よく 聞い て よ 君 が 好き だって 言う こと は。 メアド聞いたら好きってことバレバレですか?

英語で「筋が通る」はなんて言うのか翻訳家さんに聞いてみました

よく 聞い て よ 君 が 好き だって 言う こと は

確かに「ありのままの身体を好きになろう」というボディポジティブの考え方はとても素敵だ。 でもしかし、だ。 こと自分に翻って考えると、シミやシワ、お腹のたるみはないほうがやっぱりうれしいし、自分の身体を好きになることはそう簡単なことではないとも思う。 たとえば私の場合、どんなに痩せても胃下垂で出張ってしまう下腹部、浮いたあばら骨、毛深い身体、アトピー肌、原付バイクの事故でできてしまった腕のキズ……ボディポジティブに憧れつつ、「そうは言っても」とどこか斜に構えてしまうところもある。 どうしたら、自分の身体を本当に好きになることができるのだろう。 花盛さんに、本作への意気込みや制作の裏話を聞きながら、自分の身体を好きになる方法について教えてもらった。 「撮った写真をその場で見せて、『自分ってかわいい』を自分で認めてもらう」 「モデルではない、普通の女性を、もっとたくさん撮っていくことで、全員、つまり『みんな、かわいい』というメッセージが伝えられると思ったんです。 だから、1作目ができあがったときにはすでに2作目を撮り始めていました」 『脱いでみた。 2』の刊行経緯について、花盛さんはこう答えてくれた。 実際に、女性たちの表情の明るさが前作以上に際立っていると感じた。 応募してくる女性たちの年齢は20歳から40歳前後と幅広く、学生、会社員、2児の親など多様だが、一般公募は先着順のため、撮影までは顔もプロフィールもわからない。 前作以上に一般女性の割合が多く、「緊張してきました」と話す人がほとんどの中、1人あたり撮影時間たった40分という限られた時間で、これほどリラックスした表情を収めるのはプロとて何かしらの工夫が必要なのではないだろうか。 初対面の人の前で裸になっているのに、どうしてこんなに打ち解けた表情になれるのだろう。 「自然な表情を引き出すために、どんなことを意識されていますか」と素朴な疑問をぶつけてみると、意外な答えが返ってきた。 「私自身は写真を撮られるのが本当に嫌いだし、仕事以外ではけっこう人見知りで緊張しちゃって。 だから、彼女たちがインターフォンを押してドアが開くまでの間の気持ちがすっごくよくわかるんですよ。 人によってちょっとずつ話す内容を変えつつ、基本的には絶え間なく喋っています。 『今日何食べたん?』とか『彼氏いんの?』とか聞いて、『そんな彼氏別れた方がいい、次行こ次!』って言いながら(笑)」 話を聞くだけでも、まるで親しい友達同士のようなフランクな雰囲気が伝わってくる。 また、彼女たちに気分を上げてもらえるよう「このほくろと後れ毛の感じ、めちゃよくない?」などと、撮った写真を随時見せながら、具体的に、どんなに小さいことでも褒めるように意識しているそうだ。 「自分のコンプレックスについて『ここが嫌いだったんですよね』と話してくれる子に『そうなんだ。 でも見て、これきれいじゃない?』と実際に写真を見てもらうことが大切だと思うんです。 私がどれだけ言っても、自分の目で見て納得しないと自分の良さを認めることってできないと思うから」 女性たちに向けられた花盛さんの言葉は力強く、嘘がないことが話していて伝わってくる。 けれど、「痩せているほうが良い」「シミがないほうがきれい」といった価値観に支配された今の社会において、最初からそのような考え方を持つことができていたのだろうか。 花盛さん自身も、同じマインドでいることができているのだろうか。 その答えは『脱いでみた。 』刊行前、花盛さんの産休時にまで遡る。 出産後、育児でずっと家にこもっていることが苦痛だったという花盛さん。 世の中の真ん中にある「主婦像」や「お母さん像」に引っ張られる感覚を打ち消すための打開策が『脱いでみた。 』の企画だった。 そんなループから抜け出すために始まった企画でした」 作品制作が思うようにできないフラストレーションを打破するために立ち上げられた企画。 しかし、実際に撮影を開始し、一般の女性たちと触れ合う中で、自分のルックスにコンプレックスを抱えている女性の多さに気づき始める。 「たとえばワイヤー入りのブラで胸を盛ることについても、それまでは何も気にしていなかったんですけど、『胸が小さくて嫌だな』と思っている部分に対して、ワイヤー入りのブラを着けることで胸を大きくして、それが素敵と言うのって何か違うなって。 