インターネット スピード テスト。 通信速度はどれくらいあれば快適? 目安と測定方法を紹介

回線速度が正確に計測できるWEBサイトを教えて下さい。… / 厳密に正確かと問われる…

インターネット スピード テスト

けいさん 岡山県高梁市 2020年06月30日 火 02時37分 回線タイプ: 光回線 プロバイダ: So-net 住宅の種類: 戸建て住宅 ネット接続方法: 有線 端末の種類: デスクトップPC OS名: windows ブラウザ: Chrome IPv4接続方式: PPPoE IPv6接続方式: IPoE v6プラス 【IPv4接続】ジッター値: 0. 37ms Ping値: 24. 54ms ダウンロード速度: 120. 03Mbps アップロード速度: 116. 53Mbps 【IPv6接続】ジッター値: 0. 47ms Ping値: 20. 9ms ダウンロード速度: 127. 72Mbps アップロード速度: 110. 57ms Ping値: 33. 0ms ダウンロード速度: 30. 53Mbps アップロード速度: 80. 19Mbps 【IPv6接続】ジッター値: 6. 66ms Ping値: 31. 0ms ダウンロード速度: 25. 34Mbps アップロード速度: 68. 01Mbps みんそく950093さん 岡山県岡山市北区 2020年06月30日 火 02時35分 回線タイプ: 光回線 プロバイダ: メガ・エッグ MEGA EGG 住宅の種類: 戸建て住宅 ネット接続方法: 有線 端末の種類: デスクトップPC OS名: windows ブラウザ: Chrome 【IPv4接続】ジッター値: 0. 92ms Ping値: 25. 67ms ダウンロード速度: 822. 03Mbps アップロード速度: 396. 28Mbps 【IPv6接続】ジッター値: 1. 86ms Ping値: 22. 93ms ダウンロード速度: 817. 35Mbps アップロード速度: 182. 91ms Ping値: 22. 0ms ダウンロード速度: 725. 95Mbps アップロード速度: 92. 8Mbps 【IPv6接続】ジッター値: 1. 79ms Ping値: 21. 0ms ダウンロード速度: 711. 27Mbps アップロード速度: 93. 94Mbps みんそく950093さん 岡山県岡山市北区 2020年06月30日 火 02時34分 回線タイプ: 光回線 プロバイダ: メガ・エッグ MEGA EGG 住宅の種類: 戸建て住宅 ネット接続方法: 有線 端末の種類: デスクトップPC OS名: windows ブラウザ: Chrome 【IPv4接続】ジッター値: 0. 73ms Ping値: 25. 55ms ダウンロード速度: 823. 25Mbps アップロード速度: 365. 99Mbps 【IPv6接続】ジッター値: 0. 56ms Ping値: 24. 05ms ダウンロード速度: 815. 96Mbps アップロード速度: 108. 通信環境により結果が異なる場合がありますので、参考としてご活用ください。 値が小さければ小さいほど回線が安定しています。 値が小さければ小さいほどラグ 遅延時間 が少ないです。

次の

ネット回線の回線速度はどれくらいあれば快適に使えるか|やさしくねっと.

