みずほ うれしい 特典。 みずほ銀行みずほマイレージクラブ「うれしい特典」の取引条件や最大月4回まで他行宛振込手数料無料になるなどの特典さらに攻略法などを解説します

みずほ銀行のみずほマイレージクラブはうれしい特典がいっぱい!

みずほ うれしい 特典

「みずほマイレージクラブ」の特典を駆使して手数料を無料化します みずほ銀行には「 みずほマイレージクラブ」という個人顧客向けのサービスがあります。 月末時点で特定の取引条件を満たしている場合に 翌々月の各種手数料が無料になるものです。 「みずほマイレージクラブ」の特典&取引条件|「資産運用商品の残高1円以上」が一番ラクな条件です。 以下の表は「みずほマイレージクラブ」の特典をまとめたものですが、まずはこちらをご覧ください。 解説の便宜上、特典内容を松竹梅の3コースに分類しました。 みずほ銀行に月末時点で「500万円以上の預金残高」がある• みずほ銀行に月末時点で「資産運用商品の残高が1円以上」ある• 住宅ローンやカードローンの「借入残高が1円以上」ある いずれか一つ以上に該当すればいいとは言っても、振込手数料の特典を受けるために500万円もの大金をすぐに用意したりローンを組めたりする人は多くないと思います。 ということで 狙い目になるのはやはり「資産運用商品の残高1円以上」の取引条件です。 【実践編】資産運用商品を1円~分買って、手数料を無料化しよう。 資産運用商品って、なんだか損をしそうで怖いですよね・・・。 でも大丈夫! 1円以上の商品残高があればいいので、少量だけ買ってこの条件を満たしちゃいましょう。 それにやってみると分かりますが、損失リスクはほぼゼロです(あってもせいぜい数十円~数百円程度)。 【事前準備】オンラインバンキング(みずほダイレクト)の申し込み まだオンラインバンキング( みずほダイレクト)を利用されていない方は、先に利用申し込みを済ませておきます。 みずほダイレクトはパソコンやスマホで口座残高の確認や送金(振込)ができる便利なサービスなので既に利用している方も多いと思いかと思いますが、 以下のリンクから申し込みが可能です。 参考リンク>> 【事前準備】投資信託口座を開設する 投資信託口座を開設します。 下記のみずほ銀行ホームページの記載通り手順を進めれば、特に問題なく口座開設できると思います。 一応悩みやすいところだけ補足します。 今回ご紹介する手順では資産運用商品を小額分しか買わないので、運用益なんてたいして発生しません。 そういった点では NISA口座は「申し込まない」方がラクでいいでしょう。 【STEP10】特定口座の選択をする|「申し込む(源泉徴収を選択し、配当を受け入れる)」一択 資産運用商品の運用益が出た場合に、その運用益の所得税をどのように処理するかの選択です。 これは 「申し込む(源泉徴収を選択し、配当を受け入れる)」の一択でOKです。 特定口座の選択により、確定申告手続きの手間が少なくなります(というより確定申告の必要性そのものがなくなることが多いです)。 【手順1】みずほダイレクトメニュー画面から「投資信託メニュー」を表示する。 事前準備は出来ていますか?早速トライしていきましょう。 みずほダイレクトのトップページにアクセスすると、以下の画面が表示されると思います。 左メニューから 「 投資信託トップ」をクリックします。 「投資信託に関する留意事項」をよく読み、 「次へ」ボタンをクリックします。 【手順2】「ファンド一覧・購入注文」をクリックする 投資信託メニュー画面が表示されるので、 「 ファンド一覧・購入注文」をクリックします。 購入可能な投資信託商品一覧が表示されますので、 「 【ネット】i-mizuho国内債券インデックス 」を選択します。 ノーロード(購入手数料0円)でおすすめ。 【手順3】「目論見書(もくろみしょ)」を確認する 「目論見書(もくろみしょ)」の確認が求められます。 目論見書内に記載された交付日年月日が確認画面で求められるので、メモに控えましょう。 目論見書に記載された交付日年月を入力して、次の画面に進みます。 投資信託の購入注文画面では、 注文金額に「10,000」円を入力します。 【手順4】資産運用商品の注文を確定する あとはもう注文確認の画面だけです。 購入金額に入力誤りがないか念のため確認して、注文を実行しましょう。 この時点で資産運用商品の残高が1円以上できたので、翌々月から振り込み手数料が月4回まで無料の特典を得ることができます。 月末になるとこのようなメールが届くようになります。 「2016年4月」のみずほマイレージクラブの【特典のご利用期間】および【ご利用いただける特典】についてご案内いたします。 預け入れた1万円をなるべく今すぐにでも回収したいといった方は、僅かな口数だけ残して解約します。 購入した投資信託商品を確認するため、 「残高照会」をクリックします。 先ほど購入した投資信託商品「【ネット】i-mizuho国内債券インデックス」が表示されるので、 「解約」をクリックします。 「一部解約」を選択し、僅かな口数だけ残す数を入力し、次の画面へ。 あとは購入時と同じように、注文を実行するだけです。 お疲れ様でした。 節約・おトク系のおすすめ記事 「 陸マイラー(おかまいらー) 」という言葉を聞いたことがあるだろうか? 僕は飛行機にほとんど乗らずに年間数十万マイルを貯めている。 節約やおトクが好きな人は参考にしてほしい。

