俺の一生で安っぽいプレゼントは初めて貰ったけど、誠意を思って、がっかりしない…と言うジュンピョに、遅くなったけど、婚約もおめでとう…と言うチャンディ。 それは気にするなと言ったじゃないか…と言うジュンピョだが…。 ジュンピョの母親がホテルに…。 ジュンピョが婚約したから、体で誘惑しようと言うの…とチャンディを殴ろうとするジュンピョの母。 母の腕を掴み、殴られるジュンピョであった。 ジフにメールでチャンディを頼むジュンピョだが…。 次話へ。 上の記事検索でドラマ名を検索すれば、1話~最終話までがサイト画面上に現れますので、検索してお読みください。 カテゴリー• 125• 24 スポンサーリンク.

次の

花より男子のドラマ動画を1話2話3話・・最終回まで無料視聴|Dailymotionやパンドラ情報も

花 より 男子 2 11 話

2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-26• 2020-06-26• 2020-06-25• 2020-06-25• 2020-06-25• 2020-06-25• 2020-06-25• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23.

次の