インターネット スピード テスト

外出先でのメール対応や へのアクセスはもはや日常茶飯事。 現代社会は働く場所を選ばない時代になりつつあります。 ただし、通信環境が整っていることが必須条件。 いつでもどこでも快適に仕事をするには、どのくらいの通信速度が必要なのでしょうか。 今回は、通信速度の測定方法や遅い場合の対処方法について紹介します。 通信速度の単位「Kbps」や「Mbps」とは? まずは通信速度を表す単位について説明します。 インターネットの通信速度は 「bps(ビーピーエス)」という単位で表され、 値が大きいほど通信速度は速くなります。 「bps」は「Bit per second」の略で、 1秒間に何bit(ビット)のデータを転送できるかを表したものです。 「1,000bps」=「1Kbps(キロビーピーエス)」、「1,000Kbps」=「1Mbps(メガビーピーエス)」となります。 また、8bit=1Byte(バイト)なので、例えば「8Mbps」なら1秒間に約1MB(メガバイト)の通信が可能であることを表します。 通信速度の目安とは? 一般的に、 ストレスなく通信できるのは10Mbps(スマホは5Mbps)~30Mbps程度と言われています。 通信速度には「上り(送信/アップロード)」と「下り(受信/ダウンロード)」があり、 メールの受信やWebサイトの閲覧、動画の視聴をする上で重要なのは「下り」です。 PCやスマホをインターネットにつないでいて「速い」と感じるのは「下り」の通信速度が速いためです。 ただし気を付けたいのが、 ネット契約時に表示される最大通信速度。 これは 「ベストエフォート方式」という回線事業者が提示する最大数値です。 あくまで理論上の数値であって、常にこの速度での通信が保証されているわけではありません。 光回線の場合、 実際の通信速度はその3~6割程度と言われます。 【用途別】通信速度の目安 快適に利用できる通信速度は用途によって異なります。 メールやLINEを使う場合 下り128kbps~1Mbpsが目安です。 128kbpsは通信制限がかけられたときの速度です。 テキストだけであれば問題ありませんが、画像や動画などのファイルが添付されている場合、ダウンロードするのに時間がかかります。 Webサイトを閲覧する場合 下り1Mbps~10Mbpsが目安です。 画像や写真が豊富なサイトなら最低3Mbps程度あると良いですが、テキストが中心のサイトなら1Mbps程度でも支障なく閲覧できるでしょう。 動画を視聴する場合 5~20Mbpsが目安ですが、解像度によって異なります。 例えば4Kのような高画質動画を視聴する際は25Mbpsは確保したいところです。 なお、YouTubeは下記の速度を推奨しています。 動画の解像度 推奨される持続的な速度 4K 20Mbps HD 1080p 5 Mbps HD 720p 2. 5 Mbps SD 480p 1. 1 Mbps SD 360p 0. 通信速度を測定する方法 ここでは通信速度が測定できるサイトを紹介します。 利用するサイトや時間帯によって測定結果が変わるため、あくまで目安と考えてください。 簡単に通信速度を測定できるサイト8選 以下で、通信速度を測定できる8つのサイトを紹介します。 「GO」ボタンを押すと測定が開始され、「上り」「下り」の両方が表示されます。 サイトにアクセスすると自動的に測定が開始されます。 そのまま表示されるのは「下り」のみですが、「詳細を表示」を押すと「上り」も表示されます。 測定 を東京か大阪から選んでから測定を行います。 回線状況や所在地の郵便番号に関する入力項目がありますが、入力をスキップすることも可能です。 「上り」「下り」の両方を測定できます。 「プロバイダ」「回線」「地域」を選択してから測定を行います。 「上り」「下り」の両方を測定できます。 「上り」と「下り」を別々に測定します。 「上り」の場合は測定前に「アナログ回線、ISDN回線」や「光回線などのブロードバンド」などから該当するものを選択する必要があります。 「フレッツ光」か「それ以外」を選んでから測定を行います。 測定できるのは「下り」のみです。 また、測定にはAdobe Flashプレイヤーが必要です。 ボタンを押すと測定が開始され、「上り」「下り」の両方の結果が表示されます。 郵便番号と回線の種類(契約プラン、回線事業者、ISP)を選択してから測定します。 「上り」「下り」の両方の結果が表示されます。 Googleの検索窓からも測定できる Googleの検索窓に「スピードテスト」と入れて検索すると、通信速度を測定することができます。 「上り」「下り」の両方の結果が表示されます。 インターネットが遅いときの原因 インターネットの通信速度が遅いときに考えられる原因を、いくつか紹介します。 回線の問題 回線に大量のアクセスが集中すると回線がつながりにくくなります(これを輻輳(ふくそう)と呼びます)。 PPPoE方式による接続回線を利用している場合は、IPoE方式に変更することで改善を図ることができます。 プロバイダの問題 同じ回線でもプロバイダによって速度は異なります。 その他の原因に心当たりがない場合は、契約しているプロバイダに直接問い合わせることをおすすめします。 WiFiの問題 無線の場合は、電波状況やエリアの影響で通信速度が遅くなることがあります。 この場合は有線に切り替えることで改善されるケースもあります。 パソコンの問題 「更新プログラムが溜まっている」「OSが古い」といった原因で速度が落ちることがあります。 前者は更新を完了させることで改善されることがありますが、後者の場合は新しいOSに切り替えることでしか改善できないケースもあります。 接続機器の問題 ルーターが故障していたり、型番が古くてスペックが足りない(高速通信に対応していない)といった場合は速度が落ちます。 また、HUBの規格に合わないLANケーブルを使っていて遅くなることもあります。 この場合は買い替えが必要です。 接続方式の問題 がIPv4の場合はIPv6にすると通信速度が速くなることがありますが、IPv6を用いていても遅いと感じる場合はインターネットの接続方式を確認しましょう。 「」でも触れましたが、PPPoE方式にしている場合はIPoE方式にすることで速度が改善されることがあります。 5Gとは? 第5世代のモバイル通信システムである5G。 「超高速通信」「超低遅延」「多数同時接続」を特徴とし、あらゆる業種・業界での活用が期待されています。 速度は4Gの100倍? 5Gの通信速度は最大で20Gbpsで、4G(LTE)と比較すると約100倍の速度アップとなります。 2時間の映画をダウンロードするのに4Gが5分かかっていたところを、5Gなら3秒で終了する計算です。 日本での提供開始は2020年から 2019年4月、総務省は携帯電話会社4社に5G用の周波数を割り当てました。 2019年秋にも試験サービスが開始され、2020年春以降の本格的なサービス提供開始を目指し、各社が5Gに対応した新商品開発の動きを活発化させています。 5GでIoTが加速する 5Gは社会のIoT化(さまざまなモノがインターネットに接続すること)を促進すると期待されており、あらゆる産業に多大な影響を与えると見られています。 下り10MbpsあればOK、遅いと感じたら測定を 高画質な動画を視聴する場合は別ですが、普段の業務でWebサイトを閲覧したりメールを送受信したりする分には、「下り」が10Mbpsもあれば充分と言えるでしょう。 動作が重く感じる場合は、今回紹介した「」を試してみてください。