次の

【改悪】みずほ銀行の他行振り込み回数が制限されてしまいます

みずほ うれしい 特典

今までは外貨預金の残高が1ドルでもあればよかった 過去にも条件改悪はされていますが、外貨預金の残高さえあれば(1ドルでもあれば)他行への振込み手数料は月4回まで無料だったし、イーネットATM手数料も月4回まで無料でした。 この辺りは過去記事としても纏めています。 ・・・が、2020年3月以降は条件が大幅に改悪となり、外貨預金の残高があるのみでは、他行への振込み手数料は全て有料、イーネットATM手数料も月1回しか無料となりません T-T 外貨預金の残高が100万円を超えてようやく、「他行への振込み手数料月3回まで無料」「イーネットATM手数料も月3回まで無料」となる。 「Bステージ」「Aステージ」「Sステージ」と三段階ありますが、他行への振込み手数料が無料となるのは最上級の 「Sステージ」のみ。 「Sステージ」になって初めて、他行への振込み手数料とイーネットATM利用手数料がそれぞれ月3回まで無料となります。 なので「Sステージ」以外はあってもなくてもそう変わりません。 ・・・で、具体的に条件を見てみると、• みずほ銀クレジットカードの利用が年間100万円以上• 資産運用商品残高が100万円以上• お借入れ残高あり の3つ。 みずほ銀クレジットカードで100万円決済するとか勿体なすぎて絶対にできませんww。 他のカード(例えば)を利用した方がポイントやマイルなど魅力ある特典を得ることができますからね! また、資産運用商品といえば「投資信託」とか「外貨預金」。 しかし内容を確認したところ、みずほ銀行は手数料が非常に高いです。 やるならSBIを使った方が絶対に良いです。 なのでこんなところに100万円も預ける気にもなりませんww 振込手数料を無料にする為に預けた元本が大きく割れたら笑えませんからww 狙うは「カードローン」 最後に残る「借入れ残高」なら、 少しでも残高があると「Sステージ」の条件を満たすことになっているので、ココを狙うしかなさそうです。 ただし「住宅ローン」はおいそれと契約できないので狙うは 「カードローン」 ・・・でちょっと調べてみました。 カードローンの毎月の返済額は「残高スライド方式」となっていて、残高に応じて返済額が決められています。 条件達成の為にたくさん借りる必要はないので、なるべく少なく借りるのが理想。 なのでここでは「1万円」を借りる前提でシミュレーション。 みずほカードローンで「1万円」を借りると毎月の返済額は2,000円となり、完済までに発生する利息は484円。 返済期間は7ヵ月となるようです。 借入れ金額が少ないと金利は高くなるので、カードローンで最も高い14%で計算しています。 こちらがみずほウェブサイトでシミュレーションした画像のスクショ 見方を変えると、 484円の手数料で、少なくとも半年間は「Sステージ」の条件を満たすことができそうです。 月換算すると約80円 他行への振込は、振込金額によって以下のような振込手数料が発生するので、毎月1回でも振込が発生するならカードローンを積極的に利用した方がお得になりそうです。 手間を惜しまなければ・・・ 上で説明した「カードローン」には更なる裏ワザがあって、 毎月「1円」だけ借りることで、「Sステージ」の条件を満たすことができます。 ただ毎月忘れずに「1円」を借りないとダメなのが難点と言えば難点。 その点だけが面倒ですが、 この手間さえ惜しまなければ利息もかからずに「Sステージ」の条件を満たすことが可能です。 「みずほダイレクト口座」と「カードローン口座」を紐付ければ、みずほダイレクトを使って毎月「1円」をWeb上で借りることができるので、慣れればなんてことないと思います。 これ実は、ちゃんと「みずほ銀行のカードローン担当者」に確認して書いているので、出来ることは間違いありません。 更に「Sステージ」の条件を満たすことも確認済みです。 それにイーネットATMも月3回まで無料で使えます。 私は毎月最低でも3回他行への振込(全て3万円以上の振込)が発生するので、カードローンを上手に利用すれば毎月1,320円(年間だと15,840円)のコスト削減になるわけです。 如何でしょうか? マイレージの世界はとっても楽しい! マイレージ制度、ちょっと複雑ではありますが、一度理解して使いこなせるようになると本当にお得です。