そのままのかたちでも絶対かわいいし、それを認めていかないといけないはずだし、そのままでいいやんって言うことが私の作品でできると思った」 そのとき初めて、「どんな人、どんな体型の人にも絶対に可愛いところがある」といった現在のテーマが立ち上がったのだ。 また、作品を通じて肯定されたのは被写体となった女性たちだけではない。 花盛さん自身も、この企画に救われた女性のひとりでもある。 「私も妊娠中の自分の身体の変化が嫌で、受け入れられずにいたから、気持ちはわかるんですけど、自分の身体と似ているはずの他人の身体を見たら、すごく素敵に見えたことがあって。 だから、みんなを褒めることって自分を褒めることにも繋がる感覚なんです。 私自身も『脱いでみた。 』の企画を撮っていく中ですっごく変わってきたから、写真を撮らせてくださった皆さんには本当に感謝しています」 「他人から見た自分は違うと気づくだけで、ほんの少し生きやすくなる」 花盛さんに写真を撮ってもらった女性たちと花盛さん、そして作品に触れた女性たちの間にはポジティブな循環が生まれている。 私自身も写真集を通して前向きな気持ちのおすそ分けをしてもらった読者のひとりだが、それでも「自分の身体を好きになる」までの道のりはまだ遠い。 「変わりたいけど変われない人は、どうしたら良いと思いますか」と思い切って聞いてみると、花盛さんはこんな風に答えてくれた。 「どんなに人に褒めてもらっても最後の最後は自分で認められないとどうしようもないから、もしもすごく嫌いなところがあったら、それを少しでもよくするために『1日5分でも努力してみよう』という前向きな気持ちだけでも絶対に変わる。 あとは、写真集を見て『この子もちょっと腕太いけど、かわいい。 私と一緒だ』といった感じで、似ている人を見つけられたら自分を好きになれるんじゃないかな」 自分の一重まぶたがコンプレックスだったときも、同じく一重でかわいい俳優さんやモデルさんを知ったことで、自分のまぶたを好きになれたことがあった。 身体についてもそんな感覚で、自分に似た身体を持つ人のかわいいところを見つけられたら、だんだんと自分を好きになれるのかもしれない。 また、「他人から見ている自分は、自分の思っている自分と違うことに気づくことも大切」とも話してくれた。 「撮影の仕事で、私が『これすごくかわいい!』と言った時、撮られている側の方と意見が食い違うことが結構あるんですよ。 つまり、自分が思う「可愛い」と、人から見た「可愛い」は違う。 だから、自分が良くないと思っていること自体は変えられなくても、『他人はそうは思ってないかも』と思えるかどうかで、だいぶ生きやすくなるんじゃないかな」 ありのままを肯定することができなければ、努力をすることは必要かもしれない。 けれど、どんなに努力しても「完璧な身体」になることはできない中で、OKラインが際限なく吊り上げられていくのは、あまりに苦しい。 ときに他人のまなざしに素直になることも、自己肯定感を高める方法のひとつと言えそうだ。 「『これで OK 』というマインドを増やしたい」 それにしても、ありのままを受け入れるだけのことがどうしてこんなに難しいのだろうか。 自己肯定感が低くなってしまう理由について、花盛さんは加工アプリの存在を挙げながらこう分析する。 「2017年に1作目を出してから2作目を出すまでの間にも、世の中はすごく変わりましたよね。 3年前は目を大きくしたり、顎をシュッと細くしたりするアプリはここまでなかった気がします。 加工アプリの顔に慣れてしまったら、鏡で見る自分の顔に落ち込むんじゃない?って思う。 そうやって自分を否定しながら生きていくのはすごく悲しい」 ボディポジティブの考え方が浸透してきて、リアルサイズモデルを起用しようとする流れが強まる中、逆行するように増えていく加工アプリ。 その落差の影響を直に受けるのは、とりわけ10代の若者なのではないか。 実際に、日本の10代の自己肯定感は世界的に見てもかなり低い。 「海外に行ったら周りの目を気にせず薄着ができると喜んでいる人が、日本で自信を持って生活できないのは悲しい」と花盛さんは肩を落とす。 しかし、憂いてばかりではない。 「そのままで可愛いよ!と、どんどん言っていきたい」とも。 「『脱いでみた。 』シリーズをライフワークにして、見た人が『(私も)そのままでいいんだ』と思えるマインドを世の中に増やしていきたい」 花盛さんのフィルターを通した、しかし、ありのままの他人の身体に触れることは、自分の身体を好きになるための小さな一歩になるかもしれない。

次の

「俺はどう?」と聞いてくる男の人の心理とは?