次の

▷ インターネットのスピードテスト

インターネット スピード テスト

速度測定について• 現在ご利用されているインターネット回線 IPv6 の速度測定を行うことができます。 IPv6接続情報のIPv6項目に「Supported」と表示された場合は、IPv6で接続されています。 速度測定をご希望の方は、「SPEED TEST」をクリック後、測定する内容を設定して速度測定を行ってください。 IPv6接続情報のIPv6項目に「Not supported」と表示された場合は、IPv6接続されていないので速度測定 SPEED TEST をご利用いただけません。 現在So-netのインターネット接続サービスをご利用中の方で、速度測定画面のプロバイダー項目に以下の通り表示された場合は、IPoE方式にてインターネット接続をご利用中です。 速度測定を行う際は、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。 スマートフォンで測定を行う場合、機種によっては速度測定ができないことがあります。 測定設定について 測定方向• 下り:Webページ閲覧や動画視聴など、ファイルをダウンロードする際の速度を測定します• 上り:画像のアップロードなど、ファイルをアップロードする際の速度を測定します• 両方向:下りと上りの両方の速度測定をします 測定精度 速度測定の精度を選択します。 「高」を選択すると時間がかかりますが、測定の精度が高くなります。 測定クライアント 「JavaScript」と「Javaアプレット」の2つの測定クライアントを選択します。 「Javaアプレット」はより精度の高い測定ができますが、ブラウザの種類、Javaのインストール状況などにより選択できないことがあります。 測定クライアントの詳細は、「」をご覧ください。 測定クライアントについて JavaScriptでの測定• スマートフォンやタブレット等でもHTML5の機能のあるブラウザで測定が可能です。 JavaScriptでの測定は、最新のブラウザでのご利用をお勧めいたします。 Internet Explorer 9等リリースから年月の経過したブラウザではサポートされる機能の制限により利用できない場合があります。 測定にはWebSocketを使用しますので、通信にプロクシを利用している場合にプロクシがWebSocketに未対応の場合は測定でができないまたは不安定になる場合があります。 Javaアプレットでの測定• ブラウザの種類によりJavaアプレットが利用できないものがあります。 動作環境によりページ表示時にセキュリティ警告が表示される場合があります。 警告が表示された場合はをご覧ください。 2017年3月現在Javaアプレットの利用できるブラウザは、PC版のInternet ExplorerおよびSafariです。 上記のブラウザでは最新のJavaをインストールすることでJavaアプレットでの測定が利用できるようになります。 通信にプロクシを利用している場合はJavaアプレットでの測定はできません プロクシを設定していても、プロクシを経由しない接続で測定されます。 測定の精度面ではJavaScriptでの測定に比べJavaアプレットをお勧めいたします。 測定が正しく行われない場合• ブラウザのキャッシュの不具合によりエラーとなる場合があります。 測定ページを一度閉じて、キャッシュをクリアーしてから、再度測定をお試しください。 JavaScriptでの測定時にブラウザのタブの切り替え等を行うと、ブラウザの休止機能により測定がエラー 測定ページが表示されない状態 となる場合があります。 測定エラーの詳細はをご覧ください。 用語について 速度 単位の「k」は1,000倍、「M」は1,000,000倍として使用しております。 測定品質 安定した状態で測定できたかどうかを表します。 回線の品質を表すわけではございませんのでご注意ください。 接続数 本スピード測定では、接続機器からのネット接続にあたって1本の回線 物理回線 に対し、複数のセッション 論理回線 を使用して測定を行い、その合計値で速度を計算します マルチセッション方式。 複数のセッションで計測することにより、単一のセッションで計測するよりも正確な速度を算出しやすく、実際のお客さまのインターネットご利用シーンに即した速度を測定できます。 