次の

2020年3月からみずほ銀行の「うれしい特典」がうれしくなくなるのでどうしようかと考えてみた

みずほ うれしい 特典

みずほ銀行の口座をお持ちのお客さまが無料でご利用いただける会員制サービスのみずほマイレージクラブにつきまして、 2020年3月1日 日曜日(2020年1月31日 金曜日のお取引条件判定)より、内容を改定することといたしました。 詳細はみずほ銀行のサイトでご確認いただくとして、気になるポイントを見ていきます。 セブン銀行ATMとローソン銀行ATMの無料特典が終了 コンビニATMの時間外手数料・ご利用手数料の無料特典は、イーネットATMご利用時が対象となります(セブン銀行ATMおよびローソン銀行ATMをご利用時の無料特典は終了させていただきます)。 僕はよくセブン銀行ATMを使っていたので、無料特典の終了はかなり残念です。 イーネットATMってあまり知らなかったのですが、こちらは無料特典として引き続き利用できるようです。 いつでもどこでもお気軽にご利用いただけるよう、お近くのスーパーやコンビニをはじめ、さまざまな場所にイーネットATMを設置しています。 他行宛て振込手数料の無料条件が厳しくなりすぎ 資産運用商品(投資信託[MMF・MRFなどを除く]・金銭信託・外貨預金[特約付き定期預金を含む]・公社債・株式・保険など)の月末残高が合計100万円以上のお客さま 資産運用商品の残高が、 「残高あり」から「残高100万円以上」に変更されます。 僕的にはこれが一番厳しいです。 これまでの条件では、投資信託の口座に残高があればよかったので、1円だけ入れていました。 これは、投資信託の商品を買ってすぐに売却することで残高1円にしていました。 この残高が100万円以上も必要になるので、一気にハードルが上がります。 みずほ銀行を使い続けるべきなのか? みずほ銀行をメイン銀行にしており、特典をうまく活用して他行への振り込みをしていましたが、このままだと2020年3月以降は同じことができなくなります。 100万円以上もみずほの投資信託に突っ込むのは、僕の金銭事情では現実的ではないです。 そうなると、メインバンクを他行に変えざるを得なそうです。 住信SBIネット銀行が有力候補 僕はサブ銀行として、住信SBIネット銀行も使っています。 スマプロランクというランク制度があり、ランク1でも月1回の他行振り込み無料、ランク2で月3回まで無料です。 条件は複数ありますが、ランク2は給与振り込み口座にして、ハイブリッド預金に少し残高を残しておけば条件クリアです。 これならいけそうな気がします。 以下1~11の条件のうち2つ該当 1. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり 2. 仕組預金の月末残高あり 3. SBIハイブリッド預金の月末残高あり 4. 純金積立月末時点でご契約あり 5. 給与、賞与または年金の月内ご入金あり 6. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末残高あり 7. カードローンの月末残高あり(50万円以上2つにカウント) 8. BIG・toto購入または公営競技ご入金の月内合計が2万円以上 9. ミライノ デビットの月末時点の確定金額が合計1万円以上(3万円以上2つにカウント) 10. クレジットカード「ミライノ カード(JCB)一般」の引落口座を当社に設定かつ当月確定(翌月引落)金額が1万円以上(5万円以上2つにカウント) 11. 当社口座からプリペイドカード「JAL Global WALLET」への円貨チャージの月内合計金額が1万円以上(3万円以上2つにカウント) まとめ みずほ銀行のマイレージクラブの特典が改悪 いつかこんな日がくるのではないかと思っていましたが、とうとう来てしまいました。 みずほ銀行もいろいろ大変なのでしょうが、ここまで大胆にやってユーザー離れは大丈夫でしょうか。 まだ数ヶ月は時間的な猶予があるので、どこの銀行を使うのがベストか、もう少しじっくり考えてみたいと思います。 もし、今日考えた住信SBIネット銀行以外の結論になった場合は、このブログでご報告したいと思います。 2020年4月3日追記.

次の