子供 やけど 水ぶくれ。 やけどの病院へ行くべき症状は?見た目と傷の深さから解説!何科?

やけどで水ぶくれができたり破れた時の処置は?キズパワーパッドやオロナインは使える?

子供 やけど 水ぶくれ

こんにちは! 東京ベイ・浦安市川医療センターの救急外来部門です。 東京ベイ救急外来 ER は24時間365日受診が可能です。 時間帯によっては混雑していますが、来院された方にベストの医療を提供し、受診してよかったなと思って頂けるように努力します。 今年度はよくある病気や怪我に対しての簡単な対処方法などについて解説していこうと思います。 今回はやけどです〜やけどした時に気をつけるべきポイントとは〜 赤ちゃん・子供に限らずやけどはとても一般的な怪我です。 ではやけどしてしまったらどのようなときに受診すれば良いのでしょう。 具体例をあげましょう。 味噌汁やスープがかかってしまった。 遊んでいるときにポットの電線に引っかかりポットが倒れてお湯がかかった。 ストーブを触ってしまった。 外食中にあつあつの鉄板を触ってしまった。 など、さまざまな状況でやけどを受傷することがあります。 子供がやけどで泣いていて冷静になることができる親はとても少ないと思いますし、大人であっても痛みが強い時は気が動転してしまうかもしれません。 そこでいくつかのポイントに分けて述べようと思います。 具体的には流水で5分冷やし、医療機関受診するまでの間は濡れタオルで冷やすがいいでしょう。 やけどの重症度は 原因物質の熱さと接触時間により決まります。 そうすることによりやけどの痛みを軽くすることができ、組織の損傷を抑えることができると言われています。 また子供は体の面積が小さいので冷やしすぎると体温が低くなりすぎることがあることにも注意が必要です。 次に熱い物質からはすぐさま離すことに関して述べます。 すぐに熱いものから離れること、と聞くと着ている服の上から液体がかかってやけどしてしまった場合、服を脱がそうかとするかと思いますがまずは水で冷やしてあげましょう。 なぜならあつあつで服を脱ぐのは思ったより難しいこと、そして脱がそうとしている間に冷やすのが遅れてしまい、やけどが深くなってしまうこととがあります。 受診すべきかどうか迷うったときにどのような場合に受診したら良いのでしょう? 以下のような場合は速やかに受診したほうが良いでしょう。 子供の手のひら10個分より広いやけど• やけどした場所に痛みを感じない。 皮膚が黒こげになっている。 皮膚が白くなっている。 陰部や関節をやけどした。 顔面や目のやけどをした。 火事であつい空気を吸った。 ヘアピンやクリップなどの金属を家庭用のコンセントに入れてしまった。 学校の実験で化学物質がかかってしまった。 このような場合は特殊な治療が必要になる可能性があります。 やけどは大まかに分けると3つに別れます。 海に行くと日焼けして赤くなるのと同じであまり特別な治療は必要ないと言われています。 皮膚の表面のダメージがあり痛いので、病院ではワセリン軟膏を塗ることが多いです。 概ね1週間から10日程度で治ることが多いです。 どちらも傷から滲み出てくる液体が多いので傷にくっつかないガーゼを使用したりします。 治癒には3ヶ月くらいかかることもあり瘢痕が残ることが多いです。 植皮が必要なケースもあります。 多いのは浅いやけど〜中くらいのやけどで中くらいのやけどは治療の経過によっては跡に残ることもあるので心配であれば医療機関に通院しながらケアをした方がいいでしょう。 自宅で経過を見る時のポイントは やけどは次の日になると深くなることがあることです。 そのため病院で処置を受け、その後家でやけどの処置を継続するときはしっかりやけどの部分を見てあげることが大切だと言えます。 最初は浅いやけどだったのに翌日には水ぶくれができて中くらいのやけどになることはよくあることです。 現在はうるおいを保つ湿潤療法 というものが主流になっています。 以前は傷を消毒したり乾かしたりすることが一般的でしたが、うるおいを保つことで治りを促進する方法が近年は有効とされています。 医療機関ではハイドロコロイド剤(余分な水分を吸い取ってくれる)やくっつきにくいガーゼ(非固着性ガーゼ)を使用しています。 ワセリンと食品用のラップがあれば、うるおいを保つことができますので、治せるのではないかと考えられますがなれていない場合は医療機関に受診し医師と相談されたほうが良いでしょう。 瘢痕化を防ぐためには一定期間紫外線から保護したほうがよいと言われており絆創膏を貼ることも推奨されています。 また、感染すると治癒期間が長くなったり、跡が残りやすくなったりするため、感染しないように管理することはとても大事です。 悪臭があったり痛みが強くなって来たりする場合には医療機関を受診するべきでしょう。 東京ベイの救急外来部門は住民のみなさまの健康を守ります。 今後ともよろしくお願いします。 「どこにいけば? 」を「ここにいけば」へ 東京ベイ ER 参考文献 熱傷診療ガイドライン 日本熱傷学会 Burns Incl Therm Inj. 1982 Nov;9 2 :101-10.