接続数は通信状況から最適な数に自動的に調整され、測定に使用したセッション数が測定結果に表示されます。 接続数が多いほど速度が速くなることを意味するものではありません。 スピード測定結果の取り扱いについて スピード測定結果は広告宣伝またはマーケティングデータ取得の為に利用させていただく場合がございます。 また、スピード測定結果において個人情報の取得は行っておりません。 Javaアプレットで測定時の注意事項 一部環境で最新版のJavaを導入した後、Javaが表示されない場合があります。 対策 Javaを全て削除 アンインストール し、最新版を再インストールしてください。 このため古いバージョンのJavaのアンインストールが必要です。 以前は互換性重視の観点から、バージョンアップ時には古いモジュールをアンインストールせずに、バージョンアップ後もコントロールパネル等で古いモジュールを選択し利用できるような仕様となっており、ある一定のバージョンより古いバージョンがパソコン内に残っている場合、一般的なバージョンアップの方法ではセキュリティ上のリスクを改善できない状況になっていました。 このため、最新のJavaでは、以前のJavaがアンインストールされていない場合、既定状態ではJavaアプレットを利用できない仕様に変更となっております。 測定エラーについて 初期化失敗、測定失敗 エラー番号310~410の場合は下1桁の値により以下のようなことが考えられます。 下1桁の詳細に関しましては下記をご参照ください。 エラー番号XX1 通信接続確立時の問題です。 URLのアドレスの解決に失敗やセキュリティーなどの問題により測定サーバーと通信を確立できないケースが考えられます。 エラー番号XX4、XX5、XX6、XX7 まれにXX2、XX9 通信上の障害です。 エラー番号に関しては障害が発生するタイミングにより変わってきます。 一番多いケースは通信の接続そのものが不安定なケースです。 ADSLなどではノイズの問題でこのようになるケースも多いですし、無線LANなどを使い電波の状況が悪いケースなどにこうした状況になります。 その他に以下のような理由で問題が発生した例があります。 ルーターのバグ1機種で確認されています 既に改修されているようです。 大きなサイズの通信を正しく管理できていないような不具合でした。 ブラウザのキャッシュの管理などの不具合キャッシュのクリアーで問題を解決できます。 ファイアーウォール等の設定による問題ファイアーウォール等のソフトが通信を遮断する場合にこのエラーとなる場合があります。 エラー番号XX2 サーバーとの初期通信に失敗しました。 サーバーが正常に稼働していない可能性があります。 エラー番号XX1 通信接続確立時の問題 エラー番号XX2 WebSocketのハンドシェイク中の問題 エラー番号XX4 データ送信時の問題エラー番号XX5データ受信時の問題 エラー番号XX6 不正データの受信 測定データの受信の未完了や不正な制御データ受信など エラー番号XX7 通信が意図せず切断した エラー番号XX9 その他の通信失敗• 申し訳ございません。 測定条件が設定できませんでした 通信が不安定な場合に測定のために必要なシステム内の条件設定に失敗することがあります。 特定のクライアントにおいてこの現象が繰り返される場合、ブラウザやセキュリティー対策関係のソフトなどのご利用との相性の可能性などが考えられます。 サーバーに接続できません システム環境の制限のため、測定サーバーに接続できない可能性があります。 測定時間切れです 測定システムで設定されている測定時間の制限の中で測定を終了できなかった場合に表示されます。 通信速度が不安定で適切な測定条件を設定できなかった場合や著しく低速な回線などデータの送信受信に大きな時間を要する場合などに発生する可能性があります。 クライアント情報期限切れ サーバー側に保存されたクライアントに関する情報の有効期限等に関する問題です。 ページをリロードしてください。 その他のエラーメッセージ 測定システムが正常に稼働している場合、通常は発生しません。 ページのリロードを試し解消されない場合はブラウザを一旦終了し、ブラウザのキャッシュをクリアーし、ページを再度読み込み直してください。

次の