よく 聞い て よ 君 が 好き だって 言う こと は

片思い中の男性と仲良くなってきたら、友達以上恋人未満の関係からもう一歩先に進みたいですよね。 でも、自分から告白するより彼の方から告白してほしい、と思う人は多いのはないでしょうか。 そんなときは、男性自身に「俺の好きな子はこの子なんだ」と思わせる方法をとることもひとつの手。 今回は「俺、もしかしてこの子が好きなのかな……」と気づかせるような方法を3つご紹介します。 「彼女になったらね!」と冗談っぽく言う 「友達の紹介で知り合いになった少し年下の女の子。 手料理とか食べてみたいわーって話の流れだったかな、『彼女になったらね!』と言われてドキっとしましたよね。 いや、うん、えっ、僕の彼女になってくれるんですか?って、急に意識し始めちゃった」(26歳/理学療法士) 女友達から「彼女になったら……」と言われると、恋人候補として意識し始める男性も多いようです。 冗談っぽく言えば、そのときには「それはない」と言われても、笑ってごまかせますよね。 突然「えっ私のことが好き……ってこと?」とびっくりしてみせる 「そういえば昨日夢に君が出てきたんだよねーと話ししてたら『えっ私のことが好き……ってこと?』ってびっくりされて思わず笑った。 でも、よくよく考えると、夢にまで出てくるってことは潜在意識の中で俺はこの子に惚れてるの?って思い直しましたよね」(30歳/美容師) 直球ですが「私のことが好きなの?」と聞いてみるのもよいかもしれません。 男性はそうは思っていなかったとしても、「俺、この子のことが好きなのかも」と思い始めるきっかけになるようですよ。 「最近よく連絡くれるよね、どうしたの?」と聞いてみる 「話しやすくて電話やLINEでちょいちょい連絡をとっていた女の子に『最近よく連絡くれるよね、どうしたの?』って聞かれて。 そういえば、どうしたんだろう、俺、この子のことが好きなのかなって思いました」(20歳/学生) 連絡をよくくれる相手であれば、「どうしてよく連絡をくれるの?」と聞いてみてはいかがでしょう。 「あなたのことが好きだから」と返事が返ってくるかもしれません。 『確かに……。 彼自身も自覚していなかった恋心に、彼の意識が向いちゃうかも。 片思い中の彼に自分のことを意識させちゃおう 片思い中の彼と一歩も二歩も関係を進めたいときは、自分から告白する前に、彼が自分のことを恋人候補として意識させるような方法もあるようです。

次の

気になっている人に、「今まで誰かを本気で好きになったこと、ある?」って聞いてみた。|tom/日々をつらつらと、たまに。|note

よく 聞い て よ 君 が 好き だって 言う こと は

That is reasonable. となり、少し固い言い方ですが、「それは合理的だ」とか、「妥当だ」、あるいは「納得がいく」ということになります。 「妥当だ」なんて言うと、B君が首になったのが「妥当だ」なんていう意味になりかねませんが、悲しそうな顔をしてる「原因として」納得できて、論旨が妥当だという意味です。 もっと細かく見ますと、sense 自体の意味は「理屈にかなった状態のこと」です。 漢字二文字にすると、「合理」とか「妥当」ということになります。 ここで「筋が通らない」ことが一つあります。 この make sense は「筋が通る」という熟語でとらえてる人が多いと思いますが、make の基本線が「作る」だとしたら、「合理を作る」って日本語的には変な言い方ですよね。 まさに make sense なのに、文法的には「筋が通らない」ってことになって、これはしゃれになりません。 誰もそこを指摘しません。 スポンサーリンク makeの正体 make sense のそのまま訳の、「合理を作る」というのは変な日本語です。 「妥当な線を作る」というのも変ですし、どうも論理の世界の言葉と「作る」の相性がよくないですね。 前段で書きましたが、普通、makeという動詞は「作る」という意味が真っ先に頭に浮かびますよね。 ひるがえると、make という動詞にはさまざまな意味が派生していてですね、それを全部ここで紹介するのは大変ですし、それをずらずら書かれたらみなさんもきっと嫌になってしまうでしょう。 単語のさまざまな意味の中から、それを大別して、まとめてくれている Eゲイト英和辞典 というのがベネッセから出ているのですが、これが便利です。 Your kind words made me happy. ここでも、me と happy の間に、うっすらとした I am happy という叙述形式が見えてると今後ともにいいですね。 文章でも、基本的に主語が頭に来て、それの説明が英語の基本です。 この語順を守ってきたからこそ、元ドイツ語系だった原体験から脱却できたのです。 むずかしく言うと、英語はそうすることによって、格変化という七めんどくさいことから、語順を厳密に守ることで逃れ、進化してきたような歴史を持つ言葉です。 ナチスから逃れてきたユダヤ人とか、あるいは、ユダヤ人の出エジプトと考えるのは大げさ…でしたね。 ま、というようなわけで、makeは一般的な「作る」の意味から、「思う」や「する」の意味まで生み出しています。 出エジプト記 見過ごされがちな make 街を作っちゃうやつ 今から相当昔の、1960年代に大ヒットした曲の歌詞に、こんなのがあって、ドキッとしたのを覚えています。 当時のわたし、すごいな、街を作っちゃうやつなのかって思いましたよ。 この歌は、 「By The Time I Get To Phoenix」 という歌のタイトルで、邦題は確か「恋はフェニックス」でした。 今はもう亡くなってしまったグレン・キャンベルという歌もギターもうまい歌手の大ヒット曲でした。 この人の 「Gentle On My Mind」 という歌もいいですよ。 英語の語呂が歯切れ良くて、気持ちいいです。 YouTubeでどうぞ。 さて、フェニックスというのは「不死鳥」のことではなく、アメリカの都市の名前です。 この歌はルート66を車でひた走る男が、たぶんロサンゼルスに残してきた恋人に別れようと、メモまで残してきたのに、きっと彼女は今頃、それを読んで「また馬鹿なことを言ってるわ」と鼻で笑っては、本気にもしてくれず、何度も何度も伝えようとしたのに、最後まで分かってくれなかったという歌です。 男がまだ強かった頃の、ずいぶんカッコよすぎる歌詞なんですが、ルート66を疾走する車がフェニックスやアルバカーキやオクラホマと車をすっ飛ばして、その街に着くごとに、彼女は会社で、今頃、電話をしてるんだろうとか、今頃はもう寝てて…とか、すごい生々しい情景が浮かび上がってくる名曲なのです。 日本ではあまり知られていない祭神のジミー・ウェッブというシンガーソングライターが書いた名曲です。 アメリカのエルトン・ジョンみたいなピアノの弾き語りの人です。 さて、歌詞に登場するこの男は、オクラホマを作ってしまうようなトランスフォーマーみたいなやつかと思ったら、なんのことはない、 make Oklahoma というのは、オクラホマを作る頃には…ではなく、 到達するの make 「オクラホマに到達する」という意味だったのです。 そう考えると、「恋はフェニックス」というのは、いかにも適当な邦題と言わざるを得ません。 車はあっさりフェニックスを通り抜けて、次の街へ行ってますし、恋は不死鳥をかけたんでしょうかね。 邦題は適当なことがよくあります。 到達の make 目標に到達させる(あるいは、到達する)の make を見ていきましょう。 手を伸ばして届くという意味の reach に似ていますが、reach のように 「手を伸ばす」感覚が根底にないのが make の特徴です。 前段の、 This movie is really it. この映画は最高だ もともと代名詞だった it が、いつのまにか普通名詞になって、「理想」とか「望ましいもの」に進化した例です。 子供の間では鬼ごっこの「鬼」とか、大人の間では「性的魅力」みたいなになってしまった時代もありました。 要は、その時々で「理想的なもの」になれて、そう 言われたほうが察しをつけるわけです。 もともと make というのは、語源的には「混ぜる」という意味の merge と系列が同じです。 一般的な「何か材料をこねて、物を作る」から、「理想とか場所とかに合体する」抽象的なイメージでとらえていいと思うのです。 「作る」という具体論か、「考える」や「意識が到達する」の抽象論の差ということです。 ちょっとむずかしくなってきましたかね。 かなり思い切った議論に踏み込んでしまいました。 わたしは学者じゃないので、あくまで長年培ってきたイメージです。 長くなりましたが、なんとか皆さんが、最後まで You made it. できてたら、しめたものなのですが… 以上、一応、これが make の正体です。 make sense だけに〝筋が通る〟といいのですが… 「つじつま」が合って、「ストンと腑に落ちて」るでしょうか。 「やっちまった」の I did it! じゃないことをお祈り申し上げます.

次の