次の

水ぶくれに血が混ざっていた場合の対処法7選

子供 やけど 水ぶくれ

子どもの(熱傷)は0~1歳児に比較的多く見られる事故(傷害)で、ほとんどの原因が味噌汁やスープなどの熱湯だといわれています。 子どもがやけどをしてしまった場合、最も大事なことは迅速に処置を施すことだといいます。 また、やけどの範囲や部位によっては医療機関で特別な治療が必要なこともあります。 子どもがやけどをしたとき、まずどこを見てどう対応すればよいのか、あいち小児保健医療総合センター救急科医長の池山由紀先生にお話しいただきました。 子どもがやけどをしたときの処置は? 子どもがやけどをした場合、最も大事な処置は「すぐに冷やす」ことです は、受傷した深さによって大きく4段階に分類されます(下表参照)。 実際の場面では、救急車が到着する時間までには「やけどの深さ」がある程度決まるため、これに伴い重症度も決まってしまいます。 ですので、それまでに「すぐに」冷やすことが大事です。 子どもがやけどで苦しんでいるのを見たとき、気が動転してしまうのも無理はありません。 しかし、重要なのはできる限り早くやけどしてしまった部位(患部)を流水でしっかりと冷やすことです。 救急車を呼ぶべきかなどを考える前に、まず患部を冷やしましょう。 子どもが衣服を着ていれば、その上から冷やして構いません。 外陰部・関節・気道のやけどでは必ず病院を受診する 子どものの原因で最も多いのは、液体(熱湯や味噌汁、スープなど)によるやけどです。 患部を冷やすときは、冷やしすぎて低体温にならないように注意しましょう。 軽症のやけどの場合は冷やすだけで治まることもあります。 ただし、外陰部のやけど、関節のやけど、気道(空気の通り道)のやけどなどの場合は特別な治療が必要となるため、必ず病院を受診します。 外陰部は尿や便などが付着しやすいため、感染症にかかる可能性が他の部位より高まります。 関節のやけどでは、関節拘縮(かんせつこうしゅく:関節が曲がったままで治ってしまうこと)の可能性が高まります。 また、火事で熱気を吸ったり、熱い液体を口に入れたことで気道にやけどを負った場合は、呼吸機能に影響が及ぶ可能性や、火事で有毒なガスを吸っている可能性があります。 以上の理由から、外陰部・関節・気道のやけどの場合は必ず病院で処置を受けましょう。 特に火事の際熱気や煙を吸った可能性のあるときや、顔をやけどしているとき、息苦しそうにしているときは急いで受診してください。 やけどの直後では受傷の深さを判断しかねることが多く、しばらく経って初めて、深さが確定できることもあります。 臨床症状による深度分類 分類 臨床症状 I度熱傷 表皮熱傷ともいい、やけどした部分の皮膚が赤くなる。 痛みを伴うが瘢痕は残らず、数日で治る。 浅達性II度熱傷(SDB) 水疱(水ぶくれ)ができ、真皮(皮膚の表面よりさらに下)は赤くなって痛い。 通常1~2週間で上皮化し、瘢痕が残ることはまれ 深達性II度熱傷(DDB) 水疱(水ぶくれ)ができて底の部分の真皮は白くなる。 3~4週間程度で上皮化するが、瘢痕やを残す可能性が高い。 III度熱傷 皮膚全層が壊死しており、皮膚の色は黒色、褐色または白色。 完全に皮膚が炭化したやけどもここに分類される。 受傷部位の周りから上皮化が開始されるが、治癒に至るまでは3か月以上かかることもあり、瘢痕が残る。 範囲によっては皮膚移植が必要なこともある。 水疱(水ぶくれ)はできず、痛くない。 子どもをご自身で病院に連れていくことが困難ならば救急車を呼びましょう。 では、体表の10%とはどの程度の面積でしょうか。 これを説明すると、体幹(頭・首・手足を除いた部分)をお腹側と背中側に分けた場合、片面のおよそ半分程度の範囲です。 たとえば、背中の半分以上をやけどしてしまったときは10%以上と判断でき、幼小児の場合は救急車を要請する必要があります。 とはいえ年齢によって基準は変わりますし、緊急時に子どもが何%の面積にやけどを負ったか判断するのは困難でしょう。 ご自身では対応できない・やけどがどの程度の範囲に及んだかわからない・子どもが苦しんでいるなどの場合や、前述した火事による顔、気道のやけどの場合は、範囲に関わらず救急車を呼んでかまいません。 熱傷面積算定法より 子どものやけどの重症度を判断する際は深さと面積を合わせて判定する の重症度は、前述した「深さ」と「面積」を合わせて判定します。 中等症、重症のやけどは入院治療を基本とします。 もっと少ない面積でもやけどの場所によっては入院治療となります。 同じ面積割合でも、大人の基準より子どもの重症度は高く評価します。 子どものやけどで焦らず様子を見ても問題ない場合は? 受傷部位が指先だけなど、子どもの手の平よりも小さな面積であり、水疱(水ぶくれ)にもなっていなければ、大きな心配はないといえます した箇所をしっかりと冷やして、痛みや赤みが落ち着くまで様子をみます。 子どものやけどの際病院で医師に伝えるべきことは? やけどの原因が何かによって、処置は少しずつ変わってきます。 そのため、何が原因でどのようにやけどしたのかを医師に知らせてください。 また、受傷した場の状況を詳しく教えていただくことも、長期的な目で見ると重要です。 たとえば、蒸気がたくさん出る炊飯器に手をかざしてをした場合、医師がその事実を報告することで「このような事例が再発しないためにも蒸気の出る炊飯器の製造を減らしていこう」という方向に社会が動く可能性があるのです。 社会全体でやけどという事故(傷害)を予防するために、やけどをした状況もぜひ教えていただきたいと思います。 また、子どもの持病、飲んでいるお薬、(3又は4種混合の)予防接種の状況なども伝えてください。 「こどもの様子がおかしい」と思ったときは、日本小児科学会が運営する「」も参考にしてみてください。 【先生方の記事が本になりました】.

次の

病気かも?水ぶくれができる原因やしくみを解説。水の正体はなに?

子供 やけど 水ぶくれ

迷わず、皮膚科で受診してください。 うちの子が1歳のころ、ポットをたおして、足の甲をやけどしたことがあります。 ポットの出口にわずかに残っていたお湯だったし、赤くはなったけど、 やけどしたとわかった時点ですぐに水で冷やしたのですが、知り合いの看護師さんに 小さい子のやけどはこわいから、すぐに救急(夜だったので)にかかったほうがいいといわれ、 すぐに近くの大学病院へつれていきまいした。 すぐに皮膚科の先生が見てくださったのですが、素人のわたしはかるくかんがえていたのですが、 結果は3度のやけどでした。 しばらく病院がよいして、抗生物質いりのぬり薬などを処方してもらいました。 いまは、きずあとも全くわかりません。 指先のけがだと、遊ぶときに不便でしょうね、早く治るといいですね。 お大事に! 範囲が小さいこと、水泡がつぶれていないことから発熱の心配はないと思います。 水ぶくれはつぶすと細菌が入って治癒が遅くなったり、痕が残ることもあるので、 つぶさないようにします。 でも小さい子はつぶしちゃうんですよね・・・どうしても傷の安静が守られにくいです。 病院で一度見てもらい、外用薬を処方してもらうといいです。 やけど後の炎症を抑えてくれる薬をもらえます。 傷が落ち着くまで、薬を塗ってガーゼなどで保護するといいです。 入浴は構いません。 上がるときに、弱めの水流のシャワーで優しく傷のとこのばい菌を落としてやります。 やけどでは全身状態が悪く生命に危険がある、という状態でない限りお風呂も治療のひとつとして実施しますから。 指先のやけどくらいでは中止しません。 一般的なことを書いたのですが、傷を直接診てもらった医師に詳しく尋ねてみてください。 水ぶくれが出来る火傷は受診した方がいいですよ。 子どもは皮膚が薄いので、見た目ではわからない内部までダメージを受けている事もあります。 それに水ぶくれが破けると、そこから感染を起こしてしまうので、適切な処置を受けた方が良いです。 うちの子も7ヶ月の時に水ぶくれの出来るやけどをしてしまったのですが、甘く見てしまい、当日受診しませんでした。 患部が手のひらだったので、様々な刺激で水ぶくれが破れて微熱が出てしまいました。 翌日皮膚科を受診し、処置してもらったところ元気を取り戻しました。 水ぶくれが破けなければとりあえず熱は出ないと思いますが、もし破けてしまったら、内容物をきれいにふき取り、消毒して、膜は剥がさず患部に被せておいてください。 子どもですので、刺激を与える可能性が高いので、破れてしまったらガーゼで被っておいた方がいいと思います。 (うちの子はそれをしなかったので熱が出たみたいです・・・。 ) 受診するのは皮膚科が良いです